むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 高齢者は家に閉じ込めないこと

    せっかくの日曜でしたが、院内ワックス清掃の業者が入る日だったので朝から院内待機となりました。まるまる一日拘束されるので、この機会にしないといけないことをしようと思っていました。まずは月初でレセプト(診療報酬請求)のチェック。一日で千枚以上チェックしました。眼が回りそうです。もちろん私の仕事はマルチタスクでいくつも同時進行です。ちょうどいいタイミングで東洋医学会がありました。WEB学会なのでクリニックにいながらにして参加できました。素晴らしい!今日の話題は整形の先生が整形外科疾患の漢方治療についてお話され、2番めには耳鼻科の先生がめまいと咳に対する漢方治療の話をされました。どちらも、当院でもたくさん患者さんを抱えておりなかには難治で困っている症例もあったので、大変勉強になりました。学会参加費の10倍以上の収穫がありました。明日からさっそく勉強した処方を患者さんに出してみたいと思います。それで長年の症状が取れれば勉強したかいがあったというものです。

    夕方、ワックスがけが終わったところで、大急ぎでスポーツジムに行って、週末日課にしている5キロランニングをして、温泉で汗を流してわたしの週末のノルマが完了しました。運動をちょっとサボるとあっという間に筋力が落ちてしまいます。心肺機能も落ちると思います。私くらいの年齢でもそうですから、高齢者でしばらく入院したりすると本当に体力が落ちると思います。最近は老人ホームなどでもコロナ陽性者が出るたびに行動制限がかかり、狭い部屋からでられなくなり、殆ど一日寝て過ごすお年寄りが多く見られます。こういう生活をすると、この前まで元気だった人もあっという間に筋力低下(サルコペニア、フレイル状態)となり転倒のリスクが上がります。また、認知症も進行します。高齢者を狭い居室に閉じこめてはいけません。できるかぎり歩いたり、デイケアなどに参加して刺激のある生活をしてもらいたいと思います。

    老人ホームでなくても家庭で高齢者がいるとか、老老介護状態の家庭などではやはり刺激が少ない毎日で、認知症などは進行しやすい環境です。このような場合、まず介護保険を申請して担当のケアマネージャーさんが決まったら、要介護度に応じたサービスを受けることができます。デイケアや訪問リハ、訪問看護など必要に応じたプランをケアマネさんが作られるので、希望を伝えてください。こういった社会資源をうまくつかって高齢者を家庭内に閉じ込めないようにしましょう。

  • 心臓カテーテル手術の進歩

    土曜日は診療のあと心臓健診で夕方遅くまでぶっ通しで仕事でした。小中学生の学校検診で心電図の異常や内科検診で心雑音などが見つかった人たちの精密検査です。80名ほど受診されたので、5人のドクターで手分けして15人ずつくらい診察しました。私の見た患者さんから今日だけで二人も心房中隔欠損症(心臓に小さな穴があいている)が見つかりました。以外にも高頻度です。心電図を見たときは問題ないと思っていたのですが、結果を見てびっくりです。連れてきたご両親もびっくりですが、幸い穴は小さいので経過観察としました。最近、心房中隔欠損の穴はカテーテルのデバイスをつかってふさぐ手術ができるようになりました。昔は開心術(胸を開いて心臓の穴を防ぐ外科手術)しかなかったため、特に女の子の場合胸に大きな傷が残ることを心配していましたが、カテーテル手術だと傷も残らず内科的な処置で良いので、朗報です。こういう急がなくて良い手術は技術が発達して恩恵を被ることもできるので、あまり急がないことだと思います。

    心房細動のアブレーション(カテーテルをつかった手術)も技術的に大きな進歩を見せています。私が大学病院にいた頃は不整脈グループの勉強を極めた人たちだけが見てわかるような複雑怪奇な検査をして得られた結果をもとに、これもまた驚くべき職人技で手術をしていました。私には一体何がなんだか理解できませんでした。ところが、昨今の進歩で、手術時間も従来の半分以下、成功率も格段にアップしています。私の外来で5年から10年ぐらいフォローしている患者さんたちにも、そろそろ技術的にも手術をおすすめできるところに来たと説明しています。

    さて、明日の日曜はクリニックのワックスがけ業者が入るので私は朝から院内に待機ですが、ちょうどいいタイミングでWEB学会が開催されるので、それに参加します。勉強漬けの日曜となります。本当はジムに行って走ったり、温泉にも行きたいのですが、勉強する週末もいいでしょう。

     

     夕暮れの田園@城南

  • 温泉で体メンテ

    診療が終わってから城南の老人ホームまで往診に行きました。当院は高速の益城インターがすぐなので、城南までは高速を使うとらくらくです。夜7時頃にはつきました。診察が終わって丁度いい時間なので、城南のインド料理で有名な「エベレスト」に行ってチキンカレーとチーズナンのセットを食べました。絶品です。お腹も満たされたら、もう一つ自分にご褒美です。城南から松橋方面へ抜けていくと古保山リゾートという温泉があります。素晴らしく上品な温泉で、湯船に注ぐ源泉かけ流しのお湯の音しか聞こえません。泉質もよく、たいへん癒やされます。ゆっくりお湯につかったあとは、サウナで汗を流して、一日の疲れをさっぱり流します。

    普段は日曜しか行ったことのない温泉も平日の夜に行くとお客さんも少なく、広い温泉を独り占めできるような贅沢です。お湯に浸かるときは肩までしっかりお湯に沈めて「前にならえ」みたいに手を前に出します。完全に力を抜くと手は自然と浮いてきます。これを5分ほどすると、肩に溜まった乳酸(肩こりのもと)は血流に乗って流されてしまいます。肩こりを温泉で治すセルフ整体です。コツは、しっかり腕の力を抜いてプカプカと浮かすことです。腕が心臓より高い位置で浮くように、体をできるだけお湯に鎮めると、腕に溜まった乳酸が流れやすくなります。

    サウナでは、暑さにまだなれていない体に、暑いというのはこういうことだ!!とスパルタ式に教えこむ方法でもあります。夏バテの体も癒やされますが、夏バテ予防にもってこいだと思います。日頃エアコンのきいいた部屋でばかり過ごして汗をかかない生活をしている場合、発汗機能が低下し、いざ外に出たときも汗が出ずに体温が上がってしまうので、サウナで汗腺を鍛えるのはいいことです。唯一、熱中症気味の人にはおすすめしません。昼間に炎天下で働いて体のうちに熱がこもっている場合、サウナであためては逆効果です。

  • 学研ココファン上水前寺と提携しました

    猛暑です。ニュースでは熱中症に気をつけてエアコンを使いましょうと言いつつ、節電を呼びかけています。体のことを考えればエアコン無しで我慢するのは良くないと思います。設定温度をややあげて扇風機を併用しましょう。そういう私は、朝から職場でエアコンのフィルターをチェックしたところ、ホコリがびっしり付いていたので掃除機できれいにしました。これだけでも電気代がだいぶ違ってきます。しかし、朝っぱらから掃除したせいで1日肌が痒かったです。老人ホームに往診に行くと、もちろん快適な温度になっていますが、お年寄りは驚くほど寒がりで冬の羽毛布団をしっかり着て寝ている人もいます。しかし、自覚症状は冷えていても、うっかりすると熱中症になるので注意が必要です。高齢者が熱中症になりやすいのは体水分量が少ないためです。ラジェタの水が減った車はすぐオーバーヒートするのと同じです。夏は厚着しすぎないこと、こまめに水分を取ることが大切です。

    この度、水前寺競技場近くに高齢者住宅「学研ココファン上水前寺」がオープンしました。当院はいくつものココファンと提携しています。当院前のココファン小峯、錦ヶ丘公園横のココファン尾ノ上、西原のココファンにしばる、上江津湖湧水池近くのココファン神水などです。そしてこの度、ココファン上水前寺とも提携しました。今日から訪問を開始しましたが、新築で防音が効いた建物で快適でした。ココファンのデイケアは学研が開発した脳トレ、習字、英語の授業など小中学生向けにノウハウを積み重ねた企業ならではのもので、他にはない充実した独自プログラムです。

    当院がこのココファンと提携して何をしているかというと、入居者さんの訪問診療や往診です。訪問診療を契約すると、体調に関わらず定期的に診察に伺い、定期薬を処方します。毎回タクシーで受診するのも大変だし、子供さんなどが仕事を休んで病院につれてこられなくていいので、便利です。薬局とも契約すると薬の配達から服薬管理まで薬剤師さんに頼むことができるのでさらに安心です。

     

    これはジギタリスという花です。心不全の治療薬ジギタリスはこの植物の葉から抽出されました。薬と毒は裏表、ジギトキシン(ジギタリス毒)という薬品名もあります。今でもジギタリスは心不全治療に使います。30年以上前、済生会が段山にあった頃、私は学生実習で済生会の循環器内科に通っていました。あるとき、ジギタリスの急速飽和(一気に点滴で血中濃度を上げる治療:危険なので匙加減が職人技)をするから見学するか、と言われて興味津々夜遅くまで泊まり込みで見学したのを思い出します。今はそんな治療はほとんどやっていません。

  • 多忙な一日でした

    多くの地域では本当に梅雨明け宣言となりました。今年は記録的な短い梅雨でした。梅雨が短いということは真夏が長いということ。これから夏本番となり、日々気温が上がり、地上に熱が蓄積されるので、相当な猛暑となることでしょう。昨年は梅雨の長雨でゴウヤなどのできが悪かったのを思い出しますが、今年は熱波、水不足などのため農作物に被害が出ないといいけど、と思います。

    さて、月曜日は梅雨明けの影響かはわかりませんが、すごい人数の患者さんでした。いくつか病院を掛け持ちしている患者さんの話では、よその病院もすごい混みようだったとのことで、人の行動というのは不思議とシンクロするんですね。待ち時間が長くなり、すいませんでした。私も朝から夕方までノンストップで仕事をしました。トイレに行く時間もありませんでした。

    かなりくたくたになり帰宅したところ、訪問診療をしている老人ホームから連絡があり、入居者さんが微熱があったのでコロナの検査をしたら陽性がでた、とのこと。酸素化も低下してきていたので救急要請をお願いしたら、8箇所の病院に断られ、1時間以上たっても受け入れ先が決まりません。保健所に相談したら、発生届とチェックリストを送れという。自宅からは情報不足で何も書けないのでとりあえず夜に往診して、書類を作成。保健所にファックスしたら、そこから濃厚接触者の有無など延々と聞き取りがあり、一向に受け入れ先は決まりません。救急車も老人ホームの駐車場で赤色灯をつけたまますでに2時間半も待機しています。いつになったら受け入れてくれるかわかりません。早く2類から5類に変更してもらわないと無駄な労力がかかりすぎています。

    桔梗:高貴な色。つぼみがかっこいい。根は漢方薬になります。喉の痛みをとる桔梗湯という処方があります。すごくよく効きます。