むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 生活は元に戻ったがシステムは変わった

    フーディーワンに買い物に行ったら、レジに設置してあったビニールカーテンが撤去されていました。コロナ前の平和な風景です。しかし、買い物カゴを持ってレジに並んだら、やっぱりコロナ前とは全然違います。列に並ぶ人が1mずつくらい間隔を開けるようになっています。ところが、夕方の店内は人でごった返しており、最初の3人くらいは1m間隔に間を開けていますが、その後にはぎゅーぎゅーで10人近く並んでいます。なんだこれは。しかも、レジ係の人はビニールカーテンの設置してあったわずか2ヶ月くらいで愛想を失ってしまったようです。ビニールカーテンがなくなっても、全く愛想なく、ただレジに商品を通して、おつりをくれるだけです。全く笑顔や気遣いができなくなっています。コンビニの方がよほど愛想いいです。

    街は車も増えて、以前のような世界に戻りました。しかし、働き方は大きく変わったままです。私たちの場合、診療が終わって製薬会社の人と会ったり、製薬メーカー主催の勉強会に顔を出したりしますが、ほとんどがオンライン化されてしまいました。勉強会は講演を聞くのが勉強と思われるかもしれませんが、実際はそれは目的の半分。あとの半分は、参加者同士のコミニュケーションです。名前は知っていてもさほど親しくないクリニックの先生と、勉強会の後に挨拶したり一緒にお酒を飲むと交流の輪が広がります。その結果、今度何かあったら紹介するのでよろしく、という関係性ができるのです。オンラインではそういった横の広がりが期待できないので、よほど講演の内容が魅力的でないと参加する価値はありません。

    とはいえ、最近はZOOM講演会のおかげで熊本にいながら全国のセミナーに毎日のように参加しています。面白い話もあれば、特に得ることのない場合もあります。しかし、WEB講演会では地方と都会の格差がなくなります。情報を求めれば得られるわけですから、ボーと過ごしてはいけません。積極的に必要な情報をとりにいかなければ、いらない情報に溺れてしまうことになります。

  • 私の腰痛の治し方

    今年の正月から参加している経営者モーニングセミナーというのがあり、毎週1回朝の6時から7時まで講演会に参加していました。ところが、コロナの影響でそういう講演会はことごとく中止となりました。そんな中、ついに全国各地でZOOMを使ったオンライン配信が始まりました。今日は、司会が福島の郡山、演者はロサンゼルス、聴衆は日本各地から120名という会でした。私はどうせ朝は5時から起きてコーヒーを飲みながら新聞を読んでいるので、その時間に自宅でトップレベルの講演を聞くことができるのならこんなにいいことはありません。今日の講演はたまたまFacebookで見かけて知ったので参加できたのですが、日本中でいろんな講演があっているはずなのに情報が全くない、と思って、知り合いに尋ねてみました。すると、そういった情報が集まったサイト(Facebookグループ)に招待してくれました。見たら、毎日たくさんの講演会がZOOM配信されています。見ているだけでワクワクしてきました。どんどん勉強して、医学だけでなく、経営者としての腕や人格も磨きたいと思います。コロナは皆さんいやな思いやこわい思いをされたことでしょうが、このように仕事のデジタル化、オンライン化が一気に進んだのは瓢箪から駒でした。

    話は変わって、最近クリニック前の街路樹の落ち葉が毎日たくさん落ちているので、朝から掃除するのですが、腰が痛くなってしまいました。私は、自分の腰痛はストレッチポールで治します。ストレッチポールは直径20センチ、長さ1mほどのウレタン製の丸太状のリハビリ器具です。丸太の上に寝転がるだけで痛みやしびれが取れます。大体3000円程度で買えます。おすすめですよ。

    漢方では、腰痛には麻杏よく甘湯をよく使います。ぎっくり腰にはそれに芍薬甘草湯を合わせて使います。高齢でだんだん腰が悪くなった場合牛車腎気丸がおすすめです。女性の場合、疎経活血湯を使う場合もあります。また、当院ではハリ治療を併用することもあります。ぎっくり腰にはよく効きますが、10年以上たった古傷にも針が結構おすすめです。なかなか治らないとあきらめずに漢方や針もあるということを思いだしてください。

  • 温泉の効能

    日曜日は、午前中に用事があって城南町までいきました。せっかくなので、用事がすんだ後、松橋の古保山リゾートまで温泉に入りにいきました。気持ちいいお風呂です。空気も澄んでいて、癒やされます。温泉で汗をかくと皮膚の新陳代謝が良くなりますが、それだけではありません。体内の酵素は温度(体温)が上がると活性がアップします。これが代謝を良くして疲れが取れたり体調が良くなったりする理由です。特に、冷え性(低体温)の人は酵素活性も落ちているので、温泉で体温を上げてやるのはとても効果的だと思います。さらに、サウナで体温をかなり高いところまで持っていくと、がん細胞は死滅します。温熱療法と言って、医療現場でも体温を上げる治療をやっているところがあります。私たちの体にはまいにちいくつかのがん細胞ができては消えているのですが、うまく消えてくれなかったら大変です。温泉で健康維持できるのにはいろんな理由があるわけです。

    先日書いたように、先週から分子栄養学実践講座(WEB版)を受講し始めました。50以上の講座がオンライン受講できるのですが、どれも1時間以上の講演なので、見るのに時間がかかります。新聞を読みながらとか、なにかしながら見ようと思うのですが、あまりに重要なことをたくさん教えてくれるので、ノートにメモを取りながら真剣に受講しています。WEB版がいいのは、わからなかったらプレイバックできるし、一時停止してメモすることもできます。

    風邪の予防でビタミンCを大量に取る人にアドバイスです。まとめて飲まずに何度かに分けて飲むようにしてください。水溶性なので、一度にとっても尿中に排泄されてしまいます。また、一度に取る量が多すぎると吸収が悪くなるそうです。また、ビタミンCを大量に取るときはビタミンEも一緒に飲んで下さい。ビタミンEは脂溶性なので一日1−2回で結構です。

  • 分子栄養学実践講座に申し込みました

    私はこの2年あまり、ずっと患者さんに細かい栄養指導やサプリメントを使った治療をしてきました。勉強したのは三石巌先生の著書です。相当たくさんあるのですが、片っ端から買って読みました。おかげで理論的背景はほとんどマスターしたと思っています。この三石巌先生の理論を発展させたのが分子栄養学であり、オーソモレキュラー医学です。この医学は極めて理論だっており、生命活動をオーダーメイド的にハイパフォーマンスにする理論なのですが、わたしたちは医学部でこれほどすごい理論は習っていません。ただ、基礎医学で勉強した生化学の知識で考えればすべて納得いくものです。

    しかし、困ったことに、オーソモレキュラー医学で治療につかうのはほとんどが鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルとビタミン類です。サプリとして手に入るのでいいのですが、保険がききません。我々医師としては保険のきかない治療は本流でないような感覚があり、アウトサイダー的な扱いになりがちです。しかし、実践してみると驚くほど効果的です。しかも、処方箋がいらないので、患者さんに必要なビタミンを指導すれば、あとは世界中どこにいても大抵は自力で治療できます。

    分子栄養学実践講座というものがあり、東京や大阪で土日のセミナーがあるようです。調べてみたら、遠方に済んでいて参加できない人や日程が合わない人はWEB版をどうぞという案内があり、実際にセミナーに参加するより安く全講演をWEBで見ることができます。九州からだと飛行機代、宿泊代などかかります。このシステムは素晴らしいです。早速申し込んでみたら、全講演のビデオがオンディマンドで見ることができます。過去の講義もテーマ別に閲覧できて、なんと全部で60コマ以上の講義が自宅で受けられます。途中で止めてメモしたり見返したりすることもできるのです。嬉しいことこの上ないです。寝る暇が無くなります♫

  • 正月は痛風が増える季節

    火曜の夜は、開業仲間でやっている内科の勉強会でした。今回のテーマは尿酸です。検診などで尿酸が高いと言われた方は結構いると思います。特に男性が多いそうです。尿酸が高いのを放って置くと痛風発作を起こします。多くの場合、足の親指の付け根が腫れ上がって歩けなくなります。通常ロキソニンなどの鎮痛剤だけでは痛みはおさまらず1週間以上かかります。

    当院では足が腫れて痛むという場合、院内で尿酸検査を行い、10分ちょっとで判定します。痛風であれば、専用の薬を処方するため、結構早い段階で歩けるところまで改善します。尿酸が高くないのに痛風に似た病態をとることがあり、偽痛風と呼びます。名前の通り偽物の痛風ですが、症状は殆ど同じです。偽痛風のほうが肩や手首など比較的大きい関節で炎症を起こします。治療法は痛みに関しては痛風発作と同じです。関節が腫れていたくなるので、整形外科を受診する人も多いのですが、痛風の専門は内科です。当院にも整形から紹介されてきます。

    正月はお酒をのんだり数の子を食べたりしますから、痛風が増える季節です。尿酸はアルコール、魚卵などで上がりやすいのです。しかし中にはお酒は飲まないのに尿酸が高いという人がいます。これは、体質です。尿酸は尿中に排泄されるのですが、そのスピードが遅い人がいるのです。そういう場合、尿酸を捨てるスピードを上げるタイプの治療薬があるので、それを使ったほうが治療がうまくいきます。当院でもそのような体質を考慮した治療を行っています。

    勉強会は夜遅くまであるのでマックで晩ご飯。夜マックは100円プラスでパテ(ミート)が二倍になります。写真はダブルチーズバーガーの夜マックなので4枚重ねです!美味い😋