むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 心配しないで薬をのんで元気になってほしい

    お盆休み明けの週で混雑が予想されていましたが、やはり混みました。待ち時間をできるだけ少なくとは思っているのですが、数カ月ぶりに来る人や、遠方から時間をかけて来ておられる人を2−3分で終わるわけにも行きません。わざわざ来たかいがあったと思っていただきたいので時間がかかってしまいます。一見元気そうに見える人も、よくよく聞くと、明日は会社に行けそうもないという場合もあり、短時間の診察ではなかなか聞き出せない悩みもちょっと時間をかければ話していただけます。そこを聞き出せずに次から次へとこなしていくだけの外来診療ではいけないと思っています。

    そういう中で私が困ってしまうのが、せっかく出した薬を飲みませんでした、と言われるときです。安定剤や抗うつ薬などに抵抗があったので、飲まなかったと言われると、がっかりです。この2週間を無駄にしてしまった感じです。薬を使わず自力で過ごしてもたいして変わるはずもなく、20点くらいの毎日でしょう。薬を飲むのは嫌かもしれませんが、ちゃんと飲んでもらえば、今頃70点か80点くらいにはなっていたかもしれません。生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を上げることこそ大切だと思います。きつくて気分が沈んでいるけど、薬は飲みたくないから寝て過ごした、なんて、かぎられた人生を無駄に過ごしている気がします。薬で治るなら飲んでいいと思います。

    もちろん、薬を飲まずに自力で治ったという人がいないわけではありません。当院を受診される人の1−2割は薬を使わず治っていると思います。しかし、残りの8割位の人は薬を使ったおかげで元気になっていると思います。薬を飲んで元気になったら薬をやめればいいのです。当院では薬依存にならないよう漢方なども併用したりといろいろ工夫しているので、指示通り減薬すれば、やめられないという心配はないと思います。

  • 気温が下がると頻尿になります

    お盆やすみ明けの今週は患者さんが集中すると予想しています。できるだけ待ち時間なくスムーズに診療できるよう考えます。ただ、休み中に体調をわるくした患者さんも多そうなので、多少時間がかかるのはご了承ください。先週のお盆明けの金土はちょうど5月の連休明けみたいでした。というのは、1週間ほど会社に行かないでよかったのでリフレッシュしたのはいいけど、いざ仕事となると、朝から気分が悪くて会社にいけません、といった訴えが非常に増えています。いわば8月病です。

    もう一つは、たて続けの台風で体調を悪くしたという方です。頭痛やめまいなどは気圧の変化の影響を受けます。いつもの頭痛・めまいが悪化したと言う方がかなりおられます。今日の週間天気予報を見たら、ずっと曇りか雨みたいです。秋雨でしょうか?今年は夏の始まりが遅かったですが、もう秋雨なら夏も終わりということですね。先日、近所にコウモリが大量発生、と書きましたが、日に日に減ってきて、昨日は10匹程見ましたが、今日はゼロです。いなくなりました。そして、あたりは秋の虫の合奏でにぎやかです。

    秋に気をつけないといけないのは、アレルギー性鼻炎、喘息、血圧上昇などでしょう。また、冷えてくると、夜間頻尿がだんだん悪化してきます。夏の間は夜に1回起きるかどうかという人も、次第に2回3回と回数が増えてきます。夜間のトイレが4−5回ともなれば睡眠に支障が出ます。そうなる前に早めにご相談ください。当院は内科ですが、夜間頻尿の治療を行っています。

  • 医療は消費税増税と関係ありませんが・・

    心配していた台風は九州にはあまり被害もなく良かったです。とはいえ、中国・四国地方では大変な思いをされたところもあると思います。お見舞い申し上げます。さて、今日はお盆でしたが、どう過ごされましたか?うちの家族は昔からお盆に墓参りの習慣がないので特にどこかに出かけることはしませんが、心のなかで、祖父母やすでになくなったおじさんやおばさんの思い出を一人ひとり思い浮かべながら、見守っていただいていることに対する感謝を頭の中で伝えました。わたしたちがこの世で健康で幸せに暮らせているのはご先祖様のおかげであることは間違いありません。

    世の中に目を向けると、日韓問題、香港でのデモ、アメリカの株の暴落などいろんな問題がいっぱいです。日本はというと、消費税増税が目前ですが、食品などは8%でその他が10%という軽減税率のせいで開始前から混乱気味です。軽減税率用のレジを買い換えるようにCMではしきりに訴えています。バカバカしい話です。そんな面倒するくらいなら一律10%にしてもらったほうがよほどシンプルで手間が省けます。軽減税率用のレジなんて、数年後にはまた買い換えないといけないことでしょう。

    医療は基本的に消費税はかかりません。国が定めた公定価格です。しかし、病院が仕入れる医薬品や注射器などの材料は卸さんから仕入れるときに10%に増税されます。その分を病院がかぶらないで良いように国は考えてくれるとのことですが、外来の再診料などが10円程度上がるかもしれないと言う程度の話です。それくらいで仕入れの増税分がペイできるかはわかりません。経営的には厳しくなると思います。

    そういえば、携帯に怪しいショートメールが来ました。「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。」という文面です。これは調べてみたらフィッシング詐欺のようです。みなさんもこのようなメールを受けとったら無視してすぐに削除しましょう。決して連絡先をクリックしないように!

  • お盆休みですが、台風最接近!

    先日、近所の中学校近くに大量のコウモリらしきものを見たと書きました。その時は夜の空をとぶ物体の陰影からコウモリに違いないと思ったのですが、今日、証拠を掴みました。うちの近所にコウモリの死骸が落ちていたのです!一瞬、セミかな?きくらげみたいな黒い物体だ、小さいネズミにも見える、と思ってよーく見たらコウモリでした!!間違いなかったです。近所の中学校のプール横を歩くととんでもない数のコウモリが飛んでいてぶつかってくるかと思うのですが、あちらは超音波レーダーを持っているのでぶつかることはありません。それにしても、こんな市街地にコウモリが大量発生なんて今までで初めてのことです。

    それから、いよいよ台風接近まで1日を切りました。ものすごい台風です。警戒が必要です。熊本は幸い台風の西側に入るので、四国や近畿に比べれば被害は少ないでしょうが、それでも油断はできません。今、天気予報をボーと見ている人のうち数人が明日かあさってが自分の命日となるなんて夢にも思っていないでしょう。ちょっとブラックですが、私はこんな台風が接近するといつもそう感じます。そう思うと、人の命ははかないものです。したいことはできるうちにして、買いたい物は買って、食べたいものは食べておいたほうがいいですね。

    そういう私は、お盆ということもあり家族親戚と会食をしました。ただ、今日はクリニックは休みなのですが、銀行や郵便局は開いているので銀行・郵便局でいろんな用事を済ませました。また、訪問診療は定期的な訪問が原則のため、昼には訪問診療に行き、40度の発熱をしていると連絡があった患者さんの往診などもしました。忙しい休日でした。当院は15日までお盆休みです。今日、クリニックで訪問診療のカルテ入力などをしていたら、次々と電話があり、いろんな問い合わせがありました。お休み中、ご迷惑をおかけしますが、よろしくおねがいします。

    グリンピア南阿蘇の散歩道

  • 人を治す vs 画像を治す

    先日、産婦人科漢方勉強会に参加したときのことです。産婦人科の世話人の先生が挨拶(リップサービス?)で言われた言葉が印象的でした。「私達産婦人科医は画像を治している。漢方医は人を治している」ありがたい褒め言葉です。画像を治すという意味は、画像で発見した子宮がんなどを手術したり放射線治療したりしてきれいにして、もう一度画像を撮って「治りました」という、という意味です。そこに治療される「ひと」がいるはずなのですが、興味は画像の中にある腫瘍であり、それを取り除くのが使命だと思って仕事をしているわけです。

    逆に私達漢方を専門にしていると、画像診断はあまり当てにしていません。西洋医学的診断は参考にするのですが、それが全てではありません。例えば腰痛がある場合、西洋医学(整形外科)ではMRIをとって骨が変形しているとか脊柱管が狭窄して神経を圧迫しているとかわかったような理屈で説明します。一方、漢方的には骨盤の歪みが問題とか、猫背が負担になっているとかダイナミックな異常を指摘して治していきます。

    結果、西洋医学では狭いところを治療しても治る確率は50%程度。漢方や針を使って治療すると治療効果はそれ以上期待できますが、MRIをとってみると、腰痛が治った人でも狭窄は治っていません。結局、狭いところが神経を圧迫しているというもっともらしい説明は嘘だったということになります。画像を治しても症状が治らない、逆に画像は治らなくても症状は治る。東洋医学と西洋医学の不思議な関係です。