むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • ワクチン予約はお間違いなく

    先日3回目のコロナワクチン接種が始まったと書きましたが、今日は一つ問題がありました。当院にかかりつけの患者さんがワクチンを予約して来られたのですが、当院の方の予約簿にはその人が入っていませんでした。患者さんが携帯で予約センターのマイページを開いて見せてくれたら、なんと当院ではない中央区の「村上クリニック」を予約されていました。大急ぎで移動しても4、50分はかかる距離です。先方に事情を連絡して、待ってもらいました。これからワクチンの予約をされる際にはこのようなことがないようくれぐれもお気をつけください。ちなみに、熊本市東区にはむらかみ内科というのは1つしかありませんので、住所で東区のむらかみ内科であることを確認していただけたら大丈夫です。

    昨夜は2時過ぎだったでしょうか、久しぶりにすごい地震でしたね。震度4か5だったんですか。1分以上続く長い揺れでした。熊本地震の2回目が深夜だったので、あの時を思い出しました。熊本地震はクレイジーとしか言いようのない無茶苦茶な揺れでしたが、昨夜のはあーきたーというくらいで、家が潰れるかもという恐怖まではなかったのが幸いでした。それでも、深夜に携帯から突然”地震です”と警報が鳴ると心臓に悪いですね。揺れがおさまってもしばらく眠れませんでした。先週、南太平洋で1000年にに一度という火山の爆発があったばかりです。太平洋プレートが活発に動いているのかもしれないので、地震と火山の活動には目が離せません。

    阿蘇山はもともと外輪山のサイズの大きな山だったのですが、大爆発を起こして真ん中が陥没して今のようなカルデラ盆地になったそうです。その、昔の巨大な阿蘇山が大爆発を起こしたのと今回の南太平洋の海底火山の爆発は同じくらいの規模だったのではないかと聞きました。本当にそうなら、私たちは歴史的な噴火を見ることができたわけです。ちなみに、阿蘇のカルデラはむかし水がたまってカルデラ湖になっていたのですが、立野のところでダム湖が決壊して白川ができました。その時、阿蘇の方から津波にように熊本市内へ水が流れてきて、あたりは海のようになったそうですが、沈まずに島状に残っていたのが当院の近くの戸島です。高台にあるのに島という地名が不思議だと思ったらそういう歴史があったようです。

  • 神頼みもあり

    世はコロナの話題でいっぱいです。毎日夕方になるとその日の感染者の集計が報道されて一喜一憂していることと思います。わたしはTVを見ないので、翌朝の新聞で見ます。今日どうだったかもまだ知りません。ところで、医療関係者と老人ホームなどの入居者さんたちの3回目のワクチンが始まりました。当院でも今日からスタートです。一般の予約も始まったようですので、だんだん本格化してくると思います。クーポンがまだ来ていない方も多いと思いますが、いましばらくお待ち下さい。近いうちに届くと思います。

    もう一つ、真っ最中なのが受験でしょう。先日共通テストでしたが、これからが本番です。風邪など引いている暇はありません。皆さん健康管理にはくれぐれもお気をつけて、ベストのコンディションで試験に望みましょう。最後の最後は勉強よりコンディションを整えることのほうが大切です。最後のツメがきっちりできるかどうかも実力のうちです。気持ちを作っっていくのも大事です。神社で合格祈願などもしたほうがいいと思います。私は高校受験のときも大学受験のときも家の近所の神社の前を通るたびに合格祈願をしました。子供の受験の時も毎日のように龍田の三宮神社まで走って行って合格祈願をしていました。

    ランニングで思い出しましたが、マラソン大会も大会本番に向けてずっと前から準備します。靴を慣らしたり、膝や腰のメンテナンス、体重コントロール、カーボローディングなどなど。そして、本番当日にどのくらい防寒するかも考えます。出発前に寒くても走り始めると暑くなるので調整が難しいし、脱いだ上着を42キロ持って走るのはありえないので途中捨てるとかも考えます。実際は防寒着の代わりにゴミ袋に穴を開けて洋服にして、暑くなったら丸めてポケットに入れるか給水所で捨てます。捨てたあとに雨に降られて悲しかったこともあります。とにかく、本番当日に向けて念入りにコンディションを整えないと戦えません。受験生の皆さん、ファイト。

    城南の宮地神社(七所宮)の楼門。往診先から車で3分のところにありました。なんと1250年祭とのこと。奈良時代からあるみたいです。素晴らしい風格で、お参りしたら心が洗われて清々しい気持ちになりました。

  • 発熱患者さんが増えています

    コロナの感染者が増えてきました。熊本も蔓延防止の措置が取られたそうですので、また私たちの生活に影響が出ます。飲食店を経営される方には本当にお気の毒です。工夫しながらなんとかやっていくしかありません。クリニック近くのマクドナルドはこの前、駐車場の工事をしていましたが、出来上がったのはドライブスルーの注文するところの拡張工事でした。今まで1レーンしか注文できなかったのが2レーン注文できるようになりました。近所の渋滞を避ける意味もありますが、コロナでますますドライブスルーの需要は増えますから、先行投資したMcDonaldはすごいですね。見習わないといけません。

    病院によっては発熱外来をやっているところは駐車場に列をなして渋滞しているそうで、発熱患者さんは車から降りずにコロナの検査を受けているそうです。当院では、血圧などの循環器の患者さん、漢方薬でしか治療できない難しい症例の患者さん、そして、うつ病などの心療内科の患者さんと、どれも薬が切れると大変な方が連日相当数来られます。当院かかりつけで発熱した方には申し訳ないのですが、発熱外来をする余力がありません。また、相当数の患者さんで密になりやすいため、短時間で効率よい診察・治療を心がけています。そんなわけで、当院ではPCRや抗原検査を行なっていません。申し訳ありませんが、検査が必要な方は発熱外来をやっている施設に電話してから受診するようお願いします。

    当院にも隔離の待合があります。原則として隔離室には1人あるいは1家族ずつしか入らないようにしています。検査はいらないけど薬が欲しいという方には、普通に診察して風邪薬や胃腸炎の薬を処方します。コロナも軽症なら風邪と同じですから漢方の風邪薬はよく効くと思います。中国の報告でも有効性が示されています。

    写真ではわかりませんが直径70センチほどある巨大な焼き物です。桜十字病院 ホスピタルメントさくら西館にて

  • 投資と浪費

    投資と浪費、どう違うかご存じですか。物を買うときには、それが投資なのか浪費なのかをしっかり意識して買わないといけません。少なくとも、経営者はそこを曖昧にしてはダメです。例えば、別荘を買うとします。自分で週末楽しむだけなら単なる浪費です。将来値上がりすることを見越してあまりつかわず数年後に高値で転売するならそれは投資です。また、時々自分で使うけど、ほとんどエアB&Bのように賃貸として使うというなら、それも投資に値します。

    つまり、浪費と投資の違いというのは、買ったものがお金を生むか、産まないかの違いなのです。私は、城南まで訪問診療しています。片道10キロ以上あります。一般道路で行けば40分かかります。しかし、当院は幸い高速のインターに近いため、高速で行けば30分もかかりません。高速料金は往復千円かかりますが、私の昼休みが高速を使うことで20分ほど確保されます。では、その20分が千円に値するか、を考えると、私がその20分を有効活用し、しっかり休息して午後の診療を100%の力で臨むことができれば、十分価値あると考えられます。従って、往診に高速を使うのは私にとって投資となります。

    会社というものは建物全体が投資物件です。その建物で仕事をすることでお金を生むからです。床面積がお金を産むと考えられます。では、その会社の一角に何年も開けたことないようなダンボールを置いていたとします。その床面積には固定資産税もかかっているし、有効に使えばお金を産むはずだったのに廃棄しないで置きっぱなしにしていると、会社にとっては投資どころか、その面積は負債になります。だから掃除は会社を繁栄させる第一歩となる訳です。

  • 会議は人件費(コスト)を考えよう

    寒いですね。風邪ひきさんの診察が増えてきています。当院ではコロナのPCR検査はやっていませんので、風邪で来院の方は通常の風邪として診察し、薬をお渡ししています。胃腸炎も増えています。胃腸炎の初期は発熱と倦怠感だけという場合もあり、2、3日たって吐き気や下痢が出てくる場合もあります。当然早めに治療した方が軽くてすみますので、我慢せずに受診されることをお勧めします。

    ところで、明日の朝は経営者モーニングセミナーで講演を頼まれました。主に熊本県下で会社を経営されている社長さんたちを対象に1時間弱のお話をします。多業種交流会みたいなところで私のように医療従事者が講演をするとなると、当然健康関連の話題が適切ではないかと思います。ただ、ありきたりの血圧や糖尿の話をしても仕方ないので、もっと社長の皆さんの切実な関心ごとを掘り下げて役に立つ情報提供をしたいと準備中です。

    集まる社長さんたちの時給がいくらか知りませんが、仮に時給1万だとします。50人を相手に講演をすると、私の講演内容が50万円を下回れば、熊本経済にとってマイナスということになります。それぞれの参加者が自分の時給以上の価値を受け取って帰って頂かないといけないと思います。会社の会議も同じです。社員の時給が2千円とします。10人集めて1時間会議をしたら2万円、そこに部長や社長が参加すれば1時間当たりの会議のコストは3万とか5万になります。何も決まらない、各部署の報告だけの会議なら赤字です。その会議の時間それぞれが自分の仕事に専念した方が採算プラスです。このように、会議は人件費の合計を考えてダラダラしないことが大切です。当然資料は事前に回して意見はあらかじめ考えておいてもらうべきでしょう。