むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 中国語の勉強をはじめました

    台湾のドラマにハマってしまったついでに中国語をもっと勉強しようと思い立ちました。季節は春。新しいことを始めるにはもってこいです。私たちの世代は語学の勉強といえばNHKラジオ〇〇会話みたいなやつですが、そんなの聞いている暇はありません。今はオンディマンドの時代です。放送の時間に縛られる生活はできません。次にYMCAなどの教室。これも時間を考えると無理です。そこで思いついたのがYouTubeです。検索すると無料でどれだけでも中国語講座がでてきます。なかには台湾語講座もあります。何が違うのかみてみたら、台湾語は漢字が日本語に近い旧体字で読みやすい。中国語は簡体字なので字から覚える必要があります。とりあえず初級編の面白そうなコンテンツを見始めました。

    驚いたのは、中国人の子供は小学校に入学する前に覚えないといけない漢字が1620文字だそうです。凄まじいです。そして、日本育ちの中国人YouTuberの女の子が言っていましたが、親の都合で日本から中国に転校したら、中国の勉強がすすみすぎていてついていくのに必死だったとのこと。全寮制の中高一貫校で朝は7時半から始まり、午前4時間、午後4時間、夕食後に4時間の一日12時間授業だそうです。経済発展する中国。そして人口が多いので競争も凄まじい中国。日本はもうはるか後ろに遅れを取っています。

    新型コロナ肺炎に関しても、中国からはあっという間にものすごい数の論文が一流雑誌に掲載されていますが、日本からはほとんどそういう発表はありません。単に語学力の問題だけでなく、基礎学力、競争心、モチベーションなど全てにおいて日本はゆとり世代であり、急速な人口減少が始まり衰退しつつある社会なんだと感じます。

  • 仕事中の集中力を保つコツ

    週末、御船の華ほたる(温泉)にいきました。ここは7月に閉館すると言っていましたが、新コロの影響で来館者数が激減したので今月いっぱいで閉館することになったと書いてありました。残念です。あんなにいい温泉が熊本市内から30分ほどで行けたのに、これからは遠くまで行かないといけなくなります。温泉には農家直売の八百屋さんがあるのですが、キャベツが3つで100円でした。買ってきたら、家にもキャベツが1個あり、今日は生協から1個届いたので、冷蔵庫にキャベツが5個になってしまいました!この季節の春キャベツは香り高く、歯ごたえもシャキシャキととても美味しいですね。毎日山のように食べます。ポン酢とマヨネーズと、塩コショウを使います。

    ところで、先週から今週にかけて当院の外来者数は相当多くなっています。待ち時間が長くなってすいません。私もほとんど休むこと無く働いています。気がついたら夕方6時過ぎていました。これだけ忙しいと、集中力がよく続くなと思われるでしょうが、全く落ちません。常に全力です。これだけぶっ通しで集中力を落とさず全力投球できるのにはコツがあります。まず、糖質を取らないことです。朝はコーヒー1杯だけ、昼は卵焼き(ブロッコリー、アスパラガス、チーズなどを入れて焼いたもの)だけ食べています。集中力を保つには血糖を上げないことが大切です。血糖が上がるとその後下がります。下がったときにボーとするのです。

    もう一つが3分でもいいから昼に仮眠することです。いつもは昼休みに往診に行くのですが、看護師さんに運転を任せて私は目をつぶります。車の中は寝るには最高です!今日は銀行に行く用事があったのですが、すごい混雑でした。仕方ないので銀行の待合で目をつぶって呼ばれるまで10分ほど仮眠がとりました。おかげで午後の診察もノンストップで駆け抜けることができました。

  • 春ですね〜

    いよいよ春ですね。あちこちで桜が咲き始めています。春分の日はクリニックも休みですが、訪問診療は予定通りあったので、朝からクリニックに出勤し、予定の10名以上の患者さんのカルテや処方箋を準備しました。いつもは、訪問診療に同伴してくれる看護師さんがカルテ作成を手伝ってくれるので私は外来診察に専念できるのですが、久しぶりに自分で一からやったら結構時間がかかります。前回までの診察の流れを把握し、今日の処方を予測して準備します。診察では10名以上の血圧を測ったり薬の飲み忘れがないか確認しながら回ると結構時間がかかりました。診察が終わったら、クリニックに戻ってもう一度全員分のカルテを記載し、最終的な処方箋を完成させます。

    昼過ぎには訪問も終わったので、街までランチにいきました。久しぶりに三年坂のタイ料理PinTongに行くと、新メニューがあったのでそれをいただきました。店員さんからは、お久しぶりですね、と挨拶されました。覚えていてくれて嬉しい。連休の下通りはすごい人通りで、コロナ騒ぎはどこ吹く風です。春の陽気にみんなうきうきです。私はランチを済ませたら一旦帰宅したのですが、夕方4時頃から久木野にあるグリンピア南阿蘇の温泉にいきました。この温泉は阿蘇の雄大な景色を楽しめます。

    夕方の阿蘇路は行楽客が帰っているので、道がこまない。新コロの影響はどうかと思ったら、ホテルは家族連れですごい人出です。広い駐車場は満車に近い状態。夕日の頃の露天風呂は素晴らしい眺めです。ゆっくり風呂に入った後は、阿蘇山の見えるテラスでノンアルコールビールを飲みながら、もうすぐくる大不況をどう乗り切るか、瞑想しました。ウェイターさんは久しぶりに大勢のお客さんが来ました!と嬉しい悲鳴を上げていました。

    グリンピア南阿蘇にて

  • コロナ後の新時代に向けて

    テレワークが進んできました。在宅で仕事をする人が増えていますが、今回のコロナ騒ぎを期にテレワークは私たちの生活に定着すると思います。そうすると、交通渋滞は緩和するし、イヤな上司などとの人間関係も随分解消されることと思います。これこそ、究極の働き方改革です。期せずして、新コロさんのおかげで私たちの働き方は劇的な変化を遂げることでしょう。この在宅ワークの結果、都心部の昼人口が減り、郊外の住宅地の昼人口が増えます。これまでは、ドーナツ化で、郊外に住む人は多かったのですが、その郊外の人口が多いのは夜だけでした。したがって、商売をするには都心部の一等地に限るというのがみんなの思いだったと思います。

    これからは180度考えを変えないといけません。昼間に郊外の自宅で仕事をするわけですから、都心に店を構えても思ったほど売上は上がらなくなります。目指すべきは住宅街です。また、サービスはデリバリーできるものならデリバリーする方法を考えないといけません。今はマクドナルドでさえも電話すれば出前してくれる時代です。今やっているサービスをお客さんの家まで届けるのいうのがこれからのあるべき姿と確信しています。

    当院は郊外の住宅地に建っています。まさに、これからの時代に即した立地です。これは、クリニックを建てるときからこういう状況を想定して土地を選んだのです。また、高齢者のお宅や老人ホームには積極的に訪問診療という形で医療をデリバリーしています。先日、このブログで当院の訪問診療の患者さんの割合をもっと増やしていきたいと書きました。そして、院内の朝礼でもその意志を表明したところ、早速何件もの新規契約がとれました。カーナビは、目的地を入れなければ道案内してくれません。経営も同じ様に目的地設定をすることでスタッフの気持ちと行動が一致して進むべき方向に進むんだなと実感しました。当院は新時代に向けて着実に変化しています。

  • 本田健 著「大富豪からの手紙」素晴らしい!

    2ヶ月ほど前と今とで、みんなの貯金残高や財布の中身はさほど変わらないのに、商売をしているところはどこも資金繰りに困っています。日本全体のお金の量は変わっていないはずなのに、人出が制限され、みんなが旅行したり買い物しなくなったためにお金が回らなくなったわけです。日銀やアメリカのFRBは金利を下げて量的緩和を進め、経済対策をしようとしていますが、それはおかしいのです。人の体に例えれば、お金が回らなくなったのは心不全です。お金(血液)の総量は変わっていないのに、量的緩和(輸血)をすれば、一瞬体調は良くなったように見えてもだぶついた血液が体調を悪くするのです。

    最近このようなお金の不思議について考えます。日曜日にうちの本棚をまた断舎離して、10冊以上の本をブックオフに持っていきました。全部で700円ゲット!前回は本を売ったお金でパンを買いましたが、今回はブックオフにある本を1冊買いました。本田健さんの「大富豪からの手紙」という本です。2−3年前のベストセラーなので記憶に新しいと思います。今朝読み始めましたが、もうすぐ読み終わります。大富豪のおじいさんが、資産をすべて寄付して財産を1円も残さず、代わりに人生の生き方、お金との付き合い方などを9つの手紙に書いて孫に渡したという話です。

    印象的だった一部を紹介します。主人公(孫)がレストランでバイトをしていて、やる気満々で半額キャンペーンなどを展開したところ、店は大入りだったそうです。意気揚々と主人公が店のオーナーとあって、話をしていると、なかなかオーナーからはねぎらいやお褒めの言葉がありません。なぜかというと、忙しすぎてスタッフが辞めてしまったそうです。これでは店は儲かってもプロジェクトは失敗だとオーナーに言われてしまったのです。結局、経営というのは自分の利益ばかりを考えるのではなく、従業員みんなの幸せを考えないといけないということです。素晴らしい教訓の詰まった1冊の本。ブックオフでぶらっとしていて吸い付けられるように手にとったこの本との出会いは偶然ではなかった気がします。