むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • トラウマを治す

    熊本地震から3年ですね。夜、犬の散歩をしているとあのときのことをいろいろ思い出しました。きっと同じ気持ちで今この時を過ごしている人も多いのではないかと思います。思い起こせば、いろんな人に助けられました。第一は水道工事屋さん。人伝いに来てくれそうな業者さんに必死で頼んで、敷地内で漏水している水道管を変えてもらいました。そして、大工さん。雨漏りしていた屋根を直してくれました。錦が丘公園でおにぎりをもらったこと、江津湖に水を汲みに行ったこと、いろいろありました。私はクリニック開業前でしたので、前職場の桜十字病院で休まず外来をしました。毎日余震で揺れる中避難してきている近所の人達の健康管理から、血圧などの薬が切れた人たちの対応などに追われました。

    トラウマと言うと皆さん心的外傷(悪夢のような出来事)を思い起こすかもしれませんが、英語でTraumaというと、いわゆる外傷のことです。私は留学中は救急医療・集中治療を専門にしていたため、Trauma学会に出ていました。一方、地震のような災害では外傷だけでなく心的外傷も問題になります。あのときのことを思い出すと恐怖で眠れない、動悸がする、不安で仕事も手に付かない、などです。ときが経つに連れ、あんなに大変だった地震の記憶もだんだん薄れてきます。助けてくれた、良かった、といういい思い出は残して、怖かった思い出はできるだけ忘れるのが精神衛生上いいと思います。マスコミは怖かったことまで思い出させる番組を作りがちですが、そんなのは見ないことです。

    それでも怖い思い出がフラッシュバックして困るという場合、漢方薬がよく効きます。いわゆる神田橋処方というものですが、使ってみると素晴らしい効果があります。この処方は、地震などの災害のトラウマだけでなく、職場で上司に怒られたとか、そういう個人的な嫌な思い出も軽くしてくれます。嫌な思い出から抜け出せない場合、ご相談ください。力になりますよ。

     

  • ものを大切にする心こそ

    東日本大震災から8年。あっという間に結構な年月が過ぎています。この8年でうちの子供は小学生から大学生になり子犬のゴンはシニア犬になりました。私はNTT病院から桜十字病院を経て今のクリニックを開業し、もうすぐ3年です。いろんな事がありました。熊本でも震災を経験しました。大変なことが多かったですが、試練は私たちを成長させます。今こうして元気に暮らしていることが何よりの幸せです。

    九州電力からお知らせの手紙が届いたと思います。明細書を電子化したいと言う趣旨の手紙でしたが、一緒に入っていたお知らせに、川内原発が順調に稼働しているおかげで電力コストが下がりました、つきましては、平均1%の電気料金を引き下げます。とありました。1%だと、毎月1万円払っている家庭で100円安くなる計算です。バカにしていますね。原発の危険を犯して100円安くしてもらわなくてもいいです。鹿児島の川内には私の兄妹親戚も住んでおり、原発が可動していることは心配しています。もし川内で事故があれば、熊本市内でも安全ではありません。

    一方、太陽電池も大変な環境破壊です。阿蘇の外輪山にできているメガソーラーなんて熊本市内からでもギラギラと光って見えます。よくあれだけの森林を伐採したものです。家庭にソーラーパネルを設置して売電している家庭は、売電するからには事業所とみなす、とありました。事業所であるからには、定期的な安全点検の義務があるそうです。業者の口車に乗せられて太陽電池を設置しても、売電料金がどんどん下がり設置コストが回収できないと見ると、これからは売電ではなく蓄電の時代だと、蓄電装置を買わされ、挙げ句に太陽電池は火災の危険があるという話になり、踏んだり蹴ったりです。大事なのは原発や太陽電池ではなく大量消費、過剰包装をやめ、モノを大切にする心だと思います。

    御船の華ホタルにて

  • 旧ブログのご案内

    この週末はセンター試験ですね。うちの子供は入試も終わり今年は平和に暮らしています。現行のセンター試験は今回で最後らしいのでどうしても今年通って欲しいですね。

    土曜は漢方のセミナーに参加するため福岡に行きました。とても人気の会で参加者は100名を超えていました。こんな勉強会が福岡ではちょくちょくあるので羨ましいですが、最近は新幹線のお陰で福岡の勉強会ならさっと行けるようになりました。土曜の午前中の診療は50名を越すので午後はぐったりです。うっかりすると新幹線は大阪まで行ってしまうのでしっかりおきていないといけません。

    ところで、毎日よくブログ続きますね、大変でしょう、と言われますが、実はこのクリニックのブログを立ち上げる前は趣味で写真を毎日アップするブログを5年以上書いています。現クリニックのと合わせると7ー8年書き続けています。最近その古いブログを新しいサイトに引っ越しました。旧ブログには震災前の壊れていない益城の風景も沢山あります。おヒマでしたらご覧ください。

    https://murakaz.hatenablog.com/

    ソウル 明洞

  • 正月気分も終わり

    正月気分も終わりです。3日目にしてやっと温かい日が差してきたので、布団を干したり掃除をしたりして、連休最終日を過ごしていました。夕方、そんな正月気分を吹き飛ばすような地震がありました。震度6といっていましたが、県北が震源みたいで、熊本市内は多分震度3くらいでしょうか?おととしの地震では、このくらいの揺れがあってから数秒後にユニバーサルスタジオのアトラクションに乗っているかのような揺れが続きましたが、今回はそれが来なくてホッとしました。揺れと同時に携帯が緊急地震速報のアラームを鳴らしてきました。この音を聞くとドキッとします。

    とりあえず揺れはすぐにおさまったので、被害はありませんでした。私はすぐに携帯の充電を開始しました。予備のバッテリーもフル充電です。懐中電灯や財布などの場所を確認しました。熊本地震から2年半たって、もう大丈夫と思っているとこんな感じです。東北もずいぶん立ってから福島沖や茨城沖などで地震が起こっているので、熊本も油断できません。

    こういう地震がおこると、フラッシュバックで恐怖心が蘇ってきて体調を崩す人がいます。強烈に怖かった思い出というのはなかなか拭い去れません。このような症状に、漢方薬の神田橋処方という特殊な処方が有効だと知られています。よく効くので、時々処方しています。

     

  • パン屋さんとクリニックと

    また台風が接近中です。沖縄の映像を見ると相当強いみたいなので、被害が心配です。このブログがアップされる時間にはすでにかなりの風雨となっているかもしれません。くれぐれもお気をつけください。私も、植木鉢や外に置いているごみ箱など飛んでいきそうなものは重石を乗せたりして固定しました。

    私は通常は糖質制限でご飯やパンはほとんど食べませんが、台風の時は念のためパンを買い置きすることにしています。停電したりして、食料に困らないようにするためです。おかずとしては、鯖缶を大量に備蓄しているので、心配ありません。そのパンですが、滅多に食べないので、せっかく買うなら美味しいものを買いたいという気持ちです。コンビニで買うのは最終手段です。今日はポンパドールで買いました。ところで、自宅の近くにパン屋さんがあったのですが最近潰れてしまいました。ここは3年くらい前から潰れそうな気がしていたので、予感が当たった感じです。

    パン屋は店も多く激戦だと思います。まず何と言ってもコンビニと戦わないといけないので、ハードルが高いです。コンビニはどんどん新商品が出るし、サンドイッチから菓子パンまで品揃えも豊富です。そこにパン専門店として戦うには、やはり本物志向で高品質でないといけません。クリニックの近くにとても繁盛しているパン屋さんがあります。売れているところと潰れてしまうところを見ると、やはり商品の魅力が全然違う気がします。我々医療業界も同じだと思います。病院はいくつもあるけど、遠くてもわざわざ行く価値があると言っていただけるよう努力したいと思っています。