むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 心配しないで薬をのんで元気になってほしい

    お盆休み明けの週で混雑が予想されていましたが、やはり混みました。待ち時間をできるだけ少なくとは思っているのですが、数カ月ぶりに来る人や、遠方から時間をかけて来ておられる人を2−3分で終わるわけにも行きません。わざわざ来たかいがあったと思っていただきたいので時間がかかってしまいます。一見元気そうに見える人も、よくよく聞くと、明日は会社に行けそうもないという場合もあり、短時間の診察ではなかなか聞き出せない悩みもちょっと時間をかければ話していただけます。そこを聞き出せずに次から次へとこなしていくだけの外来診療ではいけないと思っています。

    そういう中で私が困ってしまうのが、せっかく出した薬を飲みませんでした、と言われるときです。安定剤や抗うつ薬などに抵抗があったので、飲まなかったと言われると、がっかりです。この2週間を無駄にしてしまった感じです。薬を使わず自力で過ごしてもたいして変わるはずもなく、20点くらいの毎日でしょう。薬を飲むのは嫌かもしれませんが、ちゃんと飲んでもらえば、今頃70点か80点くらいにはなっていたかもしれません。生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を上げることこそ大切だと思います。きつくて気分が沈んでいるけど、薬は飲みたくないから寝て過ごした、なんて、かぎられた人生を無駄に過ごしている気がします。薬で治るなら飲んでいいと思います。

    もちろん、薬を飲まずに自力で治ったという人がいないわけではありません。当院を受診される人の1−2割は薬を使わず治っていると思います。しかし、残りの8割位の人は薬を使ったおかげで元気になっていると思います。薬を飲んで元気になったら薬をやめればいいのです。当院では薬依存にならないよう漢方なども併用したりといろいろ工夫しているので、指示通り減薬すれば、やめられないという心配はないと思います。

  • 気温が下がると頻尿になります

    お盆やすみ明けの今週は患者さんが集中すると予想しています。できるだけ待ち時間なくスムーズに診療できるよう考えます。ただ、休み中に体調をわるくした患者さんも多そうなので、多少時間がかかるのはご了承ください。先週のお盆明けの金土はちょうど5月の連休明けみたいでした。というのは、1週間ほど会社に行かないでよかったのでリフレッシュしたのはいいけど、いざ仕事となると、朝から気分が悪くて会社にいけません、といった訴えが非常に増えています。いわば8月病です。

    もう一つは、たて続けの台風で体調を悪くしたという方です。頭痛やめまいなどは気圧の変化の影響を受けます。いつもの頭痛・めまいが悪化したと言う方がかなりおられます。今日の週間天気予報を見たら、ずっと曇りか雨みたいです。秋雨でしょうか?今年は夏の始まりが遅かったですが、もう秋雨なら夏も終わりということですね。先日、近所にコウモリが大量発生、と書きましたが、日に日に減ってきて、昨日は10匹程見ましたが、今日はゼロです。いなくなりました。そして、あたりは秋の虫の合奏でにぎやかです。

    秋に気をつけないといけないのは、アレルギー性鼻炎、喘息、血圧上昇などでしょう。また、冷えてくると、夜間頻尿がだんだん悪化してきます。夏の間は夜に1回起きるかどうかという人も、次第に2回3回と回数が増えてきます。夜間のトイレが4−5回ともなれば睡眠に支障が出ます。そうなる前に早めにご相談ください。当院は内科ですが、夜間頻尿の治療を行っています。

  • 入院中の食事には注意

    最近、マツダの車の名前はドイツ車みたいに3とか5とか番号になりました。以前はいろんなネーミングがありましたが、番号のほうがスッキリしていいですね。日本人は何にでも名前をつけたがります。先日JR(国鉄時代)の人がインタビューに答えていましたが、新幹線にはネーミングをする予定はなく、番号で呼ぶつもりだったが、開業ギリギリでひかりとこだまとネーミングされたそうです。その後JRに限らずありとあらゆるものにネーミングしているのは御存知の通りです。最近気になるのはトヨタのタンク。日本語にすれば戦車です。もうひとつ気になるのが、三菱のデリカ。日本語にすれば、お惣菜屋さんです。なんでこんな名前にしたのかわかりませんが、外国人が聞いたらびっくりでしょう。

    ところで、最近友人が交通事故で入院しました。お見舞いに行ったのですが、病院食があまりに質素でお腹が空くので、毎日売店でカップ麺を買って食べているとのことでした。不健康極まりないです。入院中にこんな食事をして、リハビリなんてできるはずありません。骨折した骨はカルシウムとコラーゲンからできています。その周りの筋肉はタンパク質です。そこで、当たり前ですがこういう入院の際には蛋白(アミノ酸)を十分とらないといけません。プロテインが手っ取り早いですが、アミノ酸ならグルタミン酸とバリン、ロイシン、イソロイシン(3つ合わせて分岐鎖アミノ酸という)、カルシウム、そして、摂取した蛋白がコラーゲンに再構築されるために必要なビタミンCなどを大量にとらないといけません。

    入院中の食事は国が一日あたり幾らと値段を決めているので肉など蛋白を増やしたくても予算の都合で増やせません。結果、入院中はわずかなおかずとどんぶりご飯です。もし皆さんが入院するような際には自分でなんとかしないといけません。決してどんぶりご飯を全部食べないこと。代わりにプロテインを飲むこと。ビタミンなどのサプリを取ること。間違ってもお腹が空いたからカップ麺、というのはいけません。パンもだめです。SOYJOYなどのプロテインバーはいいと思います。

  • 足のむくみについて

    足がむくんだと言って来られる人がたくさんいます。なかには血相を変えて来られる人がいます。むくみ方も、靴下のゴムが多少食い込む程度のひとから、靴が入らずサンダル履きで来られるほどひどい人もいます。軽い人のほうが大騒ぎする傾向にあります。自分のおじさんは足がむくみ始めて1週間で亡くなったとか、そういう素人判断のから騒ぎです。

    足がむくむ際に心不全、腎不全などもありますが、実際はそういう原因の可能性は低く、多くの場合座っている時間が長すぎるとか塩分や水分を取りすぎているとか、そういうことが原因となっています。しかし、この夏の盛りに水分を取りすぎないように指導するのは難しいし、むくみをとるために強い利尿剤を使うこともはばかられます。血液が濃縮すると脳梗塞のリスクとなるからです。多少足がむくんでいても何も起こりませんが、むくみとりに必死になって脳梗塞になっては仕方ありません。

    eGFRという腎機能の指標がありますが、これは血清クレアチニン(Cr)というデータに性別や年令を加味して計算式に入れることで推測する腎機能です。年齢が計算式に入っているため、クレアチニン値は一定でも年を取るほどeGFRは下がっていきます。70,80歳ともなると、それほどクレアチニン値が悪くなくてもeGFRが低く計算されるため、腎臓に問題ありと指導される場合がありますが、むくみとはなんの関係もないことがほとんどです。こんなことで一喜一憂して蛋白制限食(腎不全食)など取らないようにしてください。年をとったら筋力が低下するので、蛋白をしっかり取らないといけません。根本をまちがうと結果は健康維持という目標から大きく外れてしまいます。

  • 医療は消費税増税と関係ありませんが・・

    心配していた台風は九州にはあまり被害もなく良かったです。とはいえ、中国・四国地方では大変な思いをされたところもあると思います。お見舞い申し上げます。さて、今日はお盆でしたが、どう過ごされましたか?うちの家族は昔からお盆に墓参りの習慣がないので特にどこかに出かけることはしませんが、心のなかで、祖父母やすでになくなったおじさんやおばさんの思い出を一人ひとり思い浮かべながら、見守っていただいていることに対する感謝を頭の中で伝えました。わたしたちがこの世で健康で幸せに暮らせているのはご先祖様のおかげであることは間違いありません。

    世の中に目を向けると、日韓問題、香港でのデモ、アメリカの株の暴落などいろんな問題がいっぱいです。日本はというと、消費税増税が目前ですが、食品などは8%でその他が10%という軽減税率のせいで開始前から混乱気味です。軽減税率用のレジを買い換えるようにCMではしきりに訴えています。バカバカしい話です。そんな面倒するくらいなら一律10%にしてもらったほうがよほどシンプルで手間が省けます。軽減税率用のレジなんて、数年後にはまた買い換えないといけないことでしょう。

    医療は基本的に消費税はかかりません。国が定めた公定価格です。しかし、病院が仕入れる医薬品や注射器などの材料は卸さんから仕入れるときに10%に増税されます。その分を病院がかぶらないで良いように国は考えてくれるとのことですが、外来の再診料などが10円程度上がるかもしれないと言う程度の話です。それくらいで仕入れの増税分がペイできるかはわかりません。経営的には厳しくなると思います。

    そういえば、携帯に怪しいショートメールが来ました。「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。」という文面です。これは調べてみたらフィッシング詐欺のようです。みなさんもこのようなメールを受けとったら無視してすぐに削除しましょう。決して連絡先をクリックしないように!