むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 心臓カテーテル手術の進歩

    土曜日は診療のあと心臓健診で夕方遅くまでぶっ通しで仕事でした。小中学生の学校検診で心電図の異常や内科検診で心雑音などが見つかった人たちの精密検査です。80名ほど受診されたので、5人のドクターで手分けして15人ずつくらい診察しました。私の見た患者さんから今日だけで二人も心房中隔欠損症(心臓に小さな穴があいている)が見つかりました。以外にも高頻度です。心電図を見たときは問題ないと思っていたのですが、結果を見てびっくりです。連れてきたご両親もびっくりですが、幸い穴は小さいので経過観察としました。最近、心房中隔欠損の穴はカテーテルのデバイスをつかってふさぐ手術ができるようになりました。昔は開心術(胸を開いて心臓の穴を防ぐ外科手術)しかなかったため、特に女の子の場合胸に大きな傷が残ることを心配していましたが、カテーテル手術だと傷も残らず内科的な処置で良いので、朗報です。こういう急がなくて良い手術は技術が発達して恩恵を被ることもできるので、あまり急がないことだと思います。

    心房細動のアブレーション(カテーテルをつかった手術)も技術的に大きな進歩を見せています。私が大学病院にいた頃は不整脈グループの勉強を極めた人たちだけが見てわかるような複雑怪奇な検査をして得られた結果をもとに、これもまた驚くべき職人技で手術をしていました。私には一体何がなんだか理解できませんでした。ところが、昨今の進歩で、手術時間も従来の半分以下、成功率も格段にアップしています。私の外来で5年から10年ぐらいフォローしている患者さんたちにも、そろそろ技術的にも手術をおすすめできるところに来たと説明しています。

    さて、明日の日曜はクリニックのワックスがけ業者が入るので私は朝から院内に待機ですが、ちょうどいいタイミングでWEB学会が開催されるので、それに参加します。勉強漬けの日曜となります。本当はジムに行って走ったり、温泉にも行きたいのですが、勉強する週末もいいでしょう。

     

     夕暮れの田園@城南

  • 暑さを乗り切る

    暑いと言ってもしかたないですが、暑いとしか言いようがないです。やっぱり、体がまだ夏に対応していないのでしょう。まだ夏は始まったばかりなのに夏バテしそうです。以前も書いたことがありますが、夏バテには清暑益気湯という漢方がよく効きます。ネーミングの通り暑さを冷まして元気を出すという処方です。一方、熱中症には黄連解毒湯を使います。漢方の中では最も清熱作用が強い処方です。また、暑いと水分をたくさんとりますが、水を飲みすぎると消化管の吸収能力を超えてしまい、だぶついてきます。これもだるさに関係します。お腹でだぶついた水は五苓散が処理してくれます。わたしの経験ではフルマラソンに出場したとき給水所のたびにスポーツドリンクを飲んでいたら体はたくさん発汗して脱水気味なのにお腹だけ水分過剰というアンバランス状態になりました。五苓散の出番です。

    暑いときにアイスやビールなど冷たいものをとりすぎると、下痢したり腹痛を起こしたりします。冷たいもので腹痛になったら温めれば治るのですが、漢方だと大建中湯や呉茱萸湯や安中散です。下痢は水分過剰なので五苓散が効きますが、すこし胃腸薬的なものを合わせるなら、平胃散+五苓散=胃苓湯という処方となります。漢方は理論的で面白いですね。4000年もの長い歴史の中の東アジア人の経験と論理的思考の集大成ですから、素晴らしいのは当たり前です。

    夏といえば、そうめんです。毎日昼はそうめんという人も多いのではないでしょうか。のどごしもよく、食欲の落ちたときも結構いけます。すぐゆであがるし、めんつゆさえあれば、簡単に食べられます。料理の苦手なお父さんもそうめんぐらいはできるでしょう。しかし、注意していただきたいのは栄養です。炭水化物しか入りません。もちろん血糖は急上昇しますから糖尿を悪くします。そうめんを食べたときは、卵や肉など蛋白を忘れないようにとりましょう。

    辛いものも暑さを吹き飛ばします。イオンモール嘉島のフードコートの辛麺、私が食べたのは辛さ10倍です。確か50倍まで注文できます。

  • 学研ココファン上水前寺と提携しました

    猛暑です。ニュースでは熱中症に気をつけてエアコンを使いましょうと言いつつ、節電を呼びかけています。体のことを考えればエアコン無しで我慢するのは良くないと思います。設定温度をややあげて扇風機を併用しましょう。そういう私は、朝から職場でエアコンのフィルターをチェックしたところ、ホコリがびっしり付いていたので掃除機できれいにしました。これだけでも電気代がだいぶ違ってきます。しかし、朝っぱらから掃除したせいで1日肌が痒かったです。老人ホームに往診に行くと、もちろん快適な温度になっていますが、お年寄りは驚くほど寒がりで冬の羽毛布団をしっかり着て寝ている人もいます。しかし、自覚症状は冷えていても、うっかりすると熱中症になるので注意が必要です。高齢者が熱中症になりやすいのは体水分量が少ないためです。ラジェタの水が減った車はすぐオーバーヒートするのと同じです。夏は厚着しすぎないこと、こまめに水分を取ることが大切です。

    この度、水前寺競技場近くに高齢者住宅「学研ココファン上水前寺」がオープンしました。当院はいくつものココファンと提携しています。当院前のココファン小峯、錦ヶ丘公園横のココファン尾ノ上、西原のココファンにしばる、上江津湖湧水池近くのココファン神水などです。そしてこの度、ココファン上水前寺とも提携しました。今日から訪問を開始しましたが、新築で防音が効いた建物で快適でした。ココファンのデイケアは学研が開発した脳トレ、習字、英語の授業など小中学生向けにノウハウを積み重ねた企業ならではのもので、他にはない充実した独自プログラムです。

    当院がこのココファンと提携して何をしているかというと、入居者さんの訪問診療や往診です。訪問診療を契約すると、体調に関わらず定期的に診察に伺い、定期薬を処方します。毎回タクシーで受診するのも大変だし、子供さんなどが仕事を休んで病院につれてこられなくていいので、便利です。薬局とも契約すると薬の配達から服薬管理まで薬剤師さんに頼むことができるのでさらに安心です。

     

    これはジギタリスという花です。心不全の治療薬ジギタリスはこの植物の葉から抽出されました。薬と毒は裏表、ジギトキシン(ジギタリス毒)という薬品名もあります。今でもジギタリスは心不全治療に使います。30年以上前、済生会が段山にあった頃、私は学生実習で済生会の循環器内科に通っていました。あるとき、ジギタリスの急速飽和(一気に点滴で血中濃度を上げる治療:危険なので匙加減が職人技)をするから見学するか、と言われて興味津々夜遅くまで泊まり込みで見学したのを思い出します。今はそんな治療はほとんどやっていません。

  • 眼に良いサプリ

    土曜日は熊本東方医学研修会という勉強会でした。私が事務局を引き継いで主催したので、いろいろ準備に時間と労力を費やしましたが、ツムラの協力のおかげでずいぶん助けられました。コロナ前はリアルの勉強会で、終わってからみんなで会食するのも楽しみでしたが、今はなかなか事情が許さないためWEB講演会に形態を変えて再開することができました。無事終わってホッとしました。特別講演は熊本赤十字の内科部長の加島先生にCOVID-19の漢方治療についてお話しいただき、私がCOVID-19後遺症について話しました。100名近い参加をいただき、盛会でした。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

    南半球はいま冬です。今日ニュースで見ましたが、オーストラリアではこの冬(今)インフルエンザが大流行と言っていました。日本もこの2年間インフルエンザは全く見なかったのでほとんどの人のインフルに対する免疫が薄れていると思われます。もしオーストラリアの状況がこの冬日本に入ってくれば、コロナと区別がつかない発熱患者で大変になるかもしれません。参議院選がおわればコロナも感染症の5類に格下げになり、風邪と同じ扱いになるという噂があります。感染対策が選挙と絡むのはおかしな話ですが、格下げにして感染拡大したら世論から失策ととられるので政府も今は動けないのでしょう。もうしばらくの辛抱です。

    ところで、うちのゴンの目が白濁して白内障になってきたのでサプリでなんとかならないか考えました。ネットで見つけた犬の餌のトッピングで白内障にいいというサプリがあり、成分を調べたら、ルテイン、アスタキサンチン、ビルベリーエキスでした。犬用にしてはえらく高かったのでiHerbで一通り揃えました。もったいないのでゴンにあげるだけでなく私も飲んでみました。高いのでそれぞれ週に1粒ずつという少量です。(ビタミンAも目に大事なので週1粒追加しました)驚いたことに、私はこれまで雨降りの夜に運転すると濡れた道路の車線がギラギラしてよく見えずとても怖かったのですが、最近はきれいに見えるようになりました。すごい効果で自分でも驚いています。

    雨が上がり、近所の公園は雑草が牧草みたいに伸びて緑に輝いています 私の夢はこの公園に羊を放し飼いにすることです(笑)

  • ナイアシン(アミド)はおすすめのビタミン

    台風のような強風の一日でした。高速を使って城南まで往診に行きましたが、高速は50kmに速度制限されていました。それでも城南は近いので、ノンストップで行けば50kmでも100kmでもたいして変わりません。予報では大雨かもと言っていましたが、雨はそれほどではありませんでした。夕方診療の後は医師会に心臓健診班会議のため行ってきました。せっかく街まで行ったので、やよい軒で夕食を食べて帰りました。やよい軒で食べたのはこれで3回目ですが、定食が奇をてらってなくて素直に美味しい。値段もリーズナブル。いい店だと思います。

    さて、このブログでサプリの話を書くと、皆さん行動力のある人は自分で調べてiHerbで購入して飲んでおられます。今日来院された患者さんは、ナイアシンを飲み始めたら睡眠もよくなりやる気も出てきて調子が良くなった、とのこと。ブログを読んで知ったこととそれを実行することには大きな差があります。即行(すぐ行うこと)ができる人が道が拓けるのです。最近CMを見ているとナイアシンアミド配合の化粧品(顔のしわ対策)が盛んに売られています。本当に効くのなら塗るより飲んだほうがいいのではないかと思います。

    ナイアシン(アミド)はビタミンB3です。体の中の多くの酵素反応の仲立ちをして水素のやり取りをします。その結果、脳内ではセロトニンやメラトニンを増やし、気分の安定や睡眠を改善します。ミトコンドリア内やクエン酸サイクルではATP(エネルギー)産生のかなめとして働きます。絶対にないと生きていけないものです。通常は食品から十分量がとれるので不足はしないと言われていますが、サプリから大量に入れてやるとたしかにいい効果が出るので、やはり食べるだけでは足りないのだと思います。