むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • フィンランドショック

    フィンランドショックという言葉をご存知ですか?この内容は僕も知っていたのですが、フィンランドショックという風に呼ばれていることは知りませんでした。これもこの前の統合医療学会で話題になったことの一つです。

    ネットで調べてもらうとすぐにわかるのですが、簡単にここに内容を書いておきます。

    疫学調査で、癌になりにくい人の食生活を調べると野菜の摂取量が多いことが明らかとなり、その中でもβカロチンの摂取量が多い方が癌になりにくいとわかった。そこで、喫煙者を2群に分けて一方にはβカロチンのサプリを飲ませ、もう一方は偽薬(βカロチンを含まないカプセル)を飲ませて追跡調査した。その結果、予想に反してβカロチンを飲ませた群のほうが肺がんの発生が多かった!その後、同じような研究を他施設でも行ったが、結果は同じでβカロチンのサプリメントは肺がんを増やすという結論に達した。これをフィンランドショックという。

    ということは、野菜を食べるとがんが減るという事実はあるものの、純化したβカロチンががん予防になるわけでなく野菜に含まれる様々なピタミンやミネラルが体にいいということなのです。このように考えると、世の中はいろんなサプリがありますが、それが本当に体にいいかどうかという科学的根拠はほとんどないわけです。フィンランドショックのように、逆に癌を増やすようなことがあってはもともこもありません。

    体にいいと信じられている牛乳にも注意が必要です。酪農の王国デンマーク、フィンランド、スウェーデンは日本人よりはるかに乳製品を摂っているが、大腿骨頸部骨折も非常に多いことが知られています。牛乳でカルシウムを摂取しても骨折予防できないのです。それどころか、牛乳を飲みすぎるとコレステロールが上昇する、乳がん、大腸がん、前立腺癌が増えることがわかっています。なんでも適量を超えるのは良くないということです。

    いつも結論は同じです。バランスよい食事をしましょう。

    thumb_img_0745_1024

  • 高田純次というキャラ

    高田純次という芸能人がいますね。なんでも適当にやっているというキャラクターの人です。昔「5時から男」というキャッチコピーで売っていました。

    心療内科で皆さんの悩みを聞いていると、みなさん真面目です。仕事に熱心だし、家庭でも家事、子育て、親の介護、夫の世話、すべてに手抜きなく頑張ってしまいます。そして、頑張りがきかなくなった時、体調を壊したり鬱になったりします。また、自分の方に原因がなくても、会社や学校から自分の頑張りを正当に評価してもらえなかったような時、ぷっつりと緊張の糸が切れてしまう話もよく聞きます。

    そう考えると、心を穏やかに(精神衛生上良い状態に)過ごすためには高田純次的な生き方でないといけないような気がします。調子よく、適当にです。日本人は几帳面で真面目な人が多いので、なかなかそういう生き方が苦手だと思います。おおらかに、ラテン系のノリでいってもいいのです。私たち医療現場ではなかなかそういう適当な仕事では許されませんから、鬱になる人が多いです。あとは、学校の先生なども精神的に追い詰められている人が多いようです。

    私がアメリカに留学していた時、麻酔科の集中治療部と救急部にいたのですが、救急部は家庭持ちの女医さんに人気でした。日本では考えられないと思います。日本の救急病院といえば、24時間不眠不休で働いた翌日も通常どおりの仕事があり、36時間勤務ということもざらでした。また、救急当番の日に入院受けをしたら、その入院した患者さんについての指示受けで病棟から翌日もひっきりなしに電話がかかってきます。

    一方、アメリカの救急部は完全に12時間交代制となっていて、時間が来たらキッチリ帰宅できるそうです。もちろん病院からの電話もしないことになっており、女医さんたちも時間のやりくりがしやすいし、平日も休みがあります。そこで、ヨットなどを自宅に持っているドクターもたくさんいました。それだけオンとオフがはっきりしているのです。

    最近は過重労働で自殺した人の問題が話題になっていますが、やはり企業は職員に無理な時間外の仕事を強要してはならないし、職員ももっと力を抜いてオンオフはっきりさせる「努力」が必要ではないかと思います。

    thumb_img_0741_1024

  • 糖尿病とクロム(Cr)

    先日の統合医療学会で特別講演をされた元京都大学教授で白金台東京中央メディカルクリニック理事長の白川太郎先生と会食をした時に教えてもらった話です。

    (昨日のブログで癌になりにくい生活習慣について書きましたが、これもこの先生に教えてもらったことです。とても大事な内容ですので、まだ読んでいなかったらぜひ読んでください。ハイブリッドの話の後半部分です。)

    糖尿病はクロムと関係あるそうです。確かにネットで調べると、数年前からそういう説が話題になっています。沖縄のある地域でほとんど糖尿病のないところがあるそうで、琉球大学に教授で行った先生が何故だろうと思って調べたら、その地域では非常にたくさんゴーヤを食べていることがわかったとのこと。ゴーヤの成分で何が有効なのを研究したところ、クロムではないかという結論に達したそうです。クロムはグルコース・トレランス・ファクター(GTF)という物質に必要で、インスリン抵抗性と関連しているという報告があります。

    このクロムというのは3価クロムと6価クロムがあり6価クロムは有害です。ここで糖尿病治療に関係しているクロムというのは3価の方です。日本ではクロムは食品添加物として認可されていないので、流通したサプリなどもないようです。人が生まれる時、母親からほとんど一生分のクロムをもらい、また、母乳からも補給されるそうです。食品に含まれるごくわずかなクロムは吸収が悪く、食べてもあまり取り込まれないようです。しかし、沖縄のその地域のように、相当たくさんのゴーヤを摂取することで糖尿病にならないのだったら、私たちも何らかの方法で食事を見直せばいいと思います。

    調べてみると、ゴーヤの他にクロムを含む食品としては、玄米、アーモンド、ピスタッチオ、ビール酵母などです。ということは、種やナッツ類で渋皮の部分に多く含まれているのではないかというふうに思われます。私は玄米食で、毎日ミックスナッツ(主にアーモンド)をたくさん食べます。ビール酵母(エビオス)はランニングした時にビタミンとミネラル補給に飲んでいましたが、そこににクロムも入っているのです。

    研究者はこのクロムを安全でしかも効率よく吸収される医薬品を考えています。そのうち実際に発売されるかもしれません。糖尿病の人は体内のクロム量が正常の半分くらいに減っているそうなので、うまく補給できれば、人生の後半(中年以降)の糖尿病はこれで心配なくなるわけです。しかし、薬品として補給するときには副作用を考えないといけないので、やはり私たちが安全にできるのは日々の食事を玄米に変えることと、ナッツやエビオスをとることです。簡単じゃないですか。何も特別なことはありませんね。今日からでも実践できます。

    thumb_img_0740_1024

  • 新しいハイブリッドの日産ノートから考えること

    昨日発売となった日産ノートという車、今まではあまり特徴のない車種でしたが、新型ノートはすごい。ハイブリッド車なのですが、ガソリンエンジンは駆動系には全く使わず、発電機としてだけ働く。駆動系は日産リーフという電気自動車に使っているモーターだそうです。つまり、リーフほど大容量のバッテリーを積まずにガソリン発電機を積んだわけです。

    私はトヨタのプリウスが出るまで、ハイブリッド車というのはこの新型ノートのようなものだと思っていました。理屈が簡単でわかりやすい。しかしトヨタはものすごく複雑なハイブリッドシステムを開発し、電気とエンジンの両方を駆動系に用いて制御するという力技で実用化しました。よくこんなシステムが大量生産できるなと、ずっと思っていましたが、今度の新型ノートはいいと思います。かなり注目です。

    ところで、人間の細胞も実はハイブリッドシステムになっています。細胞がエネルギーを作り出す仕組みに、酸素を使わないでブドウ糖を分解して2ATPを得る解糖系、これは車でいうとバッテリー駆動の電気自動車です。もう一つはミトコンドリアの電子伝達系で酸素を使いながらクエン酸回路、脂肪酸、アミノ酸などから36ATPを取り出す経路です。酸素を使うのでガソリンエンジンのようなものです。

    そして細胞にはその無酸素でエネルギーを作る解糖系と有酸素でエネルギーを作る電子伝達系のハイブリッドになっているのです。短距離走や瞬間的な動きは無酸素運動ですから、息を止めてグッと力を入れると上手くいきます。一方、長距離走などは有酸素運動なので、呼吸のリズム、深さ、そして取り込んだ酸素を全身に巡らす心拍などが重要となってきます。

    驚いたことに、がん細胞はミトコンドリア系(有酸素系)が壊れており、無酸素で解糖系のみを使ってエネルギーを作っているそうです。したがって、ブドウ糖だけががん細胞のエサとなっているのです。こういう特性がわかってくると、がん細胞を育てないように体のコンディションを整える方法がわかってきます。つまり、がん細胞の好きなブドウ糖(甘いもの、炭水化物)を食べ過ぎないこと!体を冷やさないこと(冷やすと血流が悪くなるので、局所的に無酸素の環境になりやすい)。運動をして大量の酸素を体に取り込むこと。ストレスをためないこと(ストレスも血流を悪くします)。そしてミトコンドリアが働きやすいようにビタミンをたくさんとること(バランスの良い食事をすること)。温かいものを食べること。冷たいものを飲まないこと。シャワーでなく湯船にゆっくり浸かること。そう考えると、昔から温泉宿に湯治に行くというのは理にかなったことですね。

    thumb_img_0737_1024

    天気が良かったので加勢川(下江津湖から下流へ)の堤防をずっと走ってきました。もちろんランニングは大量の酸素を取り入れ、体の隅々まで血流が良くなり、体温を高め、血糖を下げるのでがん細胞が育ちにくい体内環境を作ります。

  • 心と漢方と

    国立病院機構熊本医療センターの広報誌「くまびょう」に拙文を載せていただきましたので、その一部をご紹介します。以下抜粋(一部改変)

    動悸、息切れ、胸が苦しい、などの訴えがあれば、狭心症や心不全を疑って精査することも多いでしょうが、何も異常がなかったという症例は多いと思います。これは心療内科の分野です。また、今年は地震の影響から、夏くらいまではなんとか気も張っていて大丈夫だったという人も、涼しくなってきた頃から次第にこの先の不安が募ってきて、体調に不調をきたしてるような症例が多数来院されています。無理をせずに、抗うつ剤などの力を借りて乗り切って良いと思います。しかし、なかには抗うつ剤というと、飲むのに抵抗を感じる人もおられます。そのような場合には、まず漢方薬で体調を整えてみるのも良いと思います。

    話は変わりますが、循環器の分野ではEBM(統計学的事実に基づく医療)が非常に盛んで、大規模臨床試験の結果に基づく処方を行います。すると、血圧で1つ、高脂血症で1つ、尿酸で1つ、慢性心不全で2つ、胃潰瘍予防で1つと薬の数がどんどん増えていきます。しかし、それら全部を使った有効性・安全性のデータは存在しません。科学的根拠に基づいていると思っているのは、単なる自己満足、あるいはガイドラインに従っているという安心感を求めているだけかもしれません。心療内科や漢方内科はそのようなデータが少ないので、特にそういう気がしてなりません。

    thumb_img_0734_1024