むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 辛いときこそ笑顔を作りましょう

    桜がだいぶさいてきました。当院の待合室からは目の前の公園に咲く桜が見えます。この季節、最高です。仕事しながら桜が見えます。あいにくの雨ですが、まだ咲き始めですから散ることはないでしょう。日曜は晴れるそうなので、楽しめます。楽しめるとは言え、大勢でお花見の会はできないので、一人でちょっと散策する程度です。私の記憶では、5−6年に一度くらい桜の開花が遅くなり4月の入学式頃に咲きます。たいていは卒業式頃に満開ですので、今年は久しぶりに入学式と桜という構図だったのですが、多くの入学式も取りやめになっており、残念ですね。写真を撮るくらいはいいでしょう。皆さん、記念写真ぐらい撮らないと春はきませんよ。

    私は最近経営のかなめとなる心理学を勉強しているのですが、鴨頭嘉人さんの講演でよく言われるのが、作り笑いはすごい!ということです。心がハッピーだから笑顔が出るのは普通のこと。逆に、作り笑顔でもいいから口角を上げてニッコリすると、深刻な悩みを「悩めなくなる」とのこと。やってみるとなるほどと納得することでしょう。つまり、心が顔に出るのは子供。大人は顔を作って心をコントロールしないといけないのです。

    作り笑顔は人のためであり、自分のためでもあります。笑顔を周囲に振りまくと沈んだ気持ちやストレスが飛んでいきます。女性は鏡の前で化粧をしながら笑顔の練習もすると思いますが、男の人も練習したほうがいいと思います。眉間にシワを寄せているのは最悪です。福の神から嫌われますよ。外出自粛要請で商売あがったりという人がそうとういると思いますが、泣いていても仕方ありません。笑顔を作って前に進みましょう。進化論にある通り、変化に対応できるものだけが生き残るのです。

    御船、恐竜のいる公園前

  • 自主引きこもりの週末を過ごしましょう

    関東はこの週末外出自粛の指示が出ています。これは、関東に限った話ではなく、できれば日本全国でやったほうがいいと思います。東京は新コロ患者用に確保した病床がすでに100%埋まってしまっているとのことで、これ以上の患者増加は患者さんの受け入れが困難な状況です。NYタイムズのYouTubeを見ると、医療崩壊している現場のレポートが有りました。これは見ていてゾッとしました。地獄です。レポートによると、若い元気な人もどんどん運ばれてくる、タバコも持病も関係ない、と言っています。要注意です。

    この週末、関東は雪が降るという話です。冷えると免疫が落ちるので感染が拡大します。くれぐれも雨に濡れて歩いたり、薄着をして寒い中過ごさないようにしましょう。熊本などは外出自粛の要請はでていませんが、自主的に引きこもることをおすすめします。なにか家で楽しいことをしましょう。手作りのパンを焼いてみるもよし、断捨離で家の大掃除をするもよし。日ごろしたくても時間がなくて後回しにしていたことをついにするべきときが来ました。

    私はすることがたくさんあります。土曜の午前中は通常通り診療します。家に帰ったら、まずは今夢中で見ている台湾のTVドラマを見ます。そして、そのドラマをもっと楽しむためYouTubeで中国語講座を勉強し始めました。この前から受講している臨床分子栄養学講座も全部で50時間以上のプログラムを(オンライン)受講しないといけません。時間がどれだけあっても足りないくらいです。

     

  • 食料を賢く備蓄する

    東京を中心として、関東ではこの週末不要不急の外出を控えるようにという指示が出ました。それに反応するかのようにみんなスーパーで食料を買っているニュースがでていました。熊本はどこ吹く風みたいにしていますが、準備のいい人はすでに備蓄は済んでいると思います。私も随分前にブログに書きました。熊本地震の時を思い出せば、こんなのなんてことないです。電気と水がちゃんと使えるわけですから、インフラの心配はありません。エアコンも使えるし、布団で眠れます。

    ですから、皆さん冷静に対応すればいいと思います。ただ、地震のときの非常食を思い出すとわかりますが、おにぎり、カップ麺など炭水化物ばかりでした。そして、飽きるので、味は濃くて塩のとりすぎです。炭水化物のとりすぎで糖尿病になり、塩分のとりすぎで高血圧になります。また、野菜不足でビタミンと食物繊維が足りないため、脚気のような体調不良と便秘になります。もし、イタリアやニューヨークのようなロックダウンが起これば、野菜が不足すると思います。保存のきく缶詰、レトルト食品、冷凍の肉や魚はなんとかなるでしょうが、野菜となるとイモ類や玉ねぎ、人参ぐらいでしょうか。それでもいいので、日持ちする野菜は買っておいたほうがいいと思います。干し椎茸、切り干し大根など乾物は超おすすめです。あとは、仕方ないので、ビタミン剤のサプリでしょう。ビタミンBミックス、C、D、Eは必須です。

    日本だけが新コロ死亡者数が桁違いに少ないのは七不思議とされていますが、清潔好き、握手などの接触をする習慣がない、マスク好き、などの他にもなにか理由があるかもしれません。例えば日本独特の食べ物が免疫を上げているのかも。日本中どこでも、そして誰もが食べているけど日本独特のものと考えると、味噌や納豆などでしょうか?これら発酵食品は免疫を上げるのでぜひ常備しておきたいと思います。

    御船川の河川敷にて

  • 中国語の勉強をはじめました

    台湾のドラマにハマってしまったついでに中国語をもっと勉強しようと思い立ちました。季節は春。新しいことを始めるにはもってこいです。私たちの世代は語学の勉強といえばNHKラジオ〇〇会話みたいなやつですが、そんなの聞いている暇はありません。今はオンディマンドの時代です。放送の時間に縛られる生活はできません。次にYMCAなどの教室。これも時間を考えると無理です。そこで思いついたのがYouTubeです。検索すると無料でどれだけでも中国語講座がでてきます。なかには台湾語講座もあります。何が違うのかみてみたら、台湾語は漢字が日本語に近い旧体字で読みやすい。中国語は簡体字なので字から覚える必要があります。とりあえず初級編の面白そうなコンテンツを見始めました。

    驚いたのは、中国人の子供は小学校に入学する前に覚えないといけない漢字が1620文字だそうです。凄まじいです。そして、日本育ちの中国人YouTuberの女の子が言っていましたが、親の都合で日本から中国に転校したら、中国の勉強がすすみすぎていてついていくのに必死だったとのこと。全寮制の中高一貫校で朝は7時半から始まり、午前4時間、午後4時間、夕食後に4時間の一日12時間授業だそうです。経済発展する中国。そして人口が多いので競争も凄まじい中国。日本はもうはるか後ろに遅れを取っています。

    新型コロナ肺炎に関しても、中国からはあっという間にものすごい数の論文が一流雑誌に掲載されていますが、日本からはほとんどそういう発表はありません。単に語学力の問題だけでなく、基礎学力、競争心、モチベーションなど全てにおいて日本はゆとり世代であり、急速な人口減少が始まり衰退しつつある社会なんだと感じます。

  • いつも笑顔でいよう!

    今日は終業式だったそうです。久しぶりに通りには小中学生の元気な姿が戻りました。それだけでも街は明るくなり、活気が出てきます。これからが春休みです。結構長い休みですね。当院には心療内科の患者さんも来られますが、よくある話が、子供も夫も新コロの影響で家にいるので、息が詰まる。ストレスでイライラしてつい怒鳴ってしまう、という話です。本当は大好きな家族も一日中家で一緒にいるとストレスの原因となります。

    母親がイライラすると、その気分は夫や子供に伝染します。ミラーニューロンと言って、頭の中の気分が以心伝心でそばの人の頭の中に再現されるらしいです。ということは、怒ったりイライラしたりするのは自分だけに収まらず、周囲の人にも悪影響を与えます。子供が引きこもったり、夫がパチンコや飲み屋さんに行って帰ってこないのは家庭内にはびこるイライラが影響しているかもしれません。会社で言えば、社長がイライラしていれば、社員も気分が悪く、営業成績も下がるのです。

    ならば、解決方法はかんたんです。家や会社で影響力のある人は決していらいらしないことです。いつも楽しそうに仕事をして、周りに幸せ気分をまき散らすと、会社も家庭も幸せが伝染するのです。どうしてもイライラして仕方ないという場合は薬の力を借りてでも気分を穏やかにすると周りの環境が改善します。あなたのいらいらがいかに周りに悪影響を与えていたということです。いつも笑顔で働きましょう。元気な笑顔は化粧できれいにすること以上にみんなを幸せにするパワーがあるのです。

    グリンピア南阿蘇のロッジ