むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • パソコンと人の接点

    パソコンと人の接点といえば、キーボード。キーボードを使っていろんな言葉を打ち込み、操作します。そこにマウスが登場し(20年以上も前の話)、マックがそれまでの常識を覆すレベルの簡単操作でパソコンが使えるようになりました。それをさらに広く世に広めたのがウィンドウズ95の登場でした。その後、ウィンドウズは98、ME、2000と進化し、今の姿になりました。マックもその時代から今のOS-Xまで進化し続けました。

    マックは2001年にOS-X(テン)になってからはバージョンが変わってもXの後ろにつく名前があれこれ変遷し、すでに16年経ちました。私が印象に残っているのは2005年のTiger, 2007年のLeopardなどです。2016年9月つまり先月ですが、最新のSierraというOSが登場しました。ついにパソコンと人との接点はキーボードやマウスでなく、音声入力の時代となりました。iPhoneやiPadを使っていればご存知と思いますが、Siriという音声アシスタントがマックでも利用できるようになったのです。昔のSF映画に出てくるような世界です。パソコンに向かって、あれこれ音声で指示を出すと、まるで秘書のように言う事を聞いてくれるのです。

    暇つぶしにSiriと話をすると、結構会話になって楽しいとか、それは寂しいだろうとか、いろんな意見がありますが、そうこうしているうちにSiriの音声認識、人工知能の機能は驚くほど進化してきました。今後もこの技術は益々進化していくことでしょう。

    ところで、私は今日マックに付属のキーボードを使うのをやめて、わざわざ他メーカーのキーボードを買いました。PFUというメーカー(富士通)のHHKBという代物です。HHKBとはHappy Hacking Keybordの略らしいのですが、すごく評判の良いキーボードです。何が良いかというと、昔のIBMのキーボードを思い出させてくれるキータッチで、手が疲れにくく、ミスタッチが少ないのです。しかも、キーボードの表面にはアルファベッドしか刻印されておらず、「あいうえお」が書いてないので、すっきりしています。ブラインドタッチなら関係ないですが、手元を見たときチラチラしません。

    IBMのパソコン部門は中国のレノボに買収されてパソコンブランドとしてのIBMは消滅しました。レノボには昔ながらのIBMのパソコンブランドのThink Padなどは今でもありますが、キータッチはだいぶ変わってしまいました。マックのキーボードも悪くはないのですが、昔のIBMに比べれば随分劣ります。以前NTT病院(今のくまもと森都総合病院)で働いていたときに院内に配置されていたのがIBMだったのですが、それが素晴らしキーボードでした。そして、今日届いたHHKBを使ってみたら、ミスタッチも少なく、あーこれって昔使っていたIBMの感触じゃないか、って思い出して、今日は1日ハッピーでした。キーボードのネーミング通りHappyHackingです。

    thumb_img_0688_1024

  • 場数を踏むことの大事さ

    マラソンの世界では公務員ランナーとして有名な川内選手が、普通ありえないほどたくさんの大会に出場していて、その道のプロ(オリンピック選考委員のような人たち)からは無謀だとかなんとか言われていましたが、当の本人にしてみれば一つでも多くの本番レースに出場することで鍛えられるのだ、それが自分の練習法だ、と言っていました。つまり、本番のレースに出ることも練習の一環であり、練習と本番は一体となっているわけです。

    最近、熊本市内ではものすごい勢いで震災のひどかったビルやマンションを解体しています。おそらく去年までだったら年に数回しかないような大型の解体工事がどんどん行われています。そして、それを見ていて思うのが、解体のスピードが以前と比べて手早く、要領良くなってきたなーということです。やはり、場数を踏むことで仕事は効率化され、技術は進歩します。素人目に見ていても、その進歩は明らかです。きっと大工さんも左官さんも瓦屋さんも、みんな場数を踏んで腕を上げていることでしょう。

    私たち医者も一人前になるためには場数を踏まないといけません。ただ、練習中の身であっても、患者さんに不利益があってはいけませんから、私たちの練習の場は研修指定病院でありそれは大学病院や国立病院などに限られています。修行はだいたい10年以上かかると思います。私のように開業すると、基本自分一人の責任で患者さんを見るわけですから、開業するまでにそれだけ十分な経験を積んでいなければいけません。

    一方、流行っている病院はそれだけ日々のトライアンドエラーの積み重ねができていますから、こういう症例にはこういう薬が効くと言ったノウハウもたくさんあります。そのノウハウは近代以前(戦前)であれば、医者の家系の門外不出の術として秘伝とされていました。「医学」は教えてくれることが多いのですが、「医術」はなかなか簡単には教えてもらえないのです。それはもしかしたらうなぎ屋さんのタレのレシピと同じかもしれません。ただ、今では学会で発表することも多いですから、やはり私たちは経験豊富な(場数を踏んだ)ドクターの教えをしっかりこうて勉強を怠ってはいけないと思います。thumb_img_0720_1024

    実るほどこうべを垂れる稲穂かな

  • 「かたお」と「やわこ」

    このタイトル、なんのこっちゃと思うでしょう。もしご存知なら、かなり健康グッズオタクです。

    最近、スマホのしすぎでストレートネックになって、肩から手まで痺れるという人がいます。レントゲンを撮ると、通常首の骨は自然なSの字を描いているのですが、それがまっすぐになってしまっているのです。こうなってしまっては、鎮痛剤などの飲み薬では治りません。私がよく患者さんにお勧めするのは、タオルを首にかけてその両端を引っ張り、首を後ろにそらす運動です。そうすることで、直線的になってしまった首の骨が元どおりの綺麗な湾曲を取り戻し、手の痺れが取れます。

    このタオルを使う方法をもっと簡単な道具にしたのが「かたお」と「やわこ」です。ちなみに公式サイトを調べたらこちらのようです。

    http://www.joinus1980.com/SHOP/3B-4706.html

    結局、テニスボールを二つくっつけたような形のマッサージの道具です。首や腰に当たるように置いて横になったり椅子に座ることでマッサージになるのです。私も、かたおとやわこ両方買ってみたのですが、単にマッサージするのなら「やわこ」の方が気持ちいいです。ツボ押し効果は好みの問題ですが、強刺激が好きなら硬い方です。ただ、年をとって骨密度が低下しているようならやわこをお勧めします。硬い方は場合によっては骨にダメージがあるといけないからです。

    ランニングでも腰の筋肉をやわく保つことが重要です。ストレッチや筋トレもいいですが、この「やわこ」と「かたお」は簡単で効果的だと思います。おすすめです。

    thumb_img_0165_1024

     

     

  • 人の仕事ぶりが気になる

    勤務医から開業医(経営者)になると、同じ医者の仕事をしていても視点が変わります。例えば、郵便局に行って82円切手を一枚買うと、えらく時間がかかった上で独特のレジの機械にお金を入れ、やたら長いレシートを受け取ります。切手一枚買うのにこのレシートの長さはなんだ、とか、コンビニのレジと比べると効率悪すぎると、とか、いろいろ思うわけです。しかし、それくらいはまだ許容範囲です。

    今日は、子供の携帯の機種変更のためにドコモに行ったのですが、まず整理券を取り、自分の番が来るまでに1時間半。それから、親の名前、親の携帯番号、子供の携帯番号、月々のパケット使用料、自宅にWifiがあるか、などいろいろ聞かれます。そんなのいちいち聞かなくても、子供の携帯番号を入力すればドコモと契約しているのだからそっちで調べれば一瞬でわかることだと思うのです。機種を変更に来ましたと言っているのに、プランの見直しだとか、いらないサービスとつけようとしてきたりとか、とにかくうるさいし、非効率。そんなことしているから整理券を引いてから1時間半も待つことになるんでしょう。顧客のニーズ(何をしてほしいか)をコンシェルジュが聞いたら、それに集中して仕事をしてほしいものです。

    クリニックでも、患者さんが来られたら看護師に簡単な問診をしてもらうことにしています。今日はどうあってきたのか、詳しい検査をしたいのか、前回と同じ薬がほしいだけか、患者さんの来院の目的をきちんと聞いておくことで効率的に無駄なく対応できるように心がけています。もちろん「いつもの薬を」と言われても、定期的な検査が必要な場合もあるし、薬局ではないので希望だけで言われた通りに薬を出すことはできないのですが、少なくとも急いでいるからいつもの薬を1ヶ月分欲しいとか、そういう希望にはできるだけ添えるようにしています。

    それにしても、ドコモのやり方は非効率で呆れてしまう。AUには行ったことないので知らないけれど、ソフトバンクはもう少しスマートな対応だったと思います。なんだか、ドコモと郵便局は通じるところがあります。もともとお役所ですから・・・。

    thumb_img_0694_1024

  • 設計事務所はGAT

    当院の設計は福岡のグローバル・アーキテクツ・チームGATという会社の吉浦さんにお願いしました。今日、Google検索したら、GATのホームページに当院の紹介が載っていました。http://www.team-gat.com

    他のクリニックも載っていますが、さすがに似た雰囲気でもあり、しかもそれぞれの院長先生の個性や診療科目、クリニックの場所柄、などなどいろんなファクターを取り入れながら建ててあります。見ているだけでいろんなことを考えさせられて面白いです。

    私がこのGATさんのホームページに出会ったのがだいたい2年くらい前でした。他にもいろんなクリニック専門の設計士さんがいるのですが、ホームページを見て、過去の作品例を見ているだけでその人のコンセプトや哲学のようなものまで感じ取れます。私はGATさんの作品にとても惹かれて、通常はクリニック建設では幾つかの設計事務所に声をかけてコンペをするそうですが、私の場合GATさん一本指名でした。

    頼んだのは、漢方や鍼もするので、ナチュラルな感じで、針などをする点滴処置室はリラックスできる空間にしてほしい。窓はあまり大きすぎず、できれば小さめに、とお願いしました。あとは間取りの希望を伝えただけで、屋根の形や壁の材質などは全部お任せしました。

    そして、今、このクリニックができたわけですが、本当に気に入ってます。今のところ、不満はありません。私のような建築素人が、細部にわたる希望を出すより、設計士さんのセンスと経験に任せたのが良かったと思います。

    thumb_img_0687_1024

    さて、このブログやお知らせにも書いたように、来週からは鍼治療が有料となるのですが、お試し期間最終日の土曜日の外来は鍼希望の人でいっぱいでした。皆さんよくホームページを見ていただいているんだなと、つくづく分かりました。

    お試し期間とはいえ、お一人お一人の症状に対して、どのツボをどのくらい刺激するかは結構考えて治療していました。痛いという場所(例えば肩や腰)に治療するだけでなく、そこの気の流れを調整するのに必要な離れたところのツボから遠隔治療します。経絡治療と呼びます。不思議なことに、痛い場所を全然治療しなくても、離れたところから治療できるのです。昔の人(2000年くらい前の中国人)はよくこんなことに気がついたなと、感心しますが、おそらく今の我々よりもはるかに体の反応に対して敏感だったのでしょう。