むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 老人ホームはコロナ対応に追われている

    新年明けて早々忙しかったので、この連休は天の恵みです。提携している老人ホームではあちこちでコロナ患者さんが発生しており、診療のあと帰宅する前にぐるっと施設を回って往診し、コロナと確定した患者さんたちの容態を見て回りました。熱や咳があるのは仕方ないですが、皆さん入院するほど重症化していないのが幸いです。施設は90歳超える人達ばかりなので、ちょっとしたことが命取りになる場合があります。肺炎など起こしていないか気になるところです。どの施設も、スタッフの皆さん体力的にも精神的にもかなりまいっているようです。スタッフの方が倒れてしまわないか心配です。実態はインフルエンザ程度なのに、いまだに2類扱いのため、保健所の対応、書類作成、感染対策などマンパワーと時間は限られているのにしないといけないことだらけで、結局いちばん大切な患者さんの世話や掃除などの環境衛生に時間がかけられずにいます。コロナ患者さんの部屋に行ってみると、ゴミ箱にティッシュが山のようになっていて部屋は散らかり放題、大変です。こういうときこそ徹底して掃除してあげないといけないのに、人が足りない、時間がない、感染者の部屋に入りたくない、などなど・・・。

    もう一つ気になるのは、老人ホームは病院に比べて手指消毒用のアルコールの設置が少ない点です。たいてい病院のナースは腰にウエストポーチみたいなものをつけて、携帯用のアルコールを全員が持っています。1処置1消毒が基本です。ところが、老人ホームではおむつ交換その他濃厚接触の機会がたくさんあるのにアルコール消毒が見当たりません。あっても数が少ない。私は、往診に行く時は小さな消毒ボトルをポケットに入れて行きます。百均に売ってあります。もちろん100円です。

    いまだに謎なのが、フェイスシールドとかペラペラのビニールエプロンみたいな使い捨てガウン。コロナは空気感染であって、接触感染ではないのであんな防御は無意味。空気感染というのはタバコの煙のように同じ空間のどこかに煙があればどこにいても匂います。煙がウイルスなら臭った時点で体に入ったということ。防ぎ様はありません。各自の免疫を上げる以外ありません。昨日も書いたようにビタミン、栄養、睡眠を取り、ストレスを避けること。これにつきます。

  • 発熱患者多すぎ!この3年で一番ひどい状況です

    コロナの猛威がすごいことになっています。当院は発熱外来をやっていませんが、かかりつけの患者さんやそのご家族の場合はコロナの検査をして薬を処方しています。検査すればほとんどコロナが陽性になります。その都度、保健所には発生届を書かないといけません。65歳以下は人数報告だけでいいのですが、高齢者がかかる割合が多く、発生届の面倒なのは辟易します。それでも、患者さんのためになるならまだいいです。老人ホームで発熱者が出た場合、施設内にあるキットで検査されることが多いのですが、陽性となったら各自の部屋に隔離しています。そんな中、施設内の感染者の容態が悪くなった場合、救急車を要請することがあるのですが、施設からは発生届が書けない(医療施設だけが厚労省のネットのアクセス権を持っている)ために、発生届の出ていないコロナ患者さんを受け入れてくれる施設は見つからないと、たらい回しにされるそうです。

    そもそも、患者さんのための発生届であったはずなのに、老人ホームで陽性が確認され、医療施設から発生届が出ていないからという理由で搬送や入院を断るなんて、患者さんの不利益以外の何物でもありません。それだったら最初から市販キットの利用を解禁せず、全例病院で検査を受けて発生届を徹底すべきでしょう。おそらく家庭用簡易キットで検査して陽性が出て自主的に療養している人も多いと思いますが、病院受診していないとカウントされませんから、公表されている数字は氷山の一角です。

    道を運転していると右から左から救急車がひっきりなしに通っています。よほど大変な状況だと思われます。少し前はカロナールもロキソニンも葛根湯も何も手に入らなかったのが、今はまあまあ手に入るためとりあえず仕事できていますが、発熱患者さんが多すぎて血圧その他のふつうの内科患者さんに多大な迷惑をかけてしまっています。どうにかしたいですが、どうにもなりません。

  • Windowsを使いやすくする

    年末年始の休み中にどうしても仕上げないといけなかったことが3つあり、一つは12月の帳簿つけ、2つ目は東洋医学会専門医更新のために50症例の報告書とそのうち10例の詳細な症例報告書の作成。これは古典を含め参考文献をたくさん調べないと書けないのでとても時間がかかりました。朝5時からいつもどおりにおきて作業しました。今日の夜までかかってついにかきあげました。9割位のレベルで書きあげたのでもう一度日曜日を使って仕上げれば提出できるところまでいきます。そして3つ目がレセプトチェックです。年末にスタッフみんなで手分けしてチェックしたのですが、まだ半分しか終わっていません。明日お休み最終日は気合を入れて全部見るつもりです。

    上に書いた専門医更新のための症例報告ですが、学会が用意したエクセルファイルで決められた枠内に収まるように書かないといけません。問題は、私が日ごろ使うマックではエクセルのサイズが微妙にずれるのでウィンドウズを使うしかありません。こういうときのために一つウィンドウズPCを持っているのですが、漢方の文章を書くには東洋医学辞書を入れておかないとまったくきちんと変換できません。そこで、まずは漢方処方名がきちんと変換されるようにIMEに漢方辞書をダウンロードして入れるところから始まります。いろんな面倒があります。

    日頃ウィンドウズをあまり使わないので、いろんな点で使いにくいと感じるのですが、ちょうど今月の日経PC21という月刊誌で「WINDOWSの迷惑設定を一掃」という特集が出たので早速買ってきました。無駄な機能をOFFにするやり方がたくさん書いてあったのでバンバンOFFにしてやったら随分快適になりました。マイクロソフトはWindowsもOffice(ワードやエクセルなど)をバージョンアップするたびに使いにくくなり10年ぐらい前のほうがよほど使いやすかったと思うのは私だけではないはず!ひどい会社ですねえ。日経PC21は読み終わったら待合室においておきますので興味ある方はぜひ御覧ください。

    四季の森 久木野

  • 私が集中力を維持する方法

    29日は午前中の診療で仕事納でした。今年一年頑張ってくれたスタッフみんなに感謝です。特に今年の後半はコロナのミクロン株の拡大で爆発的に患者数が増え、後遺症に悩んでいる人が相当いることがわかったため、後遺症外来をはじめました。それだけが理由ではないのですが、毎日の診察が100名近い状態となり、自分でも体力と集中力の限界に近いと思いつつ仕事をしていましたが、最大一日120名まで行ったあとは、90名程度なら難無くこなせるようになりました。なれというのはすごいものです。

    仕事納めのあとはレセプトチェックを医療事務スタッフみんなと日が暮れるまでしました。私は、通常土日かけて500−600枚のチェックをするのですが、今日は気合を入れて午後だけで1200枚見ました。なぜこれだけ集中力が持続するのか、これは私の方法がみんなに通用するわけでないので、おすすめするわけではないのですが、目の前にiPadをおいて気が散らない程度に動画を見ながら作業しています。ながら勉強は中学時代からですから私の特技です。ながら作業のいいところは眠くならないことです。単調な事務作業だけでは10分であくびが出てきますが、動画を見ながらだと延々仕事ができます。ただ、さらに眠気対策と集中力アップのため、今日の午後約5時間のノンストップ作業中にコーヒーを3杯飲みました。

    コーヒーはもちろんカフェインが眠気を飛ばしてくれますが、鼻から入る香りがアロマ効果も発揮します。漢方薬も同じです。通常私たちが処方する漢方はフリーズドライですから粉薬みたいに水で飲めばアロマ効果はありませんが、いちどお湯に溶いて漢方本来の形にすると鼻からアロマ効果が期待されます。コーヒーもたとえインスタントだとしても粉を水で胃に流し込んではリラックス効果は出ないと思います。お湯に溶いて香りをかぎ、舌で味わいながら飲むことでフルに効果を発揮します。

    久木野から見た阿蘇(中岳方向)

  • いよいよ年末年始のお休みです

    年末の診療は本日29日の午前中までです。新年は4日から通常通りとなります。お休み中に薬が切れないようにご確認ください。

    ということで、クリニックもいよいよ正月休みに入りますが、私はそれほどのんびりというわけでもありません。まず、12月分のレセプトのチェックがあります。年始からやっては間に合わないのでできるだけ年末に済ませるつもりです。スタッフのみんなも事務作業を行います。また、私は東洋医学会の漢方専門医の更新をしないといけないのですが、漢方を使って治療した症例報告を50例も書かないといけません。とてつもない作業量です。さいわい漢方治療50例なんて私のクリニックでは2日分もあれば事足りるのですが、同じような疾患に同じような処方(例えば風邪に葛根湯)ではだめだという決まりがあるため、疾患と処方にダブりなく50例集めるのが大変です。今、必死でリストアップしているのですが、正月中にいっきに書き上げるつもりです。

    あとは、日頃したくてもできないことをしようと思っています。Netflixなどはいつもスキマ時間で見るので、正月にあえてみることはせずに、大掃除などをしたいと思っています。そういえば、オキシクリーンというすごい掃除用洗剤をご存知ですか。つけ置きするとしつこい茶渋などもきれいに取れます。うちはBritaの浄水器を使っているのですが、浄水器にだんだんカルキみたいなものが付着してこすっても取れなかったのですが、オキシクリーンにつけてみたらきれいに取れてびっくりです。大掃除に大活躍間違いなしです。

    サクラマチ前 花畑公園でのクリスマスマーケット