むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 熊本地震から5年

    熊本地震から5年が経ちました。地震の時、当院はクリニックの建設中でした。設計の際に当院敷地内の地盤調査をしました。熊本の在住の方はご存知と思いますが、クリニックのある小峯付近は小高い丘になっており、厚い火山灰の層になっています。地盤調査をして分かったのは20メートル以上杭を打っても固い地盤に届かないと言うことでした。そこで当院を建設する際には杭を打つ建築方法は諦め、基礎全体をコンクリートで固める方法をとりました。

    基礎の工事にはかなりお金がかかりましたが、幸い地震の際に被害はなく、無事クリニックが完成しました。地震の後、当院の向かいにある東稜高校は避難場所となっていました。もし当院が既に開業していたならば、東稜高校の避難所をボランティアで回っただろうと思うのですが、当時私は桜十字病院に勤めていましたので、南区の多くの患者さんたちを受け入れ桜十字病院で診療を続けました。桜十字病院は大きい病院なので、廊下やロビーに近所の人たちがたくさん避難してきていました。地下水が使えたので、断水もありませんでした。毎日の診療は本当に大変でしたが、余震の中お互い励ましあいながら仕事をしたのをついこの前のように思い出します。また何年か後に熊本で大きい地震があるかもしれません。あるいは南海トラフ地震があるかもしれません。そういった際にも我々は医療人としての使命がありますので、地域住民の方々のためにできることを精一杯果たしたいと思っています。

    当時こまった思い出として、停電が続いたため、自宅の電動シャッターが開かず、車が出せないで大変でした。あと、この季節夜はかなり冷え込みますので、運動場や体育館で一夜を過ごすのは本当につらいことだと感じました。そんな困った中でも、近くの公園では水の配給とおにぎりなどの炊き出しがあり、こんな状況でもなんとか生きていけるんだと安心したのも今思うと貴重な体験でした。

  • 食料を賢く備蓄する

    東京を中心として、関東ではこの週末不要不急の外出を控えるようにという指示が出ました。それに反応するかのようにみんなスーパーで食料を買っているニュースがでていました。熊本はどこ吹く風みたいにしていますが、準備のいい人はすでに備蓄は済んでいると思います。私も随分前にブログに書きました。熊本地震の時を思い出せば、こんなのなんてことないです。電気と水がちゃんと使えるわけですから、インフラの心配はありません。エアコンも使えるし、布団で眠れます。

    ですから、皆さん冷静に対応すればいいと思います。ただ、地震のときの非常食を思い出すとわかりますが、おにぎり、カップ麺など炭水化物ばかりでした。そして、飽きるので、味は濃くて塩のとりすぎです。炭水化物のとりすぎで糖尿病になり、塩分のとりすぎで高血圧になります。また、野菜不足でビタミンと食物繊維が足りないため、脚気のような体調不良と便秘になります。もし、イタリアやニューヨークのようなロックダウンが起これば、野菜が不足すると思います。保存のきく缶詰、レトルト食品、冷凍の肉や魚はなんとかなるでしょうが、野菜となるとイモ類や玉ねぎ、人参ぐらいでしょうか。それでもいいので、日持ちする野菜は買っておいたほうがいいと思います。干し椎茸、切り干し大根など乾物は超おすすめです。あとは、仕方ないので、ビタミン剤のサプリでしょう。ビタミンBミックス、C、D、Eは必須です。

    日本だけが新コロ死亡者数が桁違いに少ないのは七不思議とされていますが、清潔好き、握手などの接触をする習慣がない、マスク好き、などの他にもなにか理由があるかもしれません。例えば日本独特の食べ物が免疫を上げているのかも。日本中どこでも、そして誰もが食べているけど日本独特のものと考えると、味噌や納豆などでしょうか?これら発酵食品は免疫を上げるのでぜひ常備しておきたいと思います。

    御船川の河川敷にて

  • 豪雨対策にはライフジャケットが必要

    日曜にこの一週間のニュースを見ると、千葉の大雨の被害があまりに悲惨で言葉がありません。台風の2週間後にまた大雨の被害とは、熊本で震度7の地震が2度来たのと似ています。同情します。千葉の地形はよく知りませんが、広い大地で雨がたくさん降ると水はけが悪く窪地に貯まるのではないかと思います。今回浸水した地域は、今後も似たような大雨が降ることは考えられるので、住むのを避けたほうがいいのではないかと思います。

    私が小学校だった頃、社会の授業で「私たちの住むまち」という教材がありました。今でも覚えていますが、江津湖周辺に住む人達の家の軒先には避難用のボートがつり下げてあると書いてありました。教科書に写真がついていたのを覚えています。私は当時田迎に住んでいましたから、田迎と江津は隣町で、あちらは大変だなと思っていました。その当時いつも浸かっていた地域は今ではほとんど埋め立てられて用水路はポンプで強制的に排水されています。めったに浸からなくなりましたが、そういう歴史があったことを忘れてはいけません。

    ところで、高知に移住した吉冨先生と話していたら、高知は南海トラフ地震の津波対策を本気でしているそうです。どの家庭も家や車の中にはライフジャケットを人数分買ってあるそうです。また、コンビニの駐車場にはノアの箱舟みたいに地域の住民が避難できるボートが置いてあるそうです。千葉の水害のあったところもライフジャケットを買っておいたら良かったのではと思いました。おそらく今後は日本中どこでもそういう対策が必要になってくると思います。

    すすきの向こうにアスペクタの野外ステージ

  • 水害は怖い

    水害のニュースを見ると、本当に悲惨ですね。地震も大変でしたが、水害はもっと手に負えない気がします。家中水浸しで泥だらけです。地震のあとはあそこまでぐちゃぐちゃではなかったです。また、いまだにマンホールから下水が逆流して道路に噴出しているところがあります。衛生的にも大問題です。はやく復旧されることを祈ります。天皇陛下が即位のパレードを延期されましたが、本当にそういう雰囲気なんだろうと思います。ネットを見ていたら、つい最近まで開発されずに残っていた土地やキラキラネーム的な新しい地名は要注意だそうです。むかしから危ないところには家を立てませんから、今頃になって開発されて家が建ち始めたところは昔は湿地帯だったり、土砂災害の危険地帯だったりします。また、そういう土地にはみなが忌み嫌うような地名がついていることが多く、そのあたりにはすまないようにという祖先のメッセージだったのにも関わらず、今になって地名を変更し明るくきれいなイメージの地名がついたところは土地も安いのでどんどん家が建っているそうです。古くからその地について詳しい人の話を聞いたり、古地図でどんな地形だったかを知ることはとても大切なことです。

    昨日のブログで、阿蘇の火山灰は私の小学生の頃以来のひどさと書きました。正確には阿蘇の活動がどうだったのかを調べたら、気象庁がまとめたサイトを見つけました。https://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/fukuoka/503_Asosan/503_history.html

    これによると、1970年代に数年に渡って活発に噴火しており、たしかに私の記憶通りでした。それにしても、奈良時代くらいから現代までの阿蘇の噴火の記録が残っているとは驚きです。

    最近、ほうれん草をたべてもアクが全然なくて茹でずにそのまま食べられるようなものもあります。土が痩せてしまって今のほうれん草には栄養はありません。鉄が多いと言われていたのも今は昔です。ほうれん草では貧血治療はできません。これは、川が氾濫しなくなった影響でもあります。昔は毎年水害がありました。その際、山から肥沃な栄養ある土が田畑に供給されていたのですが、今はめったに氾濫しないため、土地が痩せるのです。今回、大洪水で関東東北など大変ですが、田畑は栄養たっぷりになり、数年後には美味しい野菜が取れることと思います。

     

  • 温泉で体温を上げるのは健康の秘訣

    連休で用事もなかったので、珍しくワイドショーなどみていたら、千葉の台風の被害は本当に大変ですね。熊本地震を思い出します。台風なので、電柱が倒れて停電しているのは個人的には対策のとりようがありません。電力会社には電柱をやめて電線を地中に埋めるようにしてもらいたいものです。太陽光パネルがある家は停電しても冷蔵庫が日中は動いたということで、これからは災害対策にも設置しておいたほうがいいように思いました。一方、個人で対策できるのは屋根です。地震の際も多くの家がダメージを受けてブルーシートだらけになりましたが、今度の千葉の台風被害もブルーシートだらけです。瓦の修理は1年待ちだといっていました。

    家は地方地方でもっともその気候風土に適したものであると言われています。日本独特の屋根瓦も昔は日本の風土にあっていたのかもしれません。しかし、今のように地震や台風がひどくなってきては、昔ながらの屋根瓦では全然だめだと思われます。熊本地震でうちの近所で通りの端から端まで1軒残して全部壊れたところがあります。壊れなかった1軒は積水ハウスでした。その後、壊れた家は新しく建て替えられました。みてみると、どこも平屋で屋根は瓦ではありません。新建材と思いますが、ガルバニウム鋼かもしれません。いずれにせよ、瓦はやめましょうということでみんなが納得したと思います。家の建てかたに個人も建設業界も進歩したと思われます。

    月曜は連休最後で台風一過となり天気も回復しました。私はいつものように南阿蘇グリンピアの温泉にいきました。煙を上げる阿蘇山を眺めながら露天風呂です。熊本市内から初めてきたというお客さんと長話になり、すっかりのぼせてしまいました。体が芯から温まると、見えない小さながん細胞は死滅します。昔、温泉旅館で療養することを湯治といっていました。温泉療法です。現在は温熱療法といって、ピンポイントに狙った臓器の体温を上げてがん治療をする方法があります。温泉での長風呂はそれと同じ効果がありますから、健康長寿の秘訣です。

    高森 らくだ山