むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 土地にまつわる昔話

    私は毎朝5時おきですが、もう朝の5時は暗くなってきました。日の出前です。夏の終りを感じます。診察時に処方を出す時、2週間処方で次回はすでにお盆休み明けとなります。あっという間に夏は終わります。ところで、当院のすぐ横には小柳病院があります。今日、挨拶に来られました。なんと、開院60周年だそうです。すごいですね。当院は今年の9月で5周年ですから、12分の1です。実は、当院の土地は昔小柳病院の前身の病院がたっていた土地だったそうです。当時あった病院は産婦人科だったと聞いています。その後、小柳病院は今のところに移り、当院のあるところは小柳病院のキウイ畑だったそうです。当院向かいの公園は農業試験場のお茶畑だったと聞いたことがあります。随分変わったものです。

    もう一つ聞いた話ですが、当院のたっているところは小峯というだけあって小高い山になっています。近所の家は段差で下がっています。実は、昔当院のあった土地も周りの住宅と同じ高さだったそうですが、東バイパスを作ったときにビッグウェイがあった付近の山を切ったときに出た土をつかって県立大グラウンドや東稜高校の高さと同じ高さまで土を盛ったそうです。これは、たまたま、当院を建てるときに地下20m以上ボウリングして地盤調査をしたのですが、その会社の人達が、むかし土を運んだと言っていたので、間違いないです。

    ボウリング結果は昔このブログに書いたことがありますが、20m以上深く下まで火山灰が堆積したものです。小峯や帯山、長嶺など東区の峯、嶺、山という地名はどこも火山灰が堆積した丘になっていると思われます。私が子供の頃、このあたりはひたすら芋畑でした。それだけ水はけがよく、痩せた土地だったということです。そして、いま日赤のある辺りに熊本空港がありました。わたしも幼稚園の頃飛行機を見ながら芋を掘った覚えがあります。それから、日赤前の国体道路が東バイパスに入るところに洋服の青山がありますが、昔はあそこに竹やぶがあって国体道路になる前の旧道はむちゃくちゃ狭くて通りにくい難所でした。思い出しますねー。皆さん覚えていますか?

    四季の森温泉(久木野)より 中岳、根子岳方面を望む

  • 初詣には行きましたか?

    コロナ感染者がどんどん増えていますね。夕食を食べに神水交差点の中華料理「東方」にいったのですが、誰も客がいませんでした。コロナも大変ですが、飲食店業界も大変です。これだけお客さんが少ないなら密になることはないので、応援も兼ねて時々食べに行こうかと思います。”密でない”つながりで言えば、初詣も全然混んでいませんでした。このくらいの人数のお願い事なら神様もきいてくれそうな気がしました。受験生などは、最後は運です。どれだけ勉強しても当日の体調とどんな試験問題が出るかは運としか言いようがありません。神頼みもいいと思います。その際、わざわざ太宰府まで行かなくても、近所の神社でいいと思います。

    成功する人は神社のお参りをかかさないといいます。そういう関係の本が出ているのを見たことありますが、読んだことはありません。しかし、思うに、神社で神様に頼み事をするときは、短時間で(おそらく1分以内で)自分の目標、かなえたいことを簡潔に言葉にしないといけません。そのためには、常日頃から自分はどう有りたい、これからどのようにしたいということを考えていないといけません。経営者なら会社の発展、従業員の健康や幸せを願うでしょうし、家庭では家族の健康や受験の成功などを願うでしょう。

    そういう私の一つの思い出を一つ。以前このブログにも書いたことがあるのですが、開業する場所を探していたとき、今の山ノ神2丁目の土地を買わないかという情報が来ました。高かったので、随分悩みました。家で机に向かっていても考えがまとまらないので、立田山に走りに行きました。すると、気まぐれで走った山道の先に鳥居があり、石をまつってありました。そこには「山の神」とかいてありました。その神様に、開業する場所を考えていますが、どうしましょうと相談しました。そして、あー僕は山の神に呼ばれてここに来たんだ、「山ノ神」の土地を買おうと決めました。そして現在に至る、というわけです。

    健軍神社(大晦日の雪の朝)

  • 苔の簡単清掃法

    梅雨が明けましたね。日差しは夏そのものです。暑いので体調を壊さないようにしましょう。私は梅雨が明けたらしたいと思っていたことがありました。それは、苔の掃除です。クリニックの道路に面したところに目隠しの塀があるのですが、北側道路に面しているため、塀には苔がついてしまいました。去年も梅雨明けには苔が目立ったのでスポンジにクレンザーをつけて洗い落としました。しかし、かなりの重労働だったので、今年はもっといい方法はないかとググってみました。

    一つは、苔とりスプレー。1本1000円くらいだったので、アマゾンで即購入しました。スプレーするだけでこすらず取れると書いてあったので、疑心半疑ですが、まずは塀にクリニック名が書いてある部分を中心に端から3分の1くらいをスプレーしてみました。今日1日たってみたら、なんと塀がきれいに白くなっています!!びっくりです。こすらずこんな簡単にきれいになるなんて。時間がたつともっときれいになるようなので、楽しみです。もう一つの方法は、熱湯をかけるというものです。簡単ですが、植木にかかると枯らしてしまいそうなので、注意が必要です。クリニックのベランダの日陰の部分に苔がついて気になっていました。お湯の効果を試すにはちょうどいいと思ってポットいっぱいお湯を沸かして苔のついた部分にかけてみました。

    すると、一日たって、かなりきれいになっていました。ちょっとかけたりなかったところが残ったのでもう一度かけてみました。きっとこれできれいになるでしょう。こすらず苔は落とせるなんて、驚きです。皆さんもぜひお試しください。

    ソウルの中心部を流れる漢江の鉄橋からみた夕日

  • 設計事務所はGAT

    当院の設計は福岡のグローバル・アーキテクツ・チームGATという会社の吉浦さんにお願いしました。今日、Google検索したら、GATのホームページに当院の紹介が載っていました。http://www.team-gat.com

    他のクリニックも載っていますが、さすがに似た雰囲気でもあり、しかもそれぞれの院長先生の個性や診療科目、クリニックの場所柄、などなどいろんなファクターを取り入れながら建ててあります。見ているだけでいろんなことを考えさせられて面白いです。

    私がこのGATさんのホームページに出会ったのがだいたい2年くらい前でした。他にもいろんなクリニック専門の設計士さんがいるのですが、ホームページを見て、過去の作品例を見ているだけでその人のコンセプトや哲学のようなものまで感じ取れます。私はGATさんの作品にとても惹かれて、通常はクリニック建設では幾つかの設計事務所に声をかけてコンペをするそうですが、私の場合GATさん一本指名でした。

    頼んだのは、漢方や鍼もするので、ナチュラルな感じで、針などをする点滴処置室はリラックスできる空間にしてほしい。窓はあまり大きすぎず、できれば小さめに、とお願いしました。あとは間取りの希望を伝えただけで、屋根の形や壁の材質などは全部お任せしました。

    そして、今、このクリニックができたわけですが、本当に気に入ってます。今のところ、不満はありません。私のような建築素人が、細部にわたる希望を出すより、設計士さんのセンスと経験に任せたのが良かったと思います。

    thumb_img_0687_1024

    さて、このブログやお知らせにも書いたように、来週からは鍼治療が有料となるのですが、お試し期間最終日の土曜日の外来は鍼希望の人でいっぱいでした。皆さんよくホームページを見ていただいているんだなと、つくづく分かりました。

    お試し期間とはいえ、お一人お一人の症状に対して、どのツボをどのくらい刺激するかは結構考えて治療していました。痛いという場所(例えば肩や腰)に治療するだけでなく、そこの気の流れを調整するのに必要な離れたところのツボから遠隔治療します。経絡治療と呼びます。不思議なことに、痛い場所を全然治療しなくても、離れたところから治療できるのです。昔の人(2000年くらい前の中国人)はよくこんなことに気がついたなと、感心しますが、おそらく今の我々よりもはるかに体の反応に対して敏感だったのでしょう。

     

  • ワックスがけ

    日曜日を利用してワックスがけをしてもらいました。建物の引渡しが8月10日ごろだったので、前回ワックスがけをしてからちょうど1ヶ月経っています。建物の引渡し後、たくさんの家具や医療機器が搬入され、業者の出入りも激しく、その後内覧会で何百人もの来客がありましたので、あっという間に床が汚れてしまいました。

    真っ白い床材なので、ちょっとした汚れが目立ちます。毎日スタッフと一緒にモップがけをしたり掃除機をかけたりしますが、清掃業者の人に言わせると早めに汚れを取って厚めにワックスをかけた方がいいですよ、とのこと。もちろん清掃業者が言うのだから宣伝を兼ねているとは思ったものの、確かにそうだと納得して業者に入ってもらいました。

    清掃の間、院内にいないといけませんが、ワックスが乾くまでやたらと歩き回れないので、一人医局に閉じこもり、開業直前3ヶ月にかかった開業費用の領収書を整理しました。ダイキ(サンコー)やダイソー(百均)の領収書が出てくる出てくる、びっくりするくらい買い物しています。ほとんどが掃除道具や文具類や整理棚などの家具類。税理士さんに渡すためにきちんとリストを作った後、経費を合計してみてまたびっくりです。まあ、これこそ「必要経費!」ですから、ポジティブに考えましょう。ただ、参考までに申し上げると、その経費というものは、額を見ると高いのですが、医療機器(例えばエコーや心電計)に比べるとなんてことない、そんな額となりました。

    thumb_img_0656_1024

    ワックス掛けが終わった待合ロビーです。