むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • インフルエンザ急増中

    つい先日まで1週間に数名しかでていませんでしたが、今日の休日当番医では100名ほどの来院で風邪(インフルエンザ疑い)が80名、うちインフルエンザA確定が50名くらいでした。急増しています。家族で誰かがかかると、親兄弟もみんなかかっています。年末にかけて増えていくと思います。ご注意ください。

    これほど忙しくなるとは予想していませんでした。今回は20年以上前からの知り合いで大学院時代の元同僚の検査技師さんに応援を頼みました。おかげで看護師さんたちスタッフはそれぞれの仕事ができてよかったのではないかと思います。検査が早いと、診察から会計までいっきにいきます。ほんの数分です。今回わかったのは、当番医では新患が多いので、カルテ作成(保険証の情報を電子カルテに入力する)がもっとも大変だということです。事務員だけでは手に負えないので、他のスタッフにも入力できるように受付の勉強ができたらもっと違ったかもしれません。

    通常当院は小児は見ていないのですが、当番医ともなると小学生も大勢来ます。小学生のインフルエンザは難しいです。タミフルなどの抗インフルエンザ薬は異常行動の副作用が報道されています。因果関係ははっきりしないといいますが、注意が必要です。私の得意な漢方を出そうにも、子供は飲んでくれないことが多いのであまり出せません。今はインフルエンザの薬や診断キットがあって医療が進歩しているように思えますが、インフルエンザの流行や学級閉鎖などは私が子供の頃と全然変わらない気がします。多分、インフルエンザの診断キットもタミフルも莫大な医療費の浪費に貢献しているだけのような気がしてなりません。それから、昔はもっとおおらかでしたが、最近はインフルエンザに対して皆ヒステリックです。検査や治療薬はほとんどなんの役にも立たないのにどうして欲しがるんだろうと思います。普通の体力がある場合、葛根湯を飲んで寝てればいいのです。

     

  • 認知症対策あれこれ

    物忘れが気になるとか、頭の回転が悪くなったと言って来院される方が大勢います。本物のアルツハイマーならあまり病識がないので、物忘れをしてもたいして気にすることはありません。忘れたことを気にしている事自体アルツハイマーではないということです。しかし、もしかすると認知症のごく早期であるという可能性はあります。よく、心配だから検査に来ましたと言われますが、私たちがする検査はかんたんな記憶テストみたいなものです。野菜の名前を10個言ってもらうとか、100から7を引く引き算などのテストです。このテストは何度かやっていると学習効果で点数が上がってしまうため、練習しては正しい点数が付きません。

    それともかく、こんなかんたんな検査で認知症の初期段階を捉えることはできません。もちろんCTやMRIでも何もないことがほとんどです。では、放っておくしかないのか?それは違います。認知症対策は早ければ早いほどよいと思います。ただ、若い人で、会社のストレスや時間外労働が多すぎて疲労困憊しているとか不眠症でいつもボーとしているなどは認知症ではありませんから、まずは休息すること、眠剤を使ってでも熟睡して頭を休めることが先決です。

    そのようなストレスや過重労働など関係なしにボケてきた気がする場合、脳に良いことを可能な限りたくさんするべきです。何か一つ(たとえば認知症の治療薬のアリセプトを飲む)ではほとんど意味はありません。脳の血流を良くすること、動脈硬化を抑えること。コレステロール、血圧、血糖をきちんとコントロールすること。タバコは吸わない。お酒は程々にする、デパスやソラナックスなどの安定剤は使わない、などは基本中の基本。頭に良いサプリとしてビタミンB,C,E,ナイアシン、レシチン、DHA/EPA,イチョウ葉エキスなど。頭のエネルギー源として、ケトン体がいいので、糖質制限しながらココナッツオイルやバターをとること。鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルは積極的にとること、アルミニウム、鉛、ヒ素などを避けること。そして、本を読んだり歌を歌ったり積極的に遊ぶこと。趣味を持つことです。一日こたつでテレビを見て過ごすなんて、認知症まっしぐらです。認知症は一筋縄ではいきませんが、できうる対策を一つでも多く早くから対策することが大切です。

  • 不眠にナイトレストというサプリがいいらしい

    不眠で悩んでいる方はたくさんいます。以前なら、眠れないならマイスリーとかデパスとか、気軽に睡眠薬や安定剤をもらっていたと思います。ところが、最近はベンゾジアゼピンという種類の安定剤の処方は習慣性の問題、認知症を助長する問題、転倒リスクを増大する問題などからできるだけ控えるようにと言われています。多くの内科系のかかりつけの先生からは、これらの処方を完全に中止して、眠れないなら心療内科か精神科にかかるようにと言われています。そういう患者さんが、当院にもたくさん来院されますが、なかなか今まで飲んでいた睡眠薬や安定剤を止めることはできません。仕方ないので、同処方を継続するケースも多々あります。

    一方、睡眠薬や安定剤の代わりに推奨されているのが、ベルソムラ、ロゼレムという2つの眠剤です。どちらも生理的物質に近いため、習慣性が低く中止するときに禁断症状が出にくいのが特徴です。しかし、使ってみるとなかなか患者さんは満足いく睡眠をえられません。やっぱりデパスをくれと言われます。そこで、これらの処方についで推奨されているのが、デジレルやレメロンという抗うつ剤です。眠くなる副作用を利用したものですが、比較的安全で習慣性が低いと言われます。私もよくこれらの抗うつ剤を処方しています。

    今日、患者さんが教えてくれたすごいサプリがありました。アメリカの睡眠系のサプリでナイトレストという名前です。iHerbで買えます。この患者さんは、レンドルミンという結構強い睡眠薬を使っていたのに、ナイトレストを飲み始めたらレンドルミンが要らなくなったそうです。成分は、メラトニンという睡眠に関する脳内ホルモン(ロゼレムに近い)といくつかのハーブの合剤です。安全性を考えると結構良いサプリだと思いますよ。参考まで: https://jp.iherb.com/pr/source-naturals-nightrest-with-melatonin-100-tablets/1358

  • 忘年会シーズンを漢方で乗り切る

    忘年会シーズンですね。私が大学を出た頃はまだバブルの名残で相当景気がよく、毎晩大騒ぎでした。どこの会社も経費が余りすぎて、使え使えの大合唱でした。タクシーも全くひろえない程賑わっていました。アッシー君(足代わりに呼びだして送ってくれる便利な彼氏)みたいな言葉も流行っていました。それに比べれば、今は本当におとなしくなりました。日本全国うつ病みたいな感じです。今後も急激に人口が減っていきますから、景気が良くなることは望めません。

    そうは言っても、年末です。昔ほどではなくても友人や親戚と会って会食したりお酒を飲む機会は多いと思います。そこで、そのようなときに体調を崩さないコツを書いておこうと思います。まずお酒。二日酔いの予防には黄連解毒湯と五苓散がよく効きます。予め飲んでおくとあまり酔わないので、シラフに近くて楽しく酔えないという人もいるほどです。また、アルコールを分解するアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素の2つはナイアシン(ビタミンB3)が補酵素として必要です。ナイアシンのサプリも良いし、ビタミンBミックスにも含まれているものがあります。

    飲みすぎてむくんだり目が腫れるようなときは五苓散。二日酔いでムカムカしたり頭痛がするときも五苓散です。ビールやハイボールのような冷たい飲み物をとりすぎて下痢するときも五苓散。お腹が冷えて痛くなったら安中散(大正漢方胃腸薬も同じ)。食べすぎて胃もたれするときは半夏瀉心湯や黄連解毒湯が効きます。TVのCMでは飲み会で胃が不調なときに大正漢方胃腸薬と言いますが、実はこのような使い分けがあるので、うまく使ってください。

    博多駅前

  • 冬はビタミンDで元気に過ごそう

    会社で嫌な上司がいるとか、残業や休日出勤が多すぎて体を壊したとか、いろんな理由で休職せざるを得ない人がいます。何ヶ月か休むことで元気になって復職する人もいますが、職場環境は前と同じなので、復帰したときは元気でもすぐにまた会社にいけなくなってしまいます。可能なら、配置換えとか違う事業所に移してもらうとか、職場環境を変えることをおすすめしています。そんな中、最近見事に転職されて元気になった方がいます。それを聞いたときはとてもうれしかったです。

    その転職というのは、農業を始めたというものです。農業は自然が相手なので、嫌な上司もいないし、お客さんに気を使うこともありません。それから、最もいいと思うのは、太陽に当たることです。陽に当たるとビタミンDが増えます。ビタミンDにはうつや睡眠を改善する働きがあります。農家の人はうつになる人が少ないと言われています。たしかにそうではないかと思います。

    秋から冬にかけて日照時間が短くなると陽に当たる時間が減るため、みんな体内のビタミンDが減ってきます。これが冬に活動性が落ちて冬眠モードになる原因です。秋ごろからうつが悪化する人がたくさんいます。そのような人は、ビタミンDをとれば元気になります。冬に風邪ばかり引く人、花粉症などアレルギー体質の人もビタミンDが足りていない事が多いので、ビタミンDをおすすめします。