むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 老後2000万円必要なのは小学生でもわかる

    ネットを見ていたら、とても興味深いことを知りました。車のアイドリングストップ(停車中にエンジンも止まる仕組み)はバッテリーに悪影響とのことです。アイドリングストップは燃費が向上するということで信号停止中などにエンジンも自動的に止まるのはいいのですが、これからの季節、エアコンが切れたりするとアイドリングストップは辛いものがあります。しかしそれだけではなかったのです。なんと、バッテリーの寿命を短くするため、燃費向上で得した額よりバッテリーの交換にかかる値段のほうが高いということです!それなら、暑い夏場にエアコンが切れるのも我慢してアイドリングストップに耐える必要はありません。もう一つ気になることは、最近の車はダウンサイジング(排気量が小さくなっている)の代わりに馬力を落とさないようターボエンジンがついているものがい多いです。ターボエンジンは熱を持つため、アイドリングストップでエンジンが停止するとラジエターのファンも止まってエンジンには過大な熱負荷をかけます。車に長く乗りたいなら、こんな無理をしてはいけません。車をよく見るとアイドリングストップを解除するボタンがあります。早速解除しました(乗る度に解除しないといけません)。おかげで、渋滞中にエンジンが停まったりかかったりする不快もありません。燃費が多少悪くなってもトータルで得するならアイドリングストップは解除すべきです。

    エンジンも、ガソリン車からクリーンディーゼルやハイブリッドなど燃費の良いものがいろいろ出ています。しかし、通常のガソリン車に比べてディーゼルやハイブリッドは数十万高くなります。わたしたちが通常の運転(年に1万キロ以内程度)の運転では、燃費が向上して得する額よりディーゼルやハイブリッドで値段が高くなった分のほうが大きくなります。10年乗っても元を取りません。こんなことは算数の知識があれば計算できます。

    もう一つ、最近話題の老後の資金の話。2千万円は必要とのことでしたが、政府は慌ててそれをもみ消そうとしています。ツアーガイドが富士登山しようとしている客に弁当は各自持参してくださいと言ったところ、ツアー代金を払っているのに弁当持参だと?!と言われて慌てているようなものです。持ち家がないと仮定すると、家賃で毎月7万ほどはかかるでしょう(住んでいるところでかなり変わってきます)。これに食費が毎月3万とすれば7万+3万で10万ですから、10万x12ヶ月x30年(60歳から90歳まで)で3600万円となります。年金がいくらになるかは知りませんが、このくらいは最低必要と思っていないといけないのは小学生レベルの算数で分かります。

    白い紫陽花は花の王様だと思います。大好きです!

  • 個人主義のすすめ

    滋賀県で痛ましい自動車事故がありました。交差点で右折しようとしていた車に接触した車が歩道で信号待ちをしていた園児の集団に突っ込んで園児二人が死亡したというニュースです。被害者がかわいそうでなりませんが、加害者もお気の毒です。過失で大勢を傷害してしまったのは、悔やんでも悔やみきれないと思います。

    このように、子供の集団に車が突っ込む事故が絶えません。加害者の過失に問題があるのはもちろんですが、集団行動することが事故を起こしやすくしている可能性もあります。一つは、群れていることで、身動きが取りづらいということです。自分ひとりなら車が飛び込んできたときとっさに逃げられますが、集団だと動ける範囲がかなり限られます。自分の周囲50センチも動けるでしょうか?これでは車は避けられません。次に、注意が散漫になることです。友達との話に夢中になって周りが見えなくなります。集団でいると自分が強くなった気がして行動が大胆になってしまう場合もあります。みんなで行動すると足の遅い子もいますから、遅れを取らないように焦ってついていくこともあるでしょう。必死についていこうとすると、周りの交通状況より遅れないことや先生に怒られないことを優先して行動するでしょうから、事故を誘発します。

    このようなことは、年をとっても同じです。団体で旅行するときなどは注意が必要です。注意力が散漫になりますからスリに遭ったり転んだりします。それでなくても、気が利かない添乗員にイライラしたり、疲れているのについていかないといけない状況などいろいろあるでしょう。こういうことを避けるには、小さい頃から個人主義を徹底して、集団行動をしないことだと思います。自分の行動は自分で決めて、ダラダラと人につるまないことです。

  • 皆でいい雰囲気を共有するには

    ゆっくりできる時間があるので、相変わらずアマゾンのプライム・ビデオで映画やHBOのドラマを見ています。いろんな映画を見ていて、しばしば耳にする言葉が、”Life is short(人生は短い)”というものです。いろんな映画のいろんなシーンで使われるセリフなので、きっとアメリカ人の多くが座右の銘みたいにしている言葉なのでしょう。たしかにそのとおりです。あっという間に10年ぐらい過ぎてしまいます。仕事にばかり追われていて、年取ってしまっては人生もったいないです。連休も10日もあると思っていても、あっという間です。まだこれから土日月とありますから、もう1つ2つイベントを楽しめるのではないでしょうか。

    そういう私も、ダラダラとしていてはもったいないので、あさから松橋(実際には城南のちょっと先)にある古保山(こうやま)リゾートhttp://www.kohyamaresort.comというところに行ってみました。リゾートという名の温泉です。名前は前から知っていたのですが、行く機会がありませんでした。東区からだと40分ほどです。南区からなら30分かからないでしょう。とてもいい温泉でした。まちなかにあるスーパー銭湯とは違ってとても静かです。サウナにはTVなどなく無音です。露天風呂に入っても、鳥のさえずり、風が木を揺らす音、そして源泉かけ流しのお湯がサラサラと流れる音のみしか聞こえません。とてもリラックスした空間で最高でした。

    不思議なのは、そこに来ている客さんたちも静かなことです。結構何人も入浴しているのですが、大声で話す人など一人もおらず、皆静かにリラックスした空間を共有しているかのようでした。おそらく運営上のコンセプトがあり、設備がそれを実現するような作りになっていると、そこを訪れる人もそれに同調するのでしょう。クリニックも同じだと思います。運営するコンセプトがしっかりしていれば、職員も、待合の雰囲気も、流れるBGMもすべての波動が共鳴しあって、いい気持ちで過ごせるのではないかと思います。

  • 気がつけば連休も後半

    連休最初の方は雨が続いてあまり外出できませんでした。ほとんど家とクリニックを行ったり来たりして郵便物の整理や日頃できていなかった事務作業に費やしました。それでも、ストレスは解消され、かなり元気になりました。ゆっくりできたのが一番良かったです。今年の連休はどこにも行く予定はなく、ゆっくり過ごします。とはいえ、気がつけばすでに連休の半分は終わってしまっており、今日まで一体何をしたんだろうと、結構焦って思い出しました。TVをつければ皇室関係のニュースやワイドショーばかりで、ダラダラと見ていた気がします。連休中に買い物をしようと思って作ったリストの半分くらいしかまだ買っていません。残りは明日には済ませたいと思います。

    今日はやっと天気が回復したので、一つくらいなにかしないといけないかなと思い、朝早くから俵山を超えて阿蘇に行きました。行きたかったのは、地震後57号線が寸断されてしまった立野付近を見たかったのです。ミルクロードを回るといいのですが、GW中にミルクロードは混むと思い、俵山経由で行きました。長陽からファームランド方面へ抜けると57号線のアーデンホテル(どんどこの湯)まで出ます。そこから57号線を立野方面へ行くと、間もなく通行止めになりました。57号線が復旧するまであと数年かかるそうです。

    帰りは「道の駅あそ望の郷くぎの(aso-kugino.jp)」によってみました。ここに立ち寄ったのは初めてです。眺めも良く、展望の良いレストランもあるので、もっと早く来ればよかったと思いました。クリニックから40分位です。久木野に住む患者さんに聞いたら、久木野には大きなスーパーがないので買い物は高森まで行くそうですが、久木野から高森は10分ちょっとでいけるとのこと。確かにそうなんですね。春の阿蘇はうぐいすも鳴いて気持ちいいです。まだ連休は残っています。ぜひ阿蘇に行ってみてください。リフレッシュしますよ。

  • 経営について考える

    私にしては珍しくゆっくりした毎日を過ごしています。午前中はレセプトのチェックに費やしましたが、先月分はやっと全て見終わりました。これからが私の休みです。とはいえ、どこかに行こうとすると混雑するので特に出かけることなく家で本を読んだりテレビで映画を見たりして過ごしています。一日数時間アメリカのHBOというテレビドラマを見ていたら、ついに夢も英語で見るようになりました!やった!ってかんじです。テレビでは即位の儀の中継を延々やっていますが、いくら歴史的な儀式であれ、私にとってはダイジェストをニュースで見れば十分です。一日中天皇家の生い立ち、ご友人のコメントなど聞いても仕方ありません。平和な日本に生まれたことに感謝。それが全てです。

    いつも仕事に追われて、患者さんのこと、診察の待ち時間のこと、訪問診療のことなどしか考える暇がありません。しかし、10日もフリーな時間が取れると、おのずとこれからクリニックの進むべき方向とか、経営に関することを考えます。院長でありながら法人の理事長であるから当然のことです。そう簡単に新たな経営方針が湧いて出てくることはありません。また、アイディアがあってもその事業にかかるコストや採算性をシミュレーションしなければいけません。また、医療業界は高齢化により安定的な気がすると思いますが、そうでもありません。

    今後急激に人口減少が進むため、今から大きな借金をして事業を始めると、返し終わる前に人口減少に伴う患者減で予測を誤ります。また、働く世代がどんどん減ってきますから、外国人が入ってこないかぎり介護業界などは人手不足で、営業さえできない時代です。ゆっくりする時間があれば考えることも多いのですが、難しい問題でいっぱいです。