むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 昼休みの過ごし方

    私は昼休みにほぼ毎日往診に出かけています。片道30分くらいかかるところまで行っているので、往復するだけで1時間かかります。昼休みを12時半から2時半まで2時間取っていますが、午前の診療が昼にずれ込むと往診のスケジュールがかなりタイトになります。そんな中、たまに往診のない日があります。そうすると2時間の昼休みです。ご飯を食べても1時間はゆっくり休めます。私はこの往診のない日の昼休みにはクリニックの周りをランニングしています。

    今日は冬とは思えないほど暖かい一日でした。たまたま往診が入っていなかったので、クリニックから沼山津神社まで走り、秋津方面を回ってぐるっと約8キロのランニングをしました。沼山津神社付近は地震の被害が大きかったところで、神社も鳥居が壊れてしまって無残な姿でした。しかし今では、鳥居こそありませんが、ずいぶん元の姿に戻ってきました。復旧が進むのは嬉しいことです。わたしの犬の散歩コースの錦ケ丘付近では、セキスイハイムの家を1軒だけ残して右も左も全半壊で更地になってしまったところがあります。セキスイ恐るべしです。更地になったところは寂しいですが、すでに新しく新築の基礎工事が始まったところもたくさんあります。新しい街が生まれつつあります。新生熊本です。

    今日午後はたくさんの外来患者さんに来ていただきました。その中で、私が昼に近所をジョギングしているのを目撃したという方がおられました。また、先日は私がクリニックの前の歩道の落ち葉を掃除していたのを見たという患者さんも来られました。こうなってくると、襟を正してきちんとしておかないといけません。どこで誰に見られているかわからないです。まあ、昔から街医者というのは何十年も同じ場所にいて、相談事があるとなんでも聞いてくれて、地元のために貢献する人、という認識があると思います。そのように地元のみなさんに知っていただき、気軽に声をかけてもらえることが幸せだと感じます。

  • インフルエンザ判定キット

    熊本市内ではまだインフルエンザは流行というほどではないようです。38度以上の高熱で来院される患者さんには一応インフルエンザのチェックをしていますが、当院ではまだ数人しか陽性に出ていません。そのインフルエンザの判定には、みなさんご存知と思いますが、綿棒のようなものを鼻の奥まで入れてサンプルを採取します。これが結構痛くてつらいものです。患者さんの中には「この検査がトラウマです」と言われる方もおられます。当クリニックでは、この冬大塚製薬のインフルエンザ判定キットを採用しました。多数のサンプルを使い比べた結果、判定が早い、感度が良いと言った基本性能に加えて、付属している綿棒が圧倒的に細くてしなやかで患者さんの侵襲(痛み)が少ないのです。今日来院された患者さんは、この検査は痛いから嫌だったけど、今日の検査は思ったほど辛くなかったわ、と言っていただきました。これこそ私どもが聞きたかった言葉です。正しく診断することは当然ですが、その検査も少しでも楽にしてあげたい、いつもそう思っています。そして、大塚製薬が検査キットだけでなく、そういった侵襲の少ない綿棒の開発にも力を入れたこと自体を評価しました。

    上記の通り今の所インフルエンザはさほどいませんが、風邪で来院される患者さんはたくさんいます。中でも気になるのが、タバコの匂いがする患者さんです。やはりタバコを吸うことは大気汚染のひどいところに住んでいるのと同じで気道を痛めています。そういうところから風邪のウイルスは侵入しやすいのでしょう。清肺湯という漢方があります。読んで字のごとく肺をきれいにしてくれます。慢性気管支炎で痰がきれない人に向いています。飲んでいるうちに咳や痰が少なくなります。一方、気道がカラカラに乾燥していて痰が硬く出にくい人もいます。この場合は乾咳が出ます。そういう場合は麦門冬湯や滋隂降火湯が効きます。気道が潤い、イガイガした感じが和らぎます。このように、風邪の予防には気道をきちんとメンテナンスすることが大切です。でも一番は禁煙でしょうね。

     

  • カルテにたくさん書く

    当クリニックは電子カルテですが、患者さんからの情報をとにかく詳しく打ち込みます。いつからどうなったかとか、どうすれば調子が良くなるか、何がきっかけで調子が悪くなったかなどなど。また、他のクリニックにかかっている情報や過去の病歴のことなどもできるだけ聞いた情報は書き込みます。

    電子カルテには定型文を簡単に打ち込むツールがあるので、それを使えば紋切り型のワンパタンの文章が短時間にどんどんかけます。しかし、インフルエンザの予防注射ならそんなワンパタンのカルテ記載でいいのですが、難病の方や心療内科系の患者さんだと、それぞれのエピソードで聞き出す情報が多いため、それを書きとめておく必要があります。版を押したようにパタンで書ける文章ではないのです。

    詳しく書くのには時間がかかりますが、後で読み返したときに状況を思い出します。また、その場にいなかったナースや事務員さん達も記載を読むことで患者さんの背景や来院の理由がわかりますし、私がどう判断してどのような処置をしたのかまで一瞬で把握できます。これは紙カルテではなかなかできません。紙カルテにたくさん書こうとすると、どうしても字が雑になり、他人が見ても判読しづらいものになります。カルテは後で清書するようなことはしませんので、永遠にその雑な字で書いたページが残ります。書いたドクター以外にはよく分からない、場合によっては書いた本人さえ判読できないというのはよくあることです。それを考えると、電子カルテは本当に便利です。

     

  • 紫外線は眼に悪い

    車海老のアヒージョを作った話を昨日書きました。食べ終わったスキレットの中にはエビとニンニクの香りがついたオリーブオイルがたっぷり残っています。パンにつけてもいいのですが、うちにパンがなかったので、日曜のランチにパスタを茹でて、このオイルを絡めてみました。彩りにパプリカと小松菜を入れてパルメザンチーズをかけて出来上がりです。うーん、美味しかったです。

    今週の日曜もいい天気だったので、江津湖周辺を11kmランニングしました。冬とはいえ、紫外線が強いので、ランニング用のサングラスをしました。紫外線は日焼けの原因として知られていますが、目にも悪いのです。目のレンズに当たると白内障を起こします。白内障とはレンズが濁ってしまう病気で、一種の老化現象です。お年寄りが目が見えなくなってレンズを入れ替える手術をしたらものすごくよく見えるようになった、という話をよく聞きますが、これが白内障です。白内障の原因の一つが紫外線であるとわかっていますから、これは予防可能です。紫外線をカットするきちんとした規格のレンズを使ったメガネやサングラスを使うべきです。それから、レンズの明るさはあまり暗くないように。暗いレンズをかけると目の瞳孔が開いてしまいますから、かえって紫外線が目に入ってくる可能性があります。明るめのレンズだと、その心配はありません。紫外線カットレンズでほとんど色が入っていないものはわずかに黄色味をおびています。これが一番オススメです。通常のメガネですと、メガネ屋さんでHOYAなどの紫外線カットのメガネを探すと、すぐに見つかると思います。スポーツ用サングラスも表示を見て探せばきちんとしたものがたくさんありますよ。

  • 食と健康の都市伝説

    食と健康は切っても切れない関係ですが、それがゆえにいろんな都市伝説があります。

    例えばビールのプリン体。尿酸が高い人は痛風になるので、尿酸が上がらない食生活が大事です。プリン体は体内で代謝されて尿酸になるので、プリン体をカットしたビールがいいと言われています。しかし、アルコールそのものが体内で代謝される際に尿酸になるので、プリン体をカットしても尿酸は上がります。ビールは特にプリン体が多いのですが、もともとあまりプリン体を含まない焼酎や日本酒でも尿酸は上がります。つまり、尿酸が高い人は節酒しないといけないのです。

    次に、ひじき。ひじきは鉄分が多く、貧血に良いと言われてきました。ひじきの料理に含まれる鉄分を分析した何十年も前のデータが再検査されずにずっと伝説のように言われてきたものです。最近測り直したら、ひじきにはあまり鉄分が含まれていないことが判明しました。結局、昔測った際にはひじきをサンプルとせず、「ひじき料理」をサンプルとして測ったのですが、ひじきを料理する際に鉄の鍋で炒めたために鉄分が多かったようなのです。したがって、現代テフロン加工のフライパンでひじき料理をしていたら鉄分は入ってきません。逆に、鉄の鍋を使って料理すればひじきでなくてもふんだんに鉄分が取れるわけです。私は、ホームセンターに売ってある小さな鉄製のスキレット(キャンプで使うようなフライパン)を料理に使います。一人用のちょっとした炒め物などに便利です、しかも、テフロン加工のフライパンより熱くなりますから、IHのように火力が弱い場合でもかなり高温で料理ができます。鉄分が料理に入るのは一石二鳥です。

    話題はそれますが、スキレットに新鮮なエビとたっぷりのオリーブオイルとハーブソルト、ニンニクを入れてちょっとだけ煮込んだ感じに加熱するとエビのアヒージョの完成です。美味しい!今の季節、牡蠣やキノコ類もアヒージョにぴったりです。もちろん余ったオイルはフランスパンにつけて食べると絶品です。店で食べるアヒージョはちゃんとオリーブオイルが使ってあるのかかなり怪しい(きっとサラダ油でしょう)ですが、自宅で作れば間違いないです。オリーブオイルでなければこれだけの油料理は体に毒です。家庭で簡単にできます。ぜひお試しください。これも、小さなスキレットがあればこそです。