むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 勉強三昧

    昨日は早朝経営者モーニングセミナーに参加しました。演者が講演の途中で居合のパフォーマンスをしました。真剣(日本刀)を振るものです。本物は初めてみました。演者さんがこのパフォーマンスで言いたかったことは、「残心(ざんしん)」です。「残心」とは刀を振り終わったあとに心を込めた立ち居振る舞いのことです。居合だけでなく弓道や剣道にもあります。おそらく他の武道や茶道などにもあるのではないかと思います。日本人独特の見えないけれども心がそこにあるという感性です。この、仕草の最後に心を込めて残すパフォーマンスは、日常応用できます。電話を切るときもそうです。私の場合、診察が終わって患者さんが診察室を出る際に診察の「残心」があると思っています。日本人にしかわからない心配りです。

    昨夜、診療が終わって日航ホテルで「血栓症治療を考える」という勉強会に参加しました。私の所属する循環器内科の教授だった小川先生(現在、国立循環器病研究センターの理事長)が凱旋講演されました。500人入る大きな宴会場で120人ほど限定で入場できる(三密を避けた)会でした。小川先生の研究は大学時代ずっとそばで見ていたので、懐かしくも大いに刺激となりました。私ももっと頑張って仕事したいと思いました。

    そして今日は夕方、漢方のWEB講演に参加しました。WEBは便利です。演者は東京の仙頭先生、司会は鹿児島の山口先生、そして聴衆は日本全国です。90名を超える参加者でしたので、主催者などを差し引いても80名以上の参加です。講演は漢方の基礎の勉強でした。基礎は本を読んでも眠くなるばかりなので、講演で教えてもらえればありがたいです。コロナのおかげでWEBの勉強も普及しました。あとは、勉強会の情報収集(いつあるのか、どうやってアクセスすればいいのか)を知ることと、その時間にパソコンの前でちょこっとパスワードなどを入力して会にアクセスすることです。ほんのちょっと指を動かせば大きな収穫が得られます。実践の心がもっとも大事なのです。

     

    ビビンバのご飯を麺にするとビビン麺となります。そうめんで作ってみました。激ウマ!

  • ジャスミンライスが好き

    これまで土曜の午後は学校心臓検診でつぶれていましたが、先週で今シーズンの検診が終わりました。やっとゆっくりした週末を迎えることができました。土曜は患者さんが多く、最後の患者さんが1時半くらいになりました。おまたせした患者さんには申し訳ありませんでした。診療は終わっても、帳簿をつけたりお釣りを揃えたり、1週間分のまとめをしないと仕事が終わりません。その後、待合ロビーを掃除したのですが、せっかく時間があったので、雑巾で水挽きしてワックスがけまでしたら3時過ぎてしまいました。それから、いつものように下通りの韓国料理ハヌルに行きました。

    今回は、チーズプルコギを食べました。ほんとに美味しいです。大満足。すでに夕方4時頃で昼ごはんでも夕ご飯でもありません。私以外にお客さんはいません。店員さんたちもまかないを食べていました。どんなのを食べてるんだろう、と興味津々。そこへ大学生と思われる二人が店に来ましたがなかなか注文しない。どうしたのかなーと思ったら、待ち合わせの時間を夕方6時と16時を間違っていました。またあとできます。とのこと。こんな間違いする人いるんですね。夕方4時にレストランに集合なんて普通ないでしょう。

    日曜、先週は台風で天気が悪かったですが、今週はいい天気。夕方4時頃やっと涼しくなったので南阿蘇へ温泉に入りに行きました。ゆっくり温泉で疲れを流したら、西原村のASOPALAV(アソパラウ)というインド料理屋さんでカレーを食べました https://asopalav.co 。大きなナンが付いてきましたが、私はナンよりジャスミンライスのほうが好きです。タイ米と同じですが、細長くて独特の香りがして、ベタつきがない米です。ジャスミンライスは糖質が少なく体に良い。日本ではササニシキがいちばんそれに近いですが、ほかは日本人がモッチリ甘い米が好きなためもち米と掛け合わせた糖度の高い米ばかりですね。

  • 夏風邪に麻黄湯は使いません!

    レジ袋が完全有料化されてからは、家のゴミ箱にセットしていたビニール袋がなくなり、とても困っています。仕方ないので、ゴミ袋になりそうなビニール袋を買ったりしています。これでは結局プラスチックゴミの削減にはなりません。また、各人が持ち歩いている買い物袋が、野菜くずや肉などのパックから漏れた汁で不潔になっている場合も多く、衛生面や感染対策などを考えるとプラスチックバッグのほうが良かったと言われています。そんななか、ネットで見た情報ですが、千葉のイオンでは市指定のゴミ袋を一枚8円でばら売りしてレジで売ってくれるそうです。そうすると、その市指定のゴミ袋に買ったものを入れて帰れば、そのままゴミ袋として再利用できるというわけです。イオンすごい!頭いい!

    ところで、最近2例たて続けにあった話です。風邪を引いて薬局に行き麻黄湯を買って飲みました、という話です。今の季節、わたしたち漢方のプロは絶対に麻黄湯は使いません。病状が悪化するからです!夏風邪に麻黄湯は99%効かない(むしろ害がある)と思ったほうがいいでしょう。麻黄湯というのは体を温めて発汗させることで風邪の邪(じゃ)を体外に追い出す処方です。鳥肌が立つほど寒気がして、厚着をして暖房にあたっても震えが止まらないような場合にのみ使います。夏用の漢方の風邪薬として、中国には銀翹散とか天津感冒片という処方があり、日本でも漢方専門の薬局では手に入りますが、病院の処方薬にはありません。そこで私が代用するのは小柴胡湯加桔梗石膏です。夏はほとんどこの処方です。新コロに対して中国ではこの処方を応用して非常に有効だったと報告されているので、更に心強いです。

    ところで9月9日は重陽の節句です。3月3日、5月5日、7月7日と奇数が重なる日はめでたい節句ですが、なかでも9という数字は最強の数字です。その9が2つ重なる9月9日は最も縁起の良い日です。菊の花をお酒に浮かべて祝うのですが漢方には菊花(きっか)という風邪に効く生薬があります。花の蜜がほのかに甘い処方です。刺身の上に飾られている菊も同じく食用菊です。抗菌作用があるので刺し身に添えてあるのです。

    ドラゴンキッチンの駐車場にて、見たことない真っ直ぐ伸びたススキ?

  • 今後2−3ヶ月はオアシスみたいな日々でしょう

    台風一過で涼しくなりました。私は今日から徒歩通勤を再開しました。真夏の1ヶ月半程は、諦めて車で通勤しました。真夏は歩くと大量の汗が出て仕事の前から疲れてしまいます。また、診療の前にシャワーを浴びたりして身支度しないといけないので余計な時間がかかります。朝の貴重な時間を無駄にしたくありません。また、去年せっかくレーザーで顔のシミ取りをしたのに、不用意に日に当たるとまたシミができてしまいます。それも避けたいので真夏は車通勤でした。

    久しぶりに歩いてみると、気持ちいいです。仕事のストレスなど吹き飛びます。昔から、いいアイディアは馬上(馬に乗っている時;現代なら車や電車の中)、トイレ、寝ている時の3箇所が最もいい場所とされています。歩行中も馬上ではありませんが、いいアイディアの宝庫だと思います。私の場合、YouTubeをダウンロードして聞きながら歩くので徒歩通勤は勉強の場です。片道30分、往復1時間ありますから、勉強の時間を毎日1時間取らなくても自然と歩いて通勤するだけで勉強になるのです。

    私はコロナのニュースを全く見ないのであまりわからないですが、雰囲気として第2波はかなり落ち着いてきたのではないでしょうか?あまり騒がしくなくなりましたね。今からしばらくはいい季節なので、ちょっと旅行したり会食したりするチャンスだと思います。また年末になると風邪が流行ってきて、インフルエンザ、コロナ、胃腸炎、その他の風邪が混在してわけがわからなくなります。そうなると来年の5月頃までは不安で辛い日々だろうと思います。その前の2−3カ月はわたしたちにとってオアシスのような幸せな数カ月となることでしょう。

  • 情報は自分で集めて分析しよう

    台風10号は奇跡的に西へそれて勢力も弱まったので被害は最小限で済みました。皆さんいかがでしたか?私は朝の5時の時点で情報を集めました。まだ風は強かったのですが9時過ぎには落ち着くと判断し、通常通りの診療としました。市役所を始め、多くの機関は予定休業で、自宅待機となった人も多かったと思います。

    結局コロナの騒ぎと同じでTVは最も被害の大きいところに取材に行って、視聴率の稼げるシーンを繰り返し流します。「経験したことのないような」とか「命を守る行動を」とかとにかく不安を煽ります。不安を煽(あお)った方が視聴率が取れるのと、たいしたことないように言っておいて大きな被害が出たら叩かれるが、逆に怖いことが起こると言っておいて何もおこらなくても、叩かれないから不安を煽るのです。それでも、窓にベニア板を打ちつけたり、ガムテープをベタベタ張ったらきれいに剥げなくなった家庭もたくさんあるでしょう。本来なら、放送局や気象庁に、どうしてくれる、もっとちゃんと予報してくれ、と文句の一つも言いたいでしょうが、いう人はいないと思います。結局、大袈裟に不安を煽った方が放送局としては視聴率が取れるし、たまに視聴者のためになり喜ばれるし、怒られることもないし、で良いことづくめなのだと思います。

    しかし、私たちはTVを過信せずあらゆる情報を集めて自分で分析し、判断する必要があるでしょう。人任せはいけません。天気予報にしてもTVの他にもウェザーニュース(民間気象会社)、Windy(アプリ)、アメリカ軍の天気予報、CNNやFOXニュース(アメリカの情報)などネットでいくらでも情報は手に入ります。そして、天気予報だけではなくその根拠となった気圧配置(天気図)、レーダー、その他いろいろな情報も手に入ります。要は気象庁の言うことだけ、あるいはTVの言うことだけを信じず、自分でアクティブに情報をとって分析する姿勢が大事だと思うのです。自分で調べれば、何時ごろどちらからの風が強いかわかるので、養生した方がいい方角と安全な方角が予想できます。そうすれば無駄にベニアやテープを貼らなくて済むと思うのです。

    同じことはコロナ騒動にもいえます。マスコミは不安を煽って視聴率を稼ぎたい。国は失策と批判されたくない。みんな金儲けと自己弁護最優先なのですが、それは決して表に出さず、あなたと、あなたの大切な人の命を守るために・・ときれいごとを並べます。そんな偽善的セリフをテレビなどのマスコミや政治家が口にした時はその裏を考えてしまいます。何も考えずにTVを信じているあなたはきっと騙されています。

    熊大病院