むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 高血圧には減塩の工夫を

    最近、血圧のコントロールが悪くなった人がちらほら来られます。地震の影響かもしれません。

    地震後の血圧上昇は色々な原因が考えられます。

    1)ストレス、運動不足:とくに余震を心配して眠れないとか、まだ家の片付けが終わらないとか、ストレスの原因は人それぞれです。ウォーキングやランニングなど運動の習慣が途切れてしまった人も多いです。

    2)血圧の薬を地震で紛失したり、きちんと飲まなくなってしまったり。

    3)非常食として買い込んだインスタントラーメンなどが邪魔になってきて、毎日インスタントラーメンを食べている。

    まずはいつも通り薬をきちんと飲むことが大事ですが、今日はインスタントラーメンの健康的な食べ方をご紹介します。

    まず、昆布、カツオ、鶏がらスープの素などをくみあわせて自分でダシをとります。濃いめに作った方が美味しいです。次に、野菜やワカメなどをたくさん入れる。そして、味の仕上げは味噌を使う。間違っても、インスタントラーメンに入っている食品添加物の粉の調味料を使わないこと。これで塩分(ナトリウム)控えめ、カリウム(ナトリウムと反対の働きをする)たっぷりのラーメンができます。

    そして、汁は最後まで飲まずに残すことで減塩できます。

    R7218090

  • 熊本市東区山ノ神に決めた話

    クリニックを開業しようと決めたら、次にするのが場所選びです。 自宅を建てる時と同じですが、どこにするかは大きな問題です。まわりの道の状況、地域の人口、近所の病院の数などなど、考えることはいろいろあります。

    そういう中からいくつかの候補が上がっても、土地がすぐには見つかりません。クリニックの戸建てを建てるには、駐車場を十分にとれば300坪以上必要ですから、そういうまとまった土地はなかなか出てきません。

    私の場合は、とても親身に手伝ってくれている恩人が何人かいて、その方々のおかげで今のクリニックの土地に出会いました。この場所に決めるかどうか、思い悩んでいたある日、立田山にランニングに行って、いつものように頂上に向かってかけあがり、いつもの方向に下ろうとしたら、台風の後の倒木で道が通れず、しかたなく違う方向へ行きました。そうすると、ぐるっと回って山の神様の祭ってあるところに出ました。そこからもう一度頂上を目指して上り、今度は別の方向へ下ってみたら、また同じ山の神様のところに出ました。なんとも不思議な体験です。「ああ、僕は山の神様に呼ばれてるんだ」と思い、購入しようかどうしようかと思い悩んでいた熊本市東区山ノ神の土地を買うことに決めたのです。土地の購入は縁ですね。

    私にとって縁のあったこの場所は、自宅からも近く、土地勘もありますから、この先何十年も地域に密着してクリニックをやっていくには最高の場所です。

    R7218081

  • ランニング

    僕の趣味の一つが写真を撮ること、次にランニングです。熊本城マラソンにも3回出ました。日頃は仕事から帰って夕食後に約1時間ほどゆっくり走っています。

    僕の場合、1日仕事だけして運動をしないで過ごすと大体2000歩です。そして、犬の散歩を30分くらいすると、それが2000歩です。そこで、合計4000歩が仕事の日の歩数。健康維持に推奨されている8000歩の半分しか歩きません。そこで、1時間のジョギングをするとどうなるか。1時間のジョギングは距離にして大体8キロから9キロくらいです。歩数にして大体1万歩から1万2000歩となります。すると、1日合計1万6000歩です。満足満足。

    しかし、ランニングは健康にいいばかりではありません。膝や腰に負担になります。バス通りの歩道を走ると排気ガスで空気が悪い。

    そして歩道を走っていて一番気になるのは、歩きスマホやながら自転車です。スマホでメールなどに夢中になって、よく道を歩いたり自転車に乗ったりできるものです。そばを走っていても、こちらの様子に気づきませんから、とても危険です。

    健康のために走るなら立田山のようななだらかな山の遊歩道がいちばんです。地震があってから、山に行くのも怖いですが、立田山くらいなら安全かなと思っています。梅雨になる前には走りに行きたいです。

    R7218083

    庭にはもうアジサイがたくさん咲いています。季節を彩る美しい花ですね。

  • 訪問看護ステーション

    元同僚で訪問看護ステーションを経営しているCruto(クルト: http://www.cruto.net)の那須社長とミーティングをしました。彼のスタッフとも一緒に会食しましたが、みんな誠実でやる気があり、今の仕事が楽しいと言っていました。

    今度、当院を立ち上げるにあたり、訪問看護ステーションCrutoと連携することで一致しました。心から信頼できるパートナーです。

    20151212163442

    厚労省はこれからの高齢社会において、在宅医療を推進しています。在宅医療とは、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリなど入院しなくても十分な医療を受けられる社会の仕組みです。こういった仕組みは、医療(クリニック)だけではできないし、訪問看護ステーションだけでも難しい。医療連携が大切です。今日の会合で当クリニックの在宅医療が充実することは間違いありません。時間の許すかぎり在宅にも力を入れていこうと思います。(写真は大矢野:天草の夕日)

  • まるでタイムマシンのように

    先日の大地震はまるでタイムマシンのようです。

    本棚から本やアルバムが散乱し、後片付けに追われる日々。地震から1カ月がたち、やっと片付きましたが、中にはこの20年以上見ていなかった昔の写真が出てきたりして、まるでタイムマシンのようです。僕が20歳の誕生日の写真が出てきました。その時の父は今の自分の年齢です。時の流れ、何十年分を地震のエネルギーでタイムスリップした気分です。

    もう一つ不思議なことが起こりました。リビングの窓際に20年前のタバコがひと箱出てきました。うちのだれもタバコは吸わず、今まで毎日部屋の掃除をしていて、そんなところにあるはずないもの。しかも今売ってある銘柄でなく、学生時代にはやっていた銘柄。これも地震のエネルギーでタイムスリップしてきたのか?考えられるのは、自宅を建設した大工さんが屋根裏に落としたのが地震の際に天井裏から落ちてきたのか?不思議なことが起こるものです。R7218001

    映画、バックトゥーザフューチャーは雷のエネルギーを使ってタイムスリップしますが、地震のエネルギーはそれをはるかに上回ります。地震エネルギーの大きさはマグニチュードで表しますが、マグニチュード24!というのが最大だそうです。宇宙新生のビッグバンのエネルギーの大きさだそうです。