むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 秋はアレルギーの季節

    阿蘇の火山灰がひどいですね。往診用の車は駐車場に置きっぱなしで真っ黒です。これほどひどいのは私の記憶では小学校の頃以来です。火山灰は目や気管でアレルギーの原因となります。ちょうど秋の草がアレルギー性鼻炎を起こす季節でもあり、原因が何なのかは判定が難しいです。稲刈りの季節が杉の季節についでアレルギー性鼻炎の患者さんが増えます。風邪かなと思っても、熱がない、だるさが大したことない、結構長引くなどの場合はアレルギーを疑います。

    このブログで以前アクティブレスト(積極的に体を動かして体を休める)について書きました。休日に家でゴロゴロして休むより軽くジョギングしたりしたほうが休めると言う理論です。私はそれを拡大解釈して、阿蘇あたりまでドライブして、温泉に入ったりして休日を過ごすことで疲れを取り、充電しています。積極的充電です。このブログを読んで、先週末の連休を阿蘇にいって楽しみました、という話を聞き、嬉しかったです。私は先週末はほとんど自宅にいたのですが、体を動かすにも暑すぎたので夕暮れ時から鶴屋まで歩いていきました。往復10キロです。途中、熊高付近を歩いているところを目撃しましたと言う人がいました。それはたぶん私です。

    せっかくなので最近の私の週末の時間の使い方を紹介しましょう。朝は6時に起きます。7時からゲンキの時間という健康番組をみます。8時すぎるとダイキ(ホームセンター)が開くので犬の餌などを買いに行きます。その後は街に用事や買い物を済ませに行き帰宅したらアマゾンプライムで映画を2−3本見ます。昼3時頃から阿蘇に向かっていくと渋滞せずに1時間ほどで高森くらいまでいけます。夕日を見ながら温泉に入って、阿蘇のどこかで軽く食事をして帰宅します。家につくのが夕方7時くらいです。充実した週末を過ごすと翌週は元気たっぷりです。

     

  • 台風情報はツイッターがリアルです

    土曜の夜に書いています。テレビをつけると関東の台風情報でもちきりです。雨の被害が甚大のようです。今NHKをみていますが、大きな河川の氾濫(するかもしれない)情報が主で、個々の地域の現場の様子はあまり伝わってきません。私は家族が東京にいるので気になっています。ふと、Twitterを見てみたら、いろんな情報がどんどん上がってきます。マンションが浸水したとか、竜巻が起こったとか、いろんなリアルな情報が見られます。今や、こういう情報はTVよりもTwitterですね。そういえば、トランプ大統領も毎日Twitterで世界に自分の意見を発信していますね。

    私も10年くらい前にTwitterのIDを作ったのですが、しばらく使ってからやめていました。多分、その後Facebookのほうが同級生を始めとするいろんなつながりが濃厚で面白かったからだと思います。しかし、その濃い人間関係ゆえにFacebookを見るのがだんだん嫌になってきて、今ではあまり見ていません。単なるメールと同じ連絡ツールです。近況をアップすることなんて殆どありません。

    一方、Twitterは情報発信者とフォロワーの関係が軽いので、ちょうどテレビを見るように気楽な感じです。嫌味な後味悪さ(Facebookでは時々見られる)もないので今更ながら、Twitterも捨てたもんじゃないなと感じたところです。

    博多 住吉神社 : 台風の被害が最小限でありますように!

  • 熊本も国際化の波

    昨日は熊本でもラグビーのワールドカップがあり、大変な賑わいでした。とはいえ、スポーツ観戦に全く興味がない私は会場方面には近づいていません。下通はフランス国旗をマントのようにたなびかせた外国人(多分フランス人)が大勢歩いていました。でっかいリュックを担いでいる人が多かったです。また、新市街では通りの中央にビアガーデンみたいなのが出店していて、多くの外国人がビールを飲んで騒いでいました。熊本にこれだけ外国人が来るのは珍しい!なんだか国際的な感じがして嬉しかったです。

    それにしても、日本は花見の文化があるのでお酒に寛容です。アメリカはとても厳しく、公園やビーチなどでビールなんて飲んだら即逮捕されます。紙袋に入れたビールをビールとわからないようにしてこっそり飲むのがせいぜいで、酔っ払って千鳥足なんてアメリカでは許されませんでした。一方、ヨーロッパは、カフェなど店の外にもテーブルを並べて通行人を眺めながらお酒を飲みます。ドイツにはビアガーデンがありますから、公園に並べたベンチでソーセージと生ビールなんて普通です。ということは日本はアメリカよりヨーロッパ文化に近いんでしょうか。

    ところで今日のニュースで在日中国人の白タク業者が逮捕されたということでした。すごいのは、携帯のアプリで日本国内の中国人が経営する白タク配車サービスがあり、そのアプリ内でキャッシュレス決済しているので空港などで車を降りる際にも金銭授受がないので白タクとわかりにくい。TV局が運転手にインタビューしていましたが、友人を連れてきただけと言い張っていました。中国のキャッシュレス文化は日本人の想像を超えるところまで進んでいて、気がついたら日本国内にも入ってきている。これから日本人には外国人がどんどん入ってきます。遅れをとってはいけません。守りではなく攻めの姿勢で行くしかありません。

    住吉神社 博多

  • 日々是勉強

    わたしたち医者は一生勉強が必要です。医学は常に進歩しています。たとえば私が医学部の学生だった頃、薬理の授業は1年間あり、のんびり勉強していました。しかし、いま医学部に通ううちの息子は薬理を2ヶ月で終了します。同じ内容を学ぶとしたら6倍のスピードです。ということは、6年間で私の学生時代の6倍の情報量を学ぶと考えられます。それだけ、勉強しないといけない量が増えているのです。ということは、わたしたちも今の医学についていくためには毎日必死で勉強しないといけません。大学病院や国立病院など大きな施設で働けば、常に自分より詳しい先輩がいて教えてくれるので、何もしなくても日々勉強ができますが、わたしたちのように開業していると医者は自分ひとりです。自分で求めない限り進歩はありません。

    勉強には読書が一番ですが、今はネットでもかなり勉強できます。また、学会や製薬会社主催の勉強会もあります。ただ、開業していると学会に行く暇はあまりありません。製薬会社の勉強会はできるだけ参加して勉強するのですが、診療のあとで眠くなるし、行ってみたら全然おもしろくない場合もあります。読書なら自分の時間で読みたいところだけ読めるのでいいのですが、それなりに努力が必要です。私はかなり速読で、一日1冊は読めるのですが、記憶に残らなければ意味がありません。

    いろいろ考えて、一つ勉強ツールを契約しました。ケアネットTVというネットで医学講座を有料配信しているサイトです。以前はケアネットから月刊のDVDを定期購入して勉強していましたが、DVDはなくなって、ネット配信に変わったのです。月会費は結構高いのですが、何千とある医学講座を見放題です。さっそく、毎日のように行っている甲状腺エコーの腕を上げたいと思い、講義ビデオをみました。とても役に立ったので、繰り返し5回ぐらいみました。それだけで今月の会費のもとを取った気分です!

  • 舌痛症は難しい疾患

    いよいよ増税です。準備に追われて大変だろうと思います。単純に10%になるならまだしも、軽減税率なんて混乱すること必至です。夜遅くまでシステム変更や値札の付替えなどご苦労さまです。当院の電子カルテも夜にアップデートしました。レセコン(会計用のコンピュータ)は事務員が手作業で改定してくれました。大変な作業だったと思います。それに加えて病院は月初に前月のレセプトをすべてチェックしないといけませんから、事務的な慌ただしさは今週ピークを迎えます。

    郵便局はかんぽ生命の不祥事で話題ですが、この消費税増税で郵便料金が値上げされることを全然周知していませんね。みんな知らずに今まで通りの切手を貼って郵便を出したら、追加料金の徴収などでまたまた手間がかかります。たった1−2円の値上げですから、追加料金を徴収するほうが手間です。それでも、黙って見過ごすわけにはいかないでしょうから、事業としては大赤字でしょう。もっとテレビや新聞で告知すべきだと思います。

    ところで、舌が痛いという舌痛症という病気があります。原因は単純ではありません。舌カンジダのような感染症、亜鉛などの栄養不足、シェーグレン症候群などの膠原病、その他色々あります。また、舌がいたいとイライラしたり、絶望的になったり、精神をやんでしまうことが多くみられます。歯科に行ったり、耳鼻科に行ったり、漢方に走ったりしますが、どこにかかってもなかなか難しい病気です。当院でも数人みていますが、決定的な治療法はないので、コツコツと理論を考え、治療法を研究しています。

    萌の里