むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 講演のプロ=鴨頭嘉人

    木曜日、仕事の後に高血圧ガイドライン2019の解説の講演があると聞いて、参加しました。来ていたのは循環器を専門とする人たちです。私は、以前は高血圧ガイドラインをきちんと読んでいましたが、このところ読む気がしません。なぜかというと、改定のたびに血圧管理目標がコロコロ変わるのです。もっと下げましょうと言ったかと思うと、次の版では下げすぎに注意、みたいにまるで違うことが書いてあるのです。本来、ガイドラインというのは治療の大筋間違っていないことを書くべきで、改定のたびに違う目標が設定されるのなら、未完成もいいところです。真面目に従う意味はありません。とはいえ、改定されたポイントを知っておくのは専門家として必要なので、講演を聞きに行ったわけです。

    結果、やはり大した内容でもなく、時間は無駄でした。私は漢方関係で講演を頼まれることがあるのですが、いつもせっかく貴重な時間をさいて聞いてもらうからには、なにか有益な情報を盛り込まないと、と必死でスライドを作ります。自分では、大学にいた頃から講演職人だと自負していました。ところが、最近は忙しすぎて年間で講演を引き受けるのはわずか2−3回です。

    きのう、YouTubeを見ていたら、番組の途中でCMが入りました。いつもくだらないCMばかりなので3秒で広告をスキップのボタンを押しますが、驚いたことに、割り込んできたCMが面白すぎて、それまで見ていた番組を忘れてCMを最後まで見て、チャンネル登録までしてしまいました。そのすごいコンテンツが、鴨頭(かもがしら)という人の講演です。迫力と内容の面白さに見入ってしまいました。元マクドナルド店長という肩書ですが、プロの講演家です。ぜひ見てください。なにか得るところがあると思いますよ。参考まで→ https://www.youtube.com/watch?v=_5q0zZu_C_0

     

    博多駅前

  • 体操で外から「気」を取り込む

    毎朝6時半に家を出て歩いて通勤しています。近くの公園ではいつもラジオ体操をしている人たちを見かけます。夏はいいのですが、この時期あさの6時半は真っ暗です。照明もまばらな公園でよく体操していると感心します。ちょっと気になるのは、夜明け前に体操するのが健康にいいのかということです。というのは、中国では公園でラジオ体操はしませんが、太極拳や気功が盛んです。気功などは環境の良いところ(公園の樹の下など)ですることで外からの気を体内に取り込みます。自然界は気にあふれていますが、日中は陽の氣、夜は陰の気です。夜明け前というのはまだ陰の気の時間です。

    したがって、夜明け前にラジオ体操をすると、体には陰の気が入ってくると考えるのです。別に、陰と陽とどちらがいいとか悪いとかではありません。人によって足りない方を入れてバランスをとればいいことです。ただ、寒い冬空のもとまだ暗い時間のラジオ体操で体内に陰の気を充満させるのは、おそらく健康に良くないのではないかと想像します。江戸時代頃の日本人の時の概念は、日の出から日暮れまでの時間を何等分かすることで決めていたそうです。したがって、季節により時間の長さが違ったということです。自然に逆らわない賢いやり方だと思います。

    ところで、土曜日は診療で疲れましたが、いい天気だったので、仕事が終わってすぐそのまま俵山へいきました。萌の里の駐車場で地鶏の炭火焼きを売っていたのでそれをつまみにオールフリーを飲んで、しばし休憩しました。天気がいいので野外のベンチでも寒くはありませんでした。その足でグリンピア南阿蘇の温泉に入ったら、一週間分の疲れが飛んでいきました。

    萌の里

  • 今週は学生実習が来ています

    今週は医学部の学生さんが実習に来ています。私の診察について勉強していますが、話をしにくい時は遠慮なくいってください。特に心療内科のご相談の場合、人が多いと話をしにくいということはあるかと思いますので、その点は配慮します。医学部の3年生で座学から臨床実習への準備段階として実際の医師の働く姿を体験してもらうのが目的です。将来の無限の可能性を秘めています。しっかり体験して勉強のモチベーションにしてもらえたらと思います。

    この学生さんは医学部の東洋医学研究会という私が作った漢方の勉強サークルに所属しており、当院での漢方治療の実際を見たいというのが応募の理由でした。もちろん、そういう希望を持った学生さんには優先的に来ていただきたいと思い、即諾しました。外来診察を見学してもらってわかったのは、忙しすぎてほとんど解説する暇がないことです。パッと見てパッと処方を決める。漢方には弁証論治という理論的背景があるのですが、そのあたりを踏まえつつ経験と勘で素早く処方を決めるので、見ていてよくわからないかもしれません。

    私たちのように漢方をはじめて30年近いと、鍵職人が合鍵をパッと選んでくれるように、その人に最も適した処方を一瞬で決めます。もちろん理論もあるのですが、説明し難い感覚的なものでこの人にはこの薬が合う!と感じるので決めていきます。膨大な勉強と経験に基づいた勘ですから当てずっぽうではないのですが、学生さんに説明するのは難しいと感じます。

    味噌天神

  • 先日出演の番組がネット配信されました

    TKUの医療大百科という5分番組に出演しましたが、今日TKUのホームページを確認したら放送がネットで見られるようになっていました。お恥ずかしいですが、アップしておきます。https://www.tku.co.jp/pgm_info/kenrepo/

    一連の糖尿病に関する番組に出ている人たちはみな同業の友人たちです。みんなうまいのでびっくりしました。

    さて、今日は診療のあとで同級生のグループで忘年会でした。日赤近く国体通りにあるよしむらクリニックの院長、西日本病院副院長の山神先生、菊陽のよしもと小児科院長などなど、それぞれの分野で頑張っている面々です。挨拶代わり、みんなで示唆に富む(印象に残った、あるいは勉強になる)症例報告を発表し合いました。呼吸器の専門家は結核の話、泌尿器科の専門家は前立腺がんの話、私は漢方の話、という感じです。忘年会でワイワイ飲むのではなく、極めて学術的です。みんな、へーそんな事があるんだ、とメモしながら話を効きます。同級生には遠慮なく聞けるので、勉強になります。

    ところで、認知症の勉強をしていてはっきりしたことがあります。認知症の治療薬(アリセプトなど)がどのくらい効くかという話です。薬効を評価するデータでNNTというのがあるのですが、1例の有効用例を得るのに何人に投与しないといけないかです。アリセプトを始め認知症治療薬の大まかなNNTは10だそうです。つまり10人に使ってひとり効くという計算です。しかも、効果の平均は70点満点の認知症検査で2点上がったという程度だそうです。一方、副作用が出る確率NNH(1例の副作用が出るのに何人の処方が必要か)も10くらいだそうです。つまり10人に使うと1例は副作用が出るということです。そんな薬、皆さん飲みますか?

     

    久木野 四季の森温泉近くにて

  • 風邪と抗生剤:ガイドラインは一般論

    風邪に抗生剤を出してはいけない、というのは最近の常識です。喉が痛いとか、熱が出たとかそんな風邪症状に昔は抗生剤を使っていましたが、今や使うことは殆どありません。抗生物質は細菌にたいしてのみ効果がありますが、風邪の初期はウイルス感染だから抗生剤は効かないのです。ウイルスにはインフルエンザやヘルペスなど特殊な感染を除いて効く薬はありません。

    もはや風邪に抗生剤を処方すると馬鹿(ヤブ医者)丸出しとなって恥ずかしいので極力出さないようにしています。「自分の風邪には抗生剤が一番効くから出してくれ」といわれる場合があります。そんな場合も、上のような理由で抗生剤はいまどき使わない、と断るのですが、そんな患者さんに限って3日もすると風邪をこじらせて気管支炎になったり副鼻腔炎になったりして、結局抗生剤が必要となります。患者さんにとっては、だから最初から抗生剤がほしいと言ったのに、となります。残念ながら、完全に私の負けです。患者さんの経験のほうが正しかったみたいな結果です。

    これは、患者さんの免疫がよわくて風邪のウイルスと戦っているうちに別の細菌感染(二次感染)を起こしてしまったわけですが、おそらくこういう弱い患者さんは最初から体内に病原菌を保菌しており、弱ったときにその菌が悪さをするのだと思います。抗生剤を使えば使うだけ菌は耐性化して強くなり、体に居座ります。したがって、風邪に最初から抗生剤を出さないというのは耐性菌を作らないという意味でも大切なことです。風邪をこじらせたのは私が抗生剤を出さなかったからではなく、そういう体質なのだと言う理解が必要です。ただ、すぐこじらせて重症化するとわかっている場合、かたくなに抗生剤処方を拒否せず臨機応変に使うことが大切だと思います。これは、ガイドラインはあくまで標準治療であり、我々臨床のプロはそれをふまえた上で個々の症例にベストな治療法を考えるべきだと思います。

    綺麗な菊の鉢を見ると祖父を思い出します。玉名の祖父のうちには毎年立派な菊が咲いていました。(写真は城南の老人ホームあすなろにて)