むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 猛暑ですね

    今年は太平洋高気圧が弱かったので雨が多く猛暑ではないのではないかと予想していましたが、去年同様の暑さです。昼に往診にでかけたときは車の温度計で44Cでした。これはアスファルトの上の温度ですが、実際に37Cはあったとのこと。どおりで暑いと思いました。クリニックにも頭痛やフラつきで来院される方が結構います。熱中症や暑気あたり(夏バテ)と思われます。中でも大変なのは、工場や厨房で働く人達です。冷房が効かないので、更に熱い環境で働いているそうです。脱水にならないように水分補給は必要ですが、気温があまりに高いと水分を補給しても体調は悪くなります。

    そうは言っても、日の出は随分遅くなりました。私は毎朝5時半頃起きますが、最近は暗いので雨でも降るのかと思って外を見ると、まだ夜が明けていません。夕方も、いつもの通り仕事の後に帳簿をつけたりお釣りをセットしてから帰宅するとすでに真っ暗です。ついこの前まで家に帰り着く頃は明るかったので、随分季節が変わってきた印象です。あと2週間でお盆です。猛烈な暑さもそこまででしょう。

    今日は、産婦人科の漢方の勉強会があったので、参加しました。香川大学の塩田先生の講演でした。はじめてお会いしましたが、膨大なスライドをとんでもない早口で機関銃のように話されましたが、内容が濃くてとても勉強になりました。後でじっくり反芻して自分のものにしたいと思います。

    暑い!

  • 過活動膀胱

    尿意切迫(突然尿意を催す)、切迫尿失禁(おしっこが間に合わない)、夜間頻尿(一晩に3回以上)などで困っている人は過活動膀胱かもしれません。川野泌尿器科病院の川野院長先生の講演会があったので、勉強に行ってきました。診断や治療のコツについて細かに教えていただきました。当院にも過活動膀胱で来院される患者さんはたくさんいます。内科ですが、それほど特別な検査は必要ありませんから当院でも治療しています。

    過活動膀胱は圧倒的に女性が多いのですが、男性にも見られます。男性の場合は前立腺肥大に引き続く過活動膀胱が多いため、前立腺の治療を先行させます。一晩に3回以上トイレに起きると睡眠が障害されます。翌日眠くて困るというような場合はきちんと治療してみたほうがいいと思います。

    もう一つ講演がありました。あけぼのクリニックの田中元子先生の講演です。ビタミンDについての話でした。ビタミンDは以前はカルシウムのこと、骨のことがメインでしたが、最近は免疫を活発にしてインフルエンザを減らすとか、心臓や腎臓にも保護的に作用するという良い働きが次々と明らかになっているというお話でした。まさに私が取り組んでいる分子栄養学の世界の講演でした。

  • COPDは禁煙が絶対必要

    熊本市民病院は地震で大きく被災して現在建て替え中です。新しい病院は健軍自衛隊の横の敷地で当院からはかなり近くなります。毎日新病院前を通るのですが、かなり出来上がった印象でした。そんな中、今日は夕方から市民病院主催の勉強会があり、もうすぐ開院の案内がありました。来週には建物の引き渡しがあるそうです。それから検査機器を入れたり備品を整えたり大忙しです。当院も規模は違いますが建物の引き渡しから開院までの1か月ちょっとは怒涛のような忙しさでした。スタッフと患者さんの動線の確認、受付から会計までのシミュレーションなど図面上で考えていたのと現実出来上がってみてやってみるのではずいぶん違います。場合によっては建設会社に手直しを頼まないといけないこともあります。また、保険所や厚生局などの許認可関連が神経を使います。市民病院は同じ東区でとても近い位置にあるため連携の面からも期待が大きいです。いい病院になってもらいたいです。

    講演会で市民病院の紹介の次に熊大の呼吸器内科の教授に就任された坂上先生の講演がありました。この教授は私より5つ以上若く、この先熊大で20年以上教室を運営される予定です。頑張ってもらいたいものです。講演の内容は「長びく咳」についての話でした。クリニックを開業していると咳が止まらないという訴えの患者さんは非常に多いです。そして、咳が止まらないために肋骨にひびが入ってしまうような人もおられます。何とか咳を止めてあげたいのですが、なかには困難を極める場合があります。今日の勉強でさらに治療成績が上がることを期待します。

    咳や息切れがひどい場合、COPDという病気かもしれません。肺気腫とも呼びます。今日の講演では、たばこをやめずにCOPDの治療はできないと断言されていました。大学病院では禁煙しなければ治療してもらえないみたいでした。COPDでは在宅酸素療法となる場合もあり、酸素ボンベを引っ張りながらタバコを吸うと火災の危険性もあるので絶対禁煙すべきです。

     

     

     

  • 漢方サークルの新歓コンパ

    連休明けで忙しいのは忙しいのですが、予想したほどの忙しさではありません。おそらく、多くの患者さんが連休明けの今週を避けて来週受診されるのではないかと思います。今週中に受診したほうがこまずに済むかもしれません。本日当院に来た製薬メーカーさんによると、他のクリニックも同じ状況のようだと言われていました。

    木曜夜は熊本大学の漢方サークルの新歓コンパでした。私が作ったサークルなので、顔を出しましたが、今年の新入生は18名だそうです。世の中、漢方ブームですね。入学生の約2割が漢方サークルに入るなんて、すごい時代になりました。この中から数名がコアとなる人材に育ってくれると思います。頼もしいです。学生サークルでは漢方理論などを基礎から勉強します。私などは今となっては理論を飛び越えてた経験に基づく処方をします。学生の興味ある基礎理論とはあくまで考える基本ではあるのですが、実践は教科書通りにはいきません。柔軟で応用的な思考が必要となります。

    多くの施設では基本に忠実な処方をされます。当院にたどり着く患者さんは、そのような基本通りの処方はとっくに試していて、治らなかったというツワモノ揃いです。そこで、私なりに基礎理論に薬理的思考を追加したり、多くの経験から編み出された処方を使うことになります。その結果、他の病院でいろいろ漢方を貰ったけど治らなかったという患者さんが私の処方で速やかに改善すると、嬉しいことこの上ないです。毎日本当に難しい患者さんが集まってきますが、これぞ天職と思って頭を捻りながら処方を考えています。

  • 気がつけば連休も後半

    連休最初の方は雨が続いてあまり外出できませんでした。ほとんど家とクリニックを行ったり来たりして郵便物の整理や日頃できていなかった事務作業に費やしました。それでも、ストレスは解消され、かなり元気になりました。ゆっくりできたのが一番良かったです。今年の連休はどこにも行く予定はなく、ゆっくり過ごします。とはいえ、気がつけばすでに連休の半分は終わってしまっており、今日まで一体何をしたんだろうと、結構焦って思い出しました。TVをつければ皇室関係のニュースやワイドショーばかりで、ダラダラと見ていた気がします。連休中に買い物をしようと思って作ったリストの半分くらいしかまだ買っていません。残りは明日には済ませたいと思います。

    今日はやっと天気が回復したので、一つくらいなにかしないといけないかなと思い、朝早くから俵山を超えて阿蘇に行きました。行きたかったのは、地震後57号線が寸断されてしまった立野付近を見たかったのです。ミルクロードを回るといいのですが、GW中にミルクロードは混むと思い、俵山経由で行きました。長陽からファームランド方面へ抜けると57号線のアーデンホテル(どんどこの湯)まで出ます。そこから57号線を立野方面へ行くと、間もなく通行止めになりました。57号線が復旧するまであと数年かかるそうです。

    帰りは「道の駅あそ望の郷くぎの(aso-kugino.jp)」によってみました。ここに立ち寄ったのは初めてです。眺めも良く、展望の良いレストランもあるので、もっと早く来ればよかったと思いました。クリニックから40分位です。久木野に住む患者さんに聞いたら、久木野には大きなスーパーがないので買い物は高森まで行くそうですが、久木野から高森は10分ちょっとでいけるとのこと。確かにそうなんですね。春の阿蘇はうぐいすも鳴いて気持ちいいです。まだ連休は残っています。ぜひ阿蘇に行ってみてください。リフレッシュしますよ。