むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 一生食べていける職業は?

    どんな不況でも自分の腕一本で食べていける職業はなにか考えたことがありますか?医者もある程度は不況に強く、腕一本で食べていけると思うのですが、内科医は薬がないと治療できないし、外科医は手術室などの設備や麻酔科医、介助してくれる看護師さんなどの手伝いがないと腕を発揮できません。私の弟子入りした漢方の師匠(御船の牟田先生)は、床屋(美容師)はそうだといわれていました。ハサミさえあれば仕事できるし、どんな不況でもみんな髪は伸びるからです。

    今は割と景気もよく就職率がいいため腕に職をつけるという発想は少ないかもしれませんが、2020東京オリンピックが終われば一気に経済は冷えて来ると言われています。もう1年しか残されていませんが、そのあとは腕がないと食べていけないと思います。さて、どんな仕事が良いでしょう。今日、たけしの家庭の医学を見ていたら、日本人の身体3大不調の特集でしたが、1.腰痛、2.肩こり、3.不眠でした。ということは、みんな困っている腰痛と肩こりを治せる腕があれば、一生食べるに困ることはないでしょう。これらを治す職業は整形外科医とは限りません。整体師、鍼灸師、マッサージ師、リハビリ(理学療法士)などいろいろあると思います。

    ただ、こういう職業は、国家資格をとったらめでたく開業というわけにはいきません。独り立ちするには、その道で際立って腕のいい師匠について腰痛のプロ、肩こりのプロになるまで修行しないといけません。ただ、いったんそのレベルに達したら、一生モノだと、今日TVを見て確信しました。

     

  • 虫歯予防その3

    先日、歯磨きをした後にうがいをしないと虫歯が激減するという方法(イエテボリテクニック)をご紹介しました。ためしてガッテンでやっていたので、早速そのやり方を実践してみているのですが、通常の歯磨き粉ではどうしても口にあわが残って気持ち悪い。慣れたので我慢出来ないことはないのですが、イマイチです。そこで、研磨剤や発泡剤を含まないが、フッ素はちゃんと含むという歯磨き粉を注文して、今日届きました。ConCool (コンクール)という名前のジェルタイプのものです。すぐに開封して磨いてみました。歯磨き中も泡は立ちません。また、研磨剤を含まないのでザラザラしないし、電動歯ブラシで磨いても歯のエナメル質を傷つけません。磨き終わって、口の中にたまったつばを一度だけ吐き出すと、さっぱりです。全く気持ち悪さが残りませんでした。これならイエテボリテクニックなんて快適にできます。やっぱり、発泡剤入りではうがいしたくなるのは当たり前です。

    あとは、ちょっと心配しているのはフッ素の体に対する効果です。歯にいいのは実証済みですが、フッ素は毒です。あまり体内には入れたくありません。同じことはフッ素(テフロン)加工したフライパンにも言えます。テフロンが傷んでくるとフッ素をたくさん体内に入れてしまうので、テフロン鍋は使わないこと!これは健康を意識すれば当たり前のことです。それなのに歯磨きではフッ素をつけてうがいしないでいいのか?これは、矛盾していますが、歯医者に行っている暇はないので、一日1回だけうがい無しで行こうと思います。

    さて、土曜日の夕方は、福岡の飯塚病院から漢方の講演に来ていただきました。私は世話人で司会進行をしました。飯塚は九州の漢方のメッカで漢方診療科が入院病棟をもっています。本格漢方です。学生さん薬剤師さんなど幅広い職種の人に参加いただき、盛会でした。

  • 遺伝子の理解は格段に進んだようです

    日曜は忙しい一日でした。朝からクリニックのワックスがけだったため、普通どおりに弁当持参で出勤しました。院内清掃が終わるまで部屋で待機です。学校心臓検診で判読を頼まれていた350枚の心電図に目を通し、異常がある人のリストを作りました。私が引っ掛けた心電図はもうひとりの専門医がダブルチェックをして、呼び出しをするかどうか決定されます。2次検診に呼ばれた場合、精密検査が予定されます。心電図の判読の次はレセプトです。月初めは毎月前月の診療報酬の事務作業があります。一枚一枚チェックして、使った薬、検査項目、保険病名などに間違いがないか確認します。1500枚を超えているため、目も頭も疲れ切ります。

    気晴らしにスクワットをしたり音楽を聞いたり、iPadで映画を見たりしながらなんとか1000枚まではチェックが終わりました。あとは明日にかけて仕上げます。これから1ヶ月は私が校医をしている中学校の内科検診があります。全学年の生徒の聴診をしたり背骨の曲がり(側弯)のチェックをします。

    夕方NHKで遺伝子の番組をやっていました。たまたまつけたのですが、わたしたちが学生の頃習った遺伝子の知識からは想像できないほど進歩しています。見入ってしまいました。なんと、遺伝子情報は努力で変えられるかもしれないとのことです。メタボのお父さんたちがこれから子供を作る前に週週間ダイエットに励んで、メタボの遺伝子を生まれてくる子供に遺伝しないようん頑張っているところを見ました。そんな事ができるなんて、これまでの遺伝子の常識を超えていますが、努力が遺伝子レベルでが報われるなんて、夢のようです。

     

  • バイアグラにはジェネリックがあります

    天気予報では朝50,午後20%だったので、朝ふらなければ大丈夫と思っていたら、午後から結構な雨になりました。おかげで帰宅する際は傘をさしても意味がないくらいの風雨で家につく頃はズボンがびしょ濡れになりました。往診用の車があったので、それに乗って帰ればよかったのですが、帰りは濡れても特に困らないし、寒くないので楽しさ半分で歩いて帰りました。

    今日は仕事の面で2つ進歩がありました。訪問診療をしている患者さんからは、月に一度診察代を振り込んでもらっていたのですが、この度肥後銀行と契約して自動引落の準備が整いました。ご高齢の患者さんは自分で病院に来れないから訪問診療になっているわけで、銀行に振り込みに行くのも難しいのは自明のことです。自動引落にすれば便利だとは思っていたものの、一体どうすればそれができるのかがわかりませんでした。4月の法人化も終了して、クリニックの銀行口座が新たに法人口座となったことから、自動引落の機は熟したと判断し、銀行で手続きをしました。これから訪問の契約をいただく患者さんだけでなく、すでに訪問している患者さんも順次自動引き落としの手続きをしていきたいと思います。振込手数料もこれまで患者さんにご負担いただいていましたが、今後は当院負担とします。

    もう一つ、新たな展開がありました。バイアグラのジェネリック(同成分で後発メーカーの作った安い製品)があるのですが、これまで当院では扱っていませんでした。自費(保険が効かない)となるために処方の仕方とか値段の設定など面倒なことが多くあえて避けていました。この度、かかりつけの患者さんからのリクエストもあり、ついに取り扱うことにしました。外国のあやしい品物を個人輸入したりしている方も多いですが、危険です。日本製のジェネリックが手に入りますので、よくわからない品物には手を出さないようにしましょう。

     

     

  • 学校、病院などは7月から敷地内禁煙となります

    今週はGWの影響もあり大変込み合っています。待ち時間がかからないようにいろいろ考えますが、どうしようもありません。史上初の10連休の後遺症ですので、ご容赦ください。特に、こんなに混んでいる中、ずっと待って貰っている心療内科の新患の方には本当に申し訳なく思っています。一刻も早く診察して楽になってもらいたいのですが、限られた診察時間内で見られる患者さんの数には限界があります。

    ところで、クリニック近くの小中学校はもうすぐ体育祭があります。朝の通学時に見かける生徒さんたちはみな体育服を来て通学しています。そこで気になるのは個人情報です。大きなゼッケンに名前、学年、クラスが書いてあります。ぱっと見て〇〇中学の何年何組の誰さんかがわかってしまいます。ストーカー被害や誘拐事件などにつながるんじゃないかと心配します。先だって、皇室のお子様の教室の机に果物ナイフが置かれていた事件がありました。さすがに皇室のご子息が「秋篠宮」と書いたゼッケンを付けて登校することはないと思いますが、こんな世の中ですからゼッケンのついた体操服での登校は禁止してほしいと思います。

    もう一つ別の話題です。来る7月から、健康増進法の改正に伴い、学校、病院、行政機関等は敷地内全面禁煙となります。駐車場でも禁煙です。当院でもこれまで建物内は禁煙でしたが、待ち時間に駐車場でタバコを吸っておられる人が見られました。今後、それは法律で禁止されますのでご注意ください。運動会でも保護者の喫煙が目立ちます。子どもたちが運動している横でもくもくとたばこを吸う親がたくさんいるのに驚かされますが、今回の法の施行で禁止されるのは良かったと思います。ただ、法改正が7月ですから、今月の運動会に間に合わないのはちょっと残念です。