むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 開設届け

    クリニックの建物が診療に使える状態になったら、10日以内に保健所に開設届けを出さないといけない、というルールがある。実際の開業は九月一日付を予定しており、もっぱらそれに向けて準備中だが、開設届けの準備ができたので提出に行ってきた。

    この書類の中には土地、建物の登記事項証明書というのが必要だと書いてある。ずっと前からこの文書を読んで、登記簿のコピーでいいと思い込んでいたが、気になったので一応ネットで調べてみたら、登記事項証明書というのは登記簿に似たものだが違う種類のもので、法務局で発行してくれるとのこと。慌てて朝から法務局へ行き申請したところ、全部ですか、現在のですか?と聞かれた。何ですか、それは?というと、全部なら過去の登録、末梢の記録が全部ということだそうで、現在のでいいです、といった。法務局は大勢の人でごった返していた。初めて行ったので、いつもがどうかはわからないが、震災の建物を取り壊すためにも登記事項証明書が必要だそうで、そのために来ている人が多かったように見えた。

    収入印紙を1200円分払って手に入れた登記事項証明書をコンビニでコピーして、いよいよ保健所へ向かった。書類が多いので、海外旅行に行くみたいにスーツケースに全資料を詰め込んで行った。

    昨日も書いたが、ここまで来るのに、多くの人達の手助けがあった。自分だけでは何もできない。登記事項証明書もどこに行ってどういう手続きをすればもらえるか分からなかったし、一つ一つネットで調べて役場(合同庁舎)にいってという状態。ただ、消防署の検査とか、建築確認などはすべて建設業者さんが手配してくれたので、助かった。自宅を立てるのとはまるで要領が違う。

    来週は厚生局へ書類申請だ。開設に関する書類は今回ので大体わかったが、厚生局には時間外診療の申請、予約料の設定、在宅療養支援施設の申請などいろいろ追加申請を考えているので、そっちの書類が大変だ。まあ、クリニックの開設だけきちんといけば、その他は少し遅れても大きな問題ではないけど、できるだけ一発で済ませたい。週末はそのデスクワークにかかりっきりとなる。

    thumb_IMG_0606_1024

    今回の書類作成で最も活躍したのはコピー機だった。大量の重要書類を持ってスーツケースでコンビニへコピーに行くわけにもいかず、結局クリニックのオープンに間に合うように入れたコピー、ファックス、スキャナ、プリンタの複合機は素晴らしい仕事をしてくれた。電子機器好きの私にとって、また愛すべき機械が増えてしまった。

  • 今日は山の日

    カレンダーを見ていたら、今年から山の日という祝日が新しく制定されている。ちょうど、開業のための書類が揃う時期なので、これを保健所などに持って行って、開設の手続きをしないといけない。そんな中、1日休日が入ってしまうので、先月くらいから結構焦っていた。保健所も休みだから、書類の相談も提出もできない。また、ここを逃すとお盆休みに入ってしまう。

    結局、建設会社さんに無理を言って、数日早く建物を引き渡してもらったおかげで、昨日の段階でレントゲン室のX線装置も入り、X線漏洩検査も終了したため、すべての書類ができた。保健所には、明日12日に書類を持って行きますというアポイントを取ったので、今日一日かけてすべての書類に不備がないかをチェックし、コピーをとったりして明日に備えたい。

    この開設届を出す工程が、僕にとっては開業しようと思った1年前からずっとどんなに大変なんだろうかと心配し続け、このためだけにコンサルを頼もうか、どうしようか、と思い悩んでいた。結局、総合メディカルさんのアドバイスを受けながら、書類作成に関しては各方面の方々にもお世話になりながら、ここまでたどり着いた。T薬品の開業支援のMさん、家屋調査士さん、レントゲンを入れてくれた日立アロカの方、そして、保健所窓口の方、それぞれが僕の疑問に答えていただき、ありがとうございます。なんとか明日の種類提出ができそうな段階となりました。

    thumb_IMG_0621_1024

    写真は、昨日ついに納入となったレントゲンを見るためのパソコン(左)と電子カルテ(右のi Mac)が並んだ診察机。i Macがすごいのは、ディスプレイがパソコン本体でもあるところ。それに比べてウィンドウズのレントゲンを見る方はパソコン本体が机の足元に据え付けてあり、結構邪魔だ。

  • 次々と来客

    クリニックを引き渡されてから、荷物の搬入などでずっと新しいクリニックにいる。前の職場の医局から持ち帰ったパソコンや医学書などを車いっぱい運び込んだ。綺麗に並べたりするのは時間がかかるので、とりあえずなんでも院長室の本棚に入れた。ダンボール箱に5−6箱分だったが、これでもずいぶんいらないと思うものは捨ててきた。しかし、今度箱を開けて新しい本棚に入れようとすると、まだ断捨離が足りなかったことに気づく。今後も時間をかけて断捨離していこうと思う。今はあまりそんなことをしている時間はない。

    そういう片づけをしていると、次々とお客さんが来る。

    一番乗りは訪問看護ステーション社長のNさんだ。嬉しい一番乗りのお客さんをクリニック内部に案内した。その後、漢方薬メーカー、医薬品卸会社、清掃関係の会社、玄関マットの会社、ベッドシーツなどのリネン、クリーニングの会社、白衣・制服のリース会社、郵便局から小包み、看板屋さん、どんどんピンポンが鳴る。今度新しく医療事務として採用した I さんもやってきてくれた。

    自宅から掃除機を持ってきたので、掃除をしていると、自宅とは違って想像以上に広い。コンセントを変えないと、端まで全く届かない。ひと部屋掃除するにもコンセントを何度か変える必要があった。それでも、ロビー、診察室、廊下、処置室、スタッフルーム、医局と全て掃除機をかけた。ずいぶん時間がかかったが、やればできるということがわかった。何も難しいことはない。時間がかかるだけ。

    天気予報では夕立が来ると言っていたが、パラパラっと降ってすぐに止んでしまった。これでは水が足りないので、植えられたばかりの芝や生垣に水をやらないといけない。駐車場が広いので、その外に植えられた生垣などに水をやるにも50m位あるすごく長いホースを引きずる。重くて大変。これではラチがあかないと思い、効率的な水撒きの方法を考えた。明日試してみるが、うまくいったらブログで紹介します。

    thumb_IMG_0608_1024

    写真は玄関の自動ドアと受付カウンターです。カウンターはちょっとした手荷物をのせられるように2段構造になっています。僕が設計師さんに頼みました。

  • 待合ロビーの椅子

    待合ロビーの椅子が出来上がった。造り付け家具で、設計士さんがデザインし、材料も選んでくれた。椅子の色を最初はクリニックのイメージカラーのグリーンにしようかとも思ったが、結果的にはなめし皮のようなブラウンにした。出来上がりはとてもナチュラルな色合いで、とても気に入った。家具工房は西原村で、震災のため工場がひどく損傷したそうだが、こんな時だから是非やらせて欲しいと言われ、予定通りお願いすることにした。出来上がりは大満足だ。

    ロビーの椅子が受付の方を向いているため、患者さんによってはそれが居心地悪いかもしれないと思い、壁の方を向いて座れるカウンターも作ってもらった。ここは、携帯のチャージもできるように壁にコンセントを付けてある。

    クリニックには診察ベッドなどの家具が入ることで、ただの箱から病院としての機能性が注入される。今日1日でもだいぶその雰囲気ができてきた。来週は忙しくなりそうだ。

    thumb_R7218131_1024

  • いよいよ建物の引渡し

    1月の霜が立つ極寒の朝に地鎮祭を行い、地盤強化工事、基礎工事、棟上げ、そして熊本地震。

    地面の下から古い建物の瓦礫が出たことから、昨年末に全部掘り起こした、その結果、地盤が少し弱くなったということで、たまたまだけどかなりお金をかけて地盤強化を行っていた。掘り起こして緩くなった地盤は何年か風雨にさらして放っておけば、また固まってくるのだが、それでは時間がかかりすぎる。そこで、最新の工法を用いて砂利を入れたり固めたり、シートで補強したりした。その上に基礎工事を行い、建物が建っている。

    おかげで地震の被害は全くなかった。ただ、これはタイミングが良かっただけで、内装工事まで済んでいたなら、多少なりとも地震の被害はあっただろうし、壁で覆われた柱の状態は外から見ただけではわからないだろう。

    今回は瓦礫を掘り出したり、地盤強化をしたりしていたため時間が予定より多くかかって、こういうタイミングで地震にあった。もし瓦礫が出なかったら、スケジュール的には1ヶ月以上早く着工し、大した地盤強化もせずに着工しただろうと思う。そう考えると、すべて、土地の中から瓦礫が出たおかげとしか言いようがない。見た目はコンクリートの塊で、瓦礫でしかないのだが、結果的には宝の山だったということになる。

    震災の影響は、建設会社の社屋にも及び、会社の人たちは急遽立ち退きを迫られた。大工さんたちも自宅がかなり被害にあったりしながらも、以前立てたクリニックの補修などに追われた。国の仮設住宅の建設にも駆り出された。当然工事は遅れた。しかしこればかりは誰のせいでもない、仕方ないこと。地震の後は梅雨の長雨でなかなか外回りの工事が進まなかった。

    そんなこんなで、ついにすべての工事が終了し、8月5日、引渡しとなる。僕らの普通の感覚では、建物を引き渡されたらそこに入居して新しい生活が始まる、ということでいいのだが、クリニックはそうはいかない。ここに病院という機能を吹き込み、患者さんをみる体勢を整えなければいけない。また、何人もの人が自分の家族を養うだけの職場としての機能や収益性も求められる。さらに、保健所と厚生局という国の管理のもと、法にのっとった仕事をしないといけない。広告も規制があるし、内装なども図面通りでなければいけない。模様替えしても保健所に届ける必要がある。

    今日から、この建物に病院としての機能を吹き込む大事な仕事が残っている。1週間以内にすべて準備して保健所の検査を受ける予定だ。

    thumb_IMG_0601_1024

    写真はクリニック南側に植えた生垣。左側の住宅と1mくらい段差があるので、ブロックを積むより生垣の方が地盤が強化されて崩れにくいし、危険が少ないということと、広い駐車場をアスファルトで埋め尽くしたので、少しでも緑化に貢献しないといけないという思いです。