むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 正面突破がいいとは限らない

    今回の台風は東へそれて熊本への被害はほとんどなく幸いでした。私の歩く通勤路にはイチョウの街路樹があるのですが、今朝はとんでもない量のぎんなんが歩道に落ちていました。匂いもひどく、その上を踏んで歩くのははばかられます。道路の右も左もイチョウがあるので、どちらの歩道を通っても同じです。だれか近所の人が掃除してくれないかな?と思いながらぎんなんを踏み潰さないようにつま先でそっと歩きました。帰り道、同じところを通ったのですが、ふと、自宅に帰るには別にその通りを通らなくても帰れることに気づきました。なーんだ、50mもかわらないけどちょっと回ればこんな苦労しなくてよかったんだ、と気づいて嬉しかったです。

    実は、人生にも同じようなことがあるのです。順調に進んでいるように見えても突然目の前に困難が迫ってくる。正面から突破しようとすると苦難を伴う。日本人の多くは正面突破を好みます。小さい頃から正々堂々とか、逃げるなとか言われてきたからです。しかし、急がば回れということわざもあります。立ち止まって、振り返って、正面突破以外の方法がないか考えるのは正しいことです。目の前に苦難が訪れた時、神様が自分に与えた試練だと思って試練を乗り越えると、また次の試練が来る。実は、神様からのメッセージは、「そっちの道じゃないよ」と教えてくれているかも知れないのです。これは「斎藤一人」さんの講演で聞いた言葉です。

    職場や学校で嫌な目にあって体調を壊して来院される方があとを絶えません。そのような場合、一旦立ち止まって体を休め、そしてどっちに進むべきかをよく考えるようお話します。自分が休むと迷惑をかけるからと言って、我慢して出勤するのは実は誰のためにもなっていません。自分の体調が悪化するだけでなく、職場でもミスをしたり負のオーラを撒き散らして同僚までも巻き込んでしまいます。こんな場合は潔く休んでリフレシュしましょう。

    錦ヶ丘公園

  • WEB講演でのこだわり

    診療後、1時間ほど漢方の講演をしました。今回も診察室からパソコンを使ってWEB配信です。皆さん、オフィスやご家庭から聴講いただきました。先日、予行練習したとおりパワーポイントは重いとわかったのでPDFに変換してそれをスライドショーにしました。おかげでスムーズにいきました。もう一点工夫したのは、演者用パソコンの他にあと一台iPadを会議につないで聴衆の画面を表示して目の前をデュアルモニター(2画面)にしました。演者用パソコンの画面とは別に、皆さんが見ている画面を両方確認できるわけです。講演は画像の見やすさとともに、音声が大切です。もちろん今回もユーチューバーいち押しのコンデンサーマイクを使いました。ZOOMは慣れていたのですが、Teamsではどこに外部マイクへの切り替えスイッチがあるか随分探しましたが、本番直前に発見し、間に合いました。

    私はマックブックエアーを使ったのですが、この内臓カメラはかなり画質がきれいです。その他iPad、iMAC、マイクロソフトのSurface, 富士通のラップトップなどたくさんのデバイスをもっていますが、マックブック内蔵カメラの綺麗さはダントツです。次にきれいなのがiPad Proです。WindowsのSurfaceや富士通のパソコンはがっかりするほど画質が悪いです。これだけWEB会議が普通になってきて、自撮りがきれいでないパソコンはだめですね。特に女性の場合自撮りの写りを気にするでしょうから、マックがおすすめです。全然違いますよ。

    ところで、韓国料理にこりまくって随分上手になったので、スパイスの配合を変えて、スパイスカレーに挑戦中です。にんにく、生姜、赤唐辛子、玉ねぎ、ひき肉、塩コショウまではチゲ鍋(スンドゥブなど)と共通です。この、ほとんどチゲ鍋の工程にクミンシード、コリアンダー、ターメリック、ローリエ、トマト(ケチャップ)、ガラムマサラ、を加えるだけでスパイスカレーになります。あまりに簡単に本格カレーができるので驚きです。10分ほどで完成です!カレーのスパイスは薬草と同じ。カレーは薬膳。認知症予防効果が報告されていますよ。

    老人ホーム ピュアートややまちのテーブル飾り

  • 秋のアレルギーシーズン

    秋のアレルギーシーズンです。花粉症や喘息が増えてきました。私の経験では稲刈りが終わってしばらくがシーズンです。窓を開ければ涼しい風が入ってきて気持ちいいですがアレルギー性鼻炎や喘息の原因となる花粉なども入ってきます。悪化する前に対策を取りましょう。喘息の場合はステロイドの吸入が基本です。きちんと使えば効果は間違いありません。もし、吸入しているのに喘息が出る場合、吸い方に問題があるのかもしれません。吸入薬にはいろんな種類があり、吸いやすいものや吸いにくいものもあります。薬のメーカー(ブランド)を変えると喘息が収まる場合もありますので、悩んでいないで専門医に相談することをおすすめします。

    そういう私も今年急に喘息が出てきて時々咳き込みます。自分の胸に聴診器を当てるとヒューと音がして、びっくりしました。あわてて引き出しの中をゴソゴソ探して出てきた五虎湯という漢方を飲んでみたところ、10分ほどで見事に落ち着きました。漢方も軽症にはすごく効きます。

    一方、鼻炎に関していえば、アレルギー性鼻炎にはいろんな薬剤があります。最近はパイロットも飲んでいいと言うお墨付きの眠くならない薬があります。受験生にもおすすめです。鼻炎が慢性化すると副鼻腔炎になることがあります。耳鼻科では抗生剤を長期に出されますが、辛夷清肺湯という漢方は副鼻腔炎によく効きます。私は抗生剤をあまり使わず漢方で治します。また、春の花粉症シーズンにもおすすめしましたが、ビタミンDを5000単位から1万単位(場合によってはそれ以上)を飲むことでが劇的にアレルギー性鼻炎が改善する場合があります。治らずに困っている人は是非お試しください。

    天高く・・健軍川にて

  • マルチタスク vs 一点集中

    人はいくつものことを同時にこなすマルチタスクの人と、一つのことをきちんと済ませて次の仕事に取り組むタイプの人といるそうです。私はいつもマルチタスクです。あまりに幅を広げすぎてどれも最後まで行かなかったり、最後まで行くのには時間がかかります。Netflixでは、現在視聴中のドラマが相当たまっています。韓国ドラマ4つ、台湾ドラマ3つ、アメリカが2つ、日本が1つです。どれも切りの良いところで止めているわけでなく、寝る時間になったから止めた、みたいな感じです。ブログを書くときも、アレクサでヒューストンのラジオを流しながら、iPadでYouTubeを見ながら書いています。朝の通勤では、30分のウォーキングをして体力づくりですが、歩きながら録画したYouTubeの音声だけきいて勉強。そして、歩きながらブログ用の花の写真を撮ります。

    このように、一つの持ち時間で3つのことを同時にすると、人の3倍濃い人生を生きている気がします。しかし、実は、一つのことに没頭するのも大事なことなのです。ここぞというときは集中して一つのことに取り組んだほうがいいと思います。ウォーキングでも、私のような歩き方の他に、何も聞かず、目的もなくブラブラと歩く方法もあります。実は、このように目的もなく歩くだけの行為はヨガや座禅(瞑想)のような効果があるそうです。すごい発見や悩んでいたことの解決などはこういったボーとしながらなんとなく歩いている時にブレイクスルーがあるのです。もし、YouTubeや音楽などを聞きながら歩いていては気が散って大発見などには至らないわけです。

    マルチタスクの場合も、あまりおすすめできないのは、FacebookやInstagramなどのSNSです。自分を人に見てもらいたい、自慢したい、褒めてもらいたい、逆に人のことが気になる、友達の投稿に「いいね」をあげたい、などなど。これは勉強しながらとか、電車の中でとか、いろんなスキマ時間を有効活用してSNSを使っていると思うでしょうが、気がつくと5分が10分、30分と無駄な時間を費やしてしまいます。自分から能動的に動く場合はいいのですが、ダラダラとネットの泥沼を泥沼とも思わずハマっている人は人生を無駄に過ごしています。

  • 備えあれば憂い無し

    WEB会議や講演会が盛んですが、その会議や講演に参加するためには専用のアプリが必要です。最も広く使われているのはZOOMだと思いますが、私はほぼ毎日ZOOMをつかって講演会に参加しているのでこれは慣れています。いろんな設定も一通り試しました。製薬会社などはZOOMよりもTeamsの方を好んで使います。セキュリティーの問題などが選ばれる理由みたいですが、私的にはTeamsは好きではなく、今まで数回しか使っていませんでした。もう一つよく使われるのがWebEXです。これは安定していていいなと思っています。

    実は、今週TeamsをつかったWeb講演を頼まれているので、今日は診療のあとに予行をしたのですが、やはりあまり慣れていないので、スムーズに行きません。スライドを共有しようとするとセキュリティーの設定画面が出てきたりして、煩わしいステップを踏まないといけませんでした。更に、パワーポイントを共有したところ、画像が重すぎたのかうまく共有できません。一旦会議(予行)は終了して帰宅しました。自宅で、2台のパソコンをTeamsにつないで一人会議を開催し、スライドをパワーポイントでなくPDFにしてパソコンへの負担を軽くしたりと、いろいろ工夫したら、スムーズに画像共有ができるようになりました。やはり、こういうWEB講演みたいな新しい試みは予行が必要です。備えあれば憂いなしです。

    話は変わりますが、今日の昼は用事で医師会へ行ってきました。麻薬免許更新の手続きのためです。車の免許は免許センターで更新しますが、麻薬免許というのは県庁管轄で、医師会が窓口になって手続きを代行してくれるそうです。麻薬免許というのはがん患者さんなどに痛み止めとして麻薬を処方するときに必要となるのです。また、それを管理する薬局にも免許があり、非常に厳しく管理されています。

    江津湖の遊歩道