むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 慢性腎臓病(CKD)

    慢性腎臓病をCKDと呼びます。最近は、透析患者さんの医療費問題でいかに透析になる数を減らすかが問題となっています。それは、医学的というより、財政的な問題でもあり、医療サイドはもとより県や市など行政の方から積極的に動いています。ちょっとでも腎機能が悪いとかなり脅されます。熊本でも、CKDネットワークと言って腎機能が低下してきた患者さんはかかりつけから腎臓専門医へ送る仕組みが構築されています。しかし、専門へ送られても、できることは限れています。腎臓を治す治療法はないからです。結果、血圧を下げましょうとか、コレステロールを下げましょうとか、糖尿病をちゃんと治療しましょうという話で終わりです。

    腎機能の指標としてeGFRという数値があります。お手元の採血データを見ると書いてあると思います。60以上あればいいのですが、30を切るとよくありません。ところが検診では50を切ったくらいでも脅されます。このeGFRはクレアチニンというデータと年齢、性別をもとに計算されます。したがって、クレアチニンの値が変わらなくても1つ歳を取ればその分eGFRが下がるような計算です。腎機能を正確に表してはおらず大体のところを簡単な計算で類推しただけです。当然、高齢者はクレアチニンが悪くなくても年齢を数式に入れればeGFRは悪くみえます。

    クレアチニンは腎臓が悪いと上がるのですが、筋肉量に比例します。やせ衰えた人は筋肉量が少ないためクレアチニンが低く、腎機能と関係なくeGFRがいい値になります。ということは、見せかけのeGFRを改善するためにはタンパク質を取らずに筋肉量を落とせばいいのですが、それでは本末転倒です。年をとったらただでさえ足腰弱ります。しっかり蛋白をとって筋肉を落とさないようにしましょう。当院に80歳位の通院患者さんで、腎機能が悪いと言われて腎臓病食(蛋白制限食)をとっていると言われました。クレアチニン値で1.2くらいです。eGFRにすると33くらいで悪く見えますが、全く心配ありません。ちゃんとタンパク質を摂るように指導しました。間違った栄養指導はメリットないどころか害があります。

  • ビタミンCで目を守る

    6月には夏至があります。日差しが一年で最も強烈な時期です。昼間に天気がいいと紫外線の量も半端ありません。紫外線といえば、日焼けの原因として嫌われていますが、もう一つ注意しないといけないのは目です。目に紫外線が入ると活性酸素ができて酸化されます。レンズが酸化すると白濁するため白内障になります。この時期は白内障予防に直射日光を避けるのが懸命です。有害な紫外線はガラスを通過しませんから、車の中は大丈夫です。また、サングラスでなくてもガラス製のメガネをかけていれば大丈夫です。しかし、最近はデザイン優先で小さめのメガネが多いですが、ガラス面積が小さいと周辺から紫外線が目に入ってくるためリスクになります。プラスチック製のレンズもUVカット機能がついているものもありますので、それは大丈夫です。

    この時期いくら気をつけても日差しが目に入るのは避けられません。特に、外の移動が多かったりスポーツをする場合は注意が必要です。目に入った紫外線からできる活性酸素を消去するにはビタミンCとEが必要です。目は透明性を保つため血管がありませんが、周辺の血管から栄養分だけは流れてくるため、高濃度にビタミンCとEをとっておけばきちんと目に行き届きます。私は毎日水素吸入で酸化防止をしますが、その際できる水素水で目を洗います。水素の力で目の活性酸素を消去するためです。

    緑内障は白内障と違って眼圧が上がる病気ですが、目の中を流れる房水という水分の流れがわるくなったものです。眼圧が上がるのは水の通り道が狭くなったか、房水の粘度が上がってどろどろしているために流れが悪くなったと考えられます。粘度が上がるのはストレスや酸化が関係していると考えられます(三石理論)。そこで、緑内障の場合もビタミンCとEをしっかりとっておく必要があります。また、酸化を避けるためタバコは吸わないこと、ブルーライト(スマホやテレビ)の長時間暴露を避けることは当然必要です。

    桜ノ馬場城彩苑

  • 高脂血症はビタミンEとナイアシンで

    6月に入り日本各地は梅雨入りしていますが、九州北部はまだ梅雨入りしていません。今日もカラッと晴れたいい天気でした。週間天気予報では今週いっぱいいい天気のようです。梅雨入り前にカラッと晴れた6月は一年でも最も快適な季節です。ジュンブライドといえば欧米で6月に結婚するのが最も素晴らしいとされますが、日本で6月にこんなに気持ちいい日がつづくならジュンブライドもいいのではないでしょうか。私は先週いろいろ忙しくて毎日車で出勤しました。一度も歩いて通勤していません。そして今週ですが、とてもいい天気なので、1週間ぶりに歩いて通勤したら、膝や腰に軽い違和感が出ました。やはりたった1週間でも運動不足です。いい季節なので、しっかり歩いて筋力をアップしたいと思います。

    先日、ピクルス(酢の物)に凝っていると書きました。今日来院された患者さんが、ブログ読んでます、ピクルスの漬け方も参考にしています、とおっしゃっていただきました。そこで一つ情報を書き足します。昨日、オクラを酢につけてみたのですが、すごく美味しかったです。きゅうりなどよりよほどいけます。ぜひお試しください。実は私は3−4年前ぬか漬けに凝っていました。ぬか漬けは植物性の乳酸菌が体にいいのですが、毎日つけていて、だんだん気になったのが、塩分のとりすぎです。それから、毎日混ぜないと雑菌が入ってまずくなるので、手がかかります。それに比べるとピクルスは簡単だし、塩分もほとんど不要です。体にいいです。

    ところで、若い女性で総コレステロールが300を超え、LDL(悪玉コレステロール)も200近い人がいました。幸い、HDL(善玉)も100程あり善玉と悪玉の比が比較的小さいのは良かったところです。どうしてもコレステロールの薬は飲みたくないということでしたので、ビタミンEとナイアシンをのむように指示しました。ユベラNというビタミン剤があります。ユベラはビタミンEでNはナイアシン(ニコチン酸)のNを意味します。ユベラNはこの2つの合剤なのです。保険のきく範囲のユベラでは不十分ですから、サプリで大量にとってもらう必要があります。欲を言えば、ユベラNだけでなくビタミンCも十分取ることで脂質データが改善するばかりでなく、動脈硬化を抑えられます。

  • 脳疲労を治すには

    日曜朝はTBSの「健康カプセル!ゲンキの時間」を見ることにしています。今日のテーマはスマホ中毒は脳疲労を起こすという話でした。何か仕事や調べ物などでスマホを使うのは仕方ないとして、暇つぶしにダラダラとスマホを使うのは健康によくありません。番組で言っていたのは、スマホの画面には文字情報だけでなく、色情報、写真、広告などいろんな情報含まれ、それらが一気に頭に入ってきて脳の処理能力を超えてしまうそうです。そうすると、頭の中は情報過剰でちゃんと考えられなくなったり、ものを覚えられなくなったりします。

    私のクリニックに来院される患者さんもこのような症状の人が多数います。しかも、スマホが原因ではありません。仕事が忙しすぎるとか、仕事や家庭の悩みが多すぎて頭で処理できない状態になっているのです。中には物忘れが多くなったとか、さっき言われたことを覚えていないので、やばい気がしたといって来院されます。

    番組では、自然の中でリラックスし、スマホは触らないようにする。裸足で地面に立ってみる(アーシング)。単調なリズムの運動をする。そして、焚き火をボーと眺める。このようなことをすると脳が休まるということでした。しかし、忙しいわたしたちはなかなか田舎の自然の中で焚き火を眺めたりする暇がありません。実は、この脳疲労に対してよく効く漢方があります。四物湯や十全大補湯、抑肝散加陳皮半夏などです。

  • 鍼治療

    当院では鍼(ハリ)治療をしています。腰痛や肩こりはもちろん、めまいや頭痛、生理痛などいろいろな症状に対してハリは有効です。ハリは怖いと思うでしょう。しかし、実際受けてみると、想像よりずっと痛くありません。もちろん無痛ではありませんが、肩こりや腰痛のことを考えればなんてことないレベルです。鍼治療に使う針は極細で、病院で採血や注射をするときに使う注射針の穴に5−10本は通過します。それほど細いのです。

    ハリをあまり宣伝していないのは、通常の診察で忙しいので、あまりハリに時間をかける隙がないからです。開院当初は患者さんもそれほど多くなかったので、ゆっくりハリができたのですが、いまは診察の合間にさっとする程度です。値段も鍼灸院で受けるよりは安くしてありますが、私のとれる時間は鍼灸院に比べるとごく僅かです。それでも、適切なツボに適切なハリを刺すことで治療効果は出てきます。実際はハリを使わなくて指圧でも効果は出ます。

    来週、熊本大学の東洋医学研究会から合宿勉強会をするので鍼治療について講義してほしいとリクエストが有りました。私は漢方の講義はいつもしているので、慣れていますが、ハリの講義はめったにありません。ツボの場所を探すことや気の流れを診察するノウハウは言葉で説明しにくいものです。患者さんに触っているうちにツボの位置はわかってくるし、針を指す場所に自然と手が動いていきます。こういう感覚を学生さんに説明するのは非常に難しいだろうと今から危惧しています。