むらかみ内科クリニック

お知らせ

NEWS

  • 心療内科の初診は原則予約制にします

    心療内科の新患は、診察に時間がかかります。ゆっくりお話を聞きたいのですが、一方では血圧や風邪などで通院されている患者さんは最小限の待ち時間にしたいと思っています。心療内科の新患さんをひとり診察する時間があると血圧患者さんなどは10名位は見ることができます。そう考えると、心療内科の患者さんを見てさしあげたいのは山々ですが、限界があります。そこで、H31年(2019年)1月より心療内科の新規のご相談は原則として電話予約をお願いします。できるだけ当日か、数日以内に枠を確保します。診察当日も、血圧患者さんなどを優先する都合上、1時間ほどはお待たせするかもしれません。ご了承ください。

    電話相談なしに当日来院された場合、他の患者さんを済ませてからの診察となります。状況によっては最大で2時間程度はおまたせするかもしれません。当院のポリシーとして本当に困っている患者さんを何日もおまたせする事はできません。可能な限り当日のうちに解決方法を考えます。

    事前に電話で聞き取りをして、他院を紹介する場合もあります。それは、心療内科ではなく精神科のほうがいいと考えられる場合(統合失調症など)、入院治療を要する場合(重度のうつ病など)、カウンセリングを希望の場合、小中学生で身体症状(頭痛、腹痛など内科的疾患)なしで精神科的な問題(不登校、気分障害など)だけ相談したい場合です。

    一日に診察できる人数には限りがあります。すべての人に納得いただける診療を提供したいのですが、時間だけはどうしようもありません。最適な解を求めて模索しています。御協力よろしくおねがいします。