むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 尿を使ったコロナの新しい検査法

    昨日、講演会で講演をしたと書きましたが、私の他にもうひとり熊大から演者の先生がいました。腎臓内科の永芳友先生です。なんと、コロナ(COVID-19)患者の尿からコロナ特異物質を検出することに成功したとのことです。尿は感染性が低く、安全なサンプルです。それを検査の機械にかけると全自動で15分ほどで結果が出るそうです。PCRよりすごく早い。そして感度や特異度はほとんどPCRと同等。さらに優れているのは、陰性か陽性かだけではなく、定量できるため病勢が判定できるそうです。入院中にその数値がだんだん上がれば重症化するし、下がれば退院できるという指標になるそうです。こんな素晴らしい検査が熊大から発見されたのはすごい。昨日の発表では特許申請まで終わったので発表することができた、とのことで、研究が臨床につながるだけでなく、その後のビジネス展開まで考えて行動しているところが素晴らしい!がんばれ、永芳先生!

    今日は祝日で、漢方寺子屋というWEBセミナーに参加予定でしたが、ちょうどその時間に訪問診療が入っていたので参加できませんでした。残念。訪問診療は祝日に関係なく定期的に老人ホームなどを巡回するので、今日も普通通りの仕事です。それから、訪問診療している間にトイプードルのゴンをトリミングに出したのですが、たぬきのようにまるまる太っているとおもったら、キツネのように痩せて帰ってきました。なんだ、肥満犬と思ったら違ってた。

    仕事の後は、息抜きにベトナム料理Pho(フォー;ベトナム風ラーメン)専門店に行きましたが、あまりお腹がたまらなかったので、その足でマックの月見バーガーを食べました。月見は大好き。定番メニューにしてほしい。その後、スポーツジムで食べたカロリーを燃やして、併設の温泉で汗を流し、充実した休日となりました。

  • 休日におすすめのドラマ

    秋分の日でお休みですね。まだあまり旅行などできる状態ではないので家で過ごす方も多いと思います。そこで、最近私の見ているおすすめドラマを紹介します。ネットフリックスで見ていますが、「バイバイママ」という韓国ドラマです。妊婦のママさんが、いつものように道を歩いていたら、交通事故にあって死んでしまう。子供は無事に助かる。ママは我が子を一度も抱くことなく死んでしまった未練で幽霊になって子供につきまとう。ヒョンなことからママはこの世に生き返った。49日だけという期間限定。子供に会いたい、抱きしめたい。親にも会いたい。短い時間でしたいことはたくさんある。そんなドラマです。まだ途中までしか見ていないので、毎日うるうるしながら見ています。こういうドラマを見ている影響もあり、昨日ブログに書いたように一日一日を大切にしないといけないと思うし、妻、子、親、兄弟などにも悔いがないように日頃から接しておかないといけないと思うのです。せっかくの祝日、有意義にお過ごし下さい。

    今日はハイブリッド形式の講演会があり、私は演者だったので公演会場のニュースカイホテルに行きました。コロナ前は結構勉強会でこいうホテルにでかけていましたが、今回1年ぶりくらいでした。行ってみたらシルバーウィークなのに本当にガラガラで人気も少なく大丈夫かなと思いますが、きっと大丈夫ではないはずです。この苦境から早く脱して、みんなが旅行できる世になってもらいたいです。新市街付近では現在3つほど大きなホテルの建設が行われています。現存のホテルも経営が厳しいのに、いま巨額を投じて新たにホテルを建設するのは大丈夫か心配になります。

    今日の講演で話したのは漢方の話題でした。日常の口内炎とかしゃっくりとか膀胱炎などたわいもない治療の話からコロナワクチンの副作用対策やがん患者さんのサポートなどいろんな話題を提供しました。漢方は2000年の歴史が有効性を担保してくれているので、最近はやりの臨床治験などとっくに終わったも同然です。医学部ではほんのさわりしか勉強しないのできちんと使える人が少ないだけで、本気でやればすごく有効性が高いと思っています。

  • 日々の生活を充実させること

    犬の散歩をしていたら夜空には中秋の名月でした。西の空は厚い雲に覆われ、雷がピカピカと光っていましたが、東の空は晴れていて、満月を拝むことができました。日本では中秋の名月といえばピラミッド状に積み上げた丸いお団子とすすきがイメージですね。日本むかし話などで出てきたお団子のイメージ。美味しそうで、よだれが出ます。中国では家族揃って月餅を食べる風習があります。日本ではいつでも月餅がありますですが、本当は季節モノです。クリスマスケーキみたいに中秋(旧暦8月15日)を過ぎたら投げ売りされるらしいです。木の実がたくさん入っていて美味しいので月餅大好きです。

    ところで今週は飛び石連休になっています。明日働けばまた休みです。童謡に「もういくつ寝るとお正月♪」というのがありますが、みなさんそんな気分でしょう。しかし、これをよく考えると、一日一日を大切に生きていない気がします。あさっての祝日のお休みを首を長くして待つとか、週末が来るのを待つという気持ちはわからないではありませんが、今日明日と言った普通の日があるからその後にお休みが来るのです。今日は今日できることを精一杯する。明日は明日のベストを尽くす。その積み重ねなくして、数日後のお休みを待ち焦がれていると、何もせず今日明日が過ぎ去っていき、人生の密度は空虚なものとなります。

    例えば、農家の人なら収穫の日を夢のように待ち焦がれることでしょう。しかし、今日は草取り、明日は肥料と、日々の仕事をこなさなければ収穫の日は来ません。受験も同じ。合格の日をゆめ見るのはいいのですが、その実現に必要なことは、まず今日を大切に生きることです。

    昨日食べたおでんの残りに唐辛子やコチュジャンを入れたら韓国おでんのできあがり。ソウルの屋台名物。あちらでもおでんは「おでん」と言います。たぶん日本語。屋台では竹串に刺した具を買って立ち食いするのがスタイルです。

  • くまもとマスク

    敬老の日でした。昔は敬老の日は9月15日と決まっていて、熊本では藤崎宮の大祭でしたが、最近は敬老の日が月曜に移動しています。また、去年に引き続き藤崎宮の秋の大祭はコロナで中止。夏の江津湖の花火大会も中止だったので、なんか季節感がないまま年月が過ぎていきます。老人ホームでも敬老の日は一大イベントだったのですが、最近は家族の訪問も制限されて、お祭りとは程遠いものとなっています。というわけで、ただのお休みの月曜となりました。私は、近々漢方の講演を2つ頼まれているのですが、日頃は忙しくて全くスライドを作る暇がないのでこの休み中に集中してスライド作りです。また、経理の仕事も溜まっており、帳簿をつけたり領収書を整理したりと、分刻みのスケジュールです。

    家にばかりいても仕方ないので、スポーツジムで5キロ走って施設内の温泉で汗を流しました。いつもYouTubeを聞きながら5キロ走るのですが、YouTubeが面白いとあっという間に走り終わります。先日、スマホでアマゾンプライムの映画を見ながら走ってみましたが、これは辛いです。小さい画面を走りながら見るのは厳しい。特に、韓国ドラマだと字幕がないと意味がわからないので、途中で無理だと諦めました。

    下通りを歩いていたら、「くまもとマスク」の販売ブースが出ていました。「くまもとマスク」は当院でもお世話になっている薬品卸のジェネフィットジャパンがコロナ第1波でマスク不足が深刻だった際に国産でマスクを作ろうと三角に工場を作ったものです。品質もよく医療用のクオリティーです。くまモンシールが付いていて、県知事さんが使っているものと同じだと聞いています。当院横の凌雲堂薬局にて手に入りますよ。

  • 地域医療センターの思い出

    真夏のような日差しの一日でした。連休でゆっくりされている方も多いと思います。私は朝から医師会病院の当番だったので、お仕事でしたが、コロナも落ち着いてきてのんびりした外来でした。それでも、胸痛で心筋梗塞を疑って精査したり、尿管結石で痛がっている人も来たりで、さすがに救急外来というのはいろんな患者さんが来ます。私は、医者になって2年目を医師会病院(地域医療センター)で研修したため、大学院生時代もずっと医師会病院の夜の救急当番に入っていました。思い返すと、ここでバラエティーにとんだあらゆる急患に遭遇して、外来の基礎を学んだような気がします。

    医師会病院は繁華街から歩いて5分という地の利もあり、夜の外来は忙しかったです。12時過ぎた頃、酔っぱらい(急性アル中)がよく運ばれてきていました。そして、2時も過ぎた頃、風邪みたい、といいながら飲み屋のお姉さんやバーテンさんたちが受診。外国人も多かったです。昔は小児科外来が大忙しで何時間も待つ状態でしたが、このところのコロナ禍で急激に小児科の受診は激減しています。今まで、夜中に熱が出たら心配だからとりあえず受診していたような患者さんが、一晩様子を見るようになったものと思われます。

    今、私はは循環器を専門にしていますが、医師会病院で研修した当時は胃カメラの手技が面白くて没頭していました。服部胃腸科の桜井院長はその時の同僚です。二人で胃カメラの技術を切磋琢磨していました。しかし、もう一つ私は当時から循環器を勉強したかったので、暇さえあれば心エコー室に入り浸ってエコーを習いました。当時指導してくれたのが循環器部長だった後藤先生(今は御幸笛田のごとう循環器内科院長)でした。私の恩人の一人です。