むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 忙しい=「心を亡くす」です

    今週熊大医学部から病院見学(実習)に来ていた学生さんは金曜日で終了となりました。診察中、気になってプライベートの悩みなど話しにくいと感じた患者さんもおられたことと思います。ご協力ありがとうございました。彼らも数年すると本物のドクターとしてデビューします。そのときに今回の当院での体験を活かしてもらえたら幸いです。

    今週は、診療でも一週間通してずっと忙しかったのですが、診療後も講演会の座長などいくつもの予定が入っており、忙しく過ごしました。金曜は意識的に何も予定を入れなかったので、やっと一息つけました。自宅でゆっくりネットを見たりお風呂につかったりしてしばしの息抜きです。忙しいという漢字はりっしんべんが心の意味ですから心を亡くすという意味です。心療内科で相談に来られる患者さんも、仕事が忙しすぎてもう限界だと言うことでしばらく休職したいとか、できれば転職したいと言われます。そして、自分が弱い、だめなのは自分、みたいに自罰的になる場合と、そこから離れたいという逃避的になる場合があります。

    いずれにしろ、忙しい=「心を亡くす」ですから、過労で体も心も疲れてしまったらしばらく有給を使うなり休職するなりしてゆっくりしないと回復しません。忙しいときに食事をおろそかにするのもメンタルを弱くします。忙しいときほど食事のバランスを考え、睡眠時間も最大限確保することが大事です。

     

     

  • 漢方煎じ薬とエキス製剤の違い

    私は漢方を専門にしているとはいえ、通常はツムラなどの漢方製剤を処方しているのが現状です。私たちが漢方薬と言っているのはエキス製剤と言って、工場で生薬を煎じてフリーズドライにしたものをパッケージしたものです。ちょうどコーヒーの代わりにインスタントコーヒーを飲むのと同じです。コーヒー好きの人なら当然豆から挽いて入れたのとインスタントじゃ全然別物、と言われることと思います。たしかにそのとおりです。しかし、流通の問題などから私たちの処方する漢方はインスタントコーヒーみたいなものなのです。

    それでもきちんと使えばバッチリ効くのでエキス製剤に文句はないのですが、いちど本物を知ったらインスタントのクオリティーがこんなものかと思うことでしょう。また、コーヒーに例えるなら、キリマンジャロとかグアテマラなど産地によって味が違います。漢方薬も産地により少しずつ味わいが異なります。一流品は名産地に限ります。また、同じ産地でも一級、特級などグレードがあります。当然中国では品質によって値段が異なりますが、日本の保険制度では国が定めた薬価があるので、高級品を使うと薬局が損する仕組みになっています。以前は特級品は香港や台湾の金持ちとアメリカのチャイナタウンの華僑が持っていました。今はおそらく中国国内の金持ちのところにあると思われます。

    わたしの桜十字時代の同僚でで友人の石井氏が東京に漢方薬局をオープンしました。品質の良い生薬を扱っているそうです、むかし彼と一緒に仕事をしたおかげで生薬(煎じ薬:本物の漢方薬)の知識と経験が飛躍的に増えました。今日は石井氏が熊本に来てくれたので久しぶりにお会いして一緒に食事をしました。趣味を仕事にしているので、手抜きなしにどんどん頑張っている姿が素晴らしい。思い返すと、彼と知り合ったのは運命だったと感じます。ふたりして漢方に猪突猛進し今に至ります。

    いよいよ12月ですね

  • 職場のストレスをどうするか

    福岡では心療内科関係の勉強でした。最近は職場のストレスで休職する患者さんが毎日のように来院されます。うつみたいな症状ですが、うつ病ではありません。多くの場合適応障害という診断になります。職場を離れてしばらく休職すると元気になる人が多いのですが、復職するとまた同じストレスでやられてしまいます。結果、休職と復職を繰り返すことになり、職場からは長く休んでもいいからしっかり治ってから出てこい、と言われます。

    しかし、職場の人もわかっていないのですが、本人にとっては職場のストレスが問題なので、休職中は至って元気で、なんなら旅行にだって行けるくらいの人もいます。それでも復職すると2−3週間しかもたないというのでは、こちらも復職可能という診断書を書いてあげたくても躊躇してしまいます。そこで、いつも患者さんにおすすめするのは、部署異動などを職場と相談することです。移動できるくらい大きな会社ならいいのですが、小さい会社だと難しくなります。また、学校の先生の場合、年度替わりの4月でないと転勤は難しいし、人事権が校長ではなく教育委員会だったりするので、思うようにいきません。

    パーフェクトなひとなどいませんから、仕事内容に関しても向き不向きがあります。職場内で移動させてみたらその仕事は苦手、という場合があります。よく上司は、自分も最初はわからなかったが、1年頑張れば大丈夫、とか、経験談をされる場合も多いですが、何年たってもなれない苦手な仕事というものはあります。そこを無理強いせず、適材適所を心がけたいものです。

    朝焼けに染まる福岡タワー@百道

  • 冷えると血圧が上がります

    今週は週半ばに祝日が入ったおかげで、明日はもう土曜日です。ラッキー。この嬉しさをアメリカではTGIFといいます。Thanks God It’s Friday(神様ありがとう、今日は金曜日!という意味)私は週5.5日働いているので、通常なら基準を超えた勤務体制を6年以上続けています。なぜ基準を超えた勤務が可能かというと、経営者だからです。従業員は週5日までという決まりです。自分で起業してすべての債務などの責任をおっている以上、一日8時間とか週40時間という枠にはまった仕事で済むはずがありません。毎日100名近い患者さんをみるだけでも相当な労力ですが、街路樹の落ち葉清掃とか院内のモップがけとか、半分は趣味でやっている面もありますが、毎日忙しいことこの上ないです。さらに、来月は冬季賞与もあるので、今日はスタッフ全員にボーナスをいくら出すかの計算をしました。物価も上がっているし、毎日忙しい中頑張ってもらっているスタッフには去年よりいくらかでもプラスに払いたいと思っています。そういう私は経営者ですからボーナスはゼロです(涙)。

    さて、昼はぽかぽか陽気で気持ちいいですが、朝晩は結構冷えてきました。それに伴い血圧が上がった患者さんもたくさんおられます。そういう場合、冬の間は血圧の薬を追加したり強い方の薬に変更します。うまく行けば春にはまたもとの軽い薬に戻せるのですが、節制できない場合、来年春すぎてもずっと強めの降圧剤を飲むことになります。冬は鍋やおせちなど塩分のとりすぎ、太り過ぎで血圧も尿酸もコレステロールも上がりやすい季節です。少食にして運動の習慣を持ちましょう。

    今日は、患者さんが骨を丈夫にするため毎日カルシウムのサプリとか牛乳を摂ります、と言われていましたが、すかさず「それではだめです」と言いました。カルシウムは心臓の毒です。血圧が上がったり不整脈の原因となります。取ったカルシウムは骨にならず腎臓から尿中に排泄されるので結石を作ります。牛乳もほとんど骨に関係ありません。食品で骨を丈夫にしたければ納豆です。ビタミンKとイソフラボンが役に立ちます。しかし、それより何より運動です。骨に重力がかかる縄跳び、ジョギング、テニスなどが一番です。ウォーキング程度では骨に刺激が入りません。

    俵山

  • 効率的に仕事をこなすには

    連休明けで忙しい一日でした。訪問診療を合わせると120名ほどの診察をしました。集中力が途切れないように気をつけながらなんとか夕方までやりきりました。インフルエンザの予防注射も並行してやっていますので、かなり忙しい一日でした。忙しい中にも昼ごはんを食べる5分とか10分あるとNetflixなどのドラマをちょこちょこ見ています。一日にドラマを見る時間は昼ごはんと寝る前の合わせて15分くらい。1話見るのにも1週間位かかったりします。それなのにNetflix, アマゾンプライム、 dTVの3つの配信サイトそれぞれでいくつものドラマを並行してみているため、今見ている途中のドラマは20本ぐらいになってしまいました。最近気に入っているのは「ハベクの新婦」「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「夜食男女」「夕食、一緒に食べませんか?」どれも韓国ドラマでタイトルが変ですがおもしろいストーリーばかり。ときにはこれらを全部5分ずつ見る日もあります。

    仕事を一つずつ丁寧にこなすタイプの人と、私のように同時進行でババーとする人がいます。これは学生時代の勉強や遊びの習慣が関係していると思います。私は昔から並行していくつものことを同時にする方でした。今、それが仕事で役立つと思うのは、カルテが10冊ぐらい並んでいる時、もちろん一人ずつ診察するのですが、その後ろでは糖尿病の検査に回した患者さん、心電図をとっている患者さん、インフルエンザのワクチンの順番まちの患者さんなどが同時進行で動いています。それらを同時に意識しながら診察しています。例えば、カルテの入力が終わった瞬間私は立ち上がります。隣にインフルエンザワクチンの人が入る気配がするからです。

    私の診察する横には看護師さんがサポートしてくれるのですが、ベテラン看護師さんはカルテを渡すときに「〇〇さん、血圧の定期です」とか「レントゲン出来上がりました」とブリーフィングしながらカルテを渡してくれます。この一言で次の患者さんのことがわかるので15秒くらい節約できます。何も言わずにカルテを渡されると、それから電子カルテを開いて、過去何回分かの記事を読んで流れを把握してそれから患者さんを呼び入れるので時間がかかってしまいます。

    今朝の朝焼け クリニック駐車場にて