むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 医学論文のトリックを見抜く

    早い人はすでに花粉症の対策を始めています。よく、早めに薬を飲むと軽くて済むといいますが、真偽の程はわかりません。なぜなら、たいていそんなことを言うのは製薬会社だからです。製薬会社は薬がたくさん売れればいいだけなので、早い時期からたくさん使いましょうと言うのは当たり前です。以前、糖尿病治療薬を糖尿病になる前から始めたほうが良いというデータを見たことがあります。いわゆる境界型の人に薬を使ったほうがいいというデータですが、これも製薬メーカーが持ってくるデータなので、真偽の程はわかりません。論文というのはいいというのがあれば、良くないという論文もあります。それぞれ嘘を言っているわけではなく、調べた範囲ではそうだったというしかありません。その研究の対象となった患者グループの特性が偏っていると結果も偏るわけです。したがって、論文を読む際には結果や結論を読むことは大事なのですが、患者背景をしっかり読むことが大切なのです。

    研究をする場合、まず「仮説」をたてます。そして、その仮説を「検証」して、「結論」を導きます。例えば「Aという血圧の薬が心不全の治療に有用だ」と仮説を立てます。それを検証するために患者さんを2群に分けてAという血圧の薬を使った群とBを使った群で血圧の変化と同時に心不全の改善具合を検証します。

    そこで問題なのはどんな心不全患者さんを研究対象にするか。例えば、心筋梗塞後の重症心不全の症例、あるいは高血圧で心肥大をきたした軽い心不全の症例、あるいは慢性心房細動のある不整脈由来の心不全。どういった患者さんを対象とするかで結果は違ってきます。仮説が正しい(治療効果に差が出る)ようにするためには慎重に対象を選ばなくてはいけません。そのようにして、考え抜いた結果、うまく差が出たら、製薬会社はそれがまるでどんな心不全にでも効くかのようにプロモーションします。私たちはそういった嘘に騙されないようにしないといけません。患者さんはプロではないので、我々がプロとして論文の目利きをしてあげないといけないと思っています。

    南阿蘇

  • 受験生の健康管理は大切

    世の中は大学入試ですね。私たちの時代は共通一次と呼んでいましたが、いつからかセンター試験と呼び名が変わり、今年は昔に戻って共通テストと言うらしいです。なぜ呼び方を変えるのでしょうね。受験の季節はこれから3ヶ月ほど続きますが、受験生を持つ家族はいろいろ気を使います。風邪を引かないようにとか、縁起が悪いこと、たとえば皿を割ったりおとしたりしないように気をつけるとか、です。そして、受験生本人の健康管理が何より大切です。ストレスがつよいと免疫が落ちて風邪をひきやすかったりします。そろそろ花粉症の季節となりますから、アレルギーの薬で眠くなるのは受験生にとっては一大事です。

    そんなときにおすすめなのが漢方です。漢方は免疫を高めて風邪の予防に役立つものもあるし、眠くならない鼻炎の薬もあります。風邪薬もうかつに飲むと眠くなるので注意しましょう。実際、受験の最中に寝てしまったという話を聞いたことがあります。葛根湯や小青竜湯なら眠気はきません。むしろ頭が冴える作用があります。

    受験に限りませんが、ストレスでお腹が痛くなったり下痢したりするのもよく相談を受けます。これは過敏性腸といいます。通常の乳酸菌などの整腸剤では治りません。専用の薬があります。もしお困りの際は本番直前でなく余裕を持って早めにご相談ください。

  • あきらめない嚥下障害

    私が以前勤めていた桜十字病院では「口から食べるプロジェクト」という取り組みをやっていました。今日は診療が終わってから、保険医協会主催のウェビナー(WEB講演会)で桜十字の安田先生、建山看護師さんなどによる講演を聞きました。桜十字での嚥下障害に対する取り組みの紹介です。歳をとって喉の筋力が衰えたり、脳卒中の後遺症で嚥下(飲み込み)が悪くなる例があります。食べ物だけでなく水を飲んでもむせるので、しょっちゅう肺炎を繰り返す困った病態です。

    肺炎を起こすと命取りになることから、以前は”胃ろう”といってお腹から胃に直接チューブを入れて経腸栄養をする方法を取ることが多かったのですが、患者さん本人が望まないのに強制的に胃の中に栄養を入れることで寝たきりになっても体だけは栄養状態もよく、いつまでも生かされる、という意味で、逆に問題視され、安易に胃ろうを作らないようにという流れになってきました。そういう中で、桜十字病院では頑張って口から食べていただこうという取り組みをやっているわけです。今日の講演ではその6年間の取組の成果について発表されました。

    講演を聞いてわかったのは、やはり嚥下が悪くなった人の嚥下リハビリは大変だということ。嚥下を専門とする専門看護師やST(口の麻痺を専門とするリハビリスタッフ)、歯科衛生士などが多職種連携をとって一日も休まず取り組まないといけないといっていました。やはり素人が家庭でなんとか食べさせようと口に食べ物を突っ込んだら命取りになります。今日の講演では言っていませんでしたが、嚥下を改善する鍼治療があります。また、むせないように食事にとろみを付けるのは常識ですが、味を香辛料(唐辛子や胡椒など)でスパイシーにすると喉の神経が刺激されて嚥下が改善するというデータがあります。知っただけでは意味がありません。そうと知ったら即行動。動いた人にだけ幸運がやってきますよ。

  • 当院は通常通りの診療です

    熊本でも緊急事態宣言が出されたそうです。ニュースを殆ど見ないので人伝いに聞いただけですが、多分本当でしょう。しかし、近所の焼肉屋さんもラーメン屋さんも夜遅くまでやっています。犬の散歩をしたら、中学校ではナイターでサッカーをしていました。いつもと変わらない夜です。当院の診療も、通常通りです。心配なくご来院ください。

    ただ、感染防止のため待合室の換気をしていますので、エアコンがあまり効いていません。寒いかもしれませんので、暖かい格好でご来院ください。風邪症状のある患者さんは待合に入らず、隔離部屋にてお待ちいただきます。診察では、聴診器などでの接触を必要最小限にとどめます。ご了承ください。私の予想では、去年と同じように5月の連休頃には落ち着いてくると思います。まさか2月に落ち着くなんて誰も思っていないことでしょう。今回は1月から非常事態宣言ですから、長丁場となります。最初から、そのつもりでないと、途中でまだかまだかと気分も落ちてしまうと思います。

    当院は去年の非常事態宣言のときから対策をとっています。感染予防の対策はもちろんですが、患者さんの受診ひかえで懸念される経営に対する対策もとっていました。備えあれば憂いなしです。皆さんの仕事や家庭では今回の感染拡大に対する準備はお済みですか?来るとわかっていたのでやっていて当然ですが、まだという人も焦ることはありません。去年初めての非常事態宣言のときほど何もかも閉まってしまうことはないと思います。準備できていない場合、慌てず淡々と必要な対策を取りましょう。

     

  • いま大切なのは免疫を落とさないこと!

    今週は正月明けてそうそう月曜スタートだったので、長く感じました。患者数は年明けすぐなので比較的少なめで、のんびりした外来でした。訪問診療の患者さんのフォローのほうがわりと忙しかった印象です。9日土曜から来週にかけては相当な混雑と思われます。朝早い時間帯は寒いので患者さんが少なめです。みなさん、10時半とか11時頃からでてこられるので、昼前に混んできます。3蜜を避けるためにも早め受診をおすすめします。

    東京の方ではまた緊急事態宣言がでました。4月頃に始めて出されたときは、都会のことだから関係ないと思っていたら、あっという間に全国に緊急事態宣言が出されました。あわてて食料など買いに行って、かえって店が混雑したなんて話もありました。今回も、関東だけの話で熊本は関係ないと思っていると、明日は我が身です。最初のときみたいに、早めに日用品などを買い揃えておいたほうがいいかもしれません。今日の昼に往診で外に出たら、車の交通量が少ない。高速道路が大雪で福岡方面通行止めになっていたのもあるでしょうけど、会社の多くが在宅ワークとなり、道が空いていたのではないかと思います。

    皆さん、またコロナに神経質になってきていると思いますが、まずはマスク、手洗いなどの基本をしっかりして、あとは自分の免疫を落とさないように健康管理しておきましょう。過労を避ける。栄養に気をつけてきちんとご飯を食べる。十分睡眠を取る。ストレスを避ける。ビタミンB,C,Dをとる。体を冷やさない。そして、大事なのは、心配しすぎず楽しく過ごすことです。