むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • ミネラルの重要性

    私がいつもビタミン剤を買うiHerb.comを見ていたら、いいものを見つけました。免疫力アップに必須の4つの栄養素(ビタミンC, ビタミンD, セレニウム、亜鉛)を1つのカプセルに詰めたもの。オールインワンなので、これ1錠を毎日とれば、免疫アップ。この時代安心に過ごせます。私自身はそれぞれの錠剤をバラバラで持っているのでこれは必要ないのですが、当院のスタッフやその家族に勧めました。本人が元気でも、家族が感染してしまうと濃厚接触者あつかいで仕事を休むことになってしまうので、スタッフの家族みんなに健康でいてもらいたいのです。せっかくなので、商品名を書いておきます。Immune4という商品です。Immuneというのは「免疫」という英語です。4つの栄養素を含んでいるからこのネーミングだと思います。180錠で1800円(今はセール中でもっと安い)なので、一日10円です。アメリカ製なのでちょっとカプセルが大きいのと、セレニウムがアルミニウムと似た金属臭があり、独特のクセがあります。飲めるか心配なら小ボトルが安いので試しに買ってみるといいと思います。

    私がよく行く韓国料理ハヌルオンマ下通り店がマンボウ(蔓延防止)のため臨時休業中でした。最近そのハヌルの姉妹店がサンリー菊陽あとのカリーノ菊陽にオープンしたと聞いていたので行ってみました。下通り店で顔馴染みの店員さんがその店に移動していて大歓迎してくれました。メニューも同じ、味も同じで大満足でした。

    せっかく三里木まで行ったので、そのあしで立野の先にあるどんどこ湯まで行きました。ここのお湯は少し鉄の香りがします。鉄は地球に最も多く含まれる金属です。地球が磁性を持っているのも鉄の影響です。私たちの体にも赤血球の中のヘモグロビンの中心に鉄を1分子含みます。ヘモグロビンと同じ骨格(化学構造)のポルフィリン環の真ん中が鉄でなくてマグネシウムになると葉緑素です。動物は鉄で植物はマグネシウムのおかげで生きています。金属(ミネラル)はとても大切な栄養素です。https://www.drug-net.jp/hemoglobin.html

  • 免疫・体力を落とさない工夫

    オミクロン株の勢いは凄まじいものがあります。感染力が強いのでどんどん広がっているようです。幸いまだ当院のスタッフや患者さんなどで罹ったという話は聞きませんが、油断は大敵です。幸い重症化しないようなので、体力さえあれば大丈夫と思います。今私が一番恐れているのは、職員の家族が濃厚接触者として欠勤することです。もしそういうことになれば、他のみんなに皺寄せがくるのは必至です。当院は人数的にやや余裕を持った採用をしているため、こういう事態での危機管理はとっているのですが、爆発的に感染が広がった際には通常業務に少なからず影響が出ます。

    そこで、同じことを何度も書きますが、今皆さんに気をつけていただきたいことは、しっかり栄養を取り、睡眠時間は十分確保すること。仕事のストレスは避けること。どうしようもないことをくよくよ悩んだり不安になったりせず、前向きに過ごすことです。マスク、手洗いなどの対策は当然です。風通しの良い野外は安全ですから、ウォーキングなど体を動かす習慣も忘れないようにしましょう。日光に当たると免疫が上がります。体温を下げると免疫が落ちます。雨に濡れたりしないように。洋服はしっかり厚着して手袋やマフラーも使いましょう。

    不安をあおるTV、特にワイドショーなどは見ないようにしましょう。ラジオは結構いつも通り元気にやっていますので、いいと思います。コロナでお客さんが減って暇なら、今こそ勉強のチャンスです。飲食店なら新しいメニューの開発、ポストコロナを見計らって経営戦略を考える。サラリーマンなら資格を取ってみる。万一会社の経営が悪くなっても独立できるだけのスキルを身につけるのはいいこと。そして今がそのチャンスだと思います。

  • コロナ後遺症の診療やってます

    水曜日、帰宅してすぐ、小太郎漢方主催のWEB講演会に参加しました。演題はコロナ後遺症の漢方治療というタイムリーな話題です。素晴らしいお話でした。そしてこの講演を聴いて、後遺症で困っている人はたくさんいるし、西洋医学では太刀打ちできない多彩な症状は漢方の出番だと確信しました。

    後遺症で多いのは倦怠感、味覚・嗅覚障害、長引く咳、脱毛、不安・うつなどです。無事退院できても、このような症状が半年から1年続くと、結構大変です。しかも、こういう症状を治療する医療機関がほとんどありません。当院では以前より慢性疲労症候群の漢方治療をやっていますし、心療内科で不安や抑うつも日常診療しているため、ほとんどの後遺症をカバーできると思います。実際、すでに何名かコロナの後遺症で通院中の方がおられますが、皆さんだいぶ元気になってきています。「私がやらねば誰がやる」という気持ちになりました。

    難しい症例では、処方も複雑になりがちですが、熊本では漢方薬は2剤までしか保険が通りません。日本全国同じ医療制度のはずなのに、保険が通るかどうかは都道府県で異なるという不思議な現実があります。福岡や東京ならもっと自由度が高いのですが、田舎はそういうわけにはいかないのが現状です。したかないので、煎じ薬その他の組み合わせでできるだけ経済的負担及び労力をかけずに治療効果を上げる工夫をしています。当院は熊本県で唯一の東洋医学会指定研修施設であり、その社会的責務としてコロナ後遺症診療に積極的に取り組みたいと思います。

  • 発熱患者さんが増えています

    コロナの感染者が増えてきました。熊本も蔓延防止の措置が取られたそうですので、また私たちの生活に影響が出ます。飲食店を経営される方には本当にお気の毒です。工夫しながらなんとかやっていくしかありません。クリニック近くのマクドナルドはこの前、駐車場の工事をしていましたが、出来上がったのはドライブスルーの注文するところの拡張工事でした。今まで1レーンしか注文できなかったのが2レーン注文できるようになりました。近所の渋滞を避ける意味もありますが、コロナでますますドライブスルーの需要は増えますから、先行投資したMcDonaldはすごいですね。見習わないといけません。

    病院によっては発熱外来をやっているところは駐車場に列をなして渋滞しているそうで、発熱患者さんは車から降りずにコロナの検査を受けているそうです。当院では、血圧などの循環器の患者さん、漢方薬でしか治療できない難しい症例の患者さん、そして、うつ病などの心療内科の患者さんと、どれも薬が切れると大変な方が連日相当数来られます。当院かかりつけで発熱した方には申し訳ないのですが、発熱外来をする余力がありません。また、相当数の患者さんで密になりやすいため、短時間で効率よい診察・治療を心がけています。そんなわけで、当院ではPCRや抗原検査を行なっていません。申し訳ありませんが、検査が必要な方は発熱外来をやっている施設に電話してから受診するようお願いします。

    当院にも隔離の待合があります。原則として隔離室には1人あるいは1家族ずつしか入らないようにしています。検査はいらないけど薬が欲しいという方には、普通に診察して風邪薬や胃腸炎の薬を処方します。コロナも軽症なら風邪と同じですから漢方の風邪薬はよく効くと思います。中国の報告でも有効性が示されています。

    写真ではわかりませんが直径70センチほどある巨大な焼き物です。桜十字病院 ホスピタルメントさくら西館にて

  • サプリの飲み方

    しばらくは人出も回復していましたが、今日スポーツジムに行ったついでにイオンモールに行ってみたらガラガラで寂しい感じでした。第6波の勢いは相当なもので、ほんの数日の間に第5波のピークを超えてきました。幸い当院関係者やそのご家族には感染者はいませんが油断は大敵です。

    昨日免疫力をアップするために必要なビタミンの話を書きました。今日はその飲み方について書いておきます。まず、ビタミンは水に溶けやすい水溶性ビタミンと油に溶けやすい脂溶性ビタミンに分かれます。水溶性ビタミンはビタミンBとCです。これらは一度に飲むと尿中に排泄されてしまうため、分割して飲んだ方が効果的です。一日量を朝晩あるいは毎食後に分けて飲みましょう。次に脂溶性ビタミンです。ビタミンEとDです。これらは油成分がないと吸収しないので、油を含む食事の後にすぐ飲むのがいいです。分割の必要はありませんので一日量を一回で飲みましょう。

    ビタミンではありませんが、他に私が毎日飲んでいるものとして、オメガ3(DHA/EPA)という魚油カプセルがあります。脂質代謝を改善し、血液をサラサラにする効果があります。心筋梗塞、脳梗塞、認知症などの予防効果を期待して飲んでいますが、これも油成分なので、油を含む食事の後すぐに飲むのが吸収を高めて良いとされています。もし食事を取らないけどこういった脂溶性サプリを飲みたい時はバターコーヒーみたいに少し油性成分を足したり、ラテみたいにミルクを足した物を飲んでから飲むのもいいかと思います。

    コロナ退散祈願