むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • ダッチオーブンを買ってみました

    先日、古くなったジャケットを断舎離しようと思いたち、せっかくなのでリサイクルショップに持っていきました。すると「ジャケットは当店では取り扱っていません」と言われたので、「それならただでいいです、寄付します」といったところ「それはできません。では1着1円で買い取らせていただきます」ってことで、2着持っていったので2円もらいました。その上、免許証の確認など結構面倒な手続きが必要でした。まあいいか。クローゼットが広くなったから。

    その後、店内をウロウロしていたら、アウトドアコーナーがあり、キャンプで使えるダッチオーブンが売ってありました。うちにはアメリカに留学中使っていたダッチオーブンがあるのですが、大きくて重いので、大勢で食べるなら便利ですが、少ない量の料理には向いていませんでした。今回見つけたのは少し小柄で使いやすそうだったので、買って帰りました。2500円でした。2円もらって2500円払って帰った計算です。

    ダッチオーブンは野外で焚き火料理に使うだけの器具ではありません。自宅のIHでも使えます。鉄の鋳物はIHの熱効率がよく、とても熱くなります。IHのパワーを落として料理できます。また、重い蓋のおかげで無水料理が美味しくできます。野菜から出る水蒸気が逃げずに肉野菜が蒸し焼きになりとても美味しいです。塩コショウだけで十分です。そして、鉄が料理に溶け込むので鉄分の補給になります。何よりいいのは、食材を入れてとろ火でコンロにかければタイマーを掛けてほったらかしでいいのです。本を読んだりテレビを見たりしているうちに料理が完成します。2500円のダッチオーブンのおかげで自由な時間が増えました!

    今回購入したダッチオーブン(メーカーなどは不明)

  • 落ち葉の季節

    落ち葉の季節です。連日写真に出している熊本県庁のイチョウのプロムナードはとてもきれいです。毎年写真を撮りに行きます。私が写真にハマったのも、このイチョウの紅葉の写真を撮りたいと思ったのがきっかけです。昔一眼レフならいい写真が撮れると思って一眼を抱えて撮りに行きましたが、全然いい写真が撮れません。よく年、いいレンズを買って一眼に装着して、これならと思って撮ったら、前年より少しはマシな写真が撮れましたが、まだ納得のレベルではありません。一眼レフは絞りとシャッタースピードなどの調節でいろんな仕上がりになるので面白いのですが、勉強しないといい写真は撮れません。

    そんな中、iPhoneでとってみると今までの苦労が何だったんだろうと思うほどきれいで納得の写真が撮れました。葉っぱの一枚一枚まで見えるくらい鮮明です。それ以降、私は一眼信仰をやめ、iPhoneのカメラばかり使っています。iPhoneのカメラは本当にすごいです。旅行でもなんでもこれだけでいいです。

    クリニック前の街路樹も落ち葉がすごいです。今年もご近所の方が毎日キレイに掃除してくれるのでとても助かっています。ありがとうございます。落ち葉は植物にとってはデトックスです。一年を通して根から吸い上げた不要物や大気汚染物質をすべて葉っぱに入れて落としてしまいます。私たち人間は、汗、尿、便で不要物を体外に排出します。健康を保つのにとても大切なことです。

  • 私の休日

    今週末は土曜が祝日という珍しいパタンでした。間違ってクリニックに来た人がおられたかもしれません。血圧や糖尿の薬が切れると調子悪くなるので、数日分は余裕を持っていつも早めに来院いただけたらと思います。日曜はあさから久木野の温泉まで朝風呂に入りにいきました。先週は市内で火山灰がすごかったですが、今日は市内と反対方向へ流れていました。

    温泉から帰る途中ですごい雷雨になりました。11月に雷雨なんて珍しいですね。車に積もっていた火山灰がきれいに流れて、ラッキーでした。せっかくきれいになったので、帰宅してから車のコーティング補修剤で車をきれいにしました。ところで、そのコーティング補修剤とはちがうのですが、水前寺のゆめマートによったら駐車場で車のワックスコーティング剤を実演販売していました。私の車に実演販売の人が寄ってきて、アルミホイルなどをきれいにしてくれました。ボディーもガラスも全部これ一本でいいそうです。あまりにきれいになるので、買ってみました。聞いたところ、お風呂の鏡やトイレの便器など何でもコーティングすると撥水するので汚れませんよ、とのこと。売るのがうまい!今日が実演販売最終日とのことで、見ていたらどんどん売れていました。

    水前寺のゆめマート前を歩いていたら、中華料理屋さんからとてもいい香りがしてきました。私はヒューストン近郊にある中華街で美味しい中華料理屋さんをめぐるのが大好きでした。毎週末の楽しみでした。ヒューストンの中華街はかなり大きく、無数に中華料理屋さんがあるのですが、ガイドブックなどないですから、勘で美味しいところを探します。その決め手が、店の前に漂う匂いです。この水前寺駅前の中華屋さんもヒューストンの中華街で嗅いだ匂いがしました。入ってみたらやっぱり中国人の店でした。やすくてうまい!白山の麗郷にも匹敵する旨さでした(値段は麗郷の3分の1)!。

     

    火山灰は東の方へ流れています

  • 水を美味しくする方法

    熊本の水は美味しいので、不満はないのですが、水道水はカルキが入っているのでミネラルウォーターにはかないません。私は自宅とクリニックでブリタの浄水器を使っているので、ほとんどカルキは除去できておいしい水になります。ブリタで浄水した水をペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やすと、買ってきたものと区別は付きません。それほどカルキ除去の効果は抜群です。このブリタで浄水した水で十分美味しいと思っていたのですが、最近妻に買ってもらった南部鉄瓶でお湯を沸かすと、びっくりするほど美味しくなります。そのお湯でお茶を入れると、お茶がワンランク高級な味がします。

    なんでこんなに美味しくなるんだろうと、不思議で仕方ないですが、理由はわかりません。鉄が微量溶け出すのかもしれませんが、鉄臭くはありません。そこで、水の味が変わることの不思議に関して思いを馳せていたら思い出したことがありました。さつまの黒じょかです。あらかじめ焼酎と水を6:4くらいに割っておいて1晩以上おいたものを黒じょかと呼ばれる小さなやかんのような陶器に入れてとろ火にかけて温めて飲みます。焼酎好きにはたまりません。私は持っていませんが、鹿児島の天文館でこの飲み方でお酒を出してくれる店があり、あまりの美味しさにびっくりしました。鉄瓶でなく、黒じょかでも味の変化があるのです。

    お酒のことを考えていて思い出したのが、ビール。信楽の特殊なビール器で飲むとクリーミーな泡立ちでとても美味しくなります。また、錫(すず)でできた器は日本酒が美味しくなるといいます。こう考えると、飲み物の味は一体どういうことで決まるんだろうと不思議で仕方ありません。試しに、家にあったいただきものの錫製のタンブラーにブリタの水をいれて一晩おいて飲んでみたら、なんと甘くておいしいこと!この水を花瓶に入れると腐りにくいという話もあるほどです。つくづく不思議ですね。

    佐賀にて

  • お灸のすすめ

    診療が終わって、夕方遅くから当院でTKUの健康番組の撮影がありました。今回の番組は糖尿病の治療に関する解説です。11月に放送されるとのことですので、そのときはまたブログに書きたいと思います。プロのレポーターさんはさすがですね。まったく噛むことなくスラスラと出てきます。私はというと、カンペの棒読みです。どういう風に話したらわかりやすく、感情を込めた話し方ができるのか全くわかりません。そういう訓練を受けていないので当たり前かもしれません。写真好きの私のことだから、撮影現場の写真ぐらいあると思うかもしれませんが、撮っていません。残念ですが、プロを相手に写真を撮るのは失礼かと思ってやめときました。TVで見てください。レポーターは相当の美人さんでしたが、私は日頃から美人スタッフや美人患者さんなどに囲まれて過ごしているので、あまり緊張しませんでした。

    先日の漢方の勉強会で、鍼灸の話を聞きました。その際にお土産としてセンネン灸のサンプルを貰いました。せっかくなので自宅で自分にお灸をすえてみました。どのツボにしようかと思ったのですが、かかとの中央にある失眠のツボにしました。かかとは皮が厚く熱に強いので、試すにはもってこいです。1つ据えても全くどうもなかったので、刺激が足りないと思い、結局3つ連続で据えてみました。ほんのりと体が温まり、たしかに良い眠りを誘ってくれた気がします。もうすこしたくさんすえても良かったかと思います。

    お灸は熱エネルギーを体内に注入できるので冷え性の治療にもってこいです。これからの季節、冷えるのでお灸はいいと思います。サンプルを使ってみてわかりましたが、全然熱くないので、自分でできます。ただ、背中や腰はひとりでは難しいと思います。もう一つ問題は煙です。私は換気扇の真下でしました。部屋に煙がこもってしまうと結構匂いが残ります。

     

    アスペクタ