むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 睡眠薬の新しい話題

    先日は診療が終わったら直ちにクリニックを出て医師会主催の研修会に参加しました。開会10分前に会場入りできたのですが、大入り満員です。なんとか座るところを確保しました。ざっと300人はいそうです。研修会のテーマは「睡眠薬」です。今回の診療報酬改定で、デパスやマイスリーなどを漫然と投与し続けると処方した医師(クリニック)にはペナルティーとして診療報酬が減額されることが決まりました。睡眠薬を投与することで損が出る仕組みとなったことから多くのクリニックではかかりつけの患者さんに「今後睡眠薬は処方しません、心療内科や精神科にかかってください」という流れになっています。

    そうは言っても、私たち心療内科を標榜しているクリニックでも、睡眠薬をもらいに患者さんに殺到されては大変です。減額されるのはこちらも同じなのです。こちらも、対策として、研修を受けて備えないといけません。また、ベンゾジアゼピンという種類の睡眠薬や安定剤をやめてもらう努力をするしかありません。推奨されているのはロゼレムやベルソムラという比較的安全な睡眠薬に置き換えることですが、やってみると睡眠の質が悪くなる人が多く、やっぱりマイスリーやデパスを出してほしいと言われることが結構あります。

    そこで次に推奨されているのがクエチアピンやテトラミド、トラゾドンというベンゾジアゼピン以外の薬です。眠くなる抗うつ剤や向精神薬です。こっちのほうが従来のベンゾジアゼピンより安全だと言われています。しかし、最近は常識と思っていることが数年で覆されます。今の常識は数年後の非常識です。つねに流行りに流されることなく、自分の観察眼を信じて行きたいと思います。デパスやマイスリーを使っている患者さんが、時々漢方薬で眠れるようにしてほしいと言ってこられますが、断っています。絶対無理だからです。デパスやマイスリーの強さを漢方と比較すれば、10倍くらいでしょう。簡単に置き換えることは出来ません。もし運良く前述のベルソムラやロゼレムに置き換えることができれば、その先で漢方にすることも可能かもしれませんが、1年以上かかると思います。従来の眠剤はそれだけ強く習慣性があるということです。

    なんだか、お内裏様とお雛様が逆のような気がしますが・・・

    PS; ググった結果、上の写真のようにお雛様を向かって左に置くのは京都風、京都以外ではその反対に配置するそうです。

  • インスリンで体は太る

    夕方仕事が遅くなり、携帯のワンセグでテレビを付けたら見たかった健康番組があっていました。薄毛対策のあれこれです。たまたまつけたときにはイワシの缶詰に梅干がいいと言っていました。理由はEPA(エイコサペンタエン酸)だと言っていましたが、なぜ梅干しを添えるのかは見損ねました。理由はともかく、検証していた人の髪はしっかり増えていました。面白いですね。私もこのブログで以前髪の毛を増やすために必要な栄養のことをかきました。EPAは微小循環を良くするので頭皮の血流を改善して毛が生えるという話だと思いますが、イワシの代わりに精製したEPAをとったとして、そこまで効果が出るかはわかりません。それは、イワシにはタンパク質が含まれるからです。毛髪はタンパク質で出来ているので、血流改善だけでなく、十分な量の良質なタンパク質が必要です。イワシにはそれが含まれますが、精製したEPAには含まれません。

    私の診察では、多くの皆さんに蛋白質をもっと取るよう勧めています。蛋白を増やすのと同時に、炭水化物を減らしましょう。これはセットです。炭水化物は消化されると糖になります。血糖が上がると、その血糖を下げるためにインスリンが出てきます。インスリンは血液中の余分な糖を体内に取り込ませます。太るということです。実は、糖尿病の治療に用いるインスリンの注射薬やインスリンの分泌を促進するや薬剤はどれも体重を増加させます。糖尿病治療をしながら太らせてしまうというのは皮肉なものです。

    一方タンパク質はたくさん食べても血糖が上がりません。したがって、同じカロリーのものを食べたとしても、それは体重増加にはつながらないのです。実は、脂肪も血糖を上げないので、炭水化物と同じだけカロリーを取ったとしても太りません。太るのはインスリンが関与したときなのです。これまで、ダイエットや糖尿病治療にはカロリー計算が欠かせませんでしたが、常識は変わりました。今や、糖質制限さえすれば、カロリー計算は必要ないというのが新常識となりつつあります。

  • じんま疹

    この1週間位じんま疹で苦しんでいます。最初は乾燥肌がかゆいだけかと思って保湿剤を塗っていましたが、だんだんひどくなってボコボコに皮膚が盛り上がってきました。よく見たらじんま疹です。なにが原因だろう?と考えても、サプリなどを毎日10種類ほど飲んでいるのでどれがいけなかったかわかりません。ふと思いついたのが、ある漢方薬です。風邪の予防に最近2ヶ月位せっせと飲んでいたのが、今頃になってアレルギーを起こしたようです。実はこの漢方薬は去年の冬にも飲んでいて体が痒くなったので止めていたのですが、その教訓をすっかり忘れていました。おかげでカユイカユイの毎日です。今週は当院にも数名このようなじんま疹患者さんが来られているので、そんな季節なのかもしれません。

    じんま疹は通常抗ヒスタミン剤の内服で治療します。多少眠気が来ますが、そのほうが効果も強いと考えます。私の場合、1日に100名近くを診察するのに、ちょっとでも眠気が来ると診察のパフォーマンスが落ちるので、朝から抗ヒスタミン剤は飲めません。仕方ないので夜だけ飲んでいます。また、症状がひどいときはステロイドも使いますが、私の場合、毎日インフルエンザなどの感染症患者さんに接するためステロイドはあまり使えません。免疫力を落とすからです。

    そういうわけで、自分にはあまり積極的な治療ができずに、かゆみはどんどん悪化し、仕方ないので、かゆいところには液体ムヒを塗っています。ムヒも抗ヒスタミン剤なので、効くのは効くのですが、全身に塗るとヒヤヒヤして寒いです。こんなので風邪引いたら笑いものですね。

     

    ソウルタワー

  • 寒天は不老長寿の食材

    テレビネタ3日目です。不老長寿にいい食材として寒天を勧めていました。1日2gで良いそうです。スーパーなどで売ってある寒天はたいていお菓子の材料で赤や緑に着色された棒状のものです。とんでもないどぎつい色がついているので、通常の料理には向きません。味噌汁にちょっと入れるだけでいいのですが、変な色になってしまっては食が進みません。

    私がいつも食べている寒天は粉寒天です。すぐ溶けるので水で戻す必要もありません。ネットで探せばすぐに見つかります。買うと軽量スプーンがついてくるので簡単です。1杯1gです。夏は寒天にココアを混ぜて固めて食後のデザートにしていましたが、冬は寒くてそんなのは食べる気がしません。やはり味噌汁やスープに混ぜるのがいいと思います。

    寒天が体にいいのは食物繊維です。人は食物繊維を消化吸収できずに、そのまま大腸に行きます。腸内細菌はそれを餌にするため、腸内環境を整えるのに有効です。食物繊維にはセルロースのような不溶性と寒天などに含まれる水溶性がありますが腸内細菌は水溶性の繊維を好みます。どちらも便秘解消には有効ですが、水溶性食物繊維をとるのは大事なことです。

  • 冷え性にいい食材

    昨日の続きです。同じテレビの健康番組で冷え性を改善する食材についてやっていました。これまで、冷え性には生姜が有名でしたが、今回の番組では違いました。紹介されたのはまいたけです。まいたけの他にしめじもいい感じでした。番組での検証では、手足がサーモグラフィーで見ると真っ青の人に毎日まいたけを食べてもらうことで末端の冷えが改善していました。

    番組で言っていたのはまいたけに含まれるナイアシンとベータグルカンが冷えにいいそうです。私も5年くらい前から結構な冷え性で特に手が冷たくなるので、冬場に患者さんの体に触れるのを躊躇するほどです。しかし、去年からメガビタミンを摂るようになり、だいぶ冷えが解消してきました。血行を良くするのはビタミンEです。私は毎日800単位とっています。ナイアシンはATPという体のエネルギーを産生するミトコンドリアで必須のビタミン(B3)ですが、わたしはこれが冷えに効くとは認識せずに毎日ナイアシンアミドとして1000mgとっています。ベータグルカンはカビやきのこにふくまれる成分で、まいたけに限らずきのこならふんだんに含まれます。私はまいたけ、しめじ、えのき、しいたけのいずれかをほぼ毎日とるようにしています。

    そういったビタミンやきのこがきいたのかどうかはわかりませんが、私の冷えは去年よりかなり改善しています。番組で示されたデータではまいたけが一番でした。まいたけは安いし美味しいので、毎日取ることは難しくありません。冷えでお困りなら試す価値アリです。