むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 訪問リハビリの有用性

    今度の日曜日(4/21)の午後1時から4時半まで、下通りで街頭無料健康相談があります。私もボランティアで参加します。循環器内科や糖尿病の相談コーナーに座っていますが、漢方などの相談も承ります。お近くまで来られたらぜひお声掛けください。2年前にも参加しましたが、その時の相談が縁で今も当院に通院しているかたもおられます。出会い(縁)はどこにでもありますが、病院に来るのがハードルが高いという場合、このような無料相談会はいい機会になるのではないでしょうか。

    私は内科ですから、薬物治療が中心です。処方箋を書くまでが仕事です。その処方箋をもとに薬を作ってくれる薬剤師さん、きちんと飲ませてくれるご家族や訪問看護師さんなどの力がないと治療は完結しません。一方、薬を使わない治療もあります。それはリハビリです。ふらついて仕方ないという患者さんに飲み薬を処方してもなかなか改善しませんが、リハビリしてもらうとどんどん元気になることがあります。リハビリも、施設に通うタイプの通所リハ、病院(整形外科や脳神経内科など)でおこなうリハビリ、デイケアで行うリハ等いろいろあります。さらに、ご自宅までリハスタッフが来てくれる訪問リハというサービスもあります。

    通院や通所が難しい場合、訪問リハはとてもいいと思います。リハビリの基本は家庭での生活を危険なくスムーズにできることが第一の目標ですから、自宅で廊下を歩く、風呂に入る、トイレに行くなどの基本動作訓練をすることはとても重要です。訪問リハなどのサービスを受けるにはまず介護保険を申請しないといけません。介護保険の審査には主治医意見書という書類が必要です。当院かかりつけの患者さんの場合、患者さん本人やご家族が困っている事などを細かに調査して書きますので、それだけきちんと要介護状態を評価してもらえると思います。要介護状態をきちんと把握してもらうことがいいサービスを受ける基本ですから、丁寧に対応してもらえるかかりつけを持つことは重要です。

  • 顧客(患者さん)のニーズを知ることが大事

    先日、中古車屋さんにふらっと立ち寄り、たまたま目の前にあったクラウンを見ていました。私はクラウンのような大きな車には興味がなく、コンパクトカーが好きなのですが、通りかかった店員さんはしきりにクラウンの説明をします。そして、聞いてもいないのに他のセダンの在庫まで説明されるのです。なにげに私がクラウンを見ていたため、セダンを探しに来たと勝手に思い込んでセールスされるのは的外れだし時間の無駄です。そんなセールス話は聞きたくもないのですが、職業柄、相手の話を頷きながら聞いてしまいます。まるで、店員さんのカウンセリングみたいになってしまいます。

    接客というのは、相手のニーズを聞き出すところから始まります。うかつに話しかけると、「あっ、ただ見てるだけですから・・・」と言って逃げられます。かといって黙って見ていてもセールスになりません。どこに相手のニーズがあるかを聞き出すのは結構難しいと思います。まだ欲しいものが具体的にイメージできていない場合もあります。そのようなときは、質問を通して相手にイメージを膨らましてもらい、欲求を具体化するプロセスが大事になります。親しみを込めて、信頼できる相手であるということを全面に出して接客しないといけません。

    私達の診察も同じです。頭が痛いといって来た患者さんも、とにかくロキソニンがほしいだけの人、脳梗塞などが心配だから日赤に紹介状を書いて欲しい人、すでに精密検査をしたけど治らないので相談に乗って欲しい人、インフルエンザの検査をして出勤できるかの確認をしたいだけの人など様々です。こういったニーズを上手く聞き出せずに医者の思い込みで診療されると患者さんは納得しません。そういうニーズの把握こそがクリニックの重要な仕事だと思っています。

     

     

  • 休んでる場合じゃないよ日本人!

    このゴールデンウィークは元号が変わるという世紀の大イベントのため、10連休となります。ご存知のとおり、多くの医療機関は休みとなります。当院は最初の4月27日(土)は通常通り午前中の診療、最後の5月6日(月)は休日当番医で診療いたしますが、その間はすべてお休みとなります。薬が切れないように早めに受診されることをおすすめします。今週はその連休の影響と思われますが、連日大変な患者数です。午後のほうが比較的空いていますので、時間が調整できるようでしたら午後にご来院ください。

    当院では50名前後の訪問診療の患者さんをかかえていますから、私は連休中も熊本市内に待機します。クリニックの外来は閉まっていますが、訪問診療の契約をしている患者さんとは365日24時間対応することを原則とします。これを一人の開業医にさせるというのは酷な話ですが、仕方ありません。私が熊本市内にいて、訪問診療に応じることができるのにクリニックを開けられないのは、職員の問題があるからです。看護師さんたちは小さな子供がいる人が多く、預かってもらえないと働けません。家にいても仕事に出られないという困った自体なのです。新聞で見た連休に関する川柳「10連休 預け先なし 金もなし」(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011860111000.htmlが世の中を象徴しています。

    日本は豊かでエレクトロニクスや自動車産業は世界一だと思っているかもしれませんが、とんでもないです。携帯などは、気がつけば韓国(サムスン)や中国(ファーウェイ:HUAWEI)に遅れを取ってすでにどんなに頑張っても追いつかないほど差をつけられています。車も韓国のヒュンダイや中国製なんて、と思っているかもしれませんが、すでに日本車を脅かすクオリティーです。数年で追い越されることでしょう。日本がデフレで縮小経済でコストダウンばかりやっているさなか、世界からどんどん追い越されてしまっています。10連休なんて浮かれている場合じゃないですよ。

  • 見守りの重要性

    以前書いたことがあるのですが、もう一度かきたいので、書かせてください。新学期になると、学校の近くの交差点には横断中の手旗を持った先生が立っています。自転車に乗った生徒たちは先生の誘導で歩道を渡るわけです。クリニックの前は高校なので、先生たちが誘導しているのは立派な高校生たちです。もうとっくに自立できる年です。それを、先生が旗を振って、どんどん渡らせるのは自立の芽をおる行為だとわかっていないところが問題です。

    本来なら、信号のない歩道を渡るときは一旦止まって左右確認して渡ります。それを、先生が立っていると、左右確認することを許さず、急げ急げ、どんどん渡れ、と指導するのです。これでは教育とは丸反対です。先生が立つだけ生徒は悪い癖(左右確認せず車道に飛び出す習慣)がつくのです。先生がすべきは、黙って見守ることです。左右確認しなかった生徒に道の渡り方を教えたり、おしゃべりに夢中で歩行者のじゃまになっている自転車を注意することです。

    介護でも同じです。何でもかんでも手伝ったらすばやく終わるので介護する人にとっては仕事が早く終わっていいのですが、それは介護される側の機能訓練になっていません。ご飯やトイレなど基本的な日常生活はできるだけ自分でできるように見守りたいものです。見守りは辛抱であり、多少のリスクの覚悟も必要です。ただ問題なのは、最近介護施設であった窒息事故の裁判で看護士さんの過失が認められたことです(https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011860111000.html)。法曹界がそんな考えだと、見守りはリスクが大きいので、なんでもかんでも安全第一で介助して、患者さんの幸せなど二の次になります。時代がそうしろと言っているのなら逆らえないかもしれませんが、みなさんはどう思いますか?

  • 花粉症にはビタミンD:続報

    日曜は雨になりました。せっかくの週末ですが、私はクリニックのワックスがけで、朝から院内に缶詰でした。いつもこの時間は領収書の整理などに当てているのですが、このところ雑用が溜まりに溜まっていたので、ひたすら忙しく時間が過ぎていきました。クリニックが法人化したことで、銀行口座も法人名義に切り替わったのですが、今まで使っていた個人名義の通帳に設定していたビジネスインターネットバンキングの設定を新しい口座に移行するサービスはなく、仕方ないので、あらゆる取引会社の口座を調べて「手書き」で登録用紙に書き込みました。ネットバンキングというパソコンで資金移動をするための口座登録をパソコンでできないなんていったいどういうこと?と思います。ビジネス用のネットバンキングは個人のネットバンキングよりはるかに小うるさい仕組みになっています。もちろん会社によっては億単位のお金を動かすでしょうから、セキュリティーが厳重になっているのは仕方ありません。ただ、仕組みが遅れ過ぎです。これが肥後銀行のような地銀だからこんな古い仕組みなのかはわかりませんが、仕方ありません。取引会社は県外に口座を持つところもあり、福岡銀行とか京都銀行、みずほ銀行など銀行コード、支店コードなど調べるのも面倒な作業でした。

    そうこうしていると、嬉しいメールが届きました。私の親戚がこのブログで話題にした、花粉症にビタミンDが効くという話を実践したら、8日目で花粉症が治ったとのこと!40年も苦しんだのに嘘みたいと喜ばれました。通販で誰もが買うことができるビタミン剤で花粉症が治ってしまうと私たちクリニックにとっては商売になりませんが、そんなことはどうでもいいのです。保険治療で認められている抗ヒスタミン剤などがあまりに対症療法すぎて、どれだけ飲んでも根本的な解決にならないのです。保険の効かない医療にもこんなすばらしい効果があるというのは驚きです。

    花粉はすぎからひのきへと移ってきましたが、クリニック周りの畑では麦が穂を出しています。今から梅雨前にかけて麦が実って収穫となります。麦は食べると人によってはグルテンのアレルギーを起こしますが、刈り取りの時期も結構アレルギーを起こす事があるので、注意が必要です。

    桜十字病院の新しいロビー