むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • イソジンうがいはダメ!

    午後の外来で複数の患者さんから聞かれたことがあります。「さっきTVでみたんですけど、イソジンうがいがコロナに効くといってたので薬局に探しに行ったらどこにも売ってありません」とのこと。私はすかさず答えました。「イソジンのうがいは絶対にしないでください」と。年配の方は、昔風邪を引くとイソジンのうがいを病院でもらっていたことを思い出すかもしれませんが、今はそんな処方はしません。怪我したときも昔はイソジン消毒をしていましたが、今はしません。傷の治りが悪くなるからです。イソジンというのは殺菌力が強く、たいていの微生物を消毒することができます。アポロが宇宙から地球に帰還したとき、未知のウイルスを地上に持ち込む危険があったため、イソジンをロケットにふりかけたというエピソードが残っています。そこで、イソジンが新型コロナにも殺菌力を示すのは至極当たり前です。

    しかし、殺菌力があることと、うがいしたら予防になることは全然違います。理由その1;喉についたウイルスが感染(体内に入り込む)するのにかかる時間は10−20分と言われています。そこで、うがいで予防するには最低でも10分ごとにうがいしないといけません。まず無理です。そこで、WHOも厚労省も手洗いは推奨していますが、うがいは推奨していません。その2:イソジンは喉の粘膜を傷害します。何度もうがいすることで、喉の粘膜に傷が付き、ウイルスが体内に入りやすくなります。その3:喉には常在菌(善玉菌)がたくさんいます。悪玉菌や病原ウイルスなどと戦ってくれる善玉菌をイソジンで消毒してしまうと、バリア機能が失われます。

    そして、決定的なのは、被検者をイソジンでうがいするグループと水でうがいするグループの2群に分けて追跡すると、イソジングループのほうが風邪にかかりやすい事がわかっています。理由は上記1−3のとおりです。この結果から考えると、イソジンうがいをすると新型コロナにもかかりやすくなると考えられます。

    数年前から病院でイソジンのうがいを処方することはなくなり、市販でもほとんど流通しなくなりました。どうせならイソジンより水道水のほうがいいのですが、もっと有効なのは緑茶のうがいです。緑茶に含まれるカテキンの抗菌作用は安全で強力です。わたしは診察の合間にペットボトルのお茶(綾鷹など)をちょくちょく飲みます。これだけで感染予防になります。お茶はうがいのように吐き出さなくても飲み込めば胃酸の力で殺菌されます。これなら10分おきに可能です。

    今日の夕日。日が沈むと満月が登ってきました。

  • 夏こそスパイシーフードを!

    熊本は全国のニュースになるほどの猛暑です。今日は36Cくらいだったようですが、車の温度計で路上は41度を指していました。これほど暑いと、冷たいものが欲しくなると思います。アイスクリーム、ビール、ハイボール、など。それは体も冷えて美味しいですが、冷たいものを取りすぎると体がだるくなります。夏バテの原因となりますので、とりすぎに注意しましょう。

    去年何度かソウルに遊びに行きましたが、韓国人は夏でもアツアツのチゲ鍋をフーフー言いながら食べています。夏に辛くて熱い食べ物はいいですね。汗をかきますが、夏バテした胃の刺激にもなり、食欲が増します。インド人も、タイ人も暑いところに住む人達はスパイシーな食事をします。日本人は、夏といえば冷やし中華やざるそば、そーめんなどあっさりしたものを好みますが、夏こそホットなスパイシーフードの季節です。

    何度も書いたように、私は最近韓国料理にはまっており、週5回以上チゲ鍋とナムルを食べます。かなり味を極めて、美味しくできるようになりました。一方、私の甥がTVで話題の京大カレー部に入っていて「京大カレー部秘伝のスパイスカレーレシピ」という本を出版しました。彼らはカレーにハマっているようです。カレーで思い出したのですが、東京にいる私の息子が近所のカレー屋にいったらインド人に「学生さん?何部?」と聞かれたので、軽音楽部と答えたそうです。インド人は、この大学には音楽の学部があったんだ、といっていたそうです。「何部?」と聞かずに「学部は?」と聞きたかったのでしょう。日本語は難しいですね。

  • 熱中症が急増中

    梅雨明けて最初の週末、いかがお過ごしですか?私は洗濯を3回して衣替えで洗っていなかったものを全部洗いました。もう一つ大仕事は、クリニックの外壁のコケ取りです。クリニックは白い外壁なのですが、梅雨が開ける頃になると北側の壁には苔がついて汚くなります。一昨年までは、スポンジで擦って洗っていたのですが、昨年「コケ取りスプレー」なるものを発見して外壁に散布したところ、全くこすることなく数日放置するときれいになって驚きました。もちろん今年もコケ取りスプレーをしました。去年以上に長雨だったため、苔のついた範囲が広かったです。お隣の薬局も随分緑色になっていたので、余ったスプレーをかけて見ました。きれいになるといいですね。

    ところで、消防庁のホームページには救急搬送された人の統計が載っています。興味深い記事があったので、紹介します。令和元年6月1日から7月19日に熱中症で救急搬送された人数は7381人、今年は9221人でした。猛暑で話題となっていた去年と、長梅雨で比較的涼しかった今年を比べて、なぜか今年のほうが熱中症が増えています。梅雨明けしていきなり暑くなった8月は更に熱中症が増えると思われます。

    実は去年以上に今年熱中症で搬送される人が増えているのはマスクのためではないかと考えられています。厚労省も人混みでない場所ではマスクを外しましょうと言っています。コロナに感染する前に熱中症で死んでしまっては本末転倒です。

     

  • 湿の病(水毒)

    7月は台風ゼロの記録が出ましたが、8月1日になって、台風が発生しました。南の方は相当熱エネルギーが溜まっているでしょうから、今後しばらくは注意が必要です。とはいえ、週間天気予報ではこの先ずっと晴れ。今までのジメジメした空気が一変して、真夏となっています。水分補給、エアコンなどうまく使いましょう。クリニックなどは例年とは違って真夏でも窓を開けて換気しています。そのせいでエアコンの効きが悪いため、エアコンもフル稼働です。おかげで、冷えているところは冷えていて、温度差があります。こういうのも体調不良の原因になりやすいと思います。人があまり混んでいないときは窓を締めて快適な空間にしたいと思います。

    土曜日はいつも戦場のように忙しくしています。平日来れない患者さんが土曜に集中します。待合がこまないように極力スピードアップしてどんどん診察しています。まだ話足りない方もおられるかもしれませんが、土曜日はご勘弁ください。午前中だけで平日の1日分に近い人数を診察します。そして午後は学校心臓検診です。今年は夏休み返上で急ピッチで検診を勧めていますが、おそらく9月いっぱいかかります。毎週土曜日は息つく間もありません。

    梅雨は明けましたが、梅雨時に多かったのは頭痛とめまいの患者さんです。頭痛もめまいも湿気や気圧の変化が体調に影響します。気象病と言う概念で捉えられるものです。また、女性の場合、生理前になると体内の水分量が増えてきます。むくみやすくなるので皆さん実感すると思います。こういう、湿による病(漢方では水毒という)は、五苓散や苓桂朮甘湯が有効です。女性の場合当帰芍薬散がおすすめです。

     

    クリニックの近くにオープンした洋食屋Arot of kitchen のビーフカツレツ。おいしかったですよ!パン・オー・ルバンの向かいにある白いおしゃれなお店です

  • ナムルを極める

    韓国料理店に足繁く通っています。とてもおいしい。スパイシー。そしてヘルシー。なかでも、必ず頼むのがナムルセットです。ナムルはモヤシ、ニンジン、ゼンマイなどを軽く湯通しして醤油やごま油などで和えた前菜です。また、韓国ではこのナムルをたくさん作るので余ってしまったら、混ぜごはんにして食べるそうです。そう、それをビビンバ(プ)とよびます。ビビンは<混ぜる>という意味でバプというのは<飯>という意味だそうです。したがって、ビビンバを作るためにわざわざナムルを作ることはないそうです。中国の餃子も似たようなものです。みんなゆで餃子で食べるのが普通ですが、作り過ぎたら翌日茹でた餃子を焼いて食べます。日本で食べるように最初から焼き餃子を作ることはめったにありません。

    ナムルの話しに戻りますが、韓国のダシダというだしの素を買ってから、完璧に店のナムルの味に近づきました。さっと茹でたもやしなどにダシダ、ナンプラー、コチュジャン、すりおろしニンニク、ごま油、すりごまなどを適量あえると簡単にできあがります。あまりに簡単で美味しいので、楽天で韓国食材屋さんからゼンマイの水煮を買ってみました。1キロ900円くらいでした。開けてみたらすごい量。毎日食べても相当かかりそうです。ぜんまいのナムルは水煮ゼンマイをごま油で炒めて作ります。早速作ったら、これも店の味!ナムル4品作ったら野菜ばかりでお腹いっぱいになる量です。ヘルシー。

    ゼンマイ900円だけでは送料無料にならないため、いっしょに「まっこり」を買いました。韓国のどぶろくです。麹が生きておりシュワッと微炭酸です。明日には本場のキムチが届きます。楽天すごい。何でも手に入ります。興味を持ったらとことん極める。私の趣味はこんな感じです。