むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 設計事務所はGAT

    当院の設計は福岡のグローバル・アーキテクツ・チームGATという会社の吉浦さんにお願いしました。今日、Google検索したら、GATのホームページに当院の紹介が載っていました。http://www.team-gat.com

    他のクリニックも載っていますが、さすがに似た雰囲気でもあり、しかもそれぞれの院長先生の個性や診療科目、クリニックの場所柄、などなどいろんなファクターを取り入れながら建ててあります。見ているだけでいろんなことを考えさせられて面白いです。

    私がこのGATさんのホームページに出会ったのがだいたい2年くらい前でした。他にもいろんなクリニック専門の設計士さんがいるのですが、ホームページを見て、過去の作品例を見ているだけでその人のコンセプトや哲学のようなものまで感じ取れます。私はGATさんの作品にとても惹かれて、通常はクリニック建設では幾つかの設計事務所に声をかけてコンペをするそうですが、私の場合GATさん一本指名でした。

    頼んだのは、漢方や鍼もするので、ナチュラルな感じで、針などをする点滴処置室はリラックスできる空間にしてほしい。窓はあまり大きすぎず、できれば小さめに、とお願いしました。あとは間取りの希望を伝えただけで、屋根の形や壁の材質などは全部お任せしました。

    そして、今、このクリニックができたわけですが、本当に気に入ってます。今のところ、不満はありません。私のような建築素人が、細部にわたる希望を出すより、設計士さんのセンスと経験に任せたのが良かったと思います。

    thumb_img_0687_1024

    さて、このブログやお知らせにも書いたように、来週からは鍼治療が有料となるのですが、お試し期間最終日の土曜日の外来は鍼希望の人でいっぱいでした。皆さんよくホームページを見ていただいているんだなと、つくづく分かりました。

    お試し期間とはいえ、お一人お一人の症状に対して、どのツボをどのくらい刺激するかは結構考えて治療していました。痛いという場所(例えば肩や腰)に治療するだけでなく、そこの気の流れを調整するのに必要な離れたところのツボから遠隔治療します。経絡治療と呼びます。不思議なことに、痛い場所を全然治療しなくても、離れたところから治療できるのです。昔の人(2000年くらい前の中国人)はよくこんなことに気がついたなと、感心しますが、おそらく今の我々よりもはるかに体の反応に対して敏感だったのでしょう。

     

  • ワックスがけ

    日曜日を利用してワックスがけをしてもらいました。建物の引渡しが8月10日ごろだったので、前回ワックスがけをしてからちょうど1ヶ月経っています。建物の引渡し後、たくさんの家具や医療機器が搬入され、業者の出入りも激しく、その後内覧会で何百人もの来客がありましたので、あっという間に床が汚れてしまいました。

    真っ白い床材なので、ちょっとした汚れが目立ちます。毎日スタッフと一緒にモップがけをしたり掃除機をかけたりしますが、清掃業者の人に言わせると早めに汚れを取って厚めにワックスをかけた方がいいですよ、とのこと。もちろん清掃業者が言うのだから宣伝を兼ねているとは思ったものの、確かにそうだと納得して業者に入ってもらいました。

    清掃の間、院内にいないといけませんが、ワックスが乾くまでやたらと歩き回れないので、一人医局に閉じこもり、開業直前3ヶ月にかかった開業費用の領収書を整理しました。ダイキ(サンコー)やダイソー(百均)の領収書が出てくる出てくる、びっくりするくらい買い物しています。ほとんどが掃除道具や文具類や整理棚などの家具類。税理士さんに渡すためにきちんとリストを作った後、経費を合計してみてまたびっくりです。まあ、これこそ「必要経費!」ですから、ポジティブに考えましょう。ただ、参考までに申し上げると、その経費というものは、額を見ると高いのですが、医療機器(例えばエコーや心電計)に比べるとなんてことない、そんな額となりました。

    thumb_img_0656_1024

    ワックス掛けが終わった待合ロビーです。

     

  • 内覧会ご来院 御礼

    朝から心配されていた天気は、内覧会の間ギリギリ持った感じでした。小雨も降りましたが、天気予報の雷雨とか150ミリの雨という予報は運よく外れてくれました。

    おかげさまで、200名を越す盛況に終わりました。ご来院いただきた皆様、ありがとうございます。

    近所の住人の方々には、いつも植木に水を撒いていて熱心な植木屋さんと思ったら、こちらの院長先生でしたか、とか、持病の相談とか、いろいろなお話をさせていただきました。ウォーターベッドを試していただいたのですが、こちらも快適で、喜んでいただけたようです。旧友や元同僚の皆さんにもたくさん来ていただき、ありがとうございました。

    勤務医と違って、これからは自分が病気をすると即収入がなくなり、従業員さんに払うお金にも困るので、くれぐれも健康に気をつけるようにとのアドバイスもいただきました。無理せず、ランニングなどもほどほどに運動をしたいと思います。食事はいつも玄米食で結構気をつけています。

    霊芝の会社の社長さんからは、鹿角霊芝の盆栽をいただきました。こんなもの見たことないです!確かに縁起物です。診察室に置かせていただきました。写真を撮る暇がなかったので、後日こちらでアップします。

    それにしても、私の拙いブログをいろんな人に読んでいただいているようで、見学に来ていただいた人から、いつも読んでますよ、と声をかけていただきました。お恥ずかしい限りです。これを読んでいただいている方は、私の妻より私の毎日をご存知のことと思います。自己紹介を兼ねて、またクリニックの紹介をと思って書いていましたが、次第に今後クリニックを開業したいと思う人の参考になれば、とか、採用したうちの職員に自分の経営方針を理解してもらいたいとか、いろんな目的で書くようになりました。楽しんでいただけたら幸いです。もうすぐこのブログはクリニックの公式ホームページとして、リニューアルし、その中のブログのコーナーとして継続いたします。あれ、なくなったかな、とは思わないでくださいね。

    今日は忙しかったので、古い写真です。当院建築中の処置室です。今はベッドが並んでいる広い部屋になっています。木造ですが、ハリが多く、非常に頑丈にできています。

    thumb_IMG_8023_1024

  • 「患者さん」か「患者様」か

    先日の接遇研修で、患者さんは「さん」づけで呼ぶことにしました。これは当院の経営理念の3番目に「患者さんは自分の家族と思って、心のこもった接遇をします」とあります。家族に対して「様」では接しません。そこで、「さん」にしました。

    様、というのは丁寧だが何か自分とは距離を置いて相手と接する、そんな感じがします。かといって、馴れ馴れしい呼び方や話し方では品がありません。当院では、きちんと「さん」づけとすることに決めました。

    その時、ついでに当院のスタッフには朝礼で説明しましたが、「おはようございます」と「あっ、おはようございます」では全然違います。相手のことをよく知っていて、親しみを込める時には「あっ、おはようございます」と言います。これは、外国人から日本語の教科書に書いていないけど、最初につける「あっ」とはどういう意味かと問われた時に気づきました。ここが大事なのです。


    thumb_IMG_8172_1024

    写真はプロの人が撮っているところを見て、なるほど、こういう風にとるのか、と自分なりに感じたところを真似て撮りました。実際にはプロカメラマンさんが撮った写真の構図は見ていませんが、あのあたりからこちらにカメラを向けるとこんな感じか、しかも夕方6時半から7時くらいだと、建物内の照明と外の明るさ加減からいい写真が撮れるんだな、とか、勝手に判断して、翌日真似して撮ってみました。

  • 建築写真撮影

    設計士さんの依頼で建築写真家の方が当クリニックの写真を撮りに来られました。プロカメラマンの写真撮影というのはどんなものか、写真が趣味の私は持ってこられたカメラやレンズ、写真の撮り方など興味津々。

    しかし、建築写真というのは地味な仕事だ。建物は動きがないので、おそらく大切なのは構図と光の加減だろう。さらに、建物は垂直、水平が基本中の基本なので、水準器を使ってピタッと水平をとること。カメラが1度でも傾くと、見ていて気持ち悪い絵になる。

    プロカメラマンさんは、三脚を固定し、水平を確認し、構図を取り、何枚か写真を撮ったら、あとはロビーでじっと座っている。何をしているのかなーと思ったら、もう少し日が西に傾いて、建物全体に光が当たるのを待っています、とのこと。そう、建築写真というのは、太陽との相談なのだ。僕も写真を撮るのは朝か夕方が多い。昼の強い日差しの中では明るいところは明るすぎるし、影も強く出てコントラストがありすぎる。夕方、夕日の差し込む建物の中はキラキラと輝きを増す。そして、日が暮れると建物全体を照らす街灯やクリニックの看板を照らす照明の影響で、さらに建物の雰囲気が変わってくる。その時間帯を狙って写真を撮るのがプロなんですね。

    そして最も興味深かったのはカメラとレンズ。カメラマンさんの言葉によると、腕がどんなにあっても、このレンズがないと建築写真は撮れません。とキッパリ断言されました。そのくらい特殊なレンズが付いているようです。名前はわかりませんが、三脚に固定して、構図も決めたカメラを触ることなく、レンズを上下にスライドさせて床の方から天井の方まで写真が撮れる、そんなレンズがあるんです。ヨドバシカメラでも買えますよ、と言われましたが、いまいち使い方がわかりません。しかし、腕があってもその機材がないと撮れないのなら、そんなレンズを持っていない僕がプロの人の写真に迫ることは無理なんだと、素直に諦めるしかありません。いい勉強になりました。

    thumb_IMG_0594_1024

    いよいよ往診車にもクリニック名を入れたマグネットができました。これを貼って走る時は、いつもにもまして運転マナーを守り、安全運転しないといけません。気が引き締まります。