むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 学校のオンライン授業は東進を見習おう

    小雨の一日でしたが、ずいぶん涼しくなりました。いつものようにエアコンを付けていると、半袖の白衣では少し肌寒い感じでした。季節の変わり目、風邪には気をつけましょう。喘息や秋の花粉症も増えてきています。ひどくなる前にきちんと治療しておくことをおすすめします。

    毎日仕事が終わったあとはWEB講演会に参加して勉強しています。便利なもので、家にいながらにして東京などから配信される一流の講師の先生の講演を聴くことができます。全国版だと、参加者は2500名ということもあります。すごいです。ローカルの漢方のWEB講演会でも、全国から参加できるので200名を超えることはザラです。これまでリアルの勉強会だと、50名がせいぜいだったので、WEB講演になり、空間の制約がとれてとても効率よく勉強できるようになりました。

    ニュースを見ると、学校の授業もWEB配信になったけど、先生たちは試行錯誤で大変と言ってます。しかし、それはWEB配信のメリットを全くわかっていない。上述の通り、WEBだと空間の制約がないのだから、とりわけ授業の上手な先生が一人講義して、それを学年全員で見たらいい。授業の下手な先生は、カメラや音声担当をすればいい。公立の学校なら全国規模で日本一講義の上手な人の授業を配信したらいい。オンディマンドにすれば時間的制約もなくなるので、見逃した人や復習したい人は何度でも見ることができる。それを今の学校では旧態然として担任がクラスの40名前後のためだけに授業して配信するから非効率的だし、WEB講義が下手な人に当たれば最悪。この分野は、東進衛星予備校が先駆者です。一流講師陣の講義を日本全国から好きなときに受講できる。これからは塾だけでなく学校もこうあるべきでしょう。担任は授業するのではなく、履修状況の確認と受講のサポートだけすればいい。発想を変えないと公務員の先生たちはいつまでも効率の悪いことをやり続けるでしょう。

  • 進まないオンライン診療

    先週末から東洋医学会総会がオンディマンドで再生できるようになりました。学会当日も時間のある限り参加したのですが、同時に複数の会場で講演があるため、どちらかしか参加できませんでした。リアルの学会はもちろんそれでおしまいですが、今回の学会はWEB学会だったため、期間限定ですが、後日オンディマンドで参加できます。当日見逃した人もこちらに参加することで参加点数をもらうことができます。素晴らしいシステムです。

    私は、当日参加できていなかった講演を毎日片っ端から視聴しています。今回の学会では、シンポジウムで新型コロナの漢方治療経験が多数報告されていました。いろんな先生が一生懸命考えて実践された報告というのは大変有意義です。中国でも新型コロナの軽症例は殆ど漢方治療で良かったと報告されています。日本も見習うべきです。日本の軽症者の現状は解熱剤程度しか処方されておらず、あとは酸素がいるかどうかと言った、重症化の有無を見守るだけの治療になっています。わたしたち漢方専門医からすると、何もしないで悪化しないことを祈るだけに等しいと思います。西洋医学で薬がないからと言って、それが全てではありません。特に解熱鎮痛剤だけで治療するなんて、その場しのぎで、根本的に解決になっていないことを肝に銘じないといけません。

    東洋医学会の発表を見ると、志ある漢方医の先生が西洋医学と並行して漢方を投与されています。このような漢方を入院しない(家庭で隔離される)人たちに広げてあげたい。そのためには、自宅隔離されている患者さんとクリニックをZOOMなどでつないでオンライン診療をする仕組みを構築しないといけないし、処方薬を薬局から宅配する仕組みも必要。しかし宅配では刻々と病状が変わる患者さんに対応できないというジレンマがあるし、患者さんに薬を届ける宅配業者さんを感染から守る対策も必要となります。

    他にも、オンライン診療は診察代をクレジットカード決済するシステムを入れないといけない。また、新型コロナの患者をオンライン診療した際には、毎日保健所に報告書をかいて送らないといけないそうです。ただでさえ膨大な仕事量の上に、そんな暇は取れるはずもなく、オンライン診療は日本全国遅々として進みません。

  • コロナでリアル勉強の機会が減った

    夜に犬の散歩をしていたら、満月がとてもきれいでした。やっと長雨があがったら、蒸し暑いですね。心配された台風もそれ、今週は明後日くらいから猛暑が戻ってくるようです。学校はそろそろ夏休みが終わりますが、もうしばらく夏が戻ってきそうです。子どもの面倒を見ているお母さんたちは早く夏休みが終わらないかと心待ちにしているようですが、地域によってはコロナの影響で夏休みが延長され、急きょ課題を配る準備をしている学校もあるとニュースで見ました。このところ、コロナ患者さんは10−20台の若い世代に増えているので、学校が始まるのは心配ですね。

    さて、私はこのところ肩こりから腕のしびれ(頚肩腕症候群)がなかなか治らないと何度もブログに書きました。そして、きのうふと操体法による治療法を思いつき、試したところ、劇的に改善しました。今日一日忙しかったのですが、ほとんど腕のしびれは出ませんでした。9割治った感じです。本当にいろんなことを試して、どれも効果がなかったのですが、決め手となったのは操体法でした。操体法はわずか数秒で治療が完了するので、仕事中でもしびれを感じたらぱっと自分に操体法をして、治療できます。すぐにしびれは取れます。この操体法以外にも、きっと一定の効果があったと思うのは、パソコンのマウスを腕を全く動かさないでポインタ操作ができるトラックボール付きマウスに買い替えたことと、枕をニトリのホテル枕に変えたことです。どちらも肩首のストレスが改善され、買ってよかったと思います。

    私のような漢方好きは東洋医学会、東方医学会、統合医学会、鍼灸学会など面白くて参加します。コロナ以前は、リアルに集まってあれこれ仲間たちと情報交換をしながら、知らない治療法をお互い披露しあいながら臨床の幅を広げてきました。漢方にとどまらず、鍼や整体、操体法、音楽療法、気功など世の中にはいろんな代替医療があることを知ります。私が操体法を学んだのもこういったリアルの勉強会からでした。早くコロナが収束し、また今までのようなリアルの勉強会が再開されることを望んでいます。

  • ビタミンDを取りましょう

    雨が続きます。九州北部ではまた災害が起こっています。数年前にも同じようなところで水害が発生したので、大変だろうと思います。これからはこのような豪雨被害は毎年のように起こると思われるため、水害の起こりやすい土地はなるべく手放して安全なところに引っ越したほうがいいと思います。動物が植物と違う最大の点は「動物には足がある、自分で動ける」ということです。食べ物を求めて歩き、危険を避けて移動する。つまり、移動するのが人を含めた動物の動物たるところです。日本人は農耕民族なので、住むところと田んぼが切っても切り離せず先祖代々同じところに住み続けてきました。しかし、今はそんな時代ではありません。安全なところ、いい職場の近く、買い物などの便利なところに引っ越すのはもっと気軽にすべきだとおもいます。

    これだけ雨が続き、太陽を見ることがないと、体も鬱っぽくなってきます。これは、太陽により体内で合成されるビタミンDが減ってきたことが関係します。ビタミンDは一般的にはカルシウムの吸収に関連し、骨を丈夫にすると言われていますが、免疫系や精神神経系にも深く関与しています。コロナもビタミンD濃度さえしっかり上げておけば、かかっても重症化しないと知られています。その大事なビタミンDがこの日照不足で低下していると思われるので、皆さんサプリのビタミンDを飲んでおくことをおすすめします。毎日1000から2000単位、5000単位の錠剤なら週2−3回、1万単位の錠剤なら週1−2回で良いと思います。

    昨日から東洋医学会総会がWEB開催されているので、朝から晩までずっと講演を聞いています。リアルの学会では久しぶりに合う人と話したり、出店される漢方専門図書の立ち読みなどに忙しく、講演などあまり聞く暇がないのですが、WEBだと全部聞けます。しかも、大事なところはスライドを止めてメモすることもできるし、こんな素晴らしい学会、これからずっとWEB開催してもらいたいです。

  • 今週末、お盆休み中です

    クリニックはお盆休みを頂いていますが、私は通常通り訪問診療があり仕事でした。朝から出勤して訪問のためにカルテを準備していたら、休みと知らずに来院される方や、今日はやってますかという問い合わせの電話が次々とかかってきました。皆さん、申し訳ないです。月曜から通常通りとなります。ところで、せっかくのお盆休みですが、連日の大雨で油断すると危険な状態です。高速も福岡方面は通行止めらしいです。私は昨日も書きましたが、ちょうど東洋医学会総会で、今年はWEB開催だったので、クリニックや自宅のパソコンから参加できます。これって最高です。朝早くからサイトにアクセスしてみたら、生放送の学会は午後から開始なのですが、オンデマンドの講演はすでに早朝から視聴できました。

    私は、診療が忙しいため学会に参加できずにずっとほったらかして来たのですが、今回のWEB学会のおかげで指導医講習と医療倫理・安全講習という専門医と指導医を更新するために必須の項目を自宅にいながら受講できました。家ですから新聞を読みながらとか、お茶を飲みながらのんびり聞けるのがいいです。それから、今度の学会がすごいのは、学会が開催される3日間を過ぎてもしばらくはオンデマンドで講演を視聴できるのです。リアルの学会だと、会場が複数同時進行なので、どれか選んで聞かないといけませんが、この方式だと、時間のある限り全部視聴することが可能です。おかげで、今日は、鍼灸、呼吸器、消化器、耳鼻科などの演題を聞きました。まだ、その他いろんな科にわたる漢方の発表を聞いたり、特別シンポジウムなど聞けるので、とても勉強になります。これからこの先、毎年この方式でやってもらいたいです。

    新聞を見ると、コロナ患者さんがどんどん増えています。もう、慣れっこになってマンボウなんてよそ事みたいにしていますが、かかった人は大変みたいです。当院にも、コロナの後遺症でつらい思いをしている患者さんが多数来られています。西洋薬では治療法もないので漢方でいろいろ考えてやっています。ワクチンの効果は期待できますが、過信できません。皆さん、免疫を落とさないようにしましょう。よく食べよく寝てストレスを溜めない。ビタミンB,C,Dを取ること。これは基本中の基本です。