むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 待ち時間対策について

    土曜日は平日来れない患者さんでいっぱいになります。平日より多少待ち時間が長くなることがありますが、ご了承ください。最近は、平日でも100人近い患者さんにご来院いただいているので、それくらいの人数はスムーズに対応できるようにシステムづくりに取り組んでいます。血圧の薬などを定期的にもらうだけという場合、治療がうまく行っているか、副作用がないかなどをすばやくチェックして処方箋をお渡ししています。処方に追加や変更なくいつもの通りの薬でいい場合、クイック診察も行っています。ご希望の方は受付にお伝え下さい。この度、待合室に自動血圧計を導入しましたので、血圧手帳を持参していない場合、できるだけ待合時間中に血圧をお測りください。通常の治療以外に相談事がある場合は、処方がいつもどおりでも時間がかかりますので、クイック診察には該当しません。

    漢方や心療内科も標榜している関係で、なかには非常に長いお話をされる患者さんもおられます。深刻な悩みなので、短時間に切り上げることも出来ません。できるだけしっかりとお話を聞きたいと思っています。そのためにあとの患者さんには待ち時間が増えてしまい、申し訳なく思います。その対策としては、心療内科の新患さんには順番を前後してお待ちいただくことをご了承いただいています。その間に再診の患者さんを優先的に診察しています。

    通常心療内科はどの病院も1ヶ月待ちです。しかし、患者さんにとって見れば、ストレスや不安でいても立ってもいられない、いますぐ見てほしいという人が大勢いらっしゃいます。当院でも、私の時間が取れる限り対応したいと思っていますが、全部が全部対応できるとは限りません。特に、躁うつ病や統合失調症、小中学生の不登校などは心療内科の域を超えていますので、精神科の受診をおすすめしています。

  • HP院長挨拶をリニューアルしました

    今日からお盆休みで連休の方も多いと思います。当クリニックのお休みについては昨日のブログに書きました。12日(土)は通常通り午前中の診療です。11日は、祝日で、クリニックもお休みだったのですが、私は2つの老人ホームに往診と訪問診療でした。訪問診療は計画的な訪問なので基本お盆も正月も関係なくスケジュールされます。午後からは桜十字病院の老人ホームに行ったのですが、患者さんがまだデイケアから帰ってきていなかったので、しばらく病院内の花壇の写真を撮ったりして過ごしました。

    また、当院も9月で1周年を迎えるにあたり、このブログを載せているホームページの院長挨拶をリニューアルしました。そちらを見てもらえばいいのですが、こちらにも転記します。

    ご挨拶

    H28年9月1日に東稜高校正門前に内科クリニックを開院いたしました。
    これまで25年以上の臨床経験をもとに、ひとりでも多くの患者様に健康で幸せな暮らしをしていただくお手伝いができたらと思っています。
    当院を開院するにあたり、3つの経営理念を掲げました。一言で言うなら、「患者さんは自分の家族と思い、洋の東西を問わずベストな医療を提供する」ということです。

    私は、内科・循環器内科が専門ですが、それと同時に漢方専門医でもあります。いろんな病院に通ったがなかなか症状が改善しないという場合、案外漢方のほうがよく効くことがあります。それは、同じものをみるときも、前から見るのと横から見るのでは違った形に見えるように、西洋医学では異常と捉えられない病態も、漢方的には異常と捉え、治療法がみつかることがあるのです。

    もう一つは、心の問題です。ストレス社会と言われていますが、最近は業務効率化で厳しい人員削減がなされたり、少子高齢化の影響もあり大変な人手不足です。そのあおりで働く世代の肉体的・精神的負担は増す一方です。そういう中、ストレスから体調を壊して仕事にいけなくなったり不安でパニックを起こしたりすることがあります。このような状態になってもじっと我慢している人が多いようですが、自分の状況を気軽に相談できる環境にないとなかなか解決策が見つかりません。どうぞ、自分の中に溜め込まないで相談してください。

    長年通院していると、だんだん薬の数が増えて来て、収集がつかなくなることがあります。多剤処方の問題はポリファーマシーと言って最近は問題視されています。私は、常々必要最低限の薬で治療したいと思っています。薬を減らすのは簡単なことではありませんが、できるだけシンプルな処方を心がけています。

  • お盆休みについて

    8月11日は山の日ということでお休みです。12日(土)は通常通り午前中の診療を行います。14日(月)と15日(火)はお盆休みとさせていただきます。どうぞご了承ください。

    10日(木)はお盆休みの直前ということもあり大変な混雑となりました。日頃の倍近い患者さんに来院いただきました。待ち時間が長くなり、すみませんでした。それでも皆さんが心の問題、体の問題、いろいろな心配を抱えて来院されているので、帰るときには病状について十分納得していただきたいし、満足して安心して帰っていただきたい。また、出した薬が最大限効いてくれるようにと願っています。そうすると、どんなに混んでいても皆さんとしっかりお話して病態を正確に把握し、治療方針を立てないといけません。

    私が漢方好きなのはだいぶ皆さんの知るところとなっていますが、何にでもやたらと漢方を使うわけではありません。ときには、漢方で治療してくださいと言われても、西洋薬をおすすめすることがあります。それは、「患者さんは自分の家族と思って洋の東西を問わず最良の医療を提供する」を経営理念としているので、ベストと思わない場合、漢方を無理に勧めることはないのです。

    夕暮れの江津湖の水草

  • アロマ、その後

    当院にアロマを導入しようとあれこれ考えています。以前書いたかもしれませんが、当院の周りには広い公園があり、木がたくさん茂っています。そのせいか、ヤスデという小さいムカデのような虫が入ってきます。夏の間は毎朝クリニックの隅からすみまでチェックして虫退治が日課でした。そんな中、ハッカ油(ミントの精油)が虫除け効果があると聞いて、毎日戸締りの際に玄関マットと自動ドアの隙間にハッカ油を撒いて帰ることにしました。その結果、今ではほとんど入ってこなくなりました。すごい効果です。ちなみに、玄関近くの花壇には同じくハッカでできたムカデよけを撒いています。

    また、鍼治療の際には治療する手をアルコール消毒するのですが、そのアルコールにラベンダとオレンジスイートの精油をちょっと混ぜてアロマ効果を試しています。針の施術中にアロマの香りがほのかに漂います。リラックス効果があります。

    また、診察室でもエアリフレッシュナーとして時々アロマをスプレーしています。空気清浄機もつけているのですが、気持ちよく診察室で過ごしていただけたらと思っています。そして、アロママッサージですが、これはまだお試し段階です。あまりベタつくと帰りに困るでしょうから、さらっとして気持ちよくマッサージできればと思い、あれこれ実験中です。今度、むくみを取る効果の優れたマグネシウムジェルをアロママッサージに取り入れようかと思い、手配しているところです。乞うご期待。

    本妙寺にて(頓写会の準備中)

     

  • 人生のペース配分

    うちのクリニックの待合には新聞や週刊誌は置いていないのですが、唯一置いているのがランナーズというランナー向けの雑誌です。走ることの楽しさやノウハウが書いてある本なのですが、最近はマラソン人口も増えており、待っている間に読んでおられる方を結構見受けます。

    今日は、この数ヶ月うつで治療していた患者さんが来院され「今度の熊本城マラソンに出ようと思います」とおっしゃっていました。目標ができてそれに向かって進もうとする気持ちが湧き上がってきたのは、うつがかなり改善した証拠です。その力強い言葉を聞いて、嬉しくなりました。体を動かすこと、明るい日差しを浴びることはそれ自体がうつの治療になります。いい季節です。外に出て運動しましょう。

    マラソンで思うのがペース配分です。出だしで頑張りすぎると後半バテてしまいます。マラソンにはテクニックがあって最初にオーバーペースで走っていわゆる貯金を作り、後半は気力でなんとか頑張る、旧来の日本選手型、逆に最初はペースを抑えながら30キロ過ぎた頃からラストスパートをする外国人選手型などあります。私が経営者として思うのは、病院などの施設は「継続」が全てです。急に閉院したりすると多くの患者さんに迷惑がかかります。そんなことにならないためには最初から飛ばし過ぎないことです。継続可能な範囲でじっくりと自分の体力と相談しながら進むことです。かかりつけとして当院を選んでくれた患者さんたちのこの先一生を責任持つ覚悟で自己管理をし、長続きするクリニック経営に心がけたいと思います。

    写真は健軍神社の梅です。紅白の色合いが縁起がいいですね。