むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 時間泥棒

    ホリエモン(堀江貴文)の「多動力」という本を読みました。Kindle Unlimited(アマゾンキンドルのサービス)の人は無料で読めます。私もアマゾンキンドルで読んだので無料でしたが、お金を払ってもいい内容でした。言うまでもなく著者のホリエモンは多動症で、じっとしていられない性格です。楽しいこと、面白いことがあればすぐに飛びつきます。結果的にそれがビジネスにつながればよいし、つながらず損しても楽しんだらOKです。最近は北海道で民間ロケットを打ち上げようとして失敗続きでなにやってんだろうという気もしますが、本人は楽しんだものがちだと言うところでしょう。仕事で悩んでいる人は一度読んでみるといいと思います。

    一晩に行けるレストランは1件というのは単なる思い込みで、やろうとおもえば一晩に10軒のはしごでもできる、なんて言うのは私が韓国で実践したことそのものです。私たちの時間は限られているのですから、したいことをどんどんすればいいと思います。時間はとても大事なので、自分の時間を横取りしてくる人とは付き合わないこと、これはとても大切です。私たちが患者さんと話しをする時間は仕事そのものですから構わないのですが、製薬会社の人たちが用もないのに挨拶に来るのは迷惑以外の何物でもありません。結局自分の会社の薬を使ってくれと言って帰っていきます。何か役に立つ情報でも持ってきてくれれば会った甲斐があるのですが、殆どの場合、単なる時間泥棒です。

    もう一つ迷惑なのが、会社の上司が患者さんのことについて問い合わせてくることです。ストレスで仕事に行けなくなった患者さんが仕事に復帰できるかどうかなんて、私に聞かれてもわかるはずないです。やってみるしかありません。そもそも会社の超多忙な環境だったり有無を言わさず仕事を振ってくる上司が問題で体調が悪くなっているのですから、そこが改善しないのにうまく復職できるかなんて私に聞かれてもわかりません。そこを棚に上げておいて患者さんが復職可能かとか、復職に際しての注意点を教えてほしいとか聞きに来るのは単なる会社のパフォーマンスであり、実際に患者さんのことを思っているわけではない気がします。こういう人たちにつきあわされるのは私にとっては時間泥棒そのものです。

    ガンナム(江南)、ソウル

  • ネーミングの重要性

    子供が出来たら「名前なんにしよう」という話になることでしょう。それと同じで、クリニックなどをオープンする際にもそのネーミングにはひたすら頭を悩ませます。それほどネーミングは将来を左右する重大なものです。ところが、私の家の近所に看板も名前もないパン屋があります。みんなこの店を話題にすることは殆どないと思います。なぜなら、名前という共通認識がないため、あの店美味しいよとか、あの店をネットで検索しようというときにキーワードがないのです。もし、名前がなくても「クロワッサン専門店」など、なにか際立ったキャラクターがあれば、勝手なあだ名が付きますからいいんですが、そうでもない場合、早晩世の中からは忘れ去られる運命だと思います。

    病気にもネーミングが重要な働きをします。2005年に突然世にあらわれたメタボリックシンドローム(いわるるメタボ)という言葉は有名です。これは、内臓脂肪、高脂血症、高血圧、高血糖の4つが寿命を縮めるリスクになるというものです。診断基準の内臓脂肪は本来CTをとらないと計測できないのですが、便宜上腹囲測定で代用したため、なんとなく肥満=メタボという雰囲気が世に広まりました。腹囲を測っても、それが内臓脂肪ではなく皮下脂肪だったら、メタボのリスクではないし、そもそもメタボリック症候群というものの診断基準は肥満ではなく、内臓脂肪蓄積(腹囲が基準以上)+脂質、血糖、血圧の3つのうち2つ以上が基準を超えるものですから、血圧や脂質が正常で単なる肥満者はメタボの診断にはあたらないのです。しかし、これをメタボと呼んで、肥満者の代名詞にしてしまったため、取り返しがつかない誤認識が世に広まってしまいました。

    今日、ためしてガッテンを見たら、「肩こり」と「首コリ」は別物だと言っていました。これは、「首コリ」という概念を区別してネーミングすることで、治療方法も異なることをはっきりさせるという意味で大切なことです。今日のがってんで言っていたことは、私も日頃患者さんに鍼治療をする立場として認識していましたが、鍼灸師さんがちょっとしたテクニックを番組で披露していたのを見て、目から鱗が落ちました。

    ソウル 明洞

  • 労働市場は売り手市場

    また、月初めでレセプトチェックが忙しい時期です。先月(1月)はインフルエンザの患者さんが多かったため、レセプト枚数が多く、チェックにも時間がかかります。今週末はそれにかかりっきりとなります。さて、来週2月4日からは、熊本電子ビジネス専門学校から医療事務の勉強をしている学生さんが実習に来ます。当院で3週間に渡って医療の現場を体験してもらうことになっています。受付や診察室で見かけたらよろしくおねがいします。若い学生さんですから、将来の金の卵です。大切に育てたいと思います。

    当院の通院患者さんからよく聞くのですが、どこの職場も人手不足が相当深刻なようです。これからの日本は更に人口が減って来ます。高齢者は増えて、若者が減りますから大変です。若い人を雇いたくても無理ですから、シルバー人材に期待するしかありません。それにしても、すでに若い人たちには相当な負担がかかっているようで、夜勤などをしてくれる人手不足は深刻です。シフトに入ってくれる人たちはかなり無理しているので、体を壊さないか心配です。先だっての国会では外国人労働者の受け入れを議論していましたが、タイムリミットはすぐです。

    特に介護現場などでは人がいないため、建物を作っても可動できないようなところがたくさんあります。よほど給料を上げれば人材も揃うのでしょうが、人件費にかけられる額は限度がありますから、厳しいです。私が患者さんにお話できるのは、いまは働き口は探せば結構あるということです。今の現場が嫌なら転職も割と簡単な時代です。売り手市場ですから、なんとかなります。そのあたりに希望を持って頑張っていきましょう。

    江津湖に沈む夕日

  • 漢方の講演の準備

    長年漢方を専門にしていると、各地で漢方の勉強会があるので、講演会の演者を頼まれます。それぞれの会の主催者から演題のリクエストがあります。もうすぐ2つの講演をひかているのですが、一つが「心療内科の漢方治療」もう一つが「産婦人科の漢方治療」です。私の講演を聞いてくれる人たちに聞いてよかったと思ってもらえるように話の内容を構成するのは大変です。ただでさえ、毎日臨床に追われて全く時間がありません。仕事、食事、寝る、毎日これ以外何をする時間もありません。

    講演はスライドを使うのですが、だいたい1分で1枚使います。60分なら60枚、90分なら90枚は必要になります。相当な労力です。実は、スライドを作る手間暇もさることながら、全体の話の流れ、構成を考えるのに1ヶ月以上かかります。一度考えがまとまれば、あとはそれを決まった枚数のスライドに仕上げるだけです。今週末は久しぶりに家でゆっくりしたので、あさからノートとペンをテーブルに置いてひたすら考えました。Google検索しながらアイディアを広げていきます。一度考え出すと芋づる式にキーワードは浮かんでくるので、忘れないように目の前にパソコンとiPadを合計3つ立ち上げてそれぞれの画面に検索結果を表示しながら思いついたことを調べていきます。朝から始めて夕方にはA4で5枚位の構成ができました。単純にこれをスライドにすれば25枚位になりますが、あとは検索して膨らましたアイディアをスライドとして肉付けすると60枚位にはなります。

    私の臨床のスタイルは漢方一本ではありません。西洋薬もたくさん使うし、最近はビタミン剤やプロテインも使います。それくらい総合的に取り組まないと難病の患者さんには太刀打ちできません。また、診察中の患者さんとの会話も薬です。カンセリング料をとるほど時間をかけまていせんが、一言一言言葉を選んでいます。愛情を込めて、親しみを込めて、尊敬の念を込めてお一人おひとりと話します。言葉のちからも薬以上に治療になるからです。したがって、私の漢方の講演を聞いて理解してたと思っても、それは私の診療テクニックの全てではありません。

    郡市対抗女子駅伝

  • 緊張してお腹が痛くなる人へ

    猛威を奮っているインフルエンザは少し下火になってきたようです。このまま収束に向かってほしいものです。高校受験もいよいよ始まるようですので、体調も万全に頑張ってもらいたいと思います。ところで、このような試験や大きな発表会などで必ずお腹が痛くなって下痢したりするという人がいます。他にも、緊張で震えたり過呼吸みたいになってしまう人もいます。こういう緊張しやすい体質は、なかなか難しいのですが、ある程度は薬でなんとかなります。先日も、受験前に緊張でお腹が痛くなるのを治してほしいと言われました。あまり直前に言われても困るのですが、少し余裕を持って相談していただけると、いろいろ試すことができます。

    そういう試験などの緊張する状況でなくても、精神的、あるいはストレスから体調を悪くすることはいろいろあります。学校や会社に行こうとすると吐き気がしたり頭痛がしたり、腹痛がしたり、いろんな症状が出ます。このようなストレスから来た身体症状も薬である程度はコントロールできます。根本的にストレスのもととなっていることが解決するわけではないのですが、薬の力でストレスをストレスと感じなければ、体はあちこち痛くなったりしません。

    当院では、漢方を併用することで安定剤などをできるだけ最小量で使うように心がけています。ただ、子供さんなどでは、漢方がうまく飲めない場合もあります。そのような場合は漢方にこだわらず、飲める薬でなんとか考えます。最近、インフルエンザなどの患者さんが殺到している関係で、このような心療内科の患者さんはあまり予約が入らない状況です。おまたせしてすいません。入試や就活などどうしても期限が切迫している場合は電話予約の際に事情をお話ください。なんとかお力になりたいと思います。

    ソウル駅から明洞方向 左が南大門市場