むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • ワクチンの準備状況

    学校はいよいよ新学期です。私は金曜日に仕事が終わってから医師会の心臓検診班会議でした。今年もいよいよ心臓検診が始まります。新学期に小中高校で心電図検査があり、その二次検診を行うものです。私はこの検診に参加するようになって7年ほど経ちます。毎年毎年大勢の学生さん達が心電図異常で再検査になりますが、この検査を行うことによって学校での体育の授業やプール、部活動などが安全にできるので非常に重要な検診です。来週から夏休みが始まるまで毎週土曜の午後に心臓検診です。ボランティアですが、循環器を専門としている以上、専門を活かして社会に貢献するのは使命だと考えています。

    話は変わりますが、コロナワクチンが熊本に到着したとニュースで言ってました。高齢者優先枠の分だと報道でしたが、実際はまだ熊本市内の医療従事者にほとんど行き渡っていないので、今回届いた分と次回到着分まではほぼ一般には回ってこないと思われます。当院も接種施設として準備中です。厚労省や県、医師会などからどんどんメールが来ます。ワクチンに関するマニュアル等です。それに加えてファイザーからもメールが来るし、予約システムを受注しているJTBからもメールが来ます。多すぎてわけがわかりません。特に、行政から送ってくる通達みたいなメールは何度読んでも意味がよくわかりません。しかしいよいよワクチンが入荷する日も近づいてきたので、わからなくても準備しないといけません。みなさんに不利益があるといけないので、診療の合間に大量のメールを読み直し、何百頁もあるマニュアルも読み込みました。

    しかし、どこをどうしたら予約システムに入れるのか、当院のIDやパスワードはなにか、どこを見てもわかりません。仕方なく、国の問い合わせ先にメールして、質問をしました。結局、予約システムの入口となるWEBアドレスや当院のIDなどをおしえてくれたのが今朝です。急いで当院スタッフの予防接種の予約を入力し、予診票の発行までたどり着きました。それとは別に、県独自のシステムも併存しており、ファイザーの市販後調査も同時進行です。ID、パスワードなどが乱立して大変な状況となっています。

  • 生活指導の難しさ

    毎年のことですが、当院は4月1日からしばらく暇になります。外来患者さんが急に減るのです。例年、月の後半には普通に戻るので心配していませんが、経営のこともあるので、暇だからと言って喜んではいられません。いつも慌ただしくして、患者さんとゆっくり話す暇もないのですが、このところの患者数だと、お一人お一人ゆっくり話したり検査する時間がとれています。本当は、我々医者の仕事というのは、検査値を見て薬を出すだけでなく、お話を通してどんな生活習慣が問題で今の病気が起こってきたかとか、そういったの問題点の解決方法まで一緒に考えてアドバイスするべきと思っています。検査値を見て薬を出すだけなら今後AIロボットがとって代わる日も来るのではないかと思います。

    生活指導で思い出しましたが、例えば高血圧の患者さんには「塩分を控えめにしましょう」ではなく、「塩分7g以下にしましょう」と具体的に指導しなさいと厚生局から注意されます。数年に一度、厚生局からカルテを見せろといわれて、適切な指導をせずに薬だけだしていると、怒られるのです。しかし、塩分7g(一日合計)がどんな料理になるかとか、まともに指導しようと思えば、料理教室までしないといけなくなります。仕方ないので、国が言う通り7g以下にしましょうと言うにとどまります。

    実際の問題は、塩分7gがどんなものかというところではありません。料理を誰が担当するかがポイントです。もし、お嫁さんが作るのなら、おじいちゃん本人に塩分7gにしましょうと言っても意味はありません。同居している孫のために毎日ハンバーグとか、スパゲッティーという家庭で、おじいちゃんおばあちゃんだけ薄味の和食にするなんて、無理だと思います。そういった個々の問題を考えながらアドバイスするのが本当の意味での生活指導だと思うのですが、現実的にはなかなかできていません。

  • コロナワクチンの予約(熊本市内はまだです)

    コロナワクチンの話題です。熊本市内では医療従事者の分もほとんど行き渡らず、いつになったら始まるんだろうと言う状況です。一方、郊外の方ではすでに医療者枠は終わっており、高齢者に案内が始まっています。人口密度の少ないところに先にワクチンが行き渡るのは変な話です。できれば、熊本などほとんど患者さんがいないので、大阪や東京など患者さんの多いところにワクチンを回してあげてはどうかと思います。

    今日は昼に暇だったので、待合ロビーでワイドショーを見ていたら、ワクチン予約の話題をやっていました。東京の郊外も高齢者枠の予約が始まったそうです。予約センターに電話かネットで予約するそうですが、高齢者ですからネット予約よりまず電話をする。その結果、予約センターは電話が殺到して、電話はつながりません。仕方なく、スマホをあれこれいじくってやっと予約しようとしたら、「4月の予約枠は終了しました、次のワクチンが入荷するまでお待ち下さい」だそうです。結局電話がつながった人も、わずか10分で予約枠は終了したそうです。

    去年の冬はインフルエンザのワクチンもあっという間に品切れでした。例年より多めに入荷したのにわずか2週間ほどでシーズンの予約枠が全部埋まってしまい、多くの患者さんに行き渡らずに不満を持たれた方も多かったと思います。コロナワクチンはインフルワクチン以上に流通が面倒でいつ頃何本入ってくるのか全然わからない状況です。皆さん、我先にと自分のことばかりいわず、お年寄りや重い持病のある人に回してあげるくらいの心の余裕を持ちましょう。

  • 草取りは種が飛ぶ前に済ますべし

    以前も書きましたが、最近は犬の散歩はジョギングするようにしています。犬の速さに合わせるので、歩くような速さだし、電柱のたびに立ち止まるので、たいした運動にはなっていません。それでも、歩くよりは心拍数も上がり、カロリー消費しているのは間違いありません。毎週、訪問診療でエレベータのないアパートの4階まで階段を登るのですが、今まではお宅についてからハーハーなっていましたが、ジョギングするようになって、全然息切れしなくなりました。あんなにのんびりしたスロージョギングでも、心肺機能にいい影響があるようです。

    クリニックの駐車場には植木の植え込みがあるのですが、あっという間に草だらけです。朝6時過ぎから草取りをはじめましたが、30分もとると30Lのビニールに2つ3つ取れます。腕が疲れて、これ以上頑張ると診療にさしつかえると思い、途中でやめました。昨日今日の2日連続で全体の半分近くは取れました。あと2日あれば全部いけますが、相当な労力です。マメ科の草みたいで、おそらく去年草取りしたタイミングがおそすぎて豆みたいな種が草取りの最中飛び散ったみたいで、同じ草があたり一面大量に生えてしまったのです。今年は種が飛ぶ前に頑張って全部取ります!

    病気も同じだと思います。早めに取ればきれいに治りますが、ある一点を超えてしまうと、取ろうとしたときに悪い種をばらまいてしまって、かえって最悪の結果を招きます。去年はコロナで受診控えが多かったですが、イギリスの研究で、乳がん検診(マンモ)を1−2年サボると乳がん死亡率が有意に増加するという結果が得られたそうです。早めに見つけて処理することの大切さは草取りも検診も同じです。

    クリニック前の公園。桜をバックにツツジが満開です

  • 年度末はきれいに締めくくりましょう

    忙しいときに、元気づけにドリンク剤を飲むというひとが結構います。ドリンク剤はビタミンやタウリンなどが入っていることはご存知のとおりですが、飲んで元気になるのはそういった成分ではなく、カフェインのことがほとんどです。小さいボトルに大量のカフェインが入っているので、一瞬元気になります。それを飲んで頑張ったあとにはどっとツケが回ってきます。あまりドリンク剤に頼らないようにしましょう。はやりのエナジードリンクも同じです。ビタミンやタウリンが飲みたかったら錠剤にしましょう。

    忙しいという字はりっしんべん(心という意味)に亡くすと書きます。心をなくしてしまうわけです。年度末、忙しい人はたくさんいますが、心をなくしてしまわないようにしましょう。「心無い」といえば、上司の言葉。最近はオリンピック関連で心無い言葉が原因でトップの辞任などが相次ぎました。もっと身近にも、こんなダメ上司がいると思います。もし自分が上司の立場なら、ひごろから言葉には注意しましょう。思っているとポロッと出てしまうので、日頃からいいことしか考えないように習慣づける必要があります。もし、残念ながら「とんでも上司」を持っているなら、あまりその言葉に一喜一憂しないようにしましょう。その上司の言葉が自分に向けられたとしても、それは自分ではなく関係ない第3者にむけられた言葉だったかのように軽くかわすようにしましょう。

    いよいよ3月も終わりです。明日から新年度がスタートします。今日は年度最後の日ですから一年の締めくくりとして最後はきれいに締めましょう。家に帰れば靴を揃えるとか、後片付けをするということが運を開きます。今日、年度末をきれいに締めくくるのは、来たる新年度をラッキーにする鍵となりますよ。

    ホスピタルメント