むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • いい事は理屈抜きに実践すればいい

    最近テレビの車のCMを見ていると、むかし多かった車の性能を強調したようなものはほとんどなく、車を買ったらいかにウキウキ楽しい週末が過ごせるかとか、趣味のレジャーを楽しめるか、といったイメージCMが多く見られます。論理的な左脳に対してイメージ優先の右脳に訴える構造になっています。

    最近、薬の中にもこの車のCMのように性能をあれこれ語るより、とにかくイメージでその薬を飲んでおきさえすれば健康な未来が待っているといった薬があります。例えばスタチンというコレステロールの治療薬です。これはコレステロールの数字がいくつであれ、ちゃんと飲んでおきさえすれば将来起こるかもしれない心筋梗塞などを有意に減らすことができる薬です。 またSGLT2阻害剤という糖尿病治療薬は血糖の数字がどうあれこの薬を飲みさえすれば心不全や腎機能障害を軽減することができるということが分かってきており、薬の効果を数字であれこれ議論するよりも、ただ飲みさえすれば幸せな将来をかなえてくれる薬だと思います。

    その他、ビタミン剤も似たような効果を期待できるものがあります。例えばビタミン B やビタミン C です。これらのビタミン剤は効能をあれこれ知らなくても、きちんと飲みさえすれば身体に良い結果をもたらします。食事の面で言えばオリーブオイルやエゴマ油あるいは魚に含まれる DHA/ EPA などの良い油を取ることは非常に健康に良い結果をもたらします。あとは減塩することや糖分を取りすぎないこと。こういった当たり前の注意をすることがで幸せで健康的な将来が持っていると思います

  • 新しい糖尿病食のあり方(私見)

    従来の糖尿病治療はエネルギーコントロール食と言って1日の総カロリーを計算して制限する方法がとられてきました。しかしこのエネルギーコントロール食は十分なタンパク質やビタミンが取れず、栄養のバランスが悪いと思っています。そこで大切なのは糖質を制限して血糖を上げない食事です。最近話題の炭水化物ダイエット(炭水化物を制限してその他の肉や魚野菜などは制限しない食事方法)は同じカロリーの食事をしても血糖があまり上がりません。こういった食事を糖尿病の人には食べていただきたいと思っています。また同じ食べ物でも食べ方によって血糖が上がる場合とあまり上がらない場合があります。例えばご飯を暖かくして食べる場合と冷やして食べる場合では血糖の上がり方が異なります。冷えたご飯を食べると血糖はあまり上がらないことがわかっています。コンビニでおにぎりを買って食べる時、レジで温めますかと聞かれた場合、温めずに食べた方が血糖が上がらないと言うわけです。

    スムージーも人気ですが、スムージーにはリンゴやバナナなど甘い果物を一緒に入れますので、血糖はかなり高くなります。同じく市販されている野菜ジュースも、甘い果物を一緒に入れてあるため、単にトマトやニンジンといった野菜のジュースに比べて血糖が上がりやすくなっています。それを考えると、野菜はサラダとして食べ、果物はデザートとして食べた方が血糖が上がりすぎずにいいと思います。

    ご飯の前に野菜サラダを食べると同じ量のご飯を食べても血糖は上がりません。このような工夫を重ねることで栄養はしっかりとりつつ血糖を上げない食事が可能となります。食品交換表でカロリーの計算ばかりして味気ない糖尿病食に我慢するよりこのような知識を持って豊かな食生活を目指してはと思います。

  • 血糖をあげない食事法

    久しぶりに晴れた週末でしたが皆さんいかがお過ごしでしたか。私は朝から洗濯をしたり布団を干したりしました。押し入れの奥からほとんど使っていない布団まで出してきて干すことができました。昼から、あまりに天気が良いので阿蘇の温泉へ行きました。前回と同じ阿蘇大橋の近くのドンドコの湯まで行ってきました。阿蘇の山並みを見ながら入る露天風呂はほんとにリラックスします。

    温泉から帰ってきて、健軍アーケード近くの焼き鳥屋さんに入りました。焼き鳥とハイボール、どちらも血糖が上がらない優秀な食品です。締めにご飯や麺を食べなければこんなにヘルシーな料理はありません。これまでの食事療法といえばカロリー制限が主でしたが、私が考えるに大事なのはカロリーよりも血糖を上げない食品選びだと思っています。糖尿病でない人も血糖をあげないことが老化防止、生活習慣病予防になります。

    例えばご飯(米)を食べると血糖が上がりますが同じご飯でもバターライスにすると血糖の上がりがかなり抑えられます。ご飯の前にたっぷりの野菜サラダを食べるのも有効です。血糖を上げなければ体は糖化しません。糖化=老化です。糖化を抑えることで肌もきれいになります。血糖上昇を抑えることでインスリンの分泌を抑えることができます。インスリンは太る原因ホルモンなのでインスリン分泌が抑えられれば、同じカロリーをとったとしても肥満の防止になります。麺類はダイエットや糖尿の敵ですが、唯一血糖が上がりにくい麺は緑豆春雨です。緑豆には糖尿病治療剤のアルファグルコシダーゼ阻害剤(αGI)と同じ作用があるといわれています。春雨のスープや炒め物を上手に使ってダイエットしましょう。

  • 生活指導の難しさ

    毎年のことですが、当院は4月1日からしばらく暇になります。外来患者さんが急に減るのです。例年、月の後半には普通に戻るので心配していませんが、経営のこともあるので、暇だからと言って喜んではいられません。いつも慌ただしくして、患者さんとゆっくり話す暇もないのですが、このところの患者数だと、お一人お一人ゆっくり話したり検査する時間がとれています。本当は、我々医者の仕事というのは、検査値を見て薬を出すだけでなく、お話を通してどんな生活習慣が問題で今の病気が起こってきたかとか、そういったの問題点の解決方法まで一緒に考えてアドバイスするべきと思っています。検査値を見て薬を出すだけなら今後AIロボットがとって代わる日も来るのではないかと思います。

    生活指導で思い出しましたが、例えば高血圧の患者さんには「塩分を控えめにしましょう」ではなく、「塩分7g以下にしましょう」と具体的に指導しなさいと厚生局から注意されます。数年に一度、厚生局からカルテを見せろといわれて、適切な指導をせずに薬だけだしていると、怒られるのです。しかし、塩分7g(一日合計)がどんな料理になるかとか、まともに指導しようと思えば、料理教室までしないといけなくなります。仕方ないので、国が言う通り7g以下にしましょうと言うにとどまります。

    実際の問題は、塩分7gがどんなものかというところではありません。料理を誰が担当するかがポイントです。もし、お嫁さんが作るのなら、おじいちゃん本人に塩分7gにしましょうと言っても意味はありません。同居している孫のために毎日ハンバーグとか、スパゲッティーという家庭で、おじいちゃんおばあちゃんだけ薄味の和食にするなんて、無理だと思います。そういった個々の問題を考えながらアドバイスするのが本当の意味での生活指導だと思うのですが、現実的にはなかなかできていません。

  • コロナワクチンの予約(熊本市内はまだです)

    コロナワクチンの話題です。熊本市内では医療従事者の分もほとんど行き渡らず、いつになったら始まるんだろうと言う状況です。一方、郊外の方ではすでに医療者枠は終わっており、高齢者に案内が始まっています。人口密度の少ないところに先にワクチンが行き渡るのは変な話です。できれば、熊本などほとんど患者さんがいないので、大阪や東京など患者さんの多いところにワクチンを回してあげてはどうかと思います。

    今日は昼に暇だったので、待合ロビーでワイドショーを見ていたら、ワクチン予約の話題をやっていました。東京の郊外も高齢者枠の予約が始まったそうです。予約センターに電話かネットで予約するそうですが、高齢者ですからネット予約よりまず電話をする。その結果、予約センターは電話が殺到して、電話はつながりません。仕方なく、スマホをあれこれいじくってやっと予約しようとしたら、「4月の予約枠は終了しました、次のワクチンが入荷するまでお待ち下さい」だそうです。結局電話がつながった人も、わずか10分で予約枠は終了したそうです。

    去年の冬はインフルエンザのワクチンもあっという間に品切れでした。例年より多めに入荷したのにわずか2週間ほどでシーズンの予約枠が全部埋まってしまい、多くの患者さんに行き渡らずに不満を持たれた方も多かったと思います。コロナワクチンはインフルワクチン以上に流通が面倒でいつ頃何本入ってくるのか全然わからない状況です。皆さん、我先にと自分のことばかりいわず、お年寄りや重い持病のある人に回してあげるくらいの心の余裕を持ちましょう。