むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • おかげさまで4周年

    むらかみ内科クリニックは9月1日で4周年を迎えました。熊本地震の年にオープンし、多くの患者さんに育てられて今ここにあります。受付も看護師さんたちも開業当初からずっと頑張ってくれています。外来がメインでやっていますが、訪問診療もかなり増えてきました。もうほとんど手一杯なのですが、頼まれれば、できる限り対応したいと思っています。また、みなし訪問看護ステーションもやっていますので、訪問看護でも多くの患者さんに対応しています。訪問診療(医師が訪問)だけでは十分お世話ができない場合、訪問看護(看護師が訪問)で服薬管理、自宅での健康管理のお手伝いなどきめ細かいサービスを行っています。当院の診療の幅も随分広がってきました。

    一時期、心療内科の患者さんが多すぎて予約を絞っていたのですが、最近はコロナの影響もあり不眠やうつなどのメンタルとめまい、動悸などの体調不良が急増していますので、できるだけ迅速な対応を心がけています。患者さんの健康と幸せを追求するのが当院の理念のその1です。それを実行するには私の力だけでは叶いません。スタッフ全員の気持ちが一つにならなければ最高のサービスは提供できません。

    そこで、私がこの4年間心がけてきたことは、スタッフの幸せの追求です。仕事は楽しくやってほしいし、家庭もうまくやってほしい。そのために、残業は最小限に、給料やボーナスは精一杯高く。また、忙しい職場なので、各自の負担が限界に達する前に十分な人数を雇用すること。できていない点は今後の課題ですが、5年目は更に働きやすい環境を実現し、幸せあふれるスタッフが患者さん全員に元気をおすそ分けできるような職場にしたいと思っています。

    夕陽に輝く入道雲。クリニック駐車場にて。広角で撮っているので小さく見えますが、巨大です。下の方は猛烈な雷雨。レーダーで調べたら雲仙の東側です。

  • 訪問診療にできること

    朝NHKを見ていたら訪問診療の話をしていました。コロナ禍で病院や老人ホームは面会謝絶となっているところがほとんどです。そんな中、いよいよ最期を迎える際に家族が面会できないと、とても心残りとなります。そこで、在宅医療という選択があるという話題でした。取材されたご家族はガン末期で、病院に入院して家族と面会もできない状態を憂い、がん治療に見切りをつけて在宅医療に切り替えたという話でした。やっぱり家はいいね、と言っていたそうです。誰もがそれを望むと思います。

    訪問診療では、このような末期状態での看取りをすることができます。当院でもこの半年だけでも数名の看取りをしてきました。皆さん、住み慣れた家庭で家族に囲まれて穏やかな最期を迎えられます。病院で見る最期とはかなり違ったものです。在宅でも、点滴や酸素療法はできますので、ある程度病院にいるときと同じような治療を継続できます。できないのは、レントゲンやCTなどの検査、人工呼吸などです。しかし、末期状態でそういう検査や高度医療はあまり必要としないことがほとんどです。

    では、訪問診療で理想の最期を迎えるにはどのような点に気をつけたらいいかを教えしましょう。まず一番が、覚悟を決めることです。急変したからといって救急車を呼んだりしたら元の木阿弥です。家で過ごせることの幸せを十分感じなければうまくいきません。また、医者だけでなく、看護師さん、介護士さん、理学療法士さんなどいろんな職種の人達が家庭に入りサポートするため、ご家庭に人の出入りが多くなります。それを嫌がっては在宅医療がスムーズにいきません。大事なのは信頼できる事業所と契約を結んで、あとは訪問医療チームと家族みんなで一丸となって患者さんを支える気持ちが必要なのです。もちろん当院では訪問診療、訪問看護、往診などのご相談にのっています。

  • トータルケア1周年

    この4月1日で当院が個人経営から医療法人になって1周年となります。なんだか、すでに何年もたった気がしますが、まだ1歳でした。そして、クリニックがオープンしてから3年半です。また、本日、当院の診察券番号10000が出ました!皆様に支持されての1万人です。ありがとうございます。それから、この4月から当院には新しいスタッフが入ります。ますます医療体制を充実させ、通常の外来診療と訪問診療、さらに訪問看護と皆さんのお役に立つクリニックにしたいと思います。

    世は新コロで大変です。不安と恐怖で皆さん鬱みたいになっています。当院は内科クリニックですが、心療内科もやっているため、血圧の患者さんでもニュースばかり見て睡眠が悪くなったとか、動悸がするようになったとか、いろんな訴えがあります。どんな困ったことでも対応しています。なかには、いくつもの病院にかかるのは感染のリスクもあるので、皮膚科の軟膏とか眼科の点眼、整形の鎮痛剤や湿布地などもついでに処方してほしいという場合、できる限りお答えしています。それが、当院の法人名「トータルケア」だからです。

    法人2年目にあたっての抱負ですが、これから数年は苦難の年です。世の中の常識がガラリと変わると思われます。経済的にも精神的にも世界中が苦しい時代を迎えます。しかし、それはエンドレスではありません。いつかきっと苦難は終わり飛躍する時が来ます。飛躍の前には一旦膝を曲げてかがみます。今はその時です。ここで、新しい時代に向けてエネルギーを貯め、世の変化に負けないように自分たちも変化します。熊本地震を経験した私たちです。大丈夫です。

    熊本城稲荷

  • 待ち時間対策について

    土曜日は平日来れない患者さんでいっぱいになります。平日より多少待ち時間が長くなることがありますが、ご了承ください。最近は、平日でも100人近い患者さんにご来院いただいているので、それくらいの人数はスムーズに対応できるようにシステムづくりに取り組んでいます。血圧の薬などを定期的にもらうだけという場合、治療がうまく行っているか、副作用がないかなどをすばやくチェックして処方箋をお渡ししています。処方に追加や変更なくいつもの通りの薬でいい場合、クイック診察も行っています。ご希望の方は受付にお伝え下さい。この度、待合室に自動血圧計を導入しましたので、血圧手帳を持参していない場合、できるだけ待合時間中に血圧をお測りください。通常の治療以外に相談事がある場合は、処方がいつもどおりでも時間がかかりますので、クイック診察には該当しません。

    漢方や心療内科も標榜している関係で、なかには非常に長いお話をされる患者さんもおられます。深刻な悩みなので、短時間に切り上げることも出来ません。できるだけしっかりとお話を聞きたいと思っています。そのためにあとの患者さんには待ち時間が増えてしまい、申し訳なく思います。その対策としては、心療内科の新患さんには順番を前後してお待ちいただくことをご了承いただいています。その間に再診の患者さんを優先的に診察しています。

    通常心療内科はどの病院も1ヶ月待ちです。しかし、患者さんにとって見れば、ストレスや不安でいても立ってもいられない、いますぐ見てほしいという人が大勢いらっしゃいます。当院でも、私の時間が取れる限り対応したいと思っていますが、全部が全部対応できるとは限りません。特に、躁うつ病や統合失調症、小中学生の不登校などは心療内科の域を超えていますので、精神科の受診をおすすめしています。

  • HP院長挨拶をリニューアルしました

    今日からお盆休みで連休の方も多いと思います。当クリニックのお休みについては昨日のブログに書きました。12日(土)は通常通り午前中の診療です。11日は、祝日で、クリニックもお休みだったのですが、私は2つの老人ホームに往診と訪問診療でした。訪問診療は計画的な訪問なので基本お盆も正月も関係なくスケジュールされます。午後からは桜十字病院の老人ホームに行ったのですが、患者さんがまだデイケアから帰ってきていなかったので、しばらく病院内の花壇の写真を撮ったりして過ごしました。

    また、当院も9月で1周年を迎えるにあたり、このブログを載せているホームページの院長挨拶をリニューアルしました。そちらを見てもらえばいいのですが、こちらにも転記します。

    ご挨拶

    H28年9月1日に東稜高校正門前に内科クリニックを開院いたしました。
    これまで25年以上の臨床経験をもとに、ひとりでも多くの患者様に健康で幸せな暮らしをしていただくお手伝いができたらと思っています。
    当院を開院するにあたり、3つの経営理念を掲げました。一言で言うなら、「患者さんは自分の家族と思い、洋の東西を問わずベストな医療を提供する」ということです。

    私は、内科・循環器内科が専門ですが、それと同時に漢方専門医でもあります。いろんな病院に通ったがなかなか症状が改善しないという場合、案外漢方のほうがよく効くことがあります。それは、同じものをみるときも、前から見るのと横から見るのでは違った形に見えるように、西洋医学では異常と捉えられない病態も、漢方的には異常と捉え、治療法がみつかることがあるのです。

    もう一つは、心の問題です。ストレス社会と言われていますが、最近は業務効率化で厳しい人員削減がなされたり、少子高齢化の影響もあり大変な人手不足です。そのあおりで働く世代の肉体的・精神的負担は増す一方です。そういう中、ストレスから体調を壊して仕事にいけなくなったり不安でパニックを起こしたりすることがあります。このような状態になってもじっと我慢している人が多いようですが、自分の状況を気軽に相談できる環境にないとなかなか解決策が見つかりません。どうぞ、自分の中に溜め込まないで相談してください。

    長年通院していると、だんだん薬の数が増えて来て、収集がつかなくなることがあります。多剤処方の問題はポリファーマシーと言って最近は問題視されています。私は、常々必要最低限の薬で治療したいと思っています。薬を減らすのは簡単なことではありませんが、できるだけシンプルな処方を心がけています。