むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 訪問リハビリの有用性

    今度の日曜日(4/21)の午後1時から4時半まで、下通りで街頭無料健康相談があります。私もボランティアで参加します。循環器内科や糖尿病の相談コーナーに座っていますが、漢方などの相談も承ります。お近くまで来られたらぜひお声掛けください。2年前にも参加しましたが、その時の相談が縁で今も当院に通院しているかたもおられます。出会い(縁)はどこにでもありますが、病院に来るのがハードルが高いという場合、このような無料相談会はいい機会になるのではないでしょうか。

    私は内科ですから、薬物治療が中心です。処方箋を書くまでが仕事です。その処方箋をもとに薬を作ってくれる薬剤師さん、きちんと飲ませてくれるご家族や訪問看護師さんなどの力がないと治療は完結しません。一方、薬を使わない治療もあります。それはリハビリです。ふらついて仕方ないという患者さんに飲み薬を処方してもなかなか改善しませんが、リハビリしてもらうとどんどん元気になることがあります。リハビリも、施設に通うタイプの通所リハ、病院(整形外科や脳神経内科など)でおこなうリハビリ、デイケアで行うリハ等いろいろあります。さらに、ご自宅までリハスタッフが来てくれる訪問リハというサービスもあります。

    通院や通所が難しい場合、訪問リハはとてもいいと思います。リハビリの基本は家庭での生活を危険なくスムーズにできることが第一の目標ですから、自宅で廊下を歩く、風呂に入る、トイレに行くなどの基本動作訓練をすることはとても重要です。訪問リハなどのサービスを受けるにはまず介護保険を申請しないといけません。介護保険の審査には主治医意見書という書類が必要です。当院かかりつけの患者さんの場合、患者さん本人やご家族が困っている事などを細かに調査して書きますので、それだけきちんと要介護状態を評価してもらえると思います。要介護状態をきちんと把握してもらうことがいいサービスを受ける基本ですから、丁寧に対応してもらえるかかりつけを持つことは重要です。

  • トラウマを治す

    熊本地震から3年ですね。夜、犬の散歩をしているとあのときのことをいろいろ思い出しました。きっと同じ気持ちで今この時を過ごしている人も多いのではないかと思います。思い起こせば、いろんな人に助けられました。第一は水道工事屋さん。人伝いに来てくれそうな業者さんに必死で頼んで、敷地内で漏水している水道管を変えてもらいました。そして、大工さん。雨漏りしていた屋根を直してくれました。錦が丘公園でおにぎりをもらったこと、江津湖に水を汲みに行ったこと、いろいろありました。私はクリニック開業前でしたので、前職場の桜十字病院で休まず外来をしました。毎日余震で揺れる中避難してきている近所の人達の健康管理から、血圧などの薬が切れた人たちの対応などに追われました。

    トラウマと言うと皆さん心的外傷(悪夢のような出来事)を思い起こすかもしれませんが、英語でTraumaというと、いわゆる外傷のことです。私は留学中は救急医療・集中治療を専門にしていたため、Trauma学会に出ていました。一方、地震のような災害では外傷だけでなく心的外傷も問題になります。あのときのことを思い出すと恐怖で眠れない、動悸がする、不安で仕事も手に付かない、などです。ときが経つに連れ、あんなに大変だった地震の記憶もだんだん薄れてきます。助けてくれた、良かった、といういい思い出は残して、怖かった思い出はできるだけ忘れるのが精神衛生上いいと思います。マスコミは怖かったことまで思い出させる番組を作りがちですが、そんなのは見ないことです。

    それでも怖い思い出がフラッシュバックして困るという場合、漢方薬がよく効きます。いわゆる神田橋処方というものですが、使ってみると素晴らしい効果があります。この処方は、地震などの災害のトラウマだけでなく、職場で上司に怒られたとか、そういう個人的な嫌な思い出も軽くしてくれます。嫌な思い出から抜け出せない場合、ご相談ください。力になりますよ。

     

  • 花粉症にはビタミンD:続報

    日曜は雨になりました。せっかくの週末ですが、私はクリニックのワックスがけで、朝から院内に缶詰でした。いつもこの時間は領収書の整理などに当てているのですが、このところ雑用が溜まりに溜まっていたので、ひたすら忙しく時間が過ぎていきました。クリニックが法人化したことで、銀行口座も法人名義に切り替わったのですが、今まで使っていた個人名義の通帳に設定していたビジネスインターネットバンキングの設定を新しい口座に移行するサービスはなく、仕方ないので、あらゆる取引会社の口座を調べて「手書き」で登録用紙に書き込みました。ネットバンキングというパソコンで資金移動をするための口座登録をパソコンでできないなんていったいどういうこと?と思います。ビジネス用のネットバンキングは個人のネットバンキングよりはるかに小うるさい仕組みになっています。もちろん会社によっては億単位のお金を動かすでしょうから、セキュリティーが厳重になっているのは仕方ありません。ただ、仕組みが遅れ過ぎです。これが肥後銀行のような地銀だからこんな古い仕組みなのかはわかりませんが、仕方ありません。取引会社は県外に口座を持つところもあり、福岡銀行とか京都銀行、みずほ銀行など銀行コード、支店コードなど調べるのも面倒な作業でした。

    そうこうしていると、嬉しいメールが届きました。私の親戚がこのブログで話題にした、花粉症にビタミンDが効くという話を実践したら、8日目で花粉症が治ったとのこと!40年も苦しんだのに嘘みたいと喜ばれました。通販で誰もが買うことができるビタミン剤で花粉症が治ってしまうと私たちクリニックにとっては商売になりませんが、そんなことはどうでもいいのです。保険治療で認められている抗ヒスタミン剤などがあまりに対症療法すぎて、どれだけ飲んでも根本的な解決にならないのです。保険の効かない医療にもこんなすばらしい効果があるというのは驚きです。

    花粉はすぎからひのきへと移ってきましたが、クリニック周りの畑では麦が穂を出しています。今から梅雨前にかけて麦が実って収穫となります。麦は食べると人によってはグルテンのアレルギーを起こしますが、刈り取りの時期も結構アレルギーを起こす事があるので、注意が必要です。

    桜十字病院の新しいロビー

  • 筋肉疲労の治し方

    クリニックの駐車場には生け垣があります。その下は芝生になっているのですが、芝刈りをしたことはありません。伸び放題です。まあ、芝は伸びてもきれいな緑ならいいのですが、このところの陽気で草ぼうぼうになっていまいました。よく見るとすごい量の雑草です。折しもクリニック法人化の仕事もたくさんあって、草取りどころではありませんでした。先日ようやく厚生局に手続きを完了したので、この土曜日にはついに草取りに踏み切りました。

    雑草をとってもとっても終わりません。最終的には45Lのビニール袋6袋になりました。だいたいとり終わったのですが、気にするときりがありません。とにかく茂みになっていた雑草はほぼとり終わりました。腰に来ます!腕も筋肉疲労です!筋肉疲労がおこるメカニズムは、筋肉に乳酸がたまるためです。息を止めて筋肉をエイッと使うと筋肉は無酸素運動をします。無酸素運動(アネロビクス)は有酸素運動(エアロビクス)と違って、解糖系のエネルギー産生はできるのですがクエン酸サイクルが回りません。その結果、筋肉に乳酸がたまります。

    溜まった乳酸はビタミンB1を十分とって、筋肉の血流をよくして酸素を行き渡らせると改善します。血流を良くする方法としては、もんだりマッサージするのもいいですが、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かるのも有効です。ウォーキングのような軽い有酸素運動も有効です。私の場合、ビタミンを取り、自転車でのんびり1時間走りました。そして、水素吸入を1時間したら、筋肉疲労はすっかり取れました。

  • お酒に強くなるには

    4月に入り職場では新人歓迎会などの季節だと思います。お酒を飲むことも多いと思いますが、すぐに酔ってしまうのでお酒は苦手という人も多いと思います。アルコールを分解する酵素には2段階あり、アルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素という酵素が重要です。日本人はもともと遺伝的にこれらの酵素が弱い人が多く、すぐに酔ったり赤くなったりするのです。しかし、遺伝的に弱くても、多少克服する方法があります。

    毎日少しずつお酒を飲むと分解酵素がだんだん増えてきて強くなります。これは、しばらく飲むのを止めるともとに戻ってしまうので、お酒に強くなりたければ、少しでいいのでコンスタントに毎晩晩酌することです。他には、漢方も有効です。飲んで頭痛がする人は黄連解毒湯、ムカムカする人は五苓散、あるいはこの2剤併用が有効です。接待なのに酔ってしまって失敗するという人もこの処方が有効です。

    ビタミンも大切です。アルコール脱水素酵素などはアルコールから水素分子を取り除くのですが、その過程でNAD⇔NADHという化学反応が必要になります。そこで、NADの大元であるナイアシン(ビタミンB3) が大切です。またアルコール代謝にビタミンB1も必要となります。そこで、お酒に弱い人はビタミンB1とナイアシンを含むビタミンBミックスのようなサプリをとっておくと改善してきます。お試しください。これらの処方は必要なら当院で処方できますのでご相談ください。