むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 睡眠薬の新しい話題

    先日は診療が終わったら直ちにクリニックを出て医師会主催の研修会に参加しました。開会10分前に会場入りできたのですが、大入り満員です。なんとか座るところを確保しました。ざっと300人はいそうです。研修会のテーマは「睡眠薬」です。今回の診療報酬改定で、デパスやマイスリーなどを漫然と投与し続けると処方した医師(クリニック)にはペナルティーとして診療報酬が減額されることが決まりました。睡眠薬を投与することで損が出る仕組みとなったことから多くのクリニックではかかりつけの患者さんに「今後睡眠薬は処方しません、心療内科や精神科にかかってください」という流れになっています。

    そうは言っても、私たち心療内科を標榜しているクリニックでも、睡眠薬をもらいに患者さんに殺到されては大変です。減額されるのはこちらも同じなのです。こちらも、対策として、研修を受けて備えないといけません。また、ベンゾジアゼピンという種類の睡眠薬や安定剤をやめてもらう努力をするしかありません。推奨されているのはロゼレムやベルソムラという比較的安全な睡眠薬に置き換えることですが、やってみると睡眠の質が悪くなる人が多く、やっぱりマイスリーやデパスを出してほしいと言われることが結構あります。

    そこで次に推奨されているのがクエチアピンやテトラミド、トラゾドンというベンゾジアゼピン以外の薬です。眠くなる抗うつ剤や向精神薬です。こっちのほうが従来のベンゾジアゼピンより安全だと言われています。しかし、最近は常識と思っていることが数年で覆されます。今の常識は数年後の非常識です。つねに流行りに流されることなく、自分の観察眼を信じて行きたいと思います。デパスやマイスリーを使っている患者さんが、時々漢方薬で眠れるようにしてほしいと言ってこられますが、断っています。絶対無理だからです。デパスやマイスリーの強さを漢方と比較すれば、10倍くらいでしょう。簡単に置き換えることは出来ません。もし運良く前述のベルソムラやロゼレムに置き換えることができれば、その先で漢方にすることも可能かもしれませんが、1年以上かかると思います。従来の眠剤はそれだけ強く習慣性があるということです。

    なんだか、お内裏様とお雛様が逆のような気がしますが・・・

    PS; ググった結果、上の写真のようにお雛様を向かって左に置くのは京都風、京都以外ではその反対に配置するそうです。

  • インスリンで体は太る

    夕方仕事が遅くなり、携帯のワンセグでテレビを付けたら見たかった健康番組があっていました。薄毛対策のあれこれです。たまたまつけたときにはイワシの缶詰に梅干がいいと言っていました。理由はEPA(エイコサペンタエン酸)だと言っていましたが、なぜ梅干しを添えるのかは見損ねました。理由はともかく、検証していた人の髪はしっかり増えていました。面白いですね。私もこのブログで以前髪の毛を増やすために必要な栄養のことをかきました。EPAは微小循環を良くするので頭皮の血流を改善して毛が生えるという話だと思いますが、イワシの代わりに精製したEPAをとったとして、そこまで効果が出るかはわかりません。それは、イワシにはタンパク質が含まれるからです。毛髪はタンパク質で出来ているので、血流改善だけでなく、十分な量の良質なタンパク質が必要です。イワシにはそれが含まれますが、精製したEPAには含まれません。

    私の診察では、多くの皆さんに蛋白質をもっと取るよう勧めています。蛋白を増やすのと同時に、炭水化物を減らしましょう。これはセットです。炭水化物は消化されると糖になります。血糖が上がると、その血糖を下げるためにインスリンが出てきます。インスリンは血液中の余分な糖を体内に取り込ませます。太るということです。実は、糖尿病の治療に用いるインスリンの注射薬やインスリンの分泌を促進するや薬剤はどれも体重を増加させます。糖尿病治療をしながら太らせてしまうというのは皮肉なものです。

    一方タンパク質はたくさん食べても血糖が上がりません。したがって、同じカロリーのものを食べたとしても、それは体重増加にはつながらないのです。実は、脂肪も血糖を上げないので、炭水化物と同じだけカロリーを取ったとしても太りません。太るのはインスリンが関与したときなのです。これまで、ダイエットや糖尿病治療にはカロリー計算が欠かせませんでしたが、常識は変わりました。今や、糖質制限さえすれば、カロリー計算は必要ないというのが新常識となりつつあります。

  • ビタミンCを入浴剤にするh

    日曜はいい天気でした。マラソン日和だったと思います。昼は走るにはすこし天気が良すぎて暑かったかもしれません。参加した皆さん、お疲れ様でした。昨日書いたように、体をケアしてください。日頃ジョギングすることは体にいい習慣だと思います。しかし、フルマラソンはさすがに体にいいとは言えません。十分鍛えておかないと故障します。膝や股関節その他使いすぎて後遺症が残るようだとせっかくの運動が台無しです。私たちは人生90年の時代に生きています。90過ぎまで使うには無理なことをしてはいけません。骨も関節も大事に使わないともちません。私がランニングを止めてウォーキングに変えたのはこれも一つあります。

    さて、走ったあとはお風呂です。皆さんお風呂に入浴剤など入れますか?私は、市販の入浴剤の化学薬品みたいな香りが苦手です。入浴剤の主要な成分は重曹です。掃除にも使える重曹を大さじに2−3杯お風呂に入れれば立派な入浴剤になります。香りをつけたければ、それにアロマオイルを数滴入れればゴージャスなお風呂になります。私が時々入れるのはカミツレ、ゼラニウム、ラベンダなどです。風邪対策にはユーカリ、頭をすっきりさせるにはレモングラスやローズマリーもいいと思います。オレンジやレモンなどの柑橘系は香りはいいのですが、肌に残ると日光過敏を起こすそうなので、止めたほうがいいと思います。

    私は小さい頃から一番風呂が苦手でした。なぜか理由はわからなかったのですが、最近その理由に気が付きました。カルキです。あのチクチクと肌をさす感触が嫌なのです。一番風呂はそれがとても強いのですが、何人か家族が入ったあとはその刺激はなくなります。しかし、最近そのカルキを一発で消す方法に気づきました。お風呂にビタミンCを入れるのです。ほんの1g程度でいいようです。私は食品添加物としてネットで手に入るアスコルビン酸(ビタミンC)の粉をキロ単位で持っていますが、多すぎて使いみちを考えていたのですが、ビタミンC風呂は贅沢です。ほんのスプーン1杯お風呂に入れるだけでカルキが中和されて水質が改善します。美白にもいいはずだし、まるで化粧水風呂です。ぜひお試しください。

  • マラソン後の体のケアには

    いよいよ熊本城マラソンですね。私も開業するまでは毎日ランニングを欠かさず、月に200キロ、年で2400キロを走った年もありました。しかし、開業の準備を始めた頃から、走る時間は取れなくなり、ついには全く走らなくなりました。今はもっぱら通勤のウォーキングです。マラソンに出場する皆さん、頑張ってください。いま私の熱中している分子栄養学でマラソン後のケアを考えてみましょう。まず、筋肉で発生する大量の乳酸が筋肉痛を起こします。肝臓で乳酸脱水素酵素(LDH)が分解してくれますが、LDHが作用するにはナイアシン(ビタミンB3)が必要です。またその周辺でビタミンB1, B2、B6などが必要となります。マラソン中に水分補給はすると思いますが、大量の汗をかきますから、水分だけでなくナトリウム(塩)の補給が必要です。ダメージを受けた筋肉を修復するにはアミノ酸が必要となります。肉や卵などのタンパク質をしっかりとる必要があります。

    マラソンで足がつるのは筋肉疲労ですが、脱水で筋肉の血流が落ちるとつりやすくなります。十分な水分と塩分の補給が足のつりを改善します。漢方の芍薬甘草湯も足のつりに効くのですが、私もフルマラソンで足がつったときに何度となく飲みましたが、焼け石に水でした。よく考えると、筋肉の収縮はカルシウムの働きで、それを緩めるのはマグネシウムです。走っているときの発汗でマグネシウムを失うのも問題かもしれません。沿道のエイド(補給所)で例年「走ろう会」が出しているブースでは味噌汁が振る舞われます。味噌汁には塩分だけでなく豆腐やワカメからマグネシウムも補給できます。足がつるのには最高の栄養となります。

    走ると大量の酸素を必要とします。過剰な酸素は活性酸素となって体を酸化します。酸化は老化です。酸化から体を守るのはビタミンCとEです。走ったあとは大量のビタミンCをとっておくことをおすすめします。活性酸素を除去してくれるSODという酵素はマンガンと亜鉛が必要です。また、マラソン後に打ち上げがあれば、当然お酒が入ると思いますが、アルコールは体を脱水にします。さらに水分を取る必要があります。また、マラソンで溜まった乳酸を分解するため肝臓はフル稼働しているため、お酒を入れてしまうと肝臓の負担はさらに増えてしまいます。このアルコールを分解するアルコールデヒドロゲナーゼという酵素もナイアシン(B3)を要求します。乳酸を分解するLDHもナイアシンを要求するため、ナイアシンが十分ない場合競合してしまいます。したがって飲み過ぎには注意が必要です。

    膝などの炎症で熱を持っているときはしっかりと冷やしてください。湿布を貼るのも効果的です。ぬるめのお風呂でゆっくり体をマッサージするのも良いと思います。

    ガンナム(江南)

  • 時間泥棒

    ホリエモン(堀江貴文)の「多動力」という本を読みました。Kindle Unlimited(アマゾンキンドルのサービス)の人は無料で読めます。私もアマゾンキンドルで読んだので無料でしたが、お金を払ってもいい内容でした。言うまでもなく著者のホリエモンは多動症で、じっとしていられない性格です。楽しいこと、面白いことがあればすぐに飛びつきます。結果的にそれがビジネスにつながればよいし、つながらず損しても楽しんだらOKです。最近は北海道で民間ロケットを打ち上げようとして失敗続きでなにやってんだろうという気もしますが、本人は楽しんだものがちだと言うところでしょう。仕事で悩んでいる人は一度読んでみるといいと思います。

    一晩に行けるレストランは1件というのは単なる思い込みで、やろうとおもえば一晩に10軒のはしごでもできる、なんて言うのは私が韓国で実践したことそのものです。私たちの時間は限られているのですから、したいことをどんどんすればいいと思います。時間はとても大事なので、自分の時間を横取りしてくる人とは付き合わないこと、これはとても大切です。私たちが患者さんと話しをする時間は仕事そのものですから構わないのですが、製薬会社の人たちが用もないのに挨拶に来るのは迷惑以外の何物でもありません。結局自分の会社の薬を使ってくれと言って帰っていきます。何か役に立つ情報でも持ってきてくれれば会った甲斐があるのですが、殆どの場合、単なる時間泥棒です。

    もう一つ迷惑なのが、会社の上司が患者さんのことについて問い合わせてくることです。ストレスで仕事に行けなくなった患者さんが仕事に復帰できるかどうかなんて、私に聞かれてもわかるはずないです。やってみるしかありません。そもそも会社の超多忙な環境だったり有無を言わさず仕事を振ってくる上司が問題で体調が悪くなっているのですから、そこが改善しないのにうまく復職できるかなんて私に聞かれてもわかりません。そこを棚に上げておいて患者さんが復職可能かとか、復職に際しての注意点を教えてほしいとか聞きに来るのは単なる会社のパフォーマンスであり、実際に患者さんのことを思っているわけではない気がします。こういう人たちにつきあわされるのは私にとっては時間泥棒そのものです。

    ガンナム(江南)、ソウル