むらかみ内科クリニック

院長ブログ

BLOG

  • 霊芝の話 その2

    先日、霊芝をもらった話をしました。薄く煎じて飲んだところ、疲れがとれた気がしたと書きました。今日はその続報です。

    煎じた霊芝を結局湯飲みに三杯ほど飲んで寝ました。朝起きてびっくりしたことに、体が軽い!!実は先日3000段の石段に登って以来、筋肉痛がいまだに残っており、自宅の階段の上り下りが辛かったのですが、まったく筋肉痛がなくなりました。この数日筋肉痛は抜けなかったので、一晩で抜けたのは霊芝のパワーではないかと思います。筋肉痛というのは、筋肉に溜まった乳酸が原因で起こるので、筋肉の血流が良くなって溜まった乳酸が抜けたのか、あるいは肝臓での乳酸の分解が進んだかのどちらかです。

    それから、昨夜はあえてお酒を多めに飲んで寝ました。日本酒、ワイン、焼酎の霊芝割りそれぞれ1杯ずつ。家飲みでは大体このくらい飲むことが多いのですが、二日酔いにもいいと言われたので、少し多めに飲んでみました。今朝は、目覚めすっきりの朝でした。確かに二日酔いに効くような気がします。次には、忘年会のようにたくさんお酒を飲む日にも実験してみる価値ありです。

    そして、昨日もブログに書いた通り、近視が少し軽くなった気がします。雨の日には運転する時に道路標識などが見づらいのですが、今日はなんとなく目が冴えて見えます。霊芝がどうして目に効くのかわかりませんが、これは嬉しいことなので、しばらく飲み続けてみたいと思います。

    そして、煎じたカスは捨てるにはもったいないので、うちのトイプードルのゴンにあげました。煎じる前は干し椎茸のような物体なのですが、煎じた後は柔らかく煮た椎茸のようになっているので、ゴンも喜んで食べていました。もともと元気な犬ですが、散歩中に変なゴミのようなものを拾い食いしたりするので、解毒作用を期待してます。霊芝の社長さんが言うには、犬が農薬のついた雑草などを口にして体を壊した時はこれを飲ませればすごく元気になります、との事でした。確かにペットは保険に入っていなければ動物病院の診察料はあっという間に数万円になります。それを考えると、霊芝の方がずっと安い計算になりますね。

    IMG_0512

  • 健康にいいこと

    漢方の達人や針名人などいろんな人に会う機会が多いが、そういう時に必ず聞いてみることがある。それは、「先生がご自分で健康にいいことって何かやっていますか」とか、「先生が自分で健康のために飲んでいる漢方薬やサプリなんかありますか」という質問だ。おそらく、このブログを読んでいる人も、興味津々だろう。

    ただ、この質問をする時に、最も大事なのはその答えだけではない。その先生の顔色、眼力、正気というものが大切なのだ。つまり、どんなに素晴らしい漢方の講演をされる先生も、自分で何らかの健康法を実践して、自分が素晴らしく健康でなければ示しがつかないのだ。腰痛持ちの整体師とか、病弱な漢方医は実際にはたくさんいるのだがそれでは患者さんに示しがつかない。余談だが、西洋医学では自分の専門が弱点の人が結構多い。例えば、糖尿病専門の医者が糖尿病になる、胃カメラ専門の医者が胃がんになる、精神科医がうつ病になる、こんな話はごまんとある。

    そんなことはどうでもいいのだが、先日ブログで紹介した霊芝(さるのこしかけ)を栽培、販売している会社社長さんに健康について聞いたら、霊芝はすごいですよ、ガンだけでなく肝臓病も腎臓病も糖尿病も治ります、という。そして、その話をする社長の顔色、肌のつや、眼力、どれを取っても実際の年より素晴らしく若々しい。社長さんは毎日霊芝を飲みますか?と聞くと、ヤカンで2Lくらい煎じてペットボトルに入れてそれを2日くらいかけて飲みます、とのこと。それなら簡単だ。毎日子供に作っている麦茶とあまり変わらない。

    本日、社長さんが霊芝のサンプルを持って面会に来てくれたので、早速うちに帰って煎じて飲んだ。がんの人が飲む量は必要ないので、うすーく作ったらまるで松茸のスープのような上品な味わい。美味しい。湯飲み一杯飲んでしばらくたったら、今日一日の仕事の疲れが取れてきた。それ以上に驚いたのは、近視が取れてきて、いつもはぼやけて見えない遠く離れたテレビの字幕が見えるようになってきた。すごく薄い霊芝の煎じ液たった湯飲み一杯の効果だ。霊芝のように高価な健康食品は怪しい!と思いがちだが、2000年以上も前に不老長寿の高貴な薬と言われてきた貴重なもの。初めて試したが、本物の予感がした。

    当分は自分の体でいろいろ実験してみます。

    IMG_0524

    写真は美里町(砥用)の霊台橋。霊芝とは霊つながり(笑)。歴史ある石橋ですが、熊本地震にも耐えてくれたようです。

  • 診療報酬

    みなさんが病院にかかる時には保険証を持っていくと思います。保険証があれば、1割から3割の間の自己負担となり、残りの7割から9割は国が負担してくれます。正確には国民健康保険(国保)や社会保険(社保)が払ってくれます。

    病院は、この患者負担の残りの部分を国保や社保に請求しないと収入になりませんが、その請求の仕方が難しいのです。病院の受付には医療事務の資格を持った人たちが働いていますが、私たち医者は医療事務の仕組みを全く習いません。診療報酬請求(レセプト)という書類を正確に作らなければ病院の収入にはならず、自分のした仕事も、間違えばタダ働きになってしまうのです。

    私がこのレセプトを初めて見たのは医者になってから13年も経ってからです。国立病院に勤務していた頃に、自分の行った診療に関するレセプトは自分で点検することになっていました。点検するといっても、そのレセプトがどのような仕組みになっているかは一度も習ったことがなかったので、医療事務の人が作ったレセプトを医学的見地から正しいかどうかを見ていただけで、それは全くチェックになっていませんでした。

    これから自分のクリニックを経営するため、このところ毎日「診療報酬入門」のような本を読んでいます。今まで知らなかったことだらけで、驚きの連続です。これでも、民間でずいぶん長く働いているので、大学や国立病院時代とは比べ物にならないくらい仕組みを理解しているつもりでしたが、全く足りていませんでした。これほど病院の経営に直結する医療事務については、医学部で教科として教えるべきでないかと思いました。

    しかし、裏を読むなら、あまり勉強して医者が診療報酬の仕組みについて詳しくなってしまうと、国はたくさん支払わないといけなくなるので、医者はその辺について詳しくない(請求漏ればかりしている)方がありがたいのかも・・・と思ってしまいます。

    IMG_0551

  • 鍼灸勉強会2

    先週に引き続き、鍼灸勉強会を行った。四国から来られている鍼灸師兼薬剤師さんと私で先週と同じ患者さんを診て針治療を行った。四国の先生は彼独自の理論と経験で丁寧にツボを探り、針で刺激し治療する。私は私の理論でツボを決め、そこに針を打つ。不思議なことに、同じ患者さんの同じ症状を見ても使うツボは異なっている。

    どっちがすごいかを競うわけでなく、お互いの技術を披露し、刺激を受け、さらに勉強する。そういう会だ。鍼灸の世界は漢方のように2,000年以上昔から理論も技術も今に伝えられている。しかし、おそらく日本が鎖国していた江戸時代には日本独特の発展を遂げ、現代の中国バリと日本の鍼(はり)ではだいぶ異なってきていると思う。特に日本の場合、武道や茶道のように針道とでもいうべき世界になっており、師匠に弟子入りして初めて秘伝の技を伝授される、門外不出の方法といった世界だと思う。門外不出だから、他流試合などはあまり行わずに、自分のやり方を師匠から弟子へ、親から子へと、職業としての閉ざされた世界で密かに伝えられてきたのではないか。

    今の世はそんな世界ではなく、良いものは論文にして学会発表する。中国などは特許やISOなど世界標準を狙った政策を国を挙げてとっており、日本などとても太刀打ちできない。こんな勢いでは、東洋医学を使うなら中国に特許料を払えとか、漢字を使うなら金を払えとか言われそうだ。

    そんな面倒なことは国や厚労省に任せて私たちにできることは腕を磨き、一人でも多くの患者さんの痛みや悩みを取ってあげることだ。

    thumb_IMG_0517_1024

    写真は緑川ダム。梅雨の長雨で水が濁っていますが、青く晴れた空と紫陽花が綺麗です。

  • 3333段の石段

    梅雨の中休みで久しぶりにいい天気の日曜日。中央町の石段まで行ってきました。ここにきたのは学生の部活で合宿て来て以来だいたい30年ぶりです!

    日頃マラソンで鍛えているとはいえ、使う筋肉は全然違います。登りきったところで特別眺めがいいわけではなかったですが、達成感はひときわです。風も涼しく、リフレッシュできました。

    帰りの車を運転していて、アクセルを踏む足がつりそうになりましたが、たまたま持っていた芍薬甘草湯を一袋飲んだら、5分くらいで治りました。漢方すごい!

    thumb_IMG_0534_1024

    クリニックの建設の進み具合を見に行ったら、内装業者がクロス張りをしてくれていました。クロスは震災で被害を受けたところが多く、張り替えなどでとても忙しいそうです。うちのクリニックも、クロス張りになかなか業者の手配ができなかったと聞いていましたが、今日は作業に来てもらえてよかったです。クロスが終われば、あとは造り付け家具の作成など、大詰めに入ります。