むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 電子メモ500円

    最近ネットで話題のガジェットで私の興味を引いたのが、電子メモです。A5くらいのサイズで、圧を感知して字がかけるもの。昔の玩具にこんな物がありました。緑色の字がかけます。これが、ネットで見たらダイソー(100均)で500円だとのこと。飛ぶように売れているので、見かけたらラッキーとの記事でした。さっそく、駕町通りの蔦屋の隣りにあるダイソーに行ってみましたが、ありませんでした。諦めて下通りを歩いていたら、なんと中古パソコンや携帯を売っている店先にワゴンセールで並んでいました。たしかに500円です!一度は通り過ぎましたが、目が釘付けになり振り返って買ってきました。こんなメモ、欲しかった。職場や家庭においておくと本当に便利だと思います。まずは試しに一つ買ったのですが、今度見かけたらもう一つ買いたいと思います。専用スタイラスペンが付いていましたが、ボールペンの後ろなど固くて丸いものだったら何でも書くことができます。参考記事→https://www.roomie.jp/2021/02/694841/

    このような電子メモは、iPhoneやiPadでもかけます。メモというアプリやGoogleKeepというアプリが便利です。しかし、この500円電子メモがすぐれているのはすぐかける点です。iPhoneなどは指紋認証とか顔認証とかワンステップに手間を取るのでメモ取りたいときにすぐ取れない、これがイラッとします。むかし、キングジムから小さな電子メモがでていたので使っていましたが、今度のは面積が4倍くらいあり値段も半額以下。素晴らしい!

    会社でかわいがられる部下の特徴を考えると、言ったことをきちんと理解して忘れず実行してくれる人。わからないときはわからないと聞いてほしいし、わかりましたと言ったら、忘れずきちんと実行してほしい。そこで、きちんとメモしてくれる人は信用できます。しかし・・・笑い話みたいですが、私の訪問診療している患者さんで認知症が進んでいる人がメモ魔で、大学ノートになんでもメモします。「13時村上内科診察」とか書かれるのですが、毎回訪問するたびに「あんたはどこから来たね」と聞かれます。書いても忘れるおばあちゃん。これもいとおしい。

    江津

  • 花粉症のシーズン入り

    このところ急に花粉症が増えています。暖かく晴れているので相当花粉が飛び始めたのでしょう。花粉症ものどがイガイガして咳が出ることもあるので、風邪か花粉症かわからないときがあります。当院でも喉を注意深く観察したり、場合によっては採血して炎症の反応をたしかめて風邪なのかどうかを判断します。ときに、花粉症の検査(スギやヒノキその他)まで詳しく知りたいと言われることがあります。保険外で調べれば、1万円くらいかかります。保険内で調べるには、非特異的IgEという検査を一度測定して、もしそれが高値だったら再度採血してスギ、ヒノキと言った個別の抗体を測定することができます。保険の決まりなので、いきなりスギやヒノキを調べることができません。月に1回しか来院されないなら、結果が出るのに2ヶ月かかり、花粉シーズンも終わってしまいます。また、どの花粉が悪さしているかを知ったところで治療にはたいした差はありません。

    食物アレルギーも検査があります。エビ、カニ、牛乳、卵、小麦、キウイなど様々な食材がアレルギーを起こします。詳しく検査すると、米も小麦も卵もなんでも反応している場合があります。しかし、検査で反応が見られても、絶対食べたらいけないわけではありません。最近は、専門医の指導のもとに少しずつ食べて体をならす治療法があります。素人判断でチャレンジするのは危険ですが、困っている場合、食物アレルギー専門外来を探してみましょう。

    以前も書きましたが、花粉症はビタミンDを多めに取ることでかなり改善します。いったん症状が落ち着いたら、あとはその状態をキープするのに必要最小限のビタミンDをとっておけば結構です。私の場合、毎日1万から2万単位を2週間ほど飲んですっかり調子良くなったので、あとは5000単位から1万単位を週に1回か2回です。できるだけ少ない量でいい状態を維持するようにやってみましょう。

  • 成功したければ作業のツメを甘くしないこと

    晴れて温かい休日でした。洗濯や布団干しに最適の日でしたが、私は朝5時からいつものように起きてコーヒーを飲んだらクリニックへ向かいました。1時間ほど経理の帳簿つけや確定申告のための書類の整理などを行い、その後は訪問診療です。通常は昼休みに回るのですが、今日は昼から漢方のオンラインセミナーがあったので、スケジュールを前倒しにして午前中に往診して回りました。午後、2時間にもわたる漢方セミナーは千葉大学から全国の聴講生100名以上に向けてのZOOMウェビナーでした。私にとってはあまりに基本的な内容だったため、何も収穫がなく2時間を無駄にしてしまいましたが、同時にiPadをならべて韓国ドラマ「ビッグ」をみたのでそちらは楽しめました。

    昨日、経営者イブニングセミナーがあり、ZOOM参加しました。一つ印象的だったことがあります。一生懸命やっているのにうまくいかない人っていますね。本人は指示通り頑張っているつもりなのになぜか結果が伴わない。この理由の一つは、つめがあまいから。例えば、レシピを見ながらケーキを焼こうとする。100gの小麦を測ろうとして97gできちんと測ったつもりになる。100回かき混ぜると書いてあるのをきちんと数えていないで110回かきまぜる。30分オーブンに入れるとかいてあり、きちんと30分のタイマーをかけて焼いたのに、チンとなってすぐ取り出さず、35分たってからオーブンから出した。結果、本人はレシピ通り頑張ったつもりなのに、美味しくできない。

    人それぞれ、時間や計量など自分なりに許容する誤差範囲というのがあると思います。例えば、待ち合わせ、必ず5分遅刻する人、1時間遅れても当たり前の顔をしている人など。もし、ケーキを焼く工程が10あるとしてそれぞれ5%ずつ誤差を持って作業したら0.95の10乗=0.598となりますから出来上がりは60点になります。美味しくないはずです。一つ一つの誤差を小さくして、ツメを甘くしないこと、これが事業成功の秘訣です。

  • AI(人工知能)は自分好みに鍛えるべし

    GoogleのAIスピーカーは「音楽をかけて」と言うだけで私の好きそうな曲を勝手にかけてくれます。その精度の高さには感心します。いかに私が日頃パソコンやスマホで検索している情報がGoogleに筒抜けになっているかがわかります。AmazonのAIスピーカーも持っていますが、こちらはそれほど私の好みを把握していません。おそらくAmazonは私が買った雑貨や本についてはGoogleよりはるかに知っていると思うのですが、かたや音楽の好みとなると、知らないみたいです。

    そんなGoogleのAIスピーカーも、たまに好みでない変な曲を選んできます。黙って聞いていると何度もその曲やそれと同じジャンルの曲が交じるようになります。AIは私が好きかもしれないと思って選んでくるので、容認すれば、気に入ったと判断します。そこで、こういうときは、「OK Google, この曲は嫌いだ。次の曲をかけて」と指示します。するとAIはそれを学習して、ご主人さまの好みを反映した選曲をします。

    もう一つの方法としては、GoogleやYouTubeの検索欄に自分の好みの曲やジャンルのキーワードを何通りも入力して検索します。検索結果は直ちにAIに反映されます。ご主人はこの曲が好きそうだ、と言う情報が入るわけです。会社の経営も同じだと思います。まず、社長は進む道を社員に明示しないと皆どちらに進んでいいかわかりません。そして、社長の志から外れた社員にはそうではないとすぐその場で正さないと、間違った行動も「社長が認めた」と誤解されるわけです。

    2月22日22℃湿度44%と言う数字ならびにちょっと嬉しかった。本当は2時22分22秒を狙おうと思ったが、その時の温度や湿度が綺麗に並ばないと残念なので、とりあえず朝から記念写真

  • エスニック大好き

    日曜は地域医療センターの出動協力で朝から仕事でした。とはいえ、最近は地域医療センターの休日や時間外を受診する人は激減しています。以前は大人もですが、子供の発熱などでごった返していましたが、今は昔です。待合に座っている患者さんは一人もおらず、電気も薄暗く開店休業状態です。この病院は潰れるんじゃないかと本気で心配します。

    昼過ぎにノルマを終えて外に出たらポカポカとした陽気で温かい!そのまま帰宅するのももったいないので、橋を歩いて渡って街へ向かいました。昼は医療センターで弁当が出たので残念ながらお腹は空いていません。目指すはKALDIです。今日はココナッツミルクと乾燥パクチーなどを買いました。実は、ネットを見ていたらタイカレーをスパイスから作る方法がのっていたので、早速作ろうと思ったのです。インドカレーはターメリック、コリアンダー、カイエンペッパー(赤唐辛子)、クミンの4つが基本スパイスです。一方、タイカレーはインドカレーのレシピからターメリックを抜いてパクチーとココナッツミルクとナンプラーを入れればOK。簡単です。味を複雑にしたければ、バジルなどを追加します。組み合わせさえわかってしまえば、あとは全部目分量です。ササッときのこや鶏肉を炒めて上記のスパイスとココナッツミルクを入れて煮立てれば、あっという間にできました。もちろん、タイ米を炊いたら完璧です。あまりに本格的な味が再現できたので、三年坂のタイ料理「PingTong」に行く必要がなくなってしまいました。

    私はエスニック大好きです。中華のなかでも四川料理や広東料理は大好き。韓国の辛い鍋(チゲ)も大好きですが、インドのカレーも、タイ料理も好きです。メキシカンも大好物。中東のクスクス、ラムのケバブも好き。そんななかでも一番はベトナム料理です。アメリカには中華街のそばにたいていベトナム人街がありました。そこで食べるベトナム料理の美味しいこと!テキサスにいた頃は、毎週末は100kmほど離れたベトナム人街のレストランまでドライブするのを楽しみにしていました。

    白川