むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 冷え性にいい食材

    昨日の続きです。同じテレビの健康番組で冷え性を改善する食材についてやっていました。これまで、冷え性には生姜が有名でしたが、今回の番組では違いました。紹介されたのはまいたけです。まいたけの他にしめじもいい感じでした。番組での検証では、手足がサーモグラフィーで見ると真っ青の人に毎日まいたけを食べてもらうことで末端の冷えが改善していました。

    番組で言っていたのはまいたけに含まれるナイアシンとベータグルカンが冷えにいいそうです。私も5年くらい前から結構な冷え性で特に手が冷たくなるので、冬場に患者さんの体に触れるのを躊躇するほどです。しかし、去年からメガビタミンを摂るようになり、だいぶ冷えが解消してきました。血行を良くするのはビタミンEです。私は毎日800単位とっています。ナイアシンはATPという体のエネルギーを産生するミトコンドリアで必須のビタミン(B3)ですが、わたしはこれが冷えに効くとは認識せずに毎日ナイアシンアミドとして1000mgとっています。ベータグルカンはカビやきのこにふくまれる成分で、まいたけに限らずきのこならふんだんに含まれます。私はまいたけ、しめじ、えのき、しいたけのいずれかをほぼ毎日とるようにしています。

    そういったビタミンやきのこがきいたのかどうかはわかりませんが、私の冷えは去年よりかなり改善しています。番組で示されたデータではまいたけが一番でした。まいたけは安いし美味しいので、毎日取ることは難しくありません。冷えでお困りなら試す価値アリです。

     

     

  • 血管年齢に良い食材

    たまたまつけたテレビでまた健康に良い食材の話題をやっていました。血管年齢に関する話題です。私のクリニックでも血管年齢はよく測ります。意外と実年齢より高く出てショックだと思います。実は、血圧の薬やコレステロールの薬できちんと治療して血管年齢を下げるのが本筋なのですが、降圧剤やコレステロール治療薬ではなかなか検査値は改善しません。一方、血管年齢という「検査値」を改善する裏技はいくつもあります。本当にこういった裏技で血管年齢の「検査値」だけを改善することで将来の心疾患(狭心症、心筋梗塞など)が抑制できるかどうかというデータはありません。

    循環器の分野ではEBM(エビデンス:科学的根拠に基づいた医療)が進んでいます。大規模臨床試験と言って、治療した群としなかった群で数万人単位で比較して有効性を証明するというものです。参加人数が多いため、信頼性は高いと考えられています。このようなEBMの目を通して証明されているのが、血圧管理(降圧剤をきちんと使い、血圧を135/85以下に保つことと、スタチンというコレステロール治療薬を用いてLDLコレステロールを140以下にすることは心疾患予防に効果的だということです。

    テレビで話題の食材でたとえ血管年齢の「検査値」だけを良くして、果たしてそれが将来的に心疾患を予防する効果があるかは誰も証明していないので信憑性にかけるのですが、せっかくですので番組で言っていた血管年齢を若返らせる食材について書いておきます。それは、ブルーチーズかチェダーチーズでした。ブルーチーズはくせがあるのでチェダーのほうが食べやすいと思います。私はどちらも好きですが、番組の検証では毎日食べると結構いいようでしたよ。

  • 高齢者の鼻水

    歳を取ると不思議と鼻水が出るようになるようです。私の見ている患者さんたちからも、多数相談を受けています。朝起きたときに鼻水がサラサラと垂れてくることが多いようです。今からの季節は花粉症と紛らわしいのですが、花粉症のような季節ものではありません。一年通して鼻水がでるのです。専門的には、花粉症の鼻粘膜は浮腫(腫れている)のに対し、老人性鼻漏は鼻粘膜が萎縮しているようです。

    老人性鼻漏はアレルギーではないので抗ヒスタミン剤やステロイドの点鼻薬はあまり効かないのですが、古い抗ヒスタミン剤は多少効くようです。抗ヒスタミン剤には新旧あり、昔のものは眠気や口渇が強く、新しいものはこういった副作用が軽減されたものです。

    では、古い抗ヒスタミン剤を使えば解決するのかと言うと、そうでもありません。なぜなら、古い抗ヒスタミン剤は頭でも効果(神経伝達物質をブロックする)を発揮するため、ボーとするのですが、それが認知症を悪化させるのです。高齢者にとっては大問題です。そこで、いろいろ調べたのですが、鼻粘膜の血流低下と冷えが老人性鼻漏の原因なので、血流増加と冷えを改善させる漢方が有効なようです。それであれば、認知症を悪化させませんから安全です。しばらく追試してみて効果を確かめたいと思います。

     

  • セルフ・スタンドのクジは嫌いだ

    ガソリンをセルフで入れると、最後になぜかルーレットやくじみたいなのがあります。レシートが出てくるまでの暇つぶしですが、今までかつて一度もあたったことがないので、あんなの当たる人いるのかと思ったら、今日あたりが出ました!スタンドのオフィスに行ったらティッシュを一箱くれました。私はあのガソリンスタンドのくじが嫌いです。なぜなら有無を言わさず勝手に始まるからです。くじを省略してすぐ会計(レシート発行)のボタンがあれば、絶対そっちを選ぶと思います。頼んでもいないのに野球(サッカーやゴルフ、ルーレットなどいろいろある)のゲームみたいなのが始まって、9割9分アウトになり、「おーー」と観衆の残念な声が上がるのです。

    気分が下がることこの上ないです。参加したくもないゲームに無理やり参加させられて、ほぼ確実にアウトになって観衆の残念の声を聞かされるなんて、ガソリンを入れに行って嫌な思いをして帰るだけじゃないですか。くじなんてどうでもいいからもっと気分良く見送ってもらいたいものです。

    今思い出したのですが、九品寺にあった旧NTT病院横に駐車場があり、そこから出庫するときにゲートの精算機にお金を入れるのですが、精算機の画面にものすごく美人のお姉さん(アニメーション)が「ありがとうございました。気をつけてお帰りください」と言ってくれました。何度お金を払っても気持ちよく出庫できました。ガソリンスタンドもくだらないクジはやめて見習ってもらいたいものです。

     

  • ダイオキシン拡散

    朝家を出たらプラスチックの焼ける匂いがしました。不審火ではないかと思って家の周りをグルッと回りましたが、なにもなかったので仕事にでかけました。あとで知ったのですが、南区にある産廃業者の火事でした。クリニックでも臭っていたので、南区の煙が10キロ以上離れた東区でも臭ったということです。プラスチックが低温で燃えるとダイオキシンが発生します。有毒です。こんな状況なのにスマホの警報はなりませんでした。外出を控えるように規制すべきだったと思います。

    それでも、プラスチックの焼けた煙などは匂いますから誰でも警戒できます。これがもし放射能だったらどうでしょう。今日の煙みたいに広がりますが、全く匂いもなにもしませんから誰も気づきません。そっちのほうがよほど怖いことです。今回、そういう事故でなかっただけ良かったとしか言いようがありません。

    ところで昨日オリーブオイルを一日大さじ4杯(60cc)以上摂取することで心疾患が著明に抑制されるという話を書きました。大さじ4杯くらい軽くいける思いましたが、けっこう大変です。一日ならできるのですが、これを毎日となると想像以上のものがあります。オリーブオイルの瓶は通常400g程度です。そうすると、このボトル1本を一人で1週間で消費しないと目標に達しないのです。果たしてそんな毎日が送れるでしょうか?チャレンジです。

     

    畑も新緑で春の陽気です。山ノ内小学校横にて