むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 入院中の食事には注意

    最近、マツダの車の名前はドイツ車みたいに3とか5とか番号になりました。以前はいろんなネーミングがありましたが、番号のほうがスッキリしていいですね。日本人は何にでも名前をつけたがります。先日JR(国鉄時代)の人がインタビューに答えていましたが、新幹線にはネーミングをする予定はなく、番号で呼ぶつもりだったが、開業ギリギリでひかりとこだまとネーミングされたそうです。その後JRに限らずありとあらゆるものにネーミングしているのは御存知の通りです。最近気になるのはトヨタのタンク。日本語にすれば戦車です。もうひとつ気になるのが、三菱のデリカ。日本語にすれば、お惣菜屋さんです。なんでこんな名前にしたのかわかりませんが、外国人が聞いたらびっくりでしょう。

    ところで、最近友人が交通事故で入院しました。お見舞いに行ったのですが、病院食があまりに質素でお腹が空くので、毎日売店でカップ麺を買って食べているとのことでした。不健康極まりないです。入院中にこんな食事をして、リハビリなんてできるはずありません。骨折した骨はカルシウムとコラーゲンからできています。その周りの筋肉はタンパク質です。そこで、当たり前ですがこういう入院の際には蛋白(アミノ酸)を十分とらないといけません。プロテインが手っ取り早いですが、アミノ酸ならグルタミン酸とバリン、ロイシン、イソロイシン(3つ合わせて分岐鎖アミノ酸という)、カルシウム、そして、摂取した蛋白がコラーゲンに再構築されるために必要なビタミンCなどを大量にとらないといけません。

    入院中の食事は国が一日あたり幾らと値段を決めているので肉など蛋白を増やしたくても予算の都合で増やせません。結果、入院中はわずかなおかずとどんぶりご飯です。もし皆さんが入院するような際には自分でなんとかしないといけません。決してどんぶりご飯を全部食べないこと。代わりにプロテインを飲むこと。ビタミンなどのサプリを取ること。間違ってもお腹が空いたからカップ麺、というのはいけません。パンもだめです。SOYJOYなどのプロテインバーはいいと思います。

  • 足のむくみについて

    足がむくんだと言って来られる人がたくさんいます。なかには血相を変えて来られる人がいます。むくみ方も、靴下のゴムが多少食い込む程度のひとから、靴が入らずサンダル履きで来られるほどひどい人もいます。軽い人のほうが大騒ぎする傾向にあります。自分のおじさんは足がむくみ始めて1週間で亡くなったとか、そういう素人判断のから騒ぎです。

    足がむくむ際に心不全、腎不全などもありますが、実際はそういう原因の可能性は低く、多くの場合座っている時間が長すぎるとか塩分や水分を取りすぎているとか、そういうことが原因となっています。しかし、この夏の盛りに水分を取りすぎないように指導するのは難しいし、むくみをとるために強い利尿剤を使うこともはばかられます。血液が濃縮すると脳梗塞のリスクとなるからです。多少足がむくんでいても何も起こりませんが、むくみとりに必死になって脳梗塞になっては仕方ありません。

    eGFRという腎機能の指標がありますが、これは血清クレアチニン(Cr)というデータに性別や年令を加味して計算式に入れることで推測する腎機能です。年齢が計算式に入っているため、クレアチニン値は一定でも年を取るほどeGFRは下がっていきます。70,80歳ともなると、それほどクレアチニン値が悪くなくてもeGFRが低く計算されるため、腎臓に問題ありと指導される場合がありますが、むくみとはなんの関係もないことがほとんどです。こんなことで一喜一憂して蛋白制限食(腎不全食)など取らないようにしてください。年をとったら筋力が低下するので、蛋白をしっかり取らないといけません。根本をまちがうと結果は健康維持という目標から大きく外れてしまいます。

  • 小腹がすいたら「スルメ」を食べよう

    お盆休み、いかがお過ごしですか。カレンダー的には休みではないので働いている人もいると思います。私は昨日に引き続き発熱患者さんの往診に行きましたが、あとは家でゆっくり過ごしました。アマゾン・プライムビデオで映画やHBO(アメリカのTVをドラマ)をいくつ見たかわかりません。頭の中は完全に英語の世界です。台風は来るくると言いながらとてもゆっくりなので今日は何事もありませんでした。少し風が強いのと雨が降ったりやんだりでした。明日の朝には最接近するとのことですので、このブログをアップする頃が暴風雨でしょう。被害が最小限であることを祈るばかりです。

    2−3日前にすごく暑い中を歩き回って汗だくになったのですが、その後えらくエアコンの効いた寒いところで過ごしたら、今朝は喉が痛くなりました。やばいと思って、朝からビタミンCを2000mgビタミンEのを400IUとり、その後1時間毎にビタミンCを1000mgずつ追加しました。また、昼と夜にはビタミンEをさらに400IUずつ追加しました。おかげで、夕方には風邪は悪化せずに治りました。ビタミンCは風邪の特効薬なのですが、1000mgくらいでは効きません。気合を入れて10g(10000mg)以上取らなくては効きません。日本製のビタミンCは4粒とか6粒で1000mgとなっているのでたくさん飲まないといけませんが、アメリカのNOW製は1粒1000mgです。日頃からこのような高濃度の製品を常備しておくと便利です。

    仕事をせずに一日家にいると妙に小腹が空きます。そこで、せんべいやクッキーを食べてしまっては太る一方です。それは避けないといけません。食べたあと運動すればいいと思うのは間違いです。マラソンくらい走らないと食べたカロリーは消費できません。そこでおすすめは「するめ(あたりめ)」です。コンビニには味付けしてあるものとシンプルなものの2種類が売ってあります。当然シンプルな方がおすすめです。カロリーが殆どないのにタウリンが豊富でしかもゆっくり味わうので腹持ちがいい。お試しください。

  • 脱水には味噌汁がいい

    お盆休み前ということもあり、今日は100名を超える患者さんでした。朝から夕方まで休み無しでした。仕事が終わって、糖尿病の勉強会に参加しました。久しぶりに会う参加者の面々と話したりすることができて、いい気分転換になりました。それにしても暑いですね。クリニックは熱中症や夏バテの患者さんがひっきりなしです。当院では漢方を多用します。清暑益気湯という処方があり、読んで字のごとく暑さを冷まして元気を増すという処方です。夏バテに抜群の効果を発揮します。今日もたくさん処方しました。きつい、食欲がないという場合、試してもらうと驚きの効果を発揮します。

    昼休みに近くにお住まいの患者さん宅へ往診に行くのですが、近距離の移動は車のエアコンも効かないので、蒸し風呂のような状態です。往診に行くと、エアコンを使っていないご家庭が結構あります。歳を取ると暑さに強くなるのかと思いますが、あまり暑いところで過ごすと室内でも脱水になったり熱中症になります。この暑さですからご注意ください。こう暑いとビールが美味しいですが、アルコールは利尿効果があるため、飲んだ水分が有効に体に補給されず、結果的に脱水を悪化させる可能性があります。アルコールとは別にしっかり水分を取る事が必要です。

    脱水補正にはスポーツドリンクとかOS-1という補水液がありますが、そんなものをあえて飲まなくても、味噌汁でいいと思います。しっかり出汁をとって野菜や肉などの具を入れてたっぷり食べるといいでしょう。インスタントでないちゃんとしたラーメンを汁ごとしっかりとるのもおすすめです。塩分とともに野菜や海藻などに含まれるミネラルが夏バテに有効です。

     

  • Back2School

    アメリカのラジオを家ではずっとかけっぱなしにしています。Tuneinというアプリで世界のラジオが聞けるのですが、私はアマゾンのアレクサに登録しているので、「アレクサ、いつもの」と声をかけるとテキサス州のラジオがかかるようになっています。今週はバック・トゥ・スクール(Back2School)の話題で持ちきりです。B2Sというのは直訳すると「学校へ帰る」となりますが、アメリカは夏休みが6−7月で今年は8月2日には新学期が始まったようです。日本と違うのは、夏休み明けはただの新学期ではなく新入学の季節でもあり、学年が上がる季節です。当然、文房具などを買い揃えるシーズンでもあるのでB2Sセールというのがあっていました。アメリカ独特の黄色いノート(日本でもコストコに売ってありますね)とか、ペンなどこの季節にまとめ買いするのですが、今思い出しても懐かしいです。日本では新学期は桜の季節ですが、アメリカはちょうど今なのです。

    来週はお盆休みです。当院は今週土曜日まで通常通りの診療ですが、来週12日月曜は山の日の振替休日でお休みです。その後、13,14,15日は休診となります。ご了承ください。16日(金)からは通常通りとなります。今日はお盆休み前ということもあり、かなり混み合いました。明日明後日も同様と思いますが、私の予想では、再来週お盆明けの19日からの週が相当混雑すると予想しています。病状が安定していない人を優先してこの週に入れたいと思っていますが、通常の血圧の薬などで薬が切れる場合、仕方ありません。どちらかといえば、今週中に補充されたほうがいいかと思います。

    うつ、不安、緊張しやすい人は不思議と親譲りだったりします。例えば、お母さんが妊娠中不安やうつのような症状があった場合、その子供にも似た傾向が出やすいようです。遺伝なら仕方ないと思うかもしれませんが、そうでもない場合があります。その原因は親子揃っての鉄欠乏症の場合があるのです。お母さんに極度の鉄欠乏があると生まれた子供も当然鉄が足りません。また、鉄を吸収しにくい体質だとうつやパニックが遺伝したかのように見えます。当院では、うつや不安障害の患者さんの採血をして鉄関連の検査を行っています。鉄の補充は安定剤や抗うつ剤よりも根本治療として必須です。

    グリンピアから高岳を望む