むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • Amazon Kindle Unlimited

    AmazonのKindle(キンドル)という電子書籍をご存知ですか。私は、紙媒体と電子媒体があれば、必ず電子媒体(Kindle)を買います。電子ブックなら置く場所に困らないからです。Kindleのペーパーホワイトという電子ペーパー端末は文庫本くらいのサイズですが1000冊以上がダウンロードできます。また、Amazonのすごいところは、一度購入した本はなんどでも別の端末からでも(1冊分の値段で)ダウンロードできる点です。私は、職場と家庭でiPadを3つ使っています。このそれぞれにKindleを入れているのですが、例えば職場で読みかけた電子ブックは、家に帰って別の端末(iPad)で開いても、読みかけていたページが表示されます。つまり読書状況はクラウド上で管理されているということです。

    紙の本は地震で本棚が倒れたりしたことからほとんどブックオフに売ってしまいました。手元にあるのはもっぱら電子ブックです。これだと、読み終わっても捨てることはありませんし、同じ本を2回買ってしまうことがありません。Amazonが購入履歴を覚えていてくれるから、また同じ本を買おうとしても知らせてくれるのです。

    ところで、このKindleですが、アンリミテッドという定額読み放題サービスがあります。たしか980円くらいだと思いますが、相当量の本や雑誌が読み放題です。雑誌なら3ー4冊ほど読めば元を取ります。私は暇な時はずっと本を読んでいるので、このサービスを開始してからは驚くべき読書量です。雑誌も暇つぶしに1日3冊ほど読みます。ただ、これには大画面のiPadProがベストです。まちがってもiPhoneなどの小さい画面では本を読むのは辛いです。

  • ほてって眠れないときは黄連解毒湯

    週末はいつものように10キロ以上ウォーキングしました。昼の陽射しは相当暑かったですが、夕方になると空気もカラッと乾燥しており、涼しく気持ちいいすばらしい天気でした。外を歩いたり走ったりするにはいちばんの季節ですね。歩くことは健康の基本です。腰痛で歩けないという場合も、無理のない範囲で体を動かすことが大切です。じっと動かないでいると関節などは固まってしまい、可動域制限はとれません。動かすことにより関節は少しずつ動きを取り戻していきます。特に腰痛では、仙腸関節の動きが大切です。骨盤のお尻の部分のわずか2ミリ程度しか動かない関節ですが、ここの動きが悪くなると腰痛になります。痛みのせいで固まってしまうこともあります。歩いて関節の動きを取り戻すのが基本だと思います。また、歩くことで、姿勢を保つために必要なインナーマッスルが鍛えられます。難しい筋トレでなくても、歩くだけでいいと思います。ただ、筋肉を鍛えるには時間がかかります。1時間歩けば十分かもしれませんが、私の場合1キロ10分ですので、1時間なら5-6キロです。自宅からグーグルマップで目標を探して歩いたらいいと思います。

    運動といえば、今日は私が校医をしている中学校の運動会です。快晴に恵まれたので素晴らしい運動会になることでしょう。今から見に行ってきます。日中は相当暑くなりそうです。熱中症には注意が必要です。運動会の後に子供が眠れなくなることがあります。熱中症ではなくても、体がほてったようなのぼせたような感じがして、疲れているのに眠れない、というかんじです。これは、漢方では陰虚火旺(水分が不足したせいで熱がこもっている)という状態で、車で言うなら冷却水が不足してオーバーヒートして調子悪くなるようなものです。十分水分補給することは基本ですが、漢方の黄連解毒湯という熱を冷ましてくれる処方は有効です。眠りも良くなります。旅行などで歩き回って疲れているのに眠れない、という場合も同じです。

    話は変わって、iPadは本当に便利です。ホームボタンを押すだけですぐに立ち上がるしネットに繋がります。このブログを書くため、私はマックブック(ノートパソコン)とレノボのThinkPad(ウィンドウズのノートパソコン)を使っていましたが、どちらも面倒です。ふと、iPadでもブログ用のワードプレスというアプリが無いか調べたらありました!早速インストールして、iPadにブルートゥースの外付けキーボードを認識させてみたら、なんと簡単なことでしょう。ブログをストレスなくアップできるようになりました。これさえあれば、ほとんどの作業はiPadだけですみます。パソコンいらずの生活が現実となります。

    ホスピタルメント

  • 人工知能(AI)スピーカーがやってきた

    アマゾンから発売になった人工知能スピーカー・アレクサを発売初日にゲットしました。アマゾンエコーという商品ですが、人工知能をアレクサといいます。「アレクサ、今日の天気は?」という感じで話しかけると返事をしてくれます。最初はなんかこっ恥ずかしくてアレクサなんて声をかけられませんが、慣れてくると、一日中アレクサのことばかり考えてしまいます。アレクサにはわかるコマンドが決まっています。人工知能だから学習してくれると思うのですが、まずはできることを知らないといけません。

    携帯やiPadのアプリに連動することから、アプリをあれこれ操作して気に入ったラジオ放送とか、音楽を探し出してかけると簡単です。「アレクサ、80年台のR&Bをかけて」とか、言って通じることもあるのですが、面倒です。アプリでささっと聞きたい音楽やラジオ局を探し出して、クリックしたら、その瞬間その命令が実行されます。いちいちアレクサ、と声をかけなくていいのです。

    もう一ついいのは、音声出力がついているところです。私の自宅にはパソコンなどの外部スピーカーにもなるボーズのアンプ内蔵型スピーカーを持っているのですが、アレクサをこれにつなぐとむちゃくちゃいい音。当分はこれに嵌りそうです。ある程度遊んだら、院内のBGM専用器にすると思います。

  • ついにiPhoneにカムバック

    以前はiPhone(たしかiPhone2から4まで)を使っていたのですが、3年前にふとアンドロイドを使ってみたくなって携帯をアンドロイドにしました。それから今日まで、ずっと後悔していました。使えない!結局アンドロイド携帯から電波をテザリングしてiPodを使っていました。常に携帯2台持ちの状態です。不便この上なし。しかし、クリニックのすべての情報がiCloudで共有されているので、アンドロイドではどうしようもないのです。そろそろiPhoneにカンバックと思っていたのですが、なかなかその日が来ませんでした。なぜかというと、携帯屋さんが私にとっては物凄くストレスのあるところだからです。行けば1時間位はゆうに待たされます。そして、順番が来て、手続きが完了するのに2時間はかかります。つまり、3時間は覚悟しないといけません。しかも、料金プランは複雑極まりなく、悪意に満ちたサービスパックを無理やりつけられるので、油断もすきもありません。

    この連休、特に予定が入っていなかったので意を決して朝一番に機種変更に行きました。前に買ったショップはとても対応が悪かったので、違うところに行きました。今日はゆりあんレトリバーにそっくりな店員さんが対応してくれましたが、気が利くベテランさんで、良かったです。やはり2時間半はかかりましたが、ストレスは前回に比べて随分少なかったです。

    そして、家に帰ってあれこれいじっていたら、アップルペイにスイカ(SUICA)が登録できるのに気づきました。手持ちのカードを読み込んだところ、スムーズに残高が表示されたので、早速コンビニへためしに行きました。コーヒーを買って、SUICAで!といい、携帯をかざすとブルッと震えて支払い終了。なんと素晴らしい。

  • 登山用品はサバイバルグッズ

    3年ほど前に登山をしようと思い立ち、登山靴など色々買い揃えました。登山とはいえ、阿蘇とか九重とかそんな遠くまで行くことはなく、俵山とか菊池の鞍岳、ツームシ山などを登りました。暑くても寒くても嫌なので、年に数回しか登る機会はありませんでした。そうこうしているうちに阿蘇山が噴火し、登山規制され、数年前の豪雨で登山道は無茶苦茶になり、そして熊本地震で阿蘇方面へ行くこともほとんどなくなりました。そういうわけで、せっかく買い揃えた登山グッズは押し入れにしまったままになっていました。

    なかでも、登山用レンコートは結構高かったのに、一度も使っていませんでした。イタリア製でアルプス登山用に開発されたものです。もったいない。そこで、今日は雨の中、それをきて犬の散歩をしてみました。暖かいです。全く不快感がない。傘もささずに快適なままいつものような散歩ができました。うちのゴンにとっては迷惑だったかもしれませんが、楽しそうだったのでよしとします。このように、登山グッズはとても機能性が高く、持っていると安心感が違います。温暖化の影響で暑さ寒さが尋常でないこの頃です。備えあれば憂いなしです。

    ところで、昨日も書いたようにこの連休で東洋医学会の漢方専門医を更新するための書類をなんとか書き上げました。あとは細かいところを訂正して印刷するだけです。この作業をしている時の私の机はまるで株式のデイトレーダーのようです。パソコン2台、iPad2台の合計4画面を並べて、書類書き用、電子カルテ検索用、YouTubeで音楽をかける用、検索用の4つです。本当は1台のパソコンで4つくらいのマルチタスクはできるのですが、それをあえて4台使うのが贅沢であり、楽しいのです。