むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 熊本も国際化の波

    昨日は熊本でもラグビーのワールドカップがあり、大変な賑わいでした。とはいえ、スポーツ観戦に全く興味がない私は会場方面には近づいていません。下通はフランス国旗をマントのようにたなびかせた外国人(多分フランス人)が大勢歩いていました。でっかいリュックを担いでいる人が多かったです。また、新市街では通りの中央にビアガーデンみたいなのが出店していて、多くの外国人がビールを飲んで騒いでいました。熊本にこれだけ外国人が来るのは珍しい!なんだか国際的な感じがして嬉しかったです。

    それにしても、日本は花見の文化があるのでお酒に寛容です。アメリカはとても厳しく、公園やビーチなどでビールなんて飲んだら即逮捕されます。紙袋に入れたビールをビールとわからないようにしてこっそり飲むのがせいぜいで、酔っ払って千鳥足なんてアメリカでは許されませんでした。一方、ヨーロッパは、カフェなど店の外にもテーブルを並べて通行人を眺めながらお酒を飲みます。ドイツにはビアガーデンがありますから、公園に並べたベンチでソーセージと生ビールなんて普通です。ということは日本はアメリカよりヨーロッパ文化に近いんでしょうか。

    ところで今日のニュースで在日中国人の白タク業者が逮捕されたということでした。すごいのは、携帯のアプリで日本国内の中国人が経営する白タク配車サービスがあり、そのアプリ内でキャッシュレス決済しているので空港などで車を降りる際にも金銭授受がないので白タクとわかりにくい。TV局が運転手にインタビューしていましたが、友人を連れてきただけと言い張っていました。中国のキャッシュレス文化は日本人の想像を超えるところまで進んでいて、気がついたら日本国内にも入ってきている。これから日本人には外国人がどんどん入ってきます。遅れをとってはいけません。守りではなく攻めの姿勢で行くしかありません。

    住吉神社 博多

  • 忙しくてめまいがした

    めまいがするほど忙しいといいますが、先週はレセプトチェックなども重なってとても忙しく、本当にめまいがしました。朝目覚ましがなったのを止めようとして体の向きを右に変えた途端、グラグラっときて手元がおぼつかなくなって、目覚ましがなかなか止まりません。なんとか止めて、体を起こしたらグラグラーと回転してきて手を壁につかないと姿勢が保てませんでした。さいわい、2−3分もするとめまいは止まったので、起き上がりましたが、2階の寝室から1階へ降りるときは手すりにしがみつくようにして降りました。ムカムカして来て、朝ご飯は入りません。コーヒーを少し飲んだら落ち着きましたが、一日気分が悪かったです。

    うちにはめまいを止める薬などなにもないので、めまいに効くツボを指圧してとりあえず仕事に出ました。今回は忙しすぎて目が回りましたが、医学的には良性発作性頭位めまい症といいます。頭位めまい症ですから頭の方向でめまいが誘発されます。今回私の場合仰向けから右にを下に体制を変えたときに起こりました。試しにもう一度やってみたら、グラグラっとめまいが再現できました。

    このような場合は、エプリー法というめまいを治す体操みたいなのがあります。YouTubeにありますから、是非参考ししてください。ゆっくりと体をまわすのがコツです。私もこのエプリー法を3−4回してほぼ治りました。昼には往診にでかけたり、普通通りの診療ができました。ただ、漢方の苓桂朮甘湯というめまいの特効薬を数回飲んだのがとても良かったです。朝から薬局で買ってきてすぐに飲んだので助かりました。今日で3日目ですが、すっかり良くなりました。

    妻にこのエピソードを話したら、年だねー疲れがたまってるんだねーと言われましたが、頭位めまいは歳とは関係ない(と思っています)。耳石というゴマ粒みたいな石が内耳の三半規管にひっかかった症状なので、ひっかかった石を体操でとれば治るのです。ただ、石がひっかかるきっかけはストレスや過労かもしれません。

  • フクロウ症候群

    福岡に漢方の勉強にいってきました。演者は久留米大学の惠紙先生です。メンタルケアの漢方治療について講演されました。当院にもそういう患者さんが多いため、とても参考になりました。最近久留米大学は「フクロウ型」人間の治療を積極的にされています。「フクロウ型」というのは、夜ふかし、朝寝坊のひとです。単なる怠けではなく、どうしても朝起きられないのです。学生だと、朝起きられないために毎朝親に怒られて、ぎりぎり間に合ったり遅刻したり、なかには通常の学校を諦めて通信制の学校に切り替える場合もあります。

    久留米大ではこのフクロウ型を専門に扱うフクロウ外来を始めたところ、すごい数の患者予約が殺到し、今現在で来年の5月まで予約でいっぱいだそうです。しかも、九州各地から問い合わせがあるため、熊本の患者さんは熊本で見てもらえないかと依頼を受けました。当院でも以前からフクロウの漢方治療を行っているので、できるだけのお手伝いはしたいと思います。

    今回の講演ではフクロウ型も背景は1つではなく、起立性調節障害、メニエル症候群、不登校、自律神経失調症、適応障害、発達障害などいろいろな病態でフクロウ型を呈しているので、漢方もそれに応じた治療法を考えないといけないというものです。また、首のレントゲンを取ると8割以上に異常があると言われていました。そのあたりが新たな治療のポイントになりそうです。

    博多 住吉神社

  • 慢性痛を治す

    ためしてガッテンを見ていたら、慢性疼痛の話でした。腰痛を始め慢性化してしまうとその痛みはなかなか取れません。もしかしたら一生続くかもしれません。そう考えると、気持ちも沈んでしまいがちになるし、今まで趣味としていたことも諦めてふせってしまう人も多いようです。今回のがってんで言っていたのは、このような慢性痛に悩まされる人は、痛みをなんとか克服しよう、治して元通り元気になりたい、と痛みに対して正面からぶつかり、一日中そのことを考えていますが、それをやめることが第一歩だとのこと。要するに、痛みはあっても仕方ない。それがあってもやりたいことを諦める必要はない。カラオケが好きなら歌えばいいし、映画が好きなら愉しめばいい。そんな内容でした。

    慢性化した痛みは、痛い場所が悪いとは限らないというのが最近の話題です。頭に痛みが染み付いていて、勝手に痛みと感じてしまうのです。このように頭に染み付いた痛みを和らげる薬があります。当院でも結構使っていて、手応えを感じています。残念ながら100%効くとは言えませんが、今までなかなか取れなかった痛みが取れる場合があります。

    ガッテンでは痛みの日記をつけることを推奨していました。日記をつけることで、痛みが軽かったときの行動パタンが見つかることがあるからだそうです。しかし、私はこれには反対です。記録すると、とるに足らないほど些細な痛みにまで注目してしまい、痛みに敏感になってしまうからです。日頃の診療で感じる痛みに最強の人は認知症の人です。転んでも歯が折れても全く痛かったことを覚えていません。痛みに対する恐怖心がないことこそ最強だとつくづく実感します。

  • レシチンを飲んだ結果は・・

    ケアネットTVという医学教育番組をネットで見放題契約して2日目ですが、空き時間を利用してどんどん情報を仕入れています。従来このケアネットは月刊DVDだったので、帰宅してからDVDが見られるパソコンで再生して勉強していました。見終わったDVDが大量に本棚を占拠しています。ところが、今はオンディマンド配信なので、家の本棚にストックする必要もなく、何千とあるプログラムを検索してみたい番組をすぐ見ることができます。また、講義は1.3倍とか1.7倍速で再生できるので、時間の節約になります。

    製薬会社の講演は最終的には薬の宣伝で落ち着くので、どこまでが本心でどこからがリップサービスかを見極めないといけませんが、ケアネットはこちらがお金を払っているので、そのような宣伝は一切ありません。純粋に学問的な番組です。私がこの勉強で賢くなれば、どれだけの患者さんが救われるかを考えると、ご飯を食べる暇も惜しんで(実際は食べながらですが)勉強です。

    さて、先週はホスファチジルセリンを飲み、今週は卵黄レシチンを飲んでいます。この2つのサプリは体内では同じ物質に代謝されるそうですから、理論的には大差ないはずです。飲み比べた結果、どちらも頭にかなり効いています。仕事が終わっても全く疲れておらず、それからさらに500枚のレセプトチェックをしてもまだ余力があります。寝るとレム睡眠が増えるようで、あっという間に朝が来ます。肌の調子はレシチンのほうが効き目がいいようです。疲れ知らずの体となった今、進化は止まりません。

     ^

    ^