むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 「食べてうつぬけ」

    以前クリニックの待合においていた「食べてうつぬけ」という本がありました。うつやパニックなどは鉄と蛋白が足りていないので、まずは栄養補給をすること、サプリもうまく使うこと。そうすると、安定剤や抗うつ薬は減らせるし、やめられることもある。そういう内容です。皆さんに読んでいただきたい本です。実は今日、この著者である奥平智之先生のWEB講演会がありました。オンラインとはいえ、このようにリアルタイムにお話を聞くことができて、嬉しかったです。私も実践している分子栄養学の応用の話でした。

    この、栄養療法は別名メガビタミン療法とも言います。大量のビタミンとプロテインを使うのが特徴です。栄養学といえば、古来、バランス良く食べましょうとか、塩分は控えめに、とかそんな話しかありませんでした。しかし、分子栄養学による栄養指導は全く異なります。例えば一日に推奨するビタミンCはレモン100個分にもなりますから、食品で摂ることは不可能。鉄ならほうれん草にして1日4キロです。牛じゃないんだから、と言われそうです。

    そのように、患者さんごとに必要な成分を必要十分(食事では取れないほど大量に)とっていただくと、体質的に酵素活性が弱くてもその酵素をフル活動させることで健康度をアップできるという理論です。サプリは保険が効かないので、当院ではネット(iHerb.com)でどれを買ったらいいかのアドバイスだけします。日本のビタミンは含有量が少なくあまり使えません。日本のサプリは医薬品と違ってちゃんと表示された量の成分を含有しているか検査されていません。一方アメリカのビタミン剤はすべて国家基準をクリアしているので安心して使えます。そこで、当院での推奨のビタミンはアメリカ製です。

    暖かいのでツツジみたいなのが咲いてます

  • NO(一酸化窒素)とH2(水素)の時代

    医学部で基礎の勉強のなかでも一生役に立つのが薬理です。薬の知識です。私は薬理が大好きで、学生時代に第2薬理という研究室に入り浸って循環器薬理の研究をしていました。その当時私を指導していただいたのが、子飼のあらき循環器内科の荒木先生と、西教授(現在桜十字熊本東病院)でした。私の恩人です。私が研究したのは心臓の冠動脈の内皮細胞から産生される一酸化窒素(NO)に関するものです。その当時、NOが血管拡張物質として発見され、ノーベル賞をとった時代でした。このNOの研究はその後世界中でどんどん進んで現在も花盛りです。

    今日、帰宅してWEB講演会に参加しましたが、肺高血圧の話題でした。肺高血圧の治療にはNOを用います。私はこの肺高血圧治療に近いことをアメリカ留学中に研究していたので、やっと治療法が確立して来たことを嬉しく思いました。NOは狭心症の治療薬ニトログリセリンの作用機序にも関係しています。また、バイアグラとして別方面でも有効性が確認されています。

    一酸化窒素(NO)の研究も面白いですが、これから注目すべきは水素ガス(H2)だと思います。H2は水素自動車(トヨタのMIRAI)が話題ですが、燃えれば水になります。このH2を吸入することで、疲労回復、がんの治療、アンチエイジングなどの効果が報告されています。酸素を吸入させる治療とは反対で、H2には体の酸化を予防する働きがあります。私も自宅に水素発生器をもっています。自分はいつもメガビタミンで元気にしているので水素吸入の効果はよくわかりませんが、理屈を考えればいいものだと思っています。

     

    地蔵峠付近から阿蘇盆地を見下ろす風景

  • 人生良し悪しでなく「良いことばかり」と思うべし

    例えば車の運転をしていて、全然信号に引っかかることなく「ついてる♡」というときがあります。日頃の行いがよく、神様も味方してくれているのかもしれません。素直に喜んで感謝したらいいと思います。逆に、する事なす事スムーズにいかないことばかりというときもあると思います。信号の運も同じです。しかし、考えようによっては、赤信号で止まったことで、スピード違反の取締りに引っかからなかったとか、もらい事故に合わずに済んだとか、気づかないラッキーがあったかもしれません。

    病気も同じです。健康で元気なら、そのことを日々感謝しないといけません。しかし、病気で体調が悪いのも別の意味でラッキーだった可能性はあります。NYのテロのとき、飛行機が乗っ取られて貿易センタービルに突っ込みましたが、あの飛行機に乗る予定だった乗客が、体調不良で搭乗をキャンセルして命が助かったという例があります。そこまでまれな例を出さなくても、会社のストレスで体調を壊して休んでしまうことがあるかもしれませんが、休まずに無理して出勤したら、頭も回転せずに通勤中に事故に合うとか、大事な決済を一桁間違って会社に大損害を与えてしまうとか、何が起こるかわかりません。体調不良で休んだという事実だけ見れば、あまりいいことに見えませんが、神様に実は休ませてもらったのかもしれません。本当はラッキーだったのに、それが見えていないだけなのです。

    そこで、赤信号ばかりにあって運が悪いとか、体調壊して仕事を休んでしまって、ついていないと思うかもしれませんが、いいことも悪いことも全部含めて「いいこと」と思えばいいのです。ただ、神様に見放されるような悪い行い(人を欺いて私利私欲に走るようなこと)ばかり日頃からしていると、本当にバチが当たるかもしれませんけど・・。

    萌の里

  • 人は鏡

    どの職場にもいると思いますが、愛想が悪くてみんなに優しく接してもらえないひと。するとその人は、やっぱり自分はだめだとか、自分はコミ障(コミュニケーション障害;コミニュケーションが苦手なひと)という自覚が出てきて、更に状況を悪化させます。しかし、そういう人を観察していると、一日中全然笑ったりしないかというと、案外そうでもありません。明るい笑顔の人に話しかけられると、自然と笑顔が溢れるのです。つまり、その人が愛想が悪いと思っていたのは、実は、自分がその人に対して愛想悪くしていたのです。「人は鏡」といいます。相手の顔が笑っていないのは、自分が笑っていなかったからにほかなりません。

    鴨頭嘉人さんも講演で言っていましたが、作り笑顔は最高に価値ある笑顔です。周りの人への気配りであり、プレゼントです。そして、その笑顔を見た相手が気分良く微笑んでくれると、結果的に自分も気持ちよくなります。いいことづくめです。本心から笑わないとだめだというのは間違いで、作り笑顔こそが大人のスキルなのです。自分が辛いときに「辛い」といってしかめっ面をするのは結果的に自分を辛くします。そんなときこそ作り笑顔をしてみましょう。マクドナルドのキャッチフレーズに「スマイル0円」というのがありましたが、スマイルは何万ドルもの価値があります。

    愛想が悪いを通り越して機嫌が悪い人というのは困りものです。不思議と医療業界にはそういう人がたくさんいます。いつも怒ったような態度の医者とか、怖い看護師さんとかです。そういう評判は患者さんを通してすぐに広まります。あまりに忙しいと心の余裕がなくなるからだろうと思います。私自身、気をつけたいと思います。自分の機嫌は自分で取ること。

    子育て中のお母さんたちも、育児、家事、仕事、子供の習い事や部活、町内会、PTA、そして帰宅が遅く家事を手伝わない夫、などなどいつも余裕がなくイライラしています。子供を叩いたりしないよう、心療内科に相談するのもいいと思います。

    地蔵峠付近の外輪山遊歩道 風の音、落ち葉を踏みしめる音、鳥のさえずり。静寂。

  • 幸せなお休み

    連休2日目は珍しく朝寝坊しました。私は正月でも5時に起きるのですが、今朝、目が冷めたのは6時半。自分でもびっくりしました。ひさしぶりにゆっくり寝ました。昨日は山歩きなどをして疲れたのかもしれません。さて、せっかくの連休ですから、今日は山鹿温泉まで足を伸ばしました。さくら湯という古風な銭湯を復元したところです。ニュースで見たことあったのですが、初めて行きました。透明でとろっとしたいいお湯でした。私は、結婚してしばらく山鹿に住んでいました。久しぶりに行きましたが、懐かしかったです。いろんな思い出がつまった街です。今度ゆっくり歩いてみたいと思いました。

    山鹿の帰りに植木の長命館という温泉によりました。温泉のはしごです。ここは紅白の湯で有名なところ。約20年ぶりに行きました。以前はひなびた湯治場でしたが、今は近代的な建物になっていました。温泉は昔ながらの赤湯と白湯。赤湯は赤土の泥湯だと思われます。泥を使ったクレイパックは皮膚疾患に効くだけでなく、内臓疾患にも有効とされています。クレイに関しては玉名駅前でクレイサロンをされているMELSという店がホームページで詳しく解説されています。おそらくこの赤湯は泥パックみたいな作用で体に良さそうな気がします。赤湯でミネラルを補給したあと、白湯につかって帰りました。疲れが吹き飛びます。勤労感謝の日、いつも頑張っている自分の体に感謝して癒やしをプレゼントです。

    温泉でリラックスしたら次は美味しいものです。健軍商店街のはずれに「竹とんぼ」というラーメン屋さんがあります。築何十年かわかりませんが相当な老舗です。小さい店で6席ほどしかありません。3蜜を避けるなら3人で満席です。たまたま空いていたので定番の味噌ラーメンと小鉢を一ついただきました。美味い!幸せなお休みでした。

    さくら湯