むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 逆流性食道炎はまず猫背を直せ

    関東は大雨のニュースですが、九州は雨が上がってカラッとした晴天に恵まれました。この晴天は今週いっぱい続きそうなので、日光を利用してなにかしようと思い、冷蔵庫にあったしめじを干してみました。1パック分をバラバラにしてザルに広げて日向のベランダに置いておきました。仕事から帰って見ると、カラカラ出来上がりの3割手前くらいの出来です。あと一日干しておくと完全に仕上がりそうです。夜露に当たらないようざるを台所に入れたら、台所がしめじのいい香りでいっぱいです。干すと香りが高くなるだけでなく、ビタミンDも増えます。しいたけ以外にもきのこは干すと美味しくなるようです。保存も効くので、今週は絶好のきのこ乾燥日和です。

    夕方、健康番組を見ていたら座り方の話をしていました。日本人の椅子に座る時間は世界一だそうです。デスクワークが長いという意味だと思いますが家にいてもご飯やテレビ、ネットサーフィンをしながらいつも腰掛けています。逆に言うと日本人より座っている時間の短い外国のひとはどうやって一日を過ごしているのでしょう?座っていないということは立っているか寝ているかですよね。我々日本人からするとよくわかりません。

    座る時間が長いと肩こり、首こり、腰痛などの原因となります。足の筋肉も落ちてしまいます。今日の番組では座り方により逆流性食道炎も起こると言っていました。ちょうど私は今日の外来で患者さんにそのことを説明したところでした。猫背になると、胃と食道の境目の筋肉が緩んでしまいますから胃酸が食道へ逆流しやすくなります。食事をするときは背筋を伸ばしてエレガントに食べるのが逆食防止のコツです。

  • バイアグラにはジェネリックがあります

    天気予報では朝50,午後20%だったので、朝ふらなければ大丈夫と思っていたら、午後から結構な雨になりました。おかげで帰宅する際は傘をさしても意味がないくらいの風雨で家につく頃はズボンがびしょ濡れになりました。往診用の車があったので、それに乗って帰ればよかったのですが、帰りは濡れても特に困らないし、寒くないので楽しさ半分で歩いて帰りました。

    今日は仕事の面で2つ進歩がありました。訪問診療をしている患者さんからは、月に一度診察代を振り込んでもらっていたのですが、この度肥後銀行と契約して自動引落の準備が整いました。ご高齢の患者さんは自分で病院に来れないから訪問診療になっているわけで、銀行に振り込みに行くのも難しいのは自明のことです。自動引落にすれば便利だとは思っていたものの、一体どうすればそれができるのかがわかりませんでした。4月の法人化も終了して、クリニックの銀行口座が新たに法人口座となったことから、自動引落の機は熟したと判断し、銀行で手続きをしました。これから訪問の契約をいただく患者さんだけでなく、すでに訪問している患者さんも順次自動引き落としの手続きをしていきたいと思います。振込手数料もこれまで患者さんにご負担いただいていましたが、今後は当院負担とします。

    もう一つ、新たな展開がありました。バイアグラのジェネリック(同成分で後発メーカーの作った安い製品)があるのですが、これまで当院では扱っていませんでした。自費(保険が効かない)となるために処方の仕方とか値段の設定など面倒なことが多くあえて避けていました。この度、かかりつけの患者さんからのリクエストもあり、ついに取り扱うことにしました。外国のあやしい品物を個人輸入したりしている方も多いですが、危険です。日本製のジェネリックが手に入りますので、よくわからない品物には手を出さないようにしましょう。

     

     

  • 風邪は薬では治らない

    日曜は小雨が降ったりやんだりしましたが、近所の中学校では運動会が無事開催されたようです。朝6時頃は結構降っていたのに開催を決定したのは勇気がいりますね。大人のマラソン大会だと雨で中止ということはまずありませんが、小中学生が相手だと、さすがに濡れてでもやろうとは言えません。

    雨に濡れるとなぜ風邪をひくのでしょうか?風邪はウイルス感染なのでどこからかウイルスが入ってこない限り感染しません。ウイルスは雨の中にいるわけではありませんが、きっとどこにでもいるのでしょう。風邪はウイルスの侵入と体力(免疫力)の駆け引きです。体力が劣ると風邪を引きます。ということは、雨に濡れると体力(免疫力)が落ちるということだと思います。そう考えると、濡れると体温が下がることが問題となります。体温は高いほうがウイルスに対して抵抗力が上がります。通常風邪をひくと熱が出るのは、防衛反応の結果です。解熱剤で熱を下げてしまうと免疫力が下がって風邪が長引くことが知られています。

    昔は氷枕や濡れタオルを額に乗せる程度でひたすら寝て治す事が多かったのですが、今ではすぐかぜ薬を飲みます。風邪薬には解熱剤が入っているため一旦熱が下がって気持ちよくなるのですが治ったわけではありません。早めに風邪薬を飲めば治るというのはうそです。薬屋さんの宣伝文句であって、医学的にはそんなことは絶対にありません。しかし、風邪で病院にかかる人の多くは明日どうしても休めないのでなんとかしてくれといいます。多少薬でなんとかすることはできますが、結果的に風邪は長引きます。世の中そんなに甘くはありません。

     

     

  • 運動会でいい写真を撮るのは難しい!

    今週末は近所の運動会が予定されています。懸念されていた天気はなんとか持ちそうです。土曜日は強風でした。雨がふらなくてもこんな強風だとテントを張るのも危険だと思いましたが、夜が明けたら風はやんでいます。なんとか今日一日雨がふらずにいてほしいものです。うちの子供が小さかったときは、朝から敷物を持って場所取りに行っていました。毎年お父さんの仕事です。もう一つの仕事が、写真でした。当時は写真を撮ることなど趣味にしていなかったので、本当に年に一度、運動会のときだけ一眼レフカメラを出してきて、しかもめったに使わないズームレンズをつけて準備したものです。そして、妻が作った重箱弁当の写真からスタートするわけですが、どうゆうわけか全然きれいに撮れませんでした。

    理由は簡単です。一眼レフは設定が難しいのです。オートのモードもありますが、絞り優先とか、シャッタースピード優先とか、露出補正とか、ダイヤルを見るとスポーツモード(運動会などで動く対象をブレずに撮るためのモード)などもあります。写真の理屈を勉強しないとさっぱりわかりません。撮った写真がダメダメなのはまずピンぼけ。これはカメラの自動焦点のモードがいろいろ有りますから設定しないといけません。そして、最も多いのがぶれ。相手が動くので、ブレやすいのは当然ですが、めったに一眼を使わない人は、ズームレンズも重いためシャッターを切ったときに手元が動いてしまい写真がぶれます。もう一つが、ズームレンズの性能です。たいてい、ズーム倍率にしか目がいかないと思いますがそれ以上に大切なのがf値というレンズの明るさの数値です。(レンズを見ると書いてあります)

    f値が小さいほど性能がいいレンズです。2.8くらいだと相当いいレンズですが、たいていは4以上のものが多いです。ズーム倍率を変えてもf値が固定のものもありますが、それは高級なレンズで、大抵は倍率を上げるとf値も大きくなります。f値は小さいほど明るい写真が撮れブレにくくなりますが、レンズの口径(直径)が大きくなるため、大きくて重くて値段も高くなります。しかし、運動会の写真をバッチリ取るためにはこういった高価なズームレンズが必要です。また、近くにいる子供を撮る際にはズームレンズではないほうがきれいに撮れるので、レンズを交換するか、別のカメラで撮る必要があります。結局、スマホの方がきれいに撮れる、ということがしばしばです。一眼レフの写真はそれだけ奥が深く難しい”趣味の道具”だと思います。今日は皆さん頑張っていい写真を撮ってください!

     

    江津湖 (私の写真は全てiPhoneです)

  • ストレス解消法 その2

    昨日、ストレス解消できる方法を小さいことでもなんでもいいのでリストアップしておき、いざというときそれを見てできそうな解消法を実践したらいいとかきました。自分で書いたブログを見直してみたら、お酒を飲むとか、甘いものを食べるとか、映画を見るとか、どれも自分ひとりですることばかりでした。実際には、ストレス解消には他人を巻き込む方法もあります。友人に愚痴を言う、上司に相談する、上司の上司に相談する(上司が話し相手にならないとき)、友達と飲みに行く、などです。

    ストレス解消に他人を巻き込むと、結構効果的です。あまり友達に愚痴を聞いてもらってばかりいると嫌がられるので注意が必要ですが、ここぞというときはとても有効だと思います。わたしたち医療人は傾聴する訓練を受けていますから、きっと誰にも話せなかったことを聞いてもらうだけでもストレスが軽くなります。話しただけで胸のつかえが取れた、ということはよくあります。アレクサ(アマゾンの人工知能スピーカー)がもう少し進歩すると、上手に愚痴を聞いてくれるようになるかもしれません。要は、相手を否定せず、相づちを打ちながら聴いてくれればいいのですから。

    前述のようにお酒や甘いものに走る人は健康管理に十分注意が必要です。アル中になったり、糖尿になったり、肥満になったりします。わたしたちが処方する睡眠薬や抗うつ薬はお酒をたくさん飲むよりずっと安全です。ほとんど体を壊したりすることはありません。そういう意味では、病院に来てぐちを聞いてもらって、薬を処方してもらうというストレスの処理は案外いいのではないかと思います。我慢しすぎて体調を壊すのが一番バカバカしいと思います。